ドクターx 5期 2017年 1話 あらすじネタバレと感想 トンカツ以下の蛭間が院長に返り咲き!

米倉涼子さん演じる“失敗しない女”【ドクターx 5期】大門未知子の放送がスタートしました。

1話ではロボットと対決して勝利した大門未知子(米倉涼子)が一色辰雄(升毅)の緊急オペに執刀するも、ガンが広く浸潤しており、取り切れずに諦めた志村まどか(大地真央)のオペも成功。

未知子のおかげで院長としてのメンツを保った志村まどかでしたが、一色との不倫略奪愛で失脚。

1話ゲストキャストで終わった大地真央さんと嫁の華子(藤真利子)に『トンカツ以下』と、罵倒されていた蛭間重勝(西田敏行)の【東帝大学病院】新院長返り咲きにびっくりぽん(笑)

未知子が神原晶(岸部一徳)の読み上げる勤務条件に『致しません!』シリーズを披露し、新院長の蛭間が【日本医師倶楽部】会長の内神田(草刈正雄)に【御意】で忠誠を誓っていたラスト結末までのあらすじとネタバレ感想を患者として主演したゲストキャストと共にまとめました。

スポンサーリンク

【ドクターx 5期】2017年 1話 あらすじとネタバレ

ロッククライミングの頂上で叫んだ後、絶景の露天風呂で気持ちよく入浴していたフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)は、突然入って来た中年男性(蛭子能収)から男湯だと言われタジタジ。

その後、路線バスでも一緒になった男性から下手くそな似顔絵を見せられたうえで、愛人になってほしいと迫られ、突き飛ばす未知子。その矢先に運転手の車田一久(松澤一之)がハンドルを握ったまま突然意識を失い、心肺停止状態に陥ってしまう。

慌ててバスを停めて車田に心マで蘇生させようとする未知子は赤いスポーツカーに乗り、車をバンに乗り換えて戻って来た“謎の女”の助けを借り、医師が一人で切り盛りする麓の病院へと運び込み、そこで、かつて未知子に憧れ、医局を飛び出した外科医・森本光(田中圭)と再会する。

未知子は森本を助手にして、スピーディーなオペで救命処置を行うが、手術室もなく車田を根治させる為のオペが不可能なことから、近いうちに再度オペをすると言い残し、病院を後にする。

同じ頃、ステーキハウスでは日本医療界トップに君臨する日本医師倶楽部会長の内神田 景信(草刈正雄)が倶楽部の医師たちと共にステーキを堪能していた。

一方、知床分院の院長・蛭間重勝(西田敏行)は田舎暮らしに退屈で死んでしまいそうだと愚痴る嫁の華子(藤真利子)に対して権力闘争に疲れたと弱腰…。

華子は情けないと言い放ったうえで『お金も権力もない蛭間重勝はトンカツ以下です!』と罵倒。

そんな中、蛭間は東帝大学病院の外科副部長・海老名敬(遠藤憲一)の口車に乗せられ、査問委員会に連れて行かれてしまう。蛭間は東帝大学病院の外科副部長・猪又 孝(陣内 孝則)から詰問されたうえで、ポーチに3000万入りの毒まんじゅうを持ち帰ったと吊し上げにされ、私利私欲など一切ないと反論して立ち去ろうとするが、志村まどか(大地真央)は『言い訳はよしなさい!責任は果たしてもらう』と言い放ち、蛭間は知床分院の院長も解任され、クビになってしまう。

【ドクターx シリーズ】最終回 ネタバレ 蛭間院長の白い巨塔が崩壊!

そして【東帝大学病院】では初の女性院長・志村まどか(大地真央)が、正式に誕生し、総回診にはまどかに拾われた森本も参加していた。

まどかがクリーンな医局を取り戻すべく、“患者ファースト”を第一に掲げてスローガンを語ってるところに未知子がやって来て『このどろぼう‐ねこ、私の患者はどこ?』と詰め寄る! 

謎の女の正体だったまどかは、最新設備の整った【東帝大学病院】でオペをするのが最善策だと判断して、車田を転院させたと答えたうえで、凄腕の未知子に『フリーターでも歓迎です』と、握手を求め、未知子を【東帝大学病院】で雇うことまで決定する。

神原名医紹介に戻り、マージャンをしていた未知子は神原晶(岸部一徳)にまどかとの契約書を見せるが、晶は月額30万円という安さから自分が再契約に行って来ると言い放つ。

その頃、猪又はバイトの未知子を雇ったまどかに文句を言いながらも、まどかに対してこっそりと誕生日プレゼントを手渡して媚びを売っていた…。

まもなくして車田の術前カンファレンスが開かれ、未知子は執刀医に名乗り出るが、まどかはアメリカにいる心臓外科の世界的権威ジャイケル・マクソン教授(ブレイク・クロフォード)に、手術支援ロボット・コロンブスを遠隔操作して執刀するよう依頼した、と発表!

猪又は『太平洋横断 テレサージェリー』だと高らかに説明し、まどかは日本とアメリカ、最先端のプロジェクトだと満足げに答えるが、未知子は『あたしの患者、勝手に決めんな!』と激怒して立ち去って行く。

まどかは未知子が立ち去った後、全員がいる前で猪又に誕生日プレゼントを突き返したうえで、『御意』と言う猪又や医局員たちに御意禁止令を言い渡した。

その矢先、トンカツ店を訪れ、特上に大喜びする未知子は、相席して目の前で倒れた有名ジャーナリスト・一色辰雄(升毅)を【東帝大学病院】に搬送する。

【ドクターx 5】2017年 ロケ地を公開!未知子が訪れたとんかつ屋は?

未知子は心臓に根治適応外の巨大な腫瘍がある一色に対して私なら全部取ることが出来ると、早急に手術を促すが、どこの病院でも切除不可能だと宣告されていた一色は最期まで全力で仕事をしたいと望み拒む。

そんな中、猪又と海老名がまどかを訪ねて一色の病態から退院の手続きを勧めてると、未知子がやって来てまどかを説得するが、まどかは『思い上がるのはよしなさい、この患者はコロンブスを使ってこそ、完全切除して根治出来るんです。絶対失敗出来ないオペなんです』と言い放ち、未知子に車田の執刀医を命じる。

車田は執刀医として病室にやって来たバイトの未知子とVIP患者の一色に対する東帝大学病院の対応に文句と愚痴をこぼすが、未知子は意外とラッキーだったと言い残して立ち去る。

同じ頃、まどかはステーキハウスで内神田に会い、査問委員会のことを報告したうえで、東帝大学病院にまわって来た支払いに不服申し立てを述べ、足早に立ち去り、そこに現れた蛭間は内神田に『費用は私に任せてください。忖度(そんたく)させて頂きます』と言い寄っていた。

Wオペを成功させた未知子が致しませんを連呼するラスト結末

その後、マクソン教授による手術支援ロボット・コロンブスを遠隔操作した一色のオペと未知子が執刀する車田のオペが同時に行われ、マクソン教授はロックンロールと共に軽快なオペをスタートさせる。

一方、未知子は麻酔科医で城之内博美(内田 有紀)も取られて、失敗する助手の森本に頭を悩ませ、人手が足らないことにたまらずヘルプを呼び、まどかに命じられた、原 守(鈴木 浩介)伊東亮治(野村周平)西山直之(永山絢斗)たちが助手に加わった。

そんな中、順調にオペを行っていたマクソン教授が、まさかのミスを犯してしまい、まどかは開胸手術への変更を命じて、猪又、海老名、論文を理由に逃げ出す鳥井 高(段田安則)たちを見るに見かねて自ら執刀。

まどかは順調にオペを進めるが、思ってた以上にガンが広く浸潤して、完全切除出来ず、猪又と海老名からインオペを促されてしまう。

諦めたまどかがインオペを実行しようとすると、未知子が現れ、『閉じるな!』と一喝!

猪又にも『失敗しないので!』との決め台詞を言い放ち、瞬く間に腫瘍を摘出して一色のオペを成功させ、まどかは未知子に『ありがとう』と感謝の言葉を述べた。

その後、猪又と海老名がまどかのオペを褒めてへつらってると、晶がメロンと請求書を持ってやって来た。

まどかは2000万円の請求額に対して、晶に適正な金額を正すよう促し、突き返すが、晶から手術中のことは墓場まで持っていき、公開しないと言われ、困惑する。

そこに現れた蛭間は『きいちゃった、きいちゃった』とアドリブを披露しながら晶に私が立て替えようかと不敵な笑みを浮かべるが、まどかは辞めたあなたには居場所がないと言い放ち追い返そうとする。

蛭間はまどかと一色がキスをした略奪不倫愛のスクープ雑誌をまどかに見せたうえで、勝ち誇ったかのよう『自分の愛人の命を優先させた、これこそ、患者ファーストならぬ、愛人ファースト、ゲスの極み』だと、詰め寄り、大勢の記者たちが流れ込んで来た。

晶は『くわばら、くわばら』と唱えながらスキップして足早に立ち去って行く…。

まどかのスキャンダル記事は医局でも大騒ぎになり、とんかつ屋にいた未知子はそこに現れたまどかに温泉旅行の際、一色が助手席に乗っていたから知っていたよと口を開く。

まどかが『失敗したなぁ、あなたが連れて来なければ、院長だって続けられてた』と後悔してるところに、一色の妻が現れ、『このどろぼう‐ねこ』とビンタを食らわし、未知子は足早に退散。

一方、無事退院していた一色はテレビ出演において、まどかとの関係を認めたうえで、命を救ってもらった感謝の言葉を述べていた。

まどかが失脚して【東帝大学病院】の新院長としてカムバックした蛭間が高らかに就任の挨拶を行い医局員たちと応援歌を合唱していると、晶と未知子が現れた。

蛭間は『契約しちゃった』と答え、晶は医局員たちに未知子の勤務条件が記述してある契約書を配る。

“未知子は晶が読み上げる勤務条件に対して『致しません!』シリーズを披露し、追加条件の応援歌合唱にも『一切、致しません』と言い放ち、颯爽と立ち去って行く”

主題歌のSuperfly【Force –Orchestra Ver】が流れ出し、未知子と晶はエレベーターで内神田とすれ違う。

【ドクターx シリーズ】Superfly 歴代 主題歌歌詞と動画一覧

新院長の蛭間は海老名、猪又、鳥井たち3人の外科副部長に対して未知子を潰すよう命じ第一秘書の中谷恵子(是永 瞳)と第二秘書のロボットを紹介した後、ステーキハウスで内神田と密会!

内神田は『ドクターx…成功率や生存率が低く術式が確率されてない危険なオペでも高額な報酬と引き換えに挑戦する…まさに医療界のガン』だと告げ、蛭間は内神田に【御意】で忠誠を誓っていた。

【ドクターx 5期】2017年 1話 ゲストキャストと患者

志村まどか(大地真央)

【東帝大医学部】を首席で卒業後、ボストン・ハーバード医科大学に外科医として10年間留学。

未知子には到底かなわないが、オペの腕は一流で、コネにも人脈にも頼らずに、実力一本で現在の地位まで上り詰め、周囲からは“マダム・クリーン”と呼ばれている。

院長就任後は“患者ファースト”を第一に掲げて医療改革を推し進め、医局の権力態勢を一掃。

実力主義を明言し、一色との温泉旅行で偶然、未知子と出会い、一緒にバスの運転手を救出する。

未知子の腕に惚れこみ、東帝大学病院で雇うが、未知子を執刀医から除外するなど本意が分からないまま、蛭間から一色との不倫略奪愛を公開されて院長から失脚してしまう。

大地真央 1956年2月5日生まれ 61歳 兵庫県洲本市出身。中学卒業後に宝塚音楽学校に入学し、1973年宝塚歌劇団に入団する。1982年トップ娘の黒木瞳が相手役の『愛限りなく/情熱のバルセロナ』で月組トップスターの座に就く。1985年黒木瞳と同時退団し、芸能界へ転進後は女優としてミュージカルなど舞台を中心に活躍しながら数々のドラマに出演。大河ドラマ【武田信玄】では信玄の側室・里美役、【功名が辻】では信長の妹・お市役を熱演した。

升 毅(一色 辰雄役)

キャスターとしてテレビにも出演しており、全国に顔が売れている有名ジャーナリスト。。

心臓に根治適応外の巨大な腫瘍がある。気休めのオペは受けず、最期まで全力で仕事をしたいと望むが…。

升 毅 1955年12月9日生まれ 61歳 大阪府出身。1975年にNHK大阪放送劇団付属研究所に入所して、1978年にNHKの【極楽家族】で俳優デビュー。1991年【劇団MOTHER】を結成し、2002年の解散まで座長を務めた。その後、生瀬勝久、古田新太、羽野晶紀らと数々のバラエティ番組に出演した事で、関西でブレイクし、東京に進出。1995年ドラマ【沙粧妙子-最後の事件-】で天才的な快楽殺人者・梶浦 圭吾を演じて関東でも役者として成功をおさめる。2017年は主演映画【八重子のハミング】で石崎誠吾役として出演している。

松澤 一之(車田 一久役)

未知子が乗車した路線バスの運転手。

冠動脈瘤を合併した心筋梗塞および、心タンポナーデを患っている。

まどかの手配で、【東帝大学病院】でオペを受けることになる。

松澤 一之 1955年8月25日生まれ 62歳 愛媛県出身。1985年のNHKドラマ【真田太平記】の高台院・侍臣役で俳優デビュー。その後はドラマの脇役で出演を重ねながら、1990年のバラエティー番組【紳助のとんでもいい夢】に出演。2002年の【行列のできる法律相談所】や【クイズ!ヘキサゴンII】など、島田紳助(現在は芸能界引退)の人気番組で知名度を上げた。2010年~2012年に放送された【SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜】や劇場版 SPECシリーズでは鹿浜歩役を演じている。2016年は【HiGH&LOW THE MOVIE】の家村会の幹部・川田として出演した。

藤 真利子(蛭間 華子役)

【東帝大学病院】の前院長で、現在は同院の【知床分院】で院長を務める蛭間重勝の妻。

4期の9話ではライバル病院・慶林大の患者が搬送されて来たことから激怒。

未知子が『ヤンキーの番長』だと呟くほど、気の強い女性で、蛭間でさえも頭が上がらない存在。

藤 真利子 1955年6月18日生まれ 62歳 東京都出身。人気作家だった父から猛反対されるも、女優の道へ進み、1977年【北村透谷・わが冬の歌】樋口一葉役で映画デビュー。1982年の火曜サスペンス劇場【危険なしのび逢い】を最初に現在まで火曜サスペンス劇場において最多犯人役出演俳優という記録を持っている。2017年は【そして誰もいなくなった】翠川つね美役、NHKドラマ【定年女子】では林田克子役として出演。また、松任谷由実(ユーミン)とは大親友でもあり、微美 杏里のペンネームで作詞・作曲も手掛けている。

【ドクターx 5期】2017年 1話 ツイッター感想

https://twitter.com/yone_nao0118/status/918514553616351232

【ドクターx 5期】2017年 1話 感想とまとめ

ドクターx5期の放送がスタートして、ラスト結末の米倉涼子さん演じる大門未知子の致しませんシリーズは久々に聞いてもスカッとジャパン(笑)

大地真央さん演じる初の女性院長・志村まどかが、まさかの不倫略奪愛失脚から、嫁の華子(藤真利子)に『トンカツ以下です!』と、罵倒されていた蛭間重勝(西田敏行)が【東帝大学病院】の院長に返り咲いて白い巨塔が復活したストーリー展開には驚きました。

アドリブ健在で楽しませてくれる西田敏行さんの院長復帰には賛成ですが、放送前の番宣にも出演していた大物女優の大地真央さんがゲストキャストだったとは、考えられない展開でした。

【ドクターx 5期】の公式サイトを確認したら、大地真央さんがメインキャストから外れて1話のゲストになってましたので、残念ながら登場はなさそう。

それにしても、大地真央さんの使い方が間違っていたように思えたのと緊迫したオペやキャストたちの演技では相変わらず飽きることなく楽しむことが出来た1話で、2話が待ち遠しいです。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP