【コードブルー3 】9話 あらすじネタバレと感想 藍沢が崩落事故で生命の危機に陥るラスト結末

生死のかかった緊急医療現場に【ドクターヘリ】で駆けつけるフライト・ドクターたちの奮闘と葛藤を描く【コード・ブルー3】最終章9話の放送が終了しました。

【コードブルー3 】9話では妻の三井環奈(りょう)から息子の優輔(歸山竜成)が最近『疲れた』という言葉を聞かされた父、橘啓輔(椎名桔平)が三井に海外移植を提案。その矢先に井上(滝藤賢一)から優輔の臓器提供の順番が回ってきたとの報告が入る。橘に対して、心臓移植を拒む優輔の理由に感涙!

藍沢(山下智久)が崩落事故で瓦礫の下敷きになり生死をさまよう衝撃のラスト結末までの
【コードブルー3】最終章9話 あらすじネタバレと感想をまとめました。

スポンサーリンク

【コードブルー3】最終章9話 あらすじとネタバレ

昼食の待ち合わせを緒方博嗣(丸山智己)と電話で相談してる緋山美帆子(戸田恵梨香)はやって来た白石恵(新垣結衣)に『彼氏くらいできなければやってられない』と口を滑らせてしまう。

そんな中、急患3人が運ばれ、33歳の車椅子のラグビー選手でハーフタイムのウォーミングアップ中に車椅子ごと階段から落ちた両角孝平(成田瑛基)。さらに熱傷の患者、高所転落の患者の3人が運び込まれるが、藍沢耕作(山下智久)白石を中心とした救命チームの皆が力を合わせ迅速な処置を行った結果、3人とも命を落とすことなくICUへ移動させられた。

橘啓輔(椎名桔平)は白石に数ヶ月前は1人だけだったが、今日は3人救えることが出来て救命がいいチームになってきたのは白石のおかげだと喜びを語り、白石はみんなのおかげだと謙虚に答える。

その頃、緒方と会っていた緋山に【青南周産期母子医療センター】の竹内から電話が入る。緋山は医局長として誘われたことを話し、緒方は緋山の出世を祝福する。医局では名取颯馬(有岡大貴)を待っていた父・将馬(山田明郷)は緋山への針刺し事故を理由に名取に対して、病院へ戻るよう言い放つ。

冴島はるか(比嘉愛未)は復帰してからヘリフライトで現場に連絡出来ない灰谷俊平(成田凌)の様子から、いつまでもフライトドクターを続ける藤川一男(浅利陽介)を心配して気にかける。倉庫に座り込んでいた灰谷は横峯あかり(新木優子)と雪村双葉(馬場ふみか)にフライトドクターを続けるかどうか考えたいので一人にさせてほしいと心境を語っていた。

一方、三井環奈(りょう)は息子の優輔(歸山竜成)が最近『疲れた』という言葉を口にするようになったと夫の橘に報告。橘は3年間、心臓移植を待ち続けてきた優輔の心が持たないことから三井に貯金額を尋ねて海外での移植を提案し三井も同じ考えだった。

そこに移植ネットワークから連絡を受けた井上(滝藤賢一)が駆けつけ、順位を尋ねる橘にリストのトップは優輔だと報告。橘は井上のお礼を述べて、優輔の元へ向かった。

藍沢は西条(杉本哲太)からトロント大学の臨床医師として推薦したから辞退すなよと釘を刺される。橘から移植の報告を受けていた優輔は心臓移植は受けないと答え、理由を尋ねる橘に言いたくないと口を閉ざす。ひどく困惑する橘は移植すれば、お母さんと一緒に外も歩けるし、友だちとも遊べると説得するが
優輔は頑なに拒否する。

橘から報告を受けた井上15時までに連絡しなければ、2位のところへ行く。後、50分の間に何としても受けさせるんだと促され、再び優輔の説得を続ける。優輔はお父さんみたいなお医者さんになりたいと将来の夢を打ち明けた後に、僕が病気になってからお父さんは他の子供が死ぬのを待つようになった。僕が死ねば大好きなお父さんに戻れる、だから移植は受けないと切実な思いを打ち明け、優輔の気持ちに言葉を失う橘は目に涙を浮かべていた。

医局にいた緋山は白石に【青南周産期母子医療センター】の竹内から医局長として迎えてもらうことを話す。白石は『おめでとう、私も嬉しい』と祝福する。藍沢はトロント大学へは行かず、救命に残ると告げ、藤川は白石に、灰谷の本格的な復帰は無理だと話したうえで、フライトドクターを辞めてほしがってる
はるかの気持ちを話す。

灰谷は心配して訪ねてきた白石に精神科でカウンセリングを受けてるが、現場では体も力も動かなくなる。ヘリから外してほしいと頼みこむ 。そんな中、14年前の事故が原因で脳出血を起こしたICU患者両角の容態が急変。藍沢、新海(安藤政信)、白石の3人が懸命にオペを行うが、両角は亡くなってしまう。

橘の切実な思いに涙する優輔と藍沢が瓦礫の落下で生命の危機に陥るラスト結末

一方、井上から10分のタイムリミットを告げられるも、優輔の気持ちに苦悩していた橘はエレベーターで緋山に遭遇。橘はドナーが見つかってよかったと喜ぶ緋山に優輔が移植を拒んでることを打ち明けたうえで『移植後もずーっと厳しい治療が続く、人の命をもらった責任も重い、そのうえ、あいつがずーっと後悔したまま生きていくと思うと…余りにも辛い』と話す。

緋山は『親が子供を信じなくてどうするんですか。私が患者から訴えられた時、橘先生は逃げるな、オペをしろって言ってくれたんですよ。橘先生は私以上に私のことを信じてくれたんですよ!優輔くんはいずれ、橘先生の気持ちを理解します』と、橘の背中を押した。

緋山の言葉で目が覚めた橘は井上にネットワークへの連絡を頼み『俺が決めたんだ』と言い放ち、待ってと懇願する優輔をヘリに乗せて移植先の病院へ向かう。橘は優輔にお父さんのこと大好きだって言ってくれて嬉しかった。でもなぁ、嫌われたっていいから、優輔に生きていて欲しいからお父さんが無理矢理に移植するんだと優しく諭し、橘に抱きしめられていた優輔は涙を流していた。

ヘリを見送った井上は緋山に橘が感謝していたことを伝える。名取は二人きりになっていた緋山に父・将馬と竹内が先輩後輩の仲で、青南周産期母子医療センターに戻ることを聞いたと話したうえで、親父にとっては許せない針刺し事故を起こした責任を取り、病院を辞めることを打ち明け、緋山先生がいないなら未練はないと答えた。

名取に医療センターに行くと告げた緋山は緒方と会っていた。医療センターに近い緒方が通えるリハビリの地図を見せる緋山だったが、緒方からどちらにも行かないと言われ、まだ付き合ってもないのに重すぎたと明るく笑い飛ばす。

緒方は『この一週間、緋山先生と一緒に過ごしてハッピーだった。俺はバカな怪我をして、店を大きくするカミさんの夢を奪った。好きな女の夢を二度も奪いたくない、障害がある俺といたら夢を追うどころじゃなくなる』と、複雑な心境を語る。

緋山は『何、カッコつけてんの、それとも、不幸自慢、寒すぎるんだけど…』と、顔色を変える。

緒方は『緋山先生は24時間、患者のことを考えてる自分が好きだろう。俺が料理バカだったから、わかるんだ、だから、いずれ、緋山先生も俺といる時間が勿体ないと思うようになる。もし、そうなったら、俺が耐えられなくなる、だから…もう会うのはよそう』と立ち去った。

一方、両角の死を悲しむチーム一員の話を聞き終わった藍沢と白石はドクターヘリの前にいた。

白石からトロント大学へ行くべきだと説得される藍沢は、リハビリを繰り返しても普通の生活を送ることしか出来ず、ピアノが弾けない奏(田鍋梨々花)を残して、俺だけが夢を追うことは出来ない。それに緋山はいなくなるし、藤川も家族の事を考えたら、この先、救命にいるかどうか分からない。それよりも自分の心配をしろと言い放つ。

白石は『同情で残られてもイヤ!今あなたのキャリア奪ったら、私、藍沢先生に何も言えなくなる。それって近くにいても遠くなる。そんな関係はイヤ。9年前のあなたは誰よりもいい医者になるために周りの摩擦もいとわなかった。私たちは、そんなあなたに憧れた。何かのせいにして楽な道を選んだりしないでほしい。あなたがいなくなったって、私たちはちゃんとやれる。違う、あなたがいないぶん、強くなろうとする。きっと、奏さんだってそう。あなたはトロントへ行くべきだと思う』と背中を押す。

その後、救命会議が終わったと同時に、地下鉄開通前の線路内で崩落事故が発生したとドクターヘリ要請が入った。藍沢、白石 、緋山、冴島 、藤川、名取、横峯、雪村たち救命チームが総動員体制で現場に向かう。心の傷が癒えていない灰谷俊平は患者の受け入れの為に橘が白石に命じて病院に残ることになった。

藍沢たちが事故現場の蒔田中央駅コンコースに到着すると開通記念の見学イベントが開催されて一般参加者が300人も参加していた為にごった返していた。チームリーダーの白石は、無線で藍沢と藤川を地下2階の崩落現場へ向かわせる。冴島は思わず『行かなくていい、危険な現場は他の先生に任せて…大切な人を失うのは一人で十分』だと言ってしまうが藤川は冴島を残して地下へ向かい、すでに7人が死亡して、まだまだ瓦礫に埋もれてる人達の悲惨な光景を目の当たりにした。

藍沢、藤川から重症者の報告を聞いた白石は、2人にその場で治療を継続するよう伝える。その頃、緋山と名取は藍沢たちとは別の場所で頭部外傷の妊婦を見ていたが助かりそうにない。緋山は傍にいる妊婦の夫に、母体は助からないが子供の命は救えるかもしれないと話す。

一方、治療を続けていた藍沢は肩口に地下水が滴り落ちていることに気づき、建設業者を呼ぶよう無線で白石に伝えるが、次の瞬間、藍沢の声が消えて、地鳴りのような音が響き渡り、白石の体は揺れ動き、目を大きく見開いた冴島は藤川の安否がよぎる。

藍沢は瓦礫の下敷きになり“今まさに、命が消えかけていた”

白石は思う…(この1時間で私の好きなチームはバラバラになったと…。)

【コードブルー3 最】終章 9話 ツイッター感想

https://twitter.com/codeblue_ch/status/907226722722033667

https://twitter.com/shihohihs/status/907229151668473856

https://twitter.com/co_do_blue/status/907433357595746305

【コードブルー3 】最終章 9話 感想とまとめ

【コードブルー3 】9話で大好きな父・橘が他の子供の死を願うことに耐えきれなかった優輔が心臓移植を拒み死を選ぶと言う理由を明かしたシーンと橘が嫌がる優輔を無理矢理ドクターヘリに乗せて優輔に対して、切実な思いを語り、優輔が涙するシーンにはハンカチがいくらあっても足りないほど泣かされました。

そんな感涙させられるシーンを届けてくれ、クランクアップを迎えた椎名桔平さん演じる橘啓輔、りょうさん演じる三井環奈、歸山竜成さん演じる息子役優輔の橘一家にはお疲れ様でしたという気持ちです。

また、9話のラスト結末で地下鉄開通前の線路内での崩落事故の現場に到着して、治療を続けていた藍沢が肩口に地下水が滴り落ちていることに気づき、建設業者を呼ぶよう無線で白石に伝えた瞬間に再び崩落が起きて瓦礫の下敷きになるラスト結末には衝撃を受けてしまいました。

だけど、崩落現場にヘルメット無しで立ち入るとはシーズン1の第8話で事故によって腕を無くすことになった黒田先生の事故を全然活かさせてない展開には納得出来なかったので、生死をさまよう藍沢が最終回で無事に完治して、第二の人生としてトロント大学へと向かう雄姿を期待したいと思います。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP