【コードブルー 】はるか 彼氏役 何話から登場?患者キャストの俳優画像と病気死因は?

【コードブルー2】第5話のお別れ会で『彼は私の光でした』と、言葉を残した冴島はるか(比嘉愛未)の
大好きだった元彼氏役の患者で壮絶な最期を遂げた田沢悟史は、何話から登場?

【コードブルー3】では、恋仲になった新しい彼氏の藤川一男(浅利陽介)との間に子供を妊娠するも
第5話では流産してしまうという衝撃に襲われた冴島はるかですが、元彼を亡くした壮絶な過去があります。

元彼の田沢 悟史が恋人はるかと過ごした時間と感涙する会話シーンのネタバレを、患者田沢を演じた
キャストの俳優画像と病気死因も含めてコードブルー1と2からまとめましたので、ご紹介します。

スポンサーリンク

コードブルー はるか 彼氏役の俳優画像とプロフィール紹介

田沢 悟史(平山浩行)

田沢悟史  29歳 血液型 0型

コードブルー1と2に登場した冴島はるかの彼氏で、将来有望な心臓外科医だった。

冴島の兄の勧めで学生だった冴島の家庭教師になったことが、なれ初めで、付き合うようになり
順調に交際していたが、ある日、突然、難病に侵されてしまう。

平山浩行 1977年10月17日生まれ 39歳 岐阜県出身。高校卒業後、2003年、ドラマ【高原へいらっしゃい】で、中原友也役として俳優デビュー。2007年での菅野美穂との共演CM【チオビタドリンク】で、知名度が向上。その後【臨場】永嶋武文役【ジョーカー 許されざる捜査官】来栖淳之介役【S 最後の警官】速田仁役と、刑事ドラマには欠かせない俳優として存在感を高めた。

2017年は映画【本能寺ホテル】で、綾瀬はるかの恋人・吉岡恭一役。【昼顔】では上戸彩演じる紗和が働き始めた飲食店のオーナーで、密かに紗和に恋心を抱く杉崎尚人役として出演。秋ドラマ【先に生まれただけの僕】でも、樫松物産の社員・後藤田圭役の出演が決定している。

コードブルー はるか 彼氏 何話から登場?

【コードブルー】で、冴島はるか(比嘉愛未)の好きだった人で彼氏役の田沢 悟史を演じた平山浩行さん。

平山浩行さん演じた田沢 悟史が、冴島はるかの彼氏役として登場したのは【コードブルー1】の7話と
最終回11話。そして、コードブルー2の1話~亡くなるまでの5話でした。

彼氏・田沢 悟史が壮絶な最期を遂げるまで、恋人はるかと過ごした時間と感涙する会話シーンのネタバレをコードブルー1と2からまとめましたので、ご紹介します。

【コードブルー1】7話と最終回11話 ネタバレ はるかと彼氏・田沢の会話シーン

階段で倒れ、頭から血を流し、黒田先生の処置を受ける田沢を見て、激しく動揺する冴島はるかは、黒田にALSだと告げたうえで、半年前、包丁で頸部を切って、自殺未遂を起こしたことも話し、病室で目が覚め、背を向けている田沢に苦しい胸の内を打ち明けた。

はるか

仕事の合間に、会いに行くのが苦痛だったの。でも会いに行かずに冷たい女だと言われるのが嫌で…私にはあなたが重荷だった。でも、別れを切り出す勇気もなかった。自分がそんな、ひどい人間だとは認めたくなかった。それで距離を置いてた。ごめん、サイテーだね、私……私はあなたの母親にはなれない。
食事やトイレの世話、24時間あなたのためには使えない。私は私の人生の方が大事。

田沢

言うねぇ~もう後、5年しか生きられないて、人間に……

はるか

もしこのまま、一緒に居たら、私はきっと、その5年を長いと感じるようになると思う。

田沢

どうしても会いたかった…はるかが、もう俺に会いたくないのはわかってたけど…嫌がらせだよ、弱いんだ…俺。このまま死んで何もなかったようにされるのが、怖いんだ。自分の生きた証を、はるかに残しておきたい。消えない傷をはるかに残しておきたい。本当はぐちゃぐちゃにしてやりたいんだよ、俺と同じ苦しみをお前にも味わわせてやりたい。憎まれてもいい。お前にはずっと…ずっと、覚えててほしいんだ。

翌日、田沢は白石と藤川にはるかのことを気遣う言葉を残し、エレベータの後ろに立っている、はるかに
気付かないふりをして、白石と藤川に見送られ、翔北病院から退院して行った。

それから、はるかは恋人田沢の命から逃げ出した思いに葛藤しながらも、一切会っていませんでしたが
最終回の11話で、入院先の病院を訪ねて会いに行きました。

はるか

明日、来たくなるか、どうかは、わからない。でも今日は来たいと思った。あなたの顔を見たいと思った。

田沢

勝手だな、サイテーだ……嬉しいよ。

涙を浮かべて走り、田沢を抱きしめるはるかは田沢とよりを戻しました。

【コードブルー2】1話~4話 はるかと彼氏・田沢の会話シーンネタバレ

昼休みにはるかに会いに来た田沢は、元気な時よりも、よく会ってるかもと笑うはるかに対し、蘇生術治療に関する書類に延命をしないサインをしたことを打ち明け、再び公園で会う。

はるか

本当によく考えて決めたことなの?

田沢

延命はしない、呼吸器もつけない、最後まで俺らしくありたい。だから、無理言って病院を出た。母親には迷惑掛けるけど、おかげで、こうやって、はるかに会える、残りの人生、お前に会うために使いたい。その為に使い切りたい。分かってくれ、この病気に奇跡はない、残念だ。だけど、俺の人生は奇跡に溢れてる。今朝、目が覚めた、今日も生きてた、朝だ、今日は、はるかに会いにいく日だ。寝癖がついてないといいなぁ、ついてない、会いに行こう。

家から歩いて10分のところに45分かけて、たどり着く。はるかが、いた、生きてはるかに会えた…俺にとっては毎日が奇跡の連続だ!今日もこうやって、はるかに会えたことが奇跡なんだ。また会いたい、来年のクリスマスも、再来年も、ずっと…ずっと…。

はるかは、涙を浮かべて生きたいと願う田沢を抱きしめ号泣しました。

第2話で容態が急変し、翔北病院に入院することになった田沢は担当の藍沢(山下智久)に『同期で最初に執刀し、得意の絶頂だった頃、君と同じ歳で発病した。オペ最中に手が上手く動かなくなり、神経内科で筋電図を撮ったらALSだと分かった。実物なんて初めて見た、それが自分なんて、笑っちゃうよね』と語った。

第3話では、吉川中央駅の将棋倒し事故に巻き込まれて、ドクターヘリで搬送され、出血原因をCTで検査すると、卵巣嚢腫が判明し、摘出手術を拒み同意書を破り捨てた緋山の担当患者・斉藤沙希(中別府葵)に『やれる手術があるだけ幸せだよ』と励ました。

第4話では体を蝕んでいくALSの恐怖から精神的に不安定になり、献身的に看病するはるかに対して『もう来ないでくれ、会いたくない』と突き放すが、はるかは、田沢にプレゼントされたブローチをつけて現れる。

田沢

昨日は済まなかった、怖いんだ…外見も中身も、毎日どんどん、醜くなっていくのが…。

はるか

あの頃のあなたは輝いてた、いつも私の前、歩いてた。きっと、そこに憧れた。あなたは確かに変わった…でも、好きっていう気持ちは少しも変わらないの…だから辛い。

初めてブローチをつけてくれたと喜ぶ田沢の顔を見てはるかが、口を開く。

はるか

後悔してる…もっと早くつければよかった…たったこれだけのことで、あなたは笑ってくれるのに…。

はるかは、ベットで身動きできない田沢を抱きしめて、号泣する。

【コードブルー2】5話 他界した田沢のお別れ会と最終回で田沢の留守電を消去するはるか

死期が迫る田沢の元へ、友人たちが、見舞いに来る。翌朝、呼吸に苦しむ田沢は父・文雄(清水昭博)と母・俊子(大塚良重)に今までの感謝を述べる。文雄と俊子は楽にさせてやりたいと話し、橘から指示を受けた藍沢は酸素を増やし、田沢は最期に何度もはるかの名前を呼ぶ。

はるかは、田沢の呼びかけに答えようとするが、ドクターヘリ要請が入り、出動したはるかは、無線で連絡して来た藍沢から午前10時12分に田沢が他界したことを知らされる。

はるかは田沢の最期を看取ることが出来ず、その後、遺体は病理解剖が行なわれ、白石は田沢の両親に
『息子さんは隣の患者を励まして生涯を終えるまで立派な医者だった。』と告げた。

田沢のお別れ会に田沢からプレゼントされたブローチを身につけて、白石、緋山と共に参列したはるかは、母親から頼まれ、亡き田沢への思いを涙を流しながらスピーチする。

はるか

田沢さんとは受験の時、家庭教師をやってもらった縁で受験には失敗しました。その時、彼は笑いました。彼だけは大したことないよって、ちょっと緊張しただけ、また、次があるよ。本当に親身になって、この写真のような笑顔で励ましてくれました。はるかは頑張れば出来る子だって、彼だけは最初に出会った時から
ずっと本気で、私よりも、私以上に信じてくれました。

彼とはいっぱい、けんかもしました。一度は別れたこともあります。でも最後はいつも笑顔…彼はいつも
ずるかった…最期は私の病院で亡くなりました。病室のベッドサイドで、二人でご飯も食べました。どんなとこで食べるより幸せでした。ちょっと猫背で、いつも早足だった彼の背中を思い出します。

彼は私の光でした、大好きでした。本当にありがとう、安らかに眠ってください。

それからしばらくの間、はるかは、田沢のことが忘れられず、頻繫に留守電メッセージを聞いていたが
最終回の11話で、田沢の生きているときに叶えられなかったが、田沢が待ち望んでいた花見に行きました。

田沢の留守電メッセージ

春になったら、桜、見に行こう、去年も結局、行かなかったもんなぁ…すごくいい場所があるんだ。
そこに、はるか、連れて行きたい…あの桜、見せてやりたい。

来たよ……悟史

田沢の留守電メッセージを消去して、桜を見上げる、はるかは、新しい人生の一歩を踏み出したのでした。

コードブルー はるか 彼氏 病気死因は?

コードブルー2の第5話で、家族に看取られながら、壮絶な最期を遂げた冴島はるかの彼氏・田沢悟史の
病気死因は【ALS 筋萎縮性側索硬化症】でした。

ALSとは、歩いたり、物を持ち上げたり、食べたり、飲み込んだりするなど、全身を使って動作をするときに、脳の命令を筋肉に伝える役目をする【運動ニューロン】という神経細胞が侵され、全身の筋肉の萎縮と低下をきたし、わずか、1年間に人口10万人当たりにつき、1〜2人程度の発症率が低い特定疾患に認定された難病です。発病後は極めて進行が速く、人工呼吸器の装着による延命は可能性ですが、3年から5年で呼吸筋麻痺により死に至ります。

2014年に同じくフジテレビで放送されたドラマ【僕のいた時間】で主演の三浦春馬さんがヒロインの
多部未華子さんにパソコンで会話していた澤田 拓人の病気もALSでした。

田沢が『なぜ、俺なんだと』悔やんでも悔やみきれない言葉を残していた通り、この病気に限っては
奇跡は起こることなく、現在も完治する治療法がないのは残念で仕方ありません。

コードブルー はるか 彼氏 感想とまとめ

コードブルーで、はるかと彼氏の田沢が残り少ない時間を過ごすシーンはどれも涙しましたが、特に【コードブルー2】第1話で、延命治療をしない書類にサインをしたと打ち明け、涙を浮かべて、ずっと…ずっと、はるかと生きていきたいと願う田沢と抱きしめてあげることしかできないはるかの二人が号泣するシーンは涙がぼろぼろこぼれ落ちたのを、今も鮮明に覚えています。

田沢の悔しくて、悔しくて、悔しくても…叫び声さえも出せない悲痛さと、はるかの深い悲しみが
ひしひしと、心に伝わってきた名シーンでした。

そして、お別れ会で、はるかが、亡き田沢に残した言葉『彼は私の光でした』には、感涙すると同時に
素敵な言葉をはるかに贈られた天国にいる田沢も幸せだろうと思いました。

このように、コードブルーで、はるかの彼氏・田沢を演じた平山浩行さんですが、ワイルドでセクシーな
雰囲気を醸し出し、刑事や医者も演じられる平山浩行さんには、ALSという患者の役ではなく、本作では、ドクターとして出演してほしかったと思いました。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP