【コードブルー3】5話 あらすじネタバレと感想 流産した比嘉愛未の迫真の演技に感涙!

“ドクターヘリ”に乗り込む、山下智久さん、新垣結衣さん、戸田恵梨香さん、比嘉愛未さん、浅利陽介さんフライトナースの比嘉愛未さんたちが人命救助に必死に向き合い、成長していく【コードブルー3】

【コードブルー3】5話では前期破水が起き流産して悲しみが止まらず号泣する比嘉愛未さんと
本作コードブルー3で天才ピアニスト役として女優デビューした田鍋梨々花さんの迫真の演技に感涙!

【コードブルー3】5話 あらすじネタバレと感想をまとめました。

スポンサーリンク

【コードブルー3】5話 あらすじとネタバレ

天才ピアニスト天野奏(田鍋梨々花)の緊急オペを新海広紀(安藤政信)と共に行い、別の患者の急変への対応に夜通し追われた藍沢耕作(山下智久)が、医局でぐったりしてると、藤川一男(浅利陽介)がトマトの箱を両手にに抱えて出勤して来た。藤川は妊娠中で、つわりがひどい冴島はるか(比嘉愛未)が、今唯一食べられるトマトがないと機嫌が悪いと愚痴りながらも藍沢に幸せアピール。

一方、患者の緒方に惹かれ始めていた緋山美帆子(戸田恵梨香)は友達の話しとして、妻子持ちの男性との恋愛について白石恵(新垣結衣)に尋ねる。白石は大声で不倫はいけないと叫び、緋山に『きっぱり、諦めるべき、不倫は不倫だから!』と言い放ち、頭ごなしに反対された緋山は相談する相手を間違えたと出ていき、緒方から頼み事があるので二人きりで会いたいと言われる。

そんな中、翔北救命センターに下水道工事中の作業員が増水のため流され、救助に当たっていたレスキュー隊員1人も負傷しているとドクターヘリの要請が入った。白石は名取颯馬(有岡大貴)雪村双葉(馬場ふみか)を連れてヘリに乗り込み、現場に到着。名取はレスキュー隊員で意識のあるベテランの倉田正敏(大谷亮介)らの処置をした後、二次救急の病院へ搬送し、白石と雪村は溺水で意識不明の作業員、吉崎孝司(長谷川慎也)をヘリで救命センターに搬送した。

藍沢たちが、初療室で吉崎の治療をしていると、雪村が冴島の様子がおかしいことに気づき、次の瞬間、冴島は下腹部から出血し、苦痛を訴えながら倒れ込んでしまう。緋山は必死に冴島の処置を行うが、13週にて前期破水が起こり、冴島は流産してしまい、緋山は涙をためながら謝罪する。

一方、二次救急の病院から倉田がショック状態で容態が急変したとの連絡が入る。倉田は翔北救命センターに戻され、骨盤骨折が判明し、部長の橘啓輔(椎名桔平)は誰が見落として搬送したんだと全員に訊ね、藍沢から名指しされた名取は謝りもせずに不服な顔をして出て行く。

横峯あかり(新木優子)はICU(集中治療室)を訪ねて来た倉田の妻を案内した後、スタッフステーションで灰谷俊平(成田凌)に名取の不手際を話していると、後ろで聞いていた名取が口を開く。

『なになに、そんな顔されると、俺がやらかしたみたいで嫌なんですけど
結果、大丈夫だったからいいでしょ!まぁ、いい経験だよね!俺も落ち着いて次からそうするよ!』

反省することなくヘラヘラ笑いながら言い訳する名取にキレた白石は言い放つ
次はないのよ!私たち医者は次があるけど、患者さんは命を落としたら次はないの!!

2日後、白石は骨盤骨折の見落としを倉田に謝罪するが、倉田は意識が戻らない吉崎を横目で見ながら
『俺が……殺した…俺は水の中で彼の手を離した……二十歳そこそこの若者の未来を閉ざした』と
目に涙をためながら、レスキュー隊員としての自分を責めていた。

流産して号泣するはるかを優しく包み込む藤川と悲しみに寄り添う藍沢

一方、はるかの様子が気になる藤川が病室を訪ねると、はるかは病院食を口にしながら
ごめん、もっと早く、へリを降りればよかった。あたしのせいで赤ちゃんは死んだ。
たった13週であの子の命を奪った、あたしはずっとお母さんじゃなかった』と自分を責めて号泣する。

藤川はエレベータで会った藍沢に『はるかの人生ってなんだよ、好きだったやつと子供にも死なれ、そんなのないよ、何で、はるかばっかり、こんな目に合うんだよ。俺、何も言ってやれない、力になってやれない。俺、あいつ、幸せにしてやれるかな』とやるせない気持ちを口にするが、藍沢は何も言わず立ち去る。

その頃、緋山はリハビリ中に転倒した緒方の妻に連絡するが、離婚届けに署名押印もしてるので連絡は不要だと云われ、内心安堵する。同じ頃、名取は倉田に対し、そんなに自分を責めないでくださいと声を荒げて、白石から注意される。そんな名取に倉田は『レスキューの現場に条件がいいとは限らないから何か起きた時はいくらでも言い訳は出来る。しかし、言い訳する人間に命を預けたいと思うか?人は起きた事はすべて自分の責任だと言い切れる人間に命を預けたいと思うものだ』と自分に言い聞かせる。

一方、はるかに流産のことを思い出させたくなくて、ひとりでトマトを食べていた藤川に付き合う藍沢は『お前は毎日悲しみに溢れるこの救命で、みんなに明るさをもたらしている。結婚したら色々あるだろが、どんな時でもお前の家庭はきっと明るい。人は幸せになるために結婚するんじゃない、辛い毎日を乗り越えていくために結婚するんだ…俺はそう思う』と言って藤川の悲しみに寄り添っていた。

緋山がはるかに翌日の退院を伝えてると、白石がやって来て緋山に名取が落ち込んでるのかと尋ねる。
『名取は最初からへこんでたし、白石って意外と人の気持ちが分からないんだよねと』答える緋山は
何も知らないはるかに骨盤骨折の見落としの事を説明する。

白石は、はるかに雪村の指導方法を尋ね、はるかはたまには厳しくしてるけど、向こうもプライドあるから言い過ぎには気をつけてると答える。白石は拍子抜けしたかのように『えっ!それだけ?』と問いかけ
はるかと緋山から意外と気がつかないタイプだと突っ込まれ、笑い話になり、はるかに笑顔が戻る。

翌日、藤川は退院して車の中で子供の遺体を持つはるかに『シアン騒ぎの時、お前は死にかけてたのに、目が覚めて、まず、子供の事を心配したんだ。はるかはすごくいいお母さんだと思う』と優しさあふれる言葉をかける。はるかはゆっくりと口を開き『綺麗にして行きたいから着替えたい。私たち 家族の大事な思い出にしたい』との思いを伝えて藤川と共に火葬場に向かった。

ICUでは灰谷が行った痛みの刺激に吉崎が反応を示し、名取は安心した倉田に自分が骨盤骨折を見落としたことを打ち明け、頭を深々と下げて謝罪し側で見ていた白石は嬉しく思っていた。

緋山は緒方の背中を使い離婚届けの証人欄にサインして、いい雰囲気のまま、白石の部屋で
『誰かと一緒に生きる人生って素敵だと思う』と言う白石の言葉に共感を持つ。

その頃、藍沢は新海と共に奏の病室を訪れ、術後の経過から両手を上げられる奏を見て安心する。
藍沢を見て涙を流す奏に母は喜びのハンカチを差し出すが、奏の手の震えは止まらない…。

奏は溢れ出る涙目で藍沢を見つめ、藍沢は奏の悲しみに寄り添える言葉が見つからなかった。

【コードブルー3】5話 ツィッター感想

https://twitter.com/Codeblue_277/status/897089065773809664

【コードブルー3】5話 感想とまとめ

コードブルー3 第5話も新人フェローは相変わらず頼りなさが目立ってましたが、名取演じる有岡大貴の
ヘラヘラ顔と言い訳だらけでふてくされる言動行動には久しぶりにムカついてしまいました。

吉崎が痛み刺激に反応を示し、安心した倉田にようやく謝罪しましたので
沸騰していた怒りは収まりましたけど、ドラマ炎上に油を注いでしまった展開でしたね。

冴島はるか演じる比嘉愛未さんの流産した時にご飯を食べながら、お箸を置いて
じわじわとこぼれ落ちる涙から悲しみが止まらない号泣シーンでの迫真の演技には感涙。

そして、ラスト結末で、手が震えて止まらない奏のシーンは一瞬にして涙を持っていかれるほど
とても残酷なので、最終回までに誰かスーパードクターの手で完治させてあげてほしいですね。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP