【ドクターx 5期】2017年 視聴率速報とヤフー感想を最終回まで更新!歴代シリーズも公開!

2017年の秋ドラマ・米倉涼子さん主演【ドクターx 5期】の視聴率速報とヤフー感想を最終回まで更新!

テレビ朝日の伝説的なドル箱ドラマとなってるドクターxシリーズの第5期が20%以上の圧倒的な視聴率で2017年秋ドラマではトップを独走すると予想しました!

ドクターxシリーズの歴代視聴率一覧表や2017年秋ドラマで2位、3位を獲得すると思われる水谷豊さん主演【相棒16】や池井戸潤さん原作【陸王】など、5位までのランキング予想も含めてまとめてみました。

スポンサーリンク

【ドクターx 】2012年 視聴率一覧表とランキング

話数視聴率放送日ストーリータイトル
1話18.6%10月18日その手袋で触るな!全員、ホールドアップ!
2話17.6%10月25日死なせません。私、失敗しないので
3話17.4%11月08日いりません。ネーミングがヘンだし、まずいので
4話17.1%11月15日私にとって手術は、プライスレスのライフワークです
5話17.7%11月22日あなたの手術、失敗したんじゃないですか?
6話18.6%11月29日私は切って助ける!
7話20.1%12月06日 本当のことを教えてあげるのが医者の義務じゃないんですか?
8話24.4%12月13日手術場には、馴れ合いも、助け合いも、御意もいらない。
助けなきゃいけない病人がいるだけ

2012年シリーズ1作目【ドクターx 】での最高視聴率は最終回8話の24.4%で、最低は4話の17.1%でした。

最終回では瞬間最高視聴率29.8%を記録し、平均視聴率19.1%は2012年の秋ドラマで第1位を獲得。

5位までのランキング表は以下の通りです。

順位ドラマ名平均視聴率テレビ局・主演
1位ドクターx19.10%テレビ朝日・米倉涼子
2位PRICELESS17.65%フジテレビ・木村拓哉
3位相棒1116.52%テレビ朝日・水谷豊
4位結婚しない11.80%フジテレビ・菅野美穂&天海祐希
5位MONSTERS11.59%TBSテレビ・香取慎吾&山下智久

【ドクターx 2期】2013年 視聴率一覧表とランキング

話数視聴率放送日ストーリータイトル
1話22.8%10月17日このまま閉じたら、三ヶ月以内に命落としますよ 
2話23.1%10月24日私なら切れます。死なせません。絶対に失敗しないので
3話18.4%10月31日生体腎小腸交換移植、私ならできます! 
4話21.3%11月07日成功したら、あなたに手帖をあげる。
蛭間の秘密がぎっしり詰まったあの手帖 
5話23.7%11月14日失敗しない医者なんて、いるわけない。私以外
6話22.1%11月21日いらない臓器なんてない! 体の中にいらないものなんてない!
7話23.9%11月28日選挙のために手術を利用した、患者を道具にして手術を舐めるな
8話22.5%12月12日この世に失敗が許される医者なんていていいの?
私は失敗したくないから、自分で切る 
9話26.9%12月19日患者さんにとって、オペは最後のチャンス。
だからそれに勝ち続けること。それが私の夢。

2013年に放送された【ドクターx2 】での最高視聴率は最終回9話の26.9%で、最低は3話の18.4%でした。

米倉涼子さんが最終回のラスト結末でタイの大富豪の息子・ネズミに会って『私、失敗しないので!』と、豪語していたシーンでは瞬間最高視聴率29.8%を記録。

平均視聴率23.0%は2013年の秋ドラマで第1位を獲得し、5位までのランキング表は以下の通りです。

順位ドラマ名平均視聴率テレビ局・主演
1位ドクターx223.0%テレビ朝日・米倉涼子
2位リーガルハイ18.40%フジテレビ・堺雅人
3位相棒1217.40%テレビ朝日・水谷豊
4位科捜研の女1312.60%テレビ朝日・沢口靖子
5位安堂ロイド12.56%TBSテレビ・木村拓哉

【ドクターx 3期】2014年 視聴率一覧表とランキング

話数視聴率放送日ストーリータイトル
1話21.3%10月09日命は自分のために使えよ
2話20.9%10月16日ロボットより私の手の方が、完璧で確実なので
3話20.8%10月23日命を前に根回しもへったくれもない
4話23.7%10月30日切りましょうか、私が。私なら完璧に治せますよ
5話22.2%11月06日医者の勝ち負けなんてどうでもいいんだって。
患者が勝たなきゃ意味ないじゃん 
6話23.6%11月13日これ以上は切れない
7話22.8%11月20日私、勝負してないので
8話21.8%11月27日…待つ 
9話21.6%12月04日患者にとって医者は一人。あんたもプロでしょ!
10話24.8%12月11日汚い手術はしたくない
11話27.4%12月18日私はたった一人の大好きな人のオペがしたいんだよ!

2014年に放送された【ドクターx3 】での最高視聴率は最終回11話の27.4%で、最低は3話の20.8%。

米倉涼子さんが最終回で宇宙まで飛んで行ったラスト結末は瞬間最高視聴率が30%を超えて31.3%を記録。

平均視聴率23.0%は秋ドラマにおいてダントツのトップで、5位までのランキング表は以下の通りです。

順位ドラマ名平均視聴率テレビ局・主演
1位ドクターx323.0%テレビ朝日・米倉涼子
2位相棒1317.40%テレビ朝日・水谷豊
3位きょうは会社休みます16.02%日本テレビ・綾瀬はるか
4位科捜研の女1412.80%テレビ朝日・沢口靖子
5位信長協奏曲12.44%フジテレビ・小栗旬

【ドクターx スペシャル】2016 視聴率

話数視聴率放送日ストーリータイトル
1話22.0%7月03日 復活!!失敗しないハケンの女!黒い巨塔に現れた最強敵!?
金沢〜能登…4回転半メダリストの緊急オペ3000万!!

【ドクターx 4期】2016年 視聴率一覧表とランキング

話数視聴率放送日ストーリータイトル
1話20.4%10月13日孤高のハケンの女医・大門未知子がついに帰ってきた!
X史上最も危険な敵が君臨する白い巨塔に鋭いメスを入れる!! 
2話19.7%10月20日貧乏村長vsセコい国会議員オペ…Wで失敗しないので
3話24.3%10月27日20年前の医療ミス!?不倫相手のお腹の秘密
4話21.3%11月03日 美人姉妹同時刻オペ!!太る病気の秘密!?
5話20.4%11月10日派閥争い パワハラ手術も失敗しないので!! 
6話21.5%11月17日御意男のクーデター!!メスなき心臓手術!?
7話22.2%11月24日音をなくしたピアニストの命とプライド
8話20.7%12月01日ウイルス感染…! 手術不可能な密室!?
9話22.6%12月08日教授婦人会のドンが送り込んだ患者の罠!?
10話20.5%12月15日母子同時オペ!? わずか25センチの命
11話22.8%12月22日さらば大門未知子!! さらば友よ…聖夜のオペも失敗しないので

2016年【ドクターx4 】での最高視聴率は最終回ではなく3話の24.3%で、最低は2話の19.7%でした。

ピコ太郎がPPAPネタを披露した瞬間に心筋梗塞で倒れた最終回のラスト結末での瞬間最高視聴率は26.2%。

11話迄の平均視聴率21.5%は、やはり秋ドラマではトップで、5位までのランキングは以下の通りです。

順位ドラマ名平均視聴率テレビ局・主演
1位ドクターx421.50%テレビ朝日・米倉涼子
2位相棒1515.20%テレビ朝日・水谷豊
3位逃げるは恥だが役に立つ14.47%TBSテレビ・新垣結衣
4位校閲ガール・河野悦子12.36%日本テレビ・石原さとみ
5位科捜研の女1611.98%テレビ朝日・沢口靖子

【ドクターx 5期】2017年 視聴率速報一覧表とランキング

【ドクターx 5期】最終回までの視聴率を速報で更新していきます。

2017年12月14日に10話で最終回を終えた【ドクターx 5期】視聴率一覧表は以下の通りです。

話数視聴率放送日ストーリータイトル
1話20.9%10月12日 復活!!!! 失敗しないハケンの女 世界横断オペ2000万
2話19.6%10月19日 VSゆとり院内盗撮!? 過保護な患者の秘密
3話 19.0%10月26日 VSキレる教授!? セカンドオピニオン失敗しないので
4話 19.1%11月02日 外科医を育てる超VIP患者の秘密!?
5話 20.8%11月09日 診断1秒人工知能VS失敗しない野生の勘!?
6話 20.7% 11月16日 おしどり夫婦の緊急Wオペ!? 私麻酔もできるので
7話 20.1% 11月23日 日米女医対決!! オペ室の中心で愛を叫ぶ
8話 20.6% 11月30日 命懸けの内部告発!? 最強黒幕の秘密…
9話21.2% 12月07日 最終章〜失敗しないハケンの女倒れる…
10話 25.3% 12月14日 さらば大門未知子!!!! 衝撃のラストオペは……35億!? 絶対失敗しないので

2017年【ドクターx5 】においての最高視聴率は最終回10話の25.3%で、最低は3話の19.0%でした。

瞬間最高視聴率は22時2分の28.9%。余命3カ月と診断された大門未知子が西山の手術を受けている最中に、神原名医紹介所の神原晶が未知子自身がのノートに記述していた術式と手順を読み上げたシーン。

全10話の平均視聴率は20.7%で、今年の連ドラの中では断トツのトップでした。

2017年 秋ドラマ 視聴率ランキング予想と結果

2017年秋ドラマ視聴率とランキングに関しましては以下の通り予想しましました。

テレビ朝日のドル箱ドラマ【ドクターx 5期】は文句なしの鉄板で独走態勢の1位。

2位、3位は【相棒16】と半沢直樹や下町ロケット・池井戸潤さん原作【陸王】との接線の戦いと予想。

2017年の秋ドラマ視聴率とランキング結果は最終回が終了して、それぞれの平均視聴率の集計が終わり次第追記修正させて頂きますが、それまでは予想ランキングの参考にしてください。

順位ドラマ名平均視聴率テレビ局・主演
1位ドクターx521.80%テレビ朝日・米倉涼子
2位陸王16.30%TBSテレビ・役所広司
3位相棒1615.85%テレビ朝日・水谷豊
4位監獄のお姫様13.35%TBSテレビ・小泉今日子
5位コウノドリ12.15%TBSテレビ・ 綾野剛

【ドクターx 5期】2017年 1話 視聴率とランキング

【ドクターx 5期】第1話 視聴率 20.9%

米倉涼子さん演じる【ドクターx 5期】第1話が10月12日に15分拡大でスタートし、初回の視聴率20・9%は2016年に放送された【ドクターx 4】の初回視聴率の20.4%を上回る結果を記録して、好発進。

瞬間最高視聴率は22時前後の23・9%で、晶さんが、勤務条件を読み上げて、大門未知子が【致しません】シリーズを披露した後、颯爽と立ち去って行くシーンでした。

視聴率ランキングに関しましては今年の民放連続ドラマがまだすべて出揃っておりませんが、初回、20%の大台超えから文句なしの1位でしょう。

そんな【ドクターx 5期】第1話のあらすじネタバレを簡潔にご紹介します。

第1話では大門未知子(米倉涼子)が絶景の露天風呂に入った後に路線バスに乗車するが、運転手・車田一久(松澤一之)が意識を失い、心肺停止状態に…。

未知子は通り掛かった【謎の女】の助けを借り、車田を麓の病院へ運び、かつて未知子に憧れ、医局を飛び出した外科医・森本(田中)と再会して緊急オペを行った後、近いうちに車田の再手術を行うと言い残し、その場を去った。

一方、東帝大学病院は、蛭間重勝(西田敏行)を査問委員会にかけてクビにし、正式に新院長に就任した・志村まどか(大地真央)がクリーンな医局を取り戻そうと、大改革を推し進めていた。

そんな中、未知子が現れ、まどかこそ、未知子が先日出会った謎の女だった。まどかは最新設備の整った大学病院で手術をするのが最善策だと判断し、車田を転院させ、未知子を雇う。

ところが、まどかは未知子を車田の執刀医から外し、手術支援ロボット・コロンブスを遠隔操作する米国の心臓外科の世界的権威・マクソン教授(ブレイク・クロフォード)に依頼したと、発表!

憤慨した未知子はとんかつ屋に出向き、相席していてその場で倒れたジャーナリスト・一色辰雄(升毅)を【東帝大学病院】に緊急搬送する。

その後、車田は未知子が執刀し、一色はマクソン教授においてオペが行われるが、マクソンが遠隔操作で、失敗してしまい、開胸手術に変更したまどかが、執刀。

ところが、ガンが広く浸潤しており、全摘出を諦めたまどかはインオペを宣言する。

そこに現れた未知子は閉じるなと一喝して、瞬く間にオペを成功させる。

未知子のおかげでメンツを保ったまどかだったが、蛭間に一色との不倫略奪愛を暴露されて失脚。

院長に返り咲いた蛭間や医局員たちの元に未知子を連れて来た神原晶(岸部一徳)が勤務条件を読み上げて未知子が【致しません】シリーズを披露して、蛭間がステーキハウスで密会していた日本医師俱楽部会長の内神田(草刈正雄)に【御意】で忠誠を誓うラスト結末でした。

【ドクターx 5期】2017年 1話 ヤフー感想 まとめ

面白かった!

「私、失敗しないので」この一言がちっとも色あせない。

個性的なキャラをもつ出演者たちと時事ネタをちょこっとスパイスに洒落た台詞で笑わせる。

シリーズだけど飽きさせないのは脚本や演出や、何より手術シーンのためだけの別台本があって映らない人たちもしっかり演じていると話していました。

実際の術例をモデルにしていることが多いという事でしたから手術のシーンは目が離せませんね。

最高!

待ってました!大門先生!もう、ワクワクが止まりません!(大袈裟?)

『御意!』『致しません!』『わたし、失敗しないので。』アキラさんのメロンにスキップ♪

蛭間病院長の唄や、海老名先生の軽さ(笑)などなど。

全てが面白い。大好きです!ゆとり世代の先生のキャスティングもイイですね♪

陣内孝則

うるさいだけでミスキャスト!まだ生瀬さんの方がマシだったな~!

初回なのにマンネリ化してるし~!

エンケンさん帰ってきてくれて良かった♪ピン子が消えてくれて良かった良かった♪

さすが

ワンパターンだけど面白い。

時代劇と一緒でストーリーわかってるんだけど見てしまうパターンだよね…

メロンも健在でうれしい限りだわー加地先生いないのはさみしい…

大地真央って第一回のゲストなの

泉ピン子や三田佳子のように米倉とバトルして欲しかったんだけどなー

西田敏行と「御意」軍団はお笑い要員。ラスボスではないんだよねー

ラスボスは草刈正雄だけなのかな

草刈さんに期待!

草刈さんの迫力素晴らしいですね、パターン化されてるドラマに新しい風を注ぎそう。

大地さんの出番がもっとあれば良かったなあ。ところでアメリカの医師団血で見えない!っで終わり?

責任感ないなぁ、oopsって済まさないで欲しい。ネット回線での手術危ないよね。

電波切れることもあるし、精密さを求められる手術では医療ミスにも繋がる。

出典:ドクターX~外科医・大門未知子~ ヤフー感想

【ドクターx 5期】2017年 1話 感想とまとめ

やはり、人気シリーズだけあって、皆さん【ドクターx 5期】の第1話から、絶賛と満足の感想が大半。

米倉涼子さん演じる大門未知子の決め台詞【私、失敗しないので】【致しません!】神原晶(岸部一徳)のメロンにスキップ!院長に返り咲いた西田敏行さんのボキャブラリー溢れるアドリブや応援歌、エンケンの【御意!】軽さなどなどは健在そのもの。

新キャストに関しては1話で失脚してフェードアウトした大地真央さんを残念がる声が多かったようです。

また、やけにうるさい演技が目立った陣内孝則さんのミスキャストは否めませんでしたね。

草刈正雄さんは不気味さと迫力があり良かったと思いました。

【ドクターx 5期】2017年 2話 視聴率とランキング

【ドクターx 5期】第2話 視聴率 19.6%

米倉涼子さん演じる【ドクターx 5期】第2話が10月19日に放送され、初回の視聴率・20・9%から0.7ポイントダウンしたもの、19.6%は高視聴率。

視聴率ランキングに関しましては1話同様に文句なしの1位。

そんな【ドクターx 5期】第2話のあらすじネタバレを簡潔にご紹介します。

第2話では、大門未知子(米倉涼子)の手術を見学する西山直之(永山絢斗)や伊東亮治(野村周平)たち。

ゆとり世代の若手医師たちが組織のことなど気にせずに堂々と院長回診をすっぽかして、外科医局員室で、スマホゲーム【ぷよぷよ!!クエスト】で遊んだり、サンドイッチに醤油をかけまくるなど、我が道を満喫。

そんな中、伊東(野村)の母・不二子(中田喜子)が諭吉入りのまんじゅうを持参して【東帝大学病院】の蛭間院長(西田敏行)に息子の伊東びいきの挨拶を済ませた後、吐血して倒れてしまう。

術前カンファレンスが開かれ、海老名敬(遠藤憲一)の発表で、不二子が極めて稀な進行胆のうがん肉腫を患っていたことが判明し、伊東が未知子も納得する世界初症例の膵頭十二指腸同時切除術を提案。

蛭間は母を助ける息子という美談から、世の注目を集めるチャンスとばかり、伊東を執刀医に指名するが、当の本人・不二子は手術を拒否し、挙句の果てに病院から逃亡劇。

未知子が不二子を説得するなか、不二子が伊東の出世画策の為に【東帝大学病院関係者】を盗撮していたことが判明し、蛭間の命を受けた海老名は手術同意書にサインさせる。

伊東は執刀医を引き受ける返事をするが、未知子は『意地を張るのと覚悟は別もの』だと諭す。

海老名は俺が助手だから心配するなと言うも、伊東から大門先生にしてほしいと返され、面目丸潰れ。

そして、オペ当日を迎えた伊東は未知子、海老名、原、3人の助手についてもらい、母である不二子の手術を開始するが、途中でメスを握る手が止まり“失敗しない未知子”が命を救ういつもの展開。

監査役の雉沢真之介(矢島健一)は日本医療界のトップに君臨する【日本医師倶楽部】会長・内神田 景信(草刈正雄)に報告し、蛭間が記者会見が開くことになる。

ところが、伊東は医者を辞めると宣言したうえで、『大門未知子先生が母の命を救ってくれました。医者を目指すなら、誰だって大門未知子先生の領域を目指すべきです、私、失敗しないので!医者であるなら、それを言いたい。いや、言えるべきです、でも、僕にはその覚悟がありません』と、締めくくった。

赤っ恥をかかされた蛭間と内神田が激怒する一方で、マージャンを楽しんでいた城之内博美(内田有紀)は未知子に医者を辞めた伊東が『学生時代にバンドを組んでたベーシストでミュージシャンを目指すみたい。でも、ベーシストって潰しきかなそう』と発言する。

人気バンドのザ・タイガースで、ベーシストとして活躍していた神原晶(岸部一徳)は博美や未知子たちにベーシストをディスられ憤慨するというラスト結末でした。

【ドクターx 5期】2017年 2話 ヤフー感想

内神田の本性が垣間見えた

草刈正雄さん、ちょっと牙剥きましたね。ゾクッときました。

ですが個人的には、パート3の北大路さん演じる天童さんの方が差し迫っていて怖く感じました。

ドクターXだからこその2人の共演ないかな?この二人なら、未知子も一筋縄ではいかないでしょ。

今日は流石に無理あり過ぎ

三流大学辞めて、浪人して、医大入り直しインターンして外科医って、何千万も母親に負担かけてるよね。母子家庭言ってて、自分の力量は全然まだまだも最初からわかってるのに、あれで急に医者辞めないだろ。

医学会?が大門潰したい理由もわからん。嫌なら圧力かけて大手病院で雇わなきゃいいわけだし、高くても難手術影武者で使えて便利。国内で干されても海外行くから本人も困らない。

深く考えず見てるが、ちょっと無理やり強いな。

おもしろいと思います

大地真央、野村周平は後々また登場するような気もします。

ずっと影の存在だった未知子が期せずして名前が表に出て、これからどうなるのか。

未知子は全く変わらないでしょうが、草刈さんと岸部さんの関係に注目ですね~。

ベーシストの話は笑えましたね。岸部さんは今や元タイガースの中では1番スポットライト浴びていると思いますが。でも病院内で大声で歌うのは厳禁です(笑)

海老名先生 かわいーな

エンケンさんの演技上手いなあ~

「お母さん、大丈夫ですか?」と言いながら、放置で札かき集める姿..(笑)

ビクビクオドオドしながらも根はいい人で、笑顔可愛い。

なかなかこう言う演技出来る役者さんはいないね。

それにしても、今シーズンは、毎回1人ずつ消えてくんだろうか?

野村周平

流石若手実力派の一人なので、今日は力を出していた感じで、ラストの大学病院側が若きスターの誕生という嘘の記者会見を開いた時に、大門美知子が殆どの手術をしたと真相をぶちまけて医者を辞めると言ってたのは格好良かった。

野村周平演じる伊藤先生は最初に母親の胆嚢麦芽種の術式を提案した様に研究熱心で将来優秀な外科医に成長しそうなので、医者を辞めないで欲しいと思う。

出典:ドクターX ~外科医・大門未知子~ ヤフー感想

【ドクターx 5期】2017年 2話 感想とまとめ

【ドクターx 5期】の第2話ではゆとり世代の若手医師の一人だった野村周平さん演じる伊東の途中降板。

遠藤憲一さんやラスト結末での岸部一徳さんに対するベーシストネタに対する感想が大半でした。

草刈正雄さんの命を受けた西田敏行さんが嘘の記者会見を開いた時に、未知子が殆どの手術をしたと真相をぶちまけて医者を辞めると言ってのけた野村周平さんの退き際は大地真央さん同様に早かったが、格好良かったと思います。

次に西田敏行さんからアウトレイジネタでビビりまくる遠藤憲一さんが中田喜子さん演じる不二子が倒れ、『お母さん、大丈夫ですか?』と言いながら、放置して諭吉をかき集める演技は最高に面白かったですね。

そしてラスト結末において、内田有紀さんの“ベーシストって潰しきかなそう”発言から、未知子と博美が、タイガースでベーシスト担当だったあきらさんをディスりまくるシーンも好評でした。

【ドクターx 5期】2017年 3話 視聴率とランキング

【ドクターx 5期】第3話 視聴率 19.0%

米倉涼子さん演じる【ドクターx 5期】第3話が10月26日に放送され、2話の視聴率19・6%から0.6ポイントダウンしたもの、高視聴率をキープ。

視聴率ランキングに関しましては独走状態から2話同様に文句なしの1位。

そんな【ドクターx 5期】第3話のあらすじネタバレを簡潔にご紹介します。

第3話では、原 守(鈴木 浩介)森本 光(田中 圭)とともに【東帝大学付属幼稚園】に出向いていた大門未知子(米倉涼子)が園児たちにからかわれ、ふざんけんな!とブチ切れ、母親たちから謝罪を求められるが、【いたしません】で返し、原 守が代わりに園長・三鴨寿(平田満)へ謝罪する中、三鴨が倒れ、診察した未知子は【東帝大学病院】へ搬送。

未知子が総回診の猪又孝(陣内孝則)を突き飛ばし、ブチ切れする猪又にお構いなくMRI検査をして、肺の腫瘍を発見し、反応が鈍い三鴨に『どこのやぶ医者 私に切らせて!』と説得してるところ、猪又が現れ、薬で腫瘍を小さくしてからでないとオペはできないと断言するが、未知子はオペに猛反対する猪又に『私ならできる』と言い放った!

2人の会話を黙って聞いていた三鴨は猪又にセカンドオピニオンを申し出て、承諾をもらうが、後日、猪又に圧力をかけられ、困り果てて、神原名医紹介所を訪ねる。

事情を聞いて蛭間を訪ねた神原晶(岸部一徳)は東帝大と蛭間を批判する週刊誌のゲラとオペ成功後に蛭間を称えるもう一つのゲラを見せて選択を迫り、説き伏せて、三鴨の持ち込み入院を成功させた。

三鴨の術前カンファレンスが開かれ、蛭間から執刀医を命じられた未知子は御意で返事し、抗議する猪又に圧力をかけたと言い放ち、猪又は『黙れバイト!』とキレまくり、2人は執刀医の座をめぐり、激突。

結局、蛭間は猪又を執刀医に未知子を第一助手に指名し、オペ当日を迎えた猪又は海老名 、鳥井 、ゆとりの若手医師たちがガラス越で見学する中、オペを開始した。

順調に進めていた猪又は大きな腫瘍を強引に切除しようとした為に、血管を損傷させてしまうが、助言する未知子の言葉通りにして難関を乗り切り、未知子に縫合を命じて終了を宣言する。

猪又に『致しません!』と言い放ち、甲状腺腫瘍摘出手術を開始する未知子は猪又に『私、セカンドオピニオンでも失敗しないので!』との決め台詞でオペを成功させた。

さっそく、やって来た晶はメロンと請求書を手渡し、蛭間が晶に2000万円のディスカウントを申し出ると、大勢の園児たちが流れ込んで来て、似顔絵にはありがとうとの蛭間に対するお礼の言葉が書かれていた。

園児たちが口にする命の恩人の言葉に感激する蛭間の姿を横で見ていた監査役の雉沢は内神田にいい報告が出来ると喜びを隠せなかった。

未知子に『悪徳医者』だと言い放つ園児たちとスキップしながら【東帝大学病院】を後にする晶…。

未知子が助けたことに気付いて、一人残っていた園児が、【ありがとう、大門先生】との似顔絵を未知子に手渡すと、大勢の園児たちがカムバックしてきたというラスト結末でした。

【ドクターx 5期】2017年 3話 ヤフー感想

陣内、なぜ消えなかった。。

流れ的に、今日でやっと陣内がいなくなると思って見てたら、まさかの居残り。

野村くんよりいなくなって欲しかったのに。。

影が薄かった鳥井教授も頑張り始めて良い味出てきたし、外科部長争いメンバーから陣内は退場してほしい

一人だけすごい違和感。なんでこの人選んだんだろう

陣内さん消えなかったね

せっかくなら毎回一人ずつメインメンバーが消えてった方が面白いと思ってたが、まあ仕方ないか。

いつも通りの展開だったが、今日のラストは園児が出てきて、皆良い人になって終わってたねw

マンネリだけど…

大門先生が幼稚園児の検診とは今までなかったようなシーンで面白かった。

そして患者が倒れるところに出くわすというおなじみの展開。マンネリといえばマンネリの最たるものだがそれを楽しんで見れるところがこのドラマの良さでしょう。

手術室での集中している様子や周囲への情け容赦のない態度と、オフの時との落差も面白い。もしかしたら天才とはこのような人なのかも…と思ってしまいます。

さすがに捻りが欲しいね

やはりマンネリ感は否めないので、大地さんの病院長もう少し見たかった。

優秀な医者きてもいつも結局大したことないし、たまには未知子と同等レベルの医者との対決とか、高額請求しない(出来ない)正統派の病院長パターンや、別のモテモテ美女医者登場とか、相手が正論だから未知子の勝手な振る舞いが通らないとか、核は同じでも、もう少し違ったパターンも見たい。

子供の眼は見ていた

今回も、未知子の手柄は横取りされて、子供達にも誤解されたままで終わるのか? それを受け入れるのも、未知子らしい、と思っていたら、一人、ちゃんとわかってくれた園児がいた。

あのシーン、胸にジーンときた。ああいう場面があるから、ほっこりと和む。やはりこのドラマは好きだ。それにしても蛭間、嫌らしいなあ。やはり大地真央さんのクリーンな先生の新風が欲しいところだ。

お謝りなさい、いたしません(笑)

大門未知子せんせーVS腐敗臭が加速してる陣内さんの猪又先生。

生意気なお子さま方と怪獣母軍団、ゆとりの面々たちに、相変わらずの原守と気弱な海老名にはそれなりに笑えましたが。ダメだし三連発です。

①そのままでウザい陣内さんがそのままウザいくて、ひねりが効いていない。

陣内さんは主役でキャアキャア言われてた頃が忘れられないのだろうけど、今は、誰もあなたにフェロモン感じていないんですって事実を受け入れなさい。

②田中圭さんがなんだか面白くない。

篠原さんのドラマの田中さんと見分けがつかない。人物像を演じ分けてほしい

③院長秘書はもっとセリフの練習しろよっ!新人だからってドラマのクオリティをサゲないで。

ワンカットであれ、セリフのひとことであれ大事にしておくんなまし。

出典:ドクターX~外科医・大門未知子~ ヤフー感想

【ドクターx 5期】2017年 3話 感想とまとめ

【ドクターx 5期】の3話ヤフー感想では陣内孝則さんに退場してほしいというバッシングが集中。

陣内孝則さん自身は台本に書かれた台詞通りに演じてるとは思いますが、昔と変わらないオーバートークやリアクションがウザイのは否めないところだと思います。

業界関係者から水戸黄門化してるとの噂があるドクターxシリーズは国民的な人気ドラマになっているので、余計に目立って、キャストとして受け入れられないのでしょうね。

また、マンネリ化を楽しむ反面、違うパターンを要望されてる方々の感想も多かったようです。

【ドクターx 5期】2017年 4話 視聴率とランキング

【ドクターx 5期】第4話 視聴率 19.1%

米倉涼子さん演じる【ドクターx 5期】第4話が11月2日に放送され、3話の視聴率19・0%から0.1ポイントアップで高視聴率をキープ。

視聴率ランキングに関しましては独走状態から3話同様に文句なしの1位。

【ドクターx 5】第4話では原守(鈴木 浩介)から突然、婚活パーティーに誘われて参加した外科医・森本光(田中圭)が美人女性と婚約する仲にまで発展。

後日【東帝大学病院】に森本を訪ねて来た女性は結婚式場を予約できたと報告し、2人で大喜びする。

ところが、立ち去ろうとした女性が、森本の前で倒れてしまい、居合わせた大門未知子(米倉涼子)がすぐ処置に当たり、検査の結果、重篤な肝臓がんを患っていると判明する。

術前カンファレンスで、内神田四織(仲里依紗)という名前を見た外科副部長・海老名敬(遠藤憲一)は、思わず固まってしまう…。

そんな海老名が四織の部屋を訪ねて確認すると、四織は【日本医師倶楽部】会長・内神田 景信(草刈正雄)の前妻の娘であることを告白。

海老名から報告を受けた【東帝大学病院】の院長・蛭間重勝(西田敏行)は、海老名と猪又孝(陣内孝則)鳥井の外科副部長3人に対して、保身を期した【3たかし】のドリームドクターのオペを指示。

ところが、四織は森本を指名し『キューバ医科大学に進学して、船医、軍医、特技、趣味が手術の森本先生以外の手術は絶対に受けない」と断言。

困り果てた3たかしは蛭間に四織の意向を伝え、森本に執刀医を命じ、自分の腕に自信がない森本は未知子を助手にしてほしいと申し出るが、猪又は未知子が『致しません』と言うに決まってると諦めモード。

保身に必死になる蛭間は未知子への土下座を命じる。さっそく、土下座をする3たかしだったが、想定通り、未知子は『致しません』の一点張り。

オペ当日を迎えた森本が海老名、猪又、鳥井たちが見守る中、メスを握り手術を開始すると、未知子が第一助手として現れた。第3腫瘍の切除を終えて、未知子に交代を願い出て、断られた森本はインオペを宣言し、未知子も同意してオペが中断されてしまう…。

3たかしからインオペの報告を受ける蛭間は激怒し、それから一週間経ち、森本が四織の転院に抗議する中、未知子は無断で四織のオペを開始。

猪又から失敗の言葉で詰められた未知子は『私、失敗しないので』との決め台詞を言い放ち、残した肝臓を肥大させていた未知子は新たに肝切除法を行うALPPSを選択した術式でオペを成功させた。

内神田に恩を売れる蛭間は会議中の内神田に四織のオペ成功を報告するが、内神田から『私に四織なんて娘はいない、子供は男ばかりだ』と言われて撃沈(笑)

謝礼金を狙ってドアの外で待機していた晶はクワバラスキップで早々と立ち去り、四織は森本に結婚式場の予約手付金の200万円を返し、結婚出来ないと打ち明けた。

“四織は内神田の苗字を悪用し、出世に目がくらんだバカ医者たちを騙していた結婚詐欺師でした(笑)”

医局室で焼きそばパンを頬張る未知子は『焼きそばが少ない、詐欺だ!』と言い出し、立つ瀬がない森本は床に倒れてしまうというラスト結末でした。

【ドクターx 5期】2017年 4話 ヤフー感想

マンネリでもよし

大門先生が後輩の教育ってやっぱり違った。それでいい。でも、無意識のうちに未知子は教えてると思う。

ありえない展開も、最後に未知子がスカッとさせてくれればそれでいい。そういうドラマだと思う。

このまま未知子のキャラがぶれずに進むのを願うばかり。恋愛にうつつをぬかす未知子は見たくない。

できれば加地&原コンビを復活させてほしいなぁ。

いつもに増して

笑えました。前回、前々回と比べてもおかしかった。酷評が多いようですが、私はこのシリーズに入って、初めて、あー面白かった、と思いました。

毎回そこそこ面白いのはどうしてでしょう。今シリーズの配役に慣れてきたせいもあるかもしれませんね。

これも、家族みんなで見ることのできるドラマです。なかなか貴重です。女の子に見せるのも一つの社会勉強になっていいかもしれません。

未明にCM飛ばし早視。肝臓部位の難関な…

未明にCM飛ばし早視。肝臓部位の難関なオペ~自己再生臓器【肝臓】最低限20%を残す事が必須条件とは初見~またまた、ひとつお利巧に為った<ふざけ過ぎかな>。

一週間掛けて~肝臓の成長で残部位20%確保するが為のインオペ~凄いな【未知子~on my GOD!~】。

「詩織さん」一回目のオペ直後、病室歩いて居たが、巨匠監修なのでOKなのだろうが、『内神田令嬢』と、忖度したら~彼女、結婚詐欺師だったとは!

ワンクルー

ワンクルーやるのはちょっと無理がある気がする今日この頃で、愛すべきマンネリとかワンパターンって、愛されてこそだろうけど私は大門先生は愛せないし黒狸の西田さんの御意も忖度もちょっと聞き飽きた。

三人組もなんだか、、俳優さんが勿体無く思えて笑うところなのだろうけど笑えない 遠藤さんは近頃の渋い役をされなくなった 良い人キャラよりも もっと黒い役を演じてもらいたい。

白い巨塔のパロディーは黒が際立っていないと見飽きてしまう。

泉ピン子さんは何だかんだ良かったんだと思う今日この頃です。

仲里依紗…

わざわざ起用するほどでもなかったですね。

勿体ない。彼女の俳優としての技量であの程度の役…勿体ない。

出典:ドクターX~外科医・大門未知子~ ヤフー感想

【ドクターx 5期】2017年 4話 感想とまとめ

【ドクターx 5期】第4話ヤフー感想ではマンネリと酷評との賛否両論に分かれてました。

西田敏行さんの御意と忖度に少し飽きてきたと言う感想は同感ですし、私自身は笑えるアドリブを連発してほしいと思う今日この頃です。

仲里依紗さんのゲスト出演に関しては1話だけよりも彼女の怪演が発揮出来るような癖のある若手婦長などのレギュラー出演の方が活かせたのではないかと思いました。

【ドクターx 5期】2017年 5話 視聴率とランキング

【ドクターx 5期】第5話 視聴率 20.8%

米倉涼子さん主演【ドクターx 5期】第5話が11月9日に放送され、4話の視聴率19・1%から1.7ポイントアップで、4週ぶりに20%の大台を超えました。

視聴率ランキングに関しましては向かうところ敵なし状態から4話同様に文句なしの1位。

第5話は医療界のトップに君臨する【日本医師倶楽部】会長・内神田景信(草刈正雄)が【東帝大学病院】に最先端の人工知能診断システム【ヒポクラテス】を使った華麗なる症例を打ち上げるよう病院長・蛭間重勝(西田敏行)に提言。

忖度した蛭間に自身のファースト写真集を手渡し、美味い肉が食いたいと言い残して、廊下で顔を合わせた外科副部長の海老名敬(遠藤憲一)と鳥井高(段田安則)に『おのおの抜かりなく』と真田丸(笑)

同じ頃、世界最強の将棋ロボット・マングースと対局していた若き天才棋士・五反田五郎(間宮祥太朗)は突然、腕のけいれんを起こして意識を消失し【東帝大学病院】に搬送。脳腫瘍の可能性が高いが、MRI画像では断定できない。

緊急カンファレンスが行われるが、血液検査はすべて正常で、診断は暗礁に乗り上げる。そんな中、反AI派だった鳥井(段田安則)が、人工知能診断システム【ヒポクラテス】の診断結果を提示。そのデータをもとに脳膿瘍だと特定する。

大門未知子(米倉涼子)は『なんか違う』と反論し、病名を特定できずとも、あんたの腕じゃムリだと言い残してカンファレンスルームを出ていく…。

その後、鳥井は一過性の意識障害に陥った五反田から手術同意書のサインをもらい、蛭間に報告するが、AIによる症例を失敗させるわけにはいかない蛭間は、手術が下手な鳥井ではなく、未知子を執刀医に指名。

未知子は『いたしません』と突っぱね、病名も分からないまま出来ないと言い放ち、不服な顔をする鳥井に『オペなめないでよ!』と一喝して院長室を後にする。

蛭間が記者会見で五反田の病名を脳膿瘍だと発表して、鳥井が執刀医を告げるなか、未知子は西山を助手に五反田のオペを無断開始し、慌ててやって来た鳥井に吸引しろの一言(笑)

五反田が食べた豚に寄生した有鉤嚢虫(ゆうこうのうちゅう)を取り出し、信じられない顔をする鳥井に『あたし、診断も失敗しないので』との決め台詞!

体内の有鉤嚢虫をすべて摘出して、オペを成功させ、屋上でコップ一杯のガムシロップを飲み干す未知子はなぜ分かったのかと尋ねる鳥井に『あんたは勉強不足』だと言い放つ。

一方、蛭間はメロンと1000万円の請求書を持参してきた晶に未知子が勝手にやったオペからびた一文払わないと拒否するが、いつものように説き伏せられてしまう。

蛭間は記者会見を開き、鳥井を称賛するが、何かに取り憑かれたように有鉤嚢虫を口にする鳥井は海老名と原守(鈴木浩介)に連れ出されてしまい、虫のことを尋ねられた蛭間は【ヒポクラテス診断】の一点張り。

無事に退院してマングースと再戦し、地獄の桂馬使いで追い詰める五反田に興奮気味の晶と未知子…。

未知子が『頭の中、からっぽにしたんだ』と呟いた瞬間、マングースが頭を下げて、五反田の勝利が確定したというストーリーでした。

【ドクターx 5期】2017年 5話 ヤフー感想

大門さんは1000万もらっていない

いつも神原が請求する巨額の手術代は、ほとんど神原がキープしていると思われる。未知子が病院を建てるために貯めている、という説明もあったが、神原自身の懐に入っている可能性も大いにあり。

前の園児たちが出てきた時に「私、十万以下の賄賂は受け取らないので」というようなことを言っていたがあの台詞は額面通り受け取ってはいけない。

つまりああ言って、賄賂、この場合は園児たちのなけなしの小遣いを貰わず、子供たちに返してやった、と解釈できる。大門はお金に関して、全くクリーンな人物だと思う。

だからって

普通の医者くらいは貰ってるでしょ?

お金にクリーンだったら 露店で売ってる たい焼き値切らないで欲しいな、、 (笑)

何だかんだ 45分過ぎの 失敗しないのでは家族全員好きですよ 水戸黄門の印籠か 金さんの桜吹雪見たいで美味しいところは 全部大門先生って分かりやすさも良いと思います。

未知子は手取り10万?

せっかく借金も無くなって未知子のために医院を作ろうとした明さん。

しかしロッカー一杯の金を宇宙に使ってしまった未知子。

故に明さんは大金を渡さないのさ、お洋服はその都度買ってやり、衣食住は、ただだが油断ならない未知子。院長は明さんの総取りと解ってましたね。

あきらさんが危なかった時

銭湯のロッカーに山ほど現金ありました。あきらさんがミチコの為に病院作ろうとお金貯めてるのは本当。しかしあの時までのはミチコが宇宙旅行に行って使ったことになってます。

ただしミチコはルブタンの靴だし、いい物着てる。彼女は金銭感覚が破綻してるのでは?

だからあきらさんはミチコにお金を渡さないのでは?笑

今日見てて米倉さんと志田未来さんの表情の作り方似てるな、と思いました。口元で上手に考えてることを表してる。米倉さん演技上手いんだな、と思いました。

神原と内神田

今日はもちろんメインは五反田五段の話。脳腫瘍かと思われたが、ヒポクラテスで脳膿瘍と診断され、全く違う寄生虫だった、という結果は意外性があってよかった。五反田が最後に機械に勝つのは予想通り。

だが、それらにも増して印象に残ったのは、神原と内神田の対峙のシーンだ。

あの蛭間が畏れ敬う内神田と、対等に話す神原。ふたりとも静かに燃えるような凄みがあり、圧巻だった。神原の過去も改めて興味深い。

出典:ドクターX~外科医・大門未知子~ ヤフー感想

【ドクターx 5期】2017年 5話 感想とまとめ

ドクターx 5期 2017年 5話ではやたらとお金がない未知子とお金が大好きで未知子の金銭を管理するあきらさんについての感想が多かったようです。

それもそのはず、未知子は第5話のオープニングにおいて、ゲーセンで卓球を楽しんだ後、行きつけのたい焼き屋に行きましたが、財布の中には全財産120円(笑)挙句の果てに値切るも売ってもらえず、神原名医紹介所に帰宅してあきらさんに『お腹が空いた』と駄々っ子でした。

実のところ未知子はドクターx3 最終回で手術不可能な重い病を患っていたあきらさんから突き放された後、銭湯の女将からロッカーキーを渡され、あきらさんが大門未知子病院設立の為に貯めていた2億円を発見。

未知子は晶さんのオペを成功させましたが、ラスト結末で宇宙旅行に使ってしまったので、最終回にリンクした感想が出てきたわけです。

そんなドクターx 5期の第5話において個人的にツボだったのは、大河ドラマ【真田丸】に出演していた草刈正雄さん、遠藤憲一さん、段田安則さんの3人のパフォーマンス。

真田昌幸役・草刈正雄さんの『おのおの抜かりなく』の決め台詞から上杉景勝を演じていた遠藤憲一さんと滝川一益役の段田安則さんに『御意!』と返事させたシーンは大爆笑。

見事に3人が揃ったドクターXならではの名シーンだったと思いました。

未知子の借金理由や知られざる過去経歴や元カレ、ドクターxシリーズであきらさんが、歴代の院長たちから請求してきた総額についてはこちらのブログカードからご覧頂けます。

【ドクターx 5期】2017年 6話 視聴率とランキング

【ドクターx 5期】第6話 視聴率 20.7%

【ドクターx 5期】第6話が11月16日に放送され、5話の視聴率20・8%同様に2週連続の大台超え!

視聴率ランキングに関しましては向かうところ敵なし状態から5話同様に文句なしの1位。

第6話は深い絆で結ばれていたフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)が猪又の画策で【東帝大学病院】を出禁になったフリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)のギョーザを食べてしまったことを火種に、給料制の違いも発覚!

未知子が神原晶(岸部一徳)に詰め寄り、博美が働き方や患者のQOLに対する考え方を述べて、2人の意見が対立。更に博美が未知子にギョーザ食べたをぶり返し、自分勝手発言を連発したことから2人がバトル!

そんな中、未知子と博美が懇意にしている中華料理店の店主・六浦良夫(平泉成)と妻・敦子(松金よね子)を同時にオペすることになるが、カンファレスで良夫の執刀医が外科副部長・猪又孝(陣内孝則)に決定してしまう。

諦めらめきれず、博美とは一切口を聞かずにマージャンに参加していた未知子は楽しくないと告げる晶に博美を戻して欲しいと頼む。

博美は『六浦さんが望まないから手術はやらない』と突っぱねた上で、未知子も病気になったら分かると、言い放ち、それでも医者かと食って掛かる未知子の態度に憤慨して立ち去る。

医局室にいた未知子を訪ねて来た外科副部長の海老名敬(遠藤憲一)は猪又にやらせない術式を考えるよう未知子に頑張れコールを残して、神原紹介所の博美を訪ねてランチに誘い、吐血した良夫の緊急オペの為に取引を成立させて病院に戻る。

良夫のオペが始まり、猪又から追い出された未知子は敦子のオペ室にいた博美を発見。博美は海老名が提示した割り勘を自分のおごりと引き換えに出禁を解いてもらってたのでした(笑)

未知子は執刀医チェンジを告げた上で『あの麻酔科医がいるなら、私は致しません』発言!

指名した西山にアドバスして、金ちゃんと呼ぶ原にフォローを頼んでオペ室を出ていき、良夫の元へ戻り、猪又に『あんたには任せられない』と一喝!憤慨した猪又は麻酔科医の瓜田を連れて出ていく。

未知子は麻酔科医がいなくてうろたえる助手の森本に術式変更を告げた上『私、麻酔も出来るので』発言!全摘を進めていき、新しく届いた切離断端の迅速結果をもとに更なる術式変更!

未知子が全摘せずに、膵臓の真ん中だけを残す術式を開始すると、博美が現れた。リスクが高いと忠告する博美に『私、失敗しないので』と決め台詞!

目で微笑みかける未知子は瞬く間にオペを成功させ、良夫の肩に手を置き『ギョーザ楽しみにしてるよ』と呟き、立ち去った。海老名からご飯を誘われた博美はパートナーが待ってる発言(笑)

晶は猪又にメロンとオペ2件分1000万円の請求書を持参。博美を馬鹿にする瓜田と請求額に難くせをつける猪又に対して手術を途中放棄した麻酔科医と外科医の件を蛭間に報告するのかと詰め寄る。

猪又は瓜田に部屋から出ていくよう命じ、後ほどと、言い残して退散しようとする瓜田にクビを言い渡し、晶にこれで手を打ってほしいと申し出る。

博美を馬鹿にした瓜田が解雇された上に1000万円もゲット出来て大喜びする晶はロビーで待っていた博美と未知子の前をスキップしながら通り過ぎていく…。

“博美と共にギョーザタイムを満喫していた未知子はギョーザを連呼していたというストーリーでした”

【ドクターx 5期】2017年 6話 ヤフー感想

陣内

この人が居るだけで鬱陶しい。特に今回はそれに加え今野まで居たから余計だ。でも、最後に晶さんがいつもとは一味違った感じでスッキリさせてもらった。今野に対するあの目が名演技で良かった。

大門が「私、博美が居るならやらない。」と言ったあの言葉。後で言ってたが、それだけ博美を信頼できる、任せられるという思いからで大門と城ノ内は奥底に有る信頼。

それが今回は、これまたいつもと違った角度からよく表現され、良かったと思う。

大門未知子は凄すぎる!

この番組は、実際にあった事象を脚本に取り入れていると聞いているので、外科医の大門が麻酔医の仕事を手術中に行った行為にびっくり!

こんなことが実際にあったなんて~大門は本当にドクターXだね!

上に立つ者として

君には何がある?という質問に、海老名先生ご本人は気づいてないと思うので代わりにお答えすると、彼にはめちゃめちゃな強運があるんですよ、猪又先生。全シーズン通して、彼は何にもできないけど、何にもしない内に勝手にライバルたちがバタバタと倒れていくんです。

その結果、なんにもせずに今では外科副部長。今シーズンでは鳥井副部長が既に脱落。すごい強運、すごい才能。そして役柄は決して可愛くはないのに、西田さんが演じることでどこか愛らしく、どうしても憎みきれない蛭間院長も負けない強運の持ち主。

二人ともほんと可愛い。あ、原守も可愛い。米倉さんは最近医者にしか見えなくなってきた。ほんとカッコいい。このドラマは飽きない。

餃子と海老

エビちゃんの隠し味が冴えまくり!安めのランチ逆ゴチで出禁を解除!医学的意見を求められ「わかるかよッ」研修医みたいなセコさと小物っぷり!遠藤憲一さんは影の主役だなぁ。

院長代理とウリボウ相手にピシャリ!と台詞を決めた晶さん、いつも以上にシビレた。

大門と城之内

大門未知子と城之内博美はお互いの外科医や麻酔科医の高い技術を信頼しあっている最高のパートナーだと思う。米倉涼子と内田有紀さんもドラマでは息がぴったり合っているが、プライベートでは合った事はないそうで、いい距離感で仕事をしている感じがする。

今日は遠藤憲一さんの海老名部長も大門と城之内の味方になって良かったし、永山絢斗の外科医も大門に手術を任され少し成長した感じで良かった。

膵臓に腫瘍が有って、奧さんと同時の手術になった患者役の平泉成さんもベテランの力を出して良い演技だったと思う。

出典:ドクターX~外科医・大門未知子~ ヤフー感想

【ドクターx 5期】2017年 6話 感想とまとめ

ドクターx 5期 2017年 6話のヤフー感想では大門未知子(米倉涼子)と城之内博美(内田有紀)、そして、愛されキャラの海老名(遠藤憲一)に集中してましたね。

ギョーザにこだわる未知子と博美の爆笑バトルに頑張れ大門コールや安いランチで博美に買収され、独断で出禁を解くエンケンの自由奔放な役柄などは視聴率にも影響していると言えるでしょう。

そして、ケンカをしてもお互いに高いスキルを信頼し合って、目で意思疎通する未知子と博美の絆の深さが表現されていて良かったですね。

また、院長代理だとほざく猪又(陣内孝則)と博美のことを三流麻酔科医だと罵倒する瓜田(今野浩喜)にぐうの音も出ないよう詰め寄るあきらさん(岸部一徳)もカッコいいと思いました。

【ドクターx 5期】2017年 7話 視聴率とランキング

【ドクターx 5期】第7話 視聴率 20.1%

【ドクターx 5期】第7話が11月23日に放送され、第5話の視聴率20・7%から、0.6ポイントダウンしたもの3週連続の大台超え!視聴率ランキングに関しましてはもはや独走状態から6話同様に文句なしの1位。

第7話は日本医師倶楽部会長・内神田景信(草刈正雄)の妻小百合(戸田菜穂)の従妹萌々香(小飯塚貴世江)と原守(鈴木浩介)がお見合いをするところからストーリー展開。

ところが見合いの場に突然、大門未知子(米倉涼子)が原の元恋人で、アメリカ人外科医のナナーシャ(シャーロット・ケイト・フォックス)を連れて来る。

原との再会に歓喜するナナーシャは『マーさん』と呼びながら、大胆なハグ。

予期せぬハプニングに泣きだしてしまう萌々香の姿を見て憤慨する小百合。見合いを成功させたい蛭間院長(西田敏行)と妻の華子(藤 真利子)は激怒するが、ナナーシャが、極めて摘出が難しい脳腫瘍を患っていることが判明する。

未知子は、私に切らせてほしいとオペを申し出るが、ナナーシャは『このオペは無理』と手術を拒絶する。その上で、最後の時を原と過ごしたいと告げた。

蛭間から休暇を命じられた原はナナーシャと共に旅行に出かけようとするが『患者に寄り添ったって病気は治らない』と言う未知子に諭された言葉と桜が見れる春まで生きたいけど、無理だと呟くナナーシャの思いと葛藤した末、カンファレスルームに現れる。

原は蛭間に土下座をしてオペを懇願。休暇は必要ありませんと辞表を差し出した。辞表と引き換えのオペを何度も何度も懇願する原の姿を見てナナーシャの命を助けたい未知子も執刀を申し出た。

蛭間は内神田のメンツを潰した上に、温情から休暇を与えたにもかかわらず、それを無視するのならオペをしてもいい。但し、オペ終了後、東帝大学病院を去るよう言い渡し、原の辞表を破り、叩き付けた。

ナナーシャのオペ当日を迎える原に森本と西山が助手に加わった。見るだけなら蛭間からのお咎めもないと言う鳥井と4人の最後を見届けに来た猪又が見学する。

未知子は麻痺が残らないよう【覚醒下 脳腫瘍 摘出術】をスタート。覚醒するナナーシャは元外科医らしく、痛みはない、バイタルも正常だと答える。

ところが、しばらくすると、右半身の痙攣が起こってしまう。

手を握って優しく見守る原に『病院に戻してくれてありがとう。マーさん I Love you』と薄れる意識の中で感謝の言葉と愛を囁くナナーシャ…。

危険な状態から『これ以上、欲を出すな、やめろ!』と止めに入る猪又。未知子は『私、失敗しなので』の決め台詞から、5分で終わらせると豪語!

もう一度、線をなぞるナナーシャは正常に戻り、未知子は脳から腫瘍を摘出。オペを成功させた未知子は、ナナーシャに『お帰り、ドクターナジンスキー』と声をかけてオペ室を後にした。

華子がナナーシャのオペに大激怒する中、晶が恒例のメロンと請求書を持って現れた。びた一文払わない。あの4人はクビだと晶に言い放つ蛭間。

晶は蛭間の机の上に内神田からの感謝の証として預かってきた贈り物を置く。蛭間が箱を開けると、高級酒ヘネシーのブランデーが入っていた。感謝の理由を晶に尋ねる蛭間…。

晶は未知子がオペをして助けたナナーシャが、アメリカンメディカルクラブ・副会長の娘であることから、日本医師クラブとの間に強力なコネクションが作れると説明した。

納得して喜ぶ蛭間に内神田会長から感謝の電話が入る。私と大門への感謝も示して欲しいと蛭間に迫る晶。蛭間は1000万円、喜んで!と急に態度を変える始末(笑)。

個人的に怒りが収まらない小百合は華子に原の処分を命じるが、華子は『いたしません!』と突っぱねる。勝ち誇ったかのよう、後ろに立ちすくむ小百合に対して、人生最高の瞬間だと高笑いしていた。

退院したナナーシャを空港で見送る原はフリーランスになって、アメリカに行ける宣言。ナナーシャは寄り添うのは意味がない、バイバイ、きんちゃん、未知子の呼び方で去っていく…。

『僕に寄り添って下さい カムバック!』ナナーシャに名残惜しさを見せる原。振り返らず、目に涙を溜めるナナーシャはありがとうと別れを告げて、出発ゲートへ向かうというストーリーでした…。

【ドクターx 5期】2017年 7話 ヤフー感想

今シーズンは大門Dr.の

超人的な活躍だけでなく、同僚のDr.を啓発・オペ経験させたり、他のDr.もDr.としての良心を見せるなど、深みがあって面白い。

惰性で作っていない姿勢が良い。SeasonⅤは、かなり出来が良いと思う。

おかえり、ドクターナナーシャ

いつも、術後にまだ麻酔が効いたままの患者にかける未知子の一言にグッとくるのですが、今日の患者は覚醒したまま。どんな言葉を掛けるの?と思いきや、この言葉。

ナナーシャの命を救うだけじゃなく、外科医としてのナナーシャも救う。相変わらずかっこいい未知子。

職を辞しても元恋人を救おうとする原先生、自分達も辞めさせられるかも知れないのに助手に入る森本・西山両先生。原先生への思いを残したまま敢えて身を引くナナーシャ。グッとくるポイントが多かった。

対照的に「びた一文払いませんよ」と言っておきながら、内神田へ貸しを作れたことを知るや、手のひらを返したように、にこにこへいこらする蛭間のコミカルさ。この振り幅も「ドクターX」ならでは。

獣医から泣き、そして笑いのエンド?

今日は展開が変化に富んでたね。未知子が万能医にしても、前回の麻酔、獣医と、なんか使えるネタ全部使いまくってるような…鳥居先生クビかと思ったら何でただの謹慎で復帰なんだろ?

前回院長、今回海老名&城之内先生不在さんは、制作費の関係?森本先生に続き、原先生も恋破れ終わりと、なんか今までとは違う流れになって来てる気が。取り敢えず陣内さん早くクビになって欲しい。

シャーロットさん、カムバック!

今日は「マッサン」で大好きだったシャーロットさんの登場が嬉しかった。それに尽きる。彼女はせっかく外科医という設定で命も助かったのだから、ぜひまたいずれ、ゲストの形で良いから再登場を望む。

今日のストーリーも良かったが、欲を言えば、ナナーシャが手術を受ける決意をするその心の変化を、もう少し描いてほしかった。

それにしても、内神田の縁者との縁談の支障となるナナーシャの死を望むような蛭間たちの汚さ、今更ながら呆れた。最後の大逆転は痛快。海老名さんと城之内さんが不在だと寂しい。

面白いよ

あの若い先生は敵か味方か偉い人の隠し子か。西田院長アップは勘弁してくだされ。

あの病院でちゃんと手術を出来る医者はいるのか。行きたくないな

出典:ドクターX~外科医・大門未知子~ ヤフー感想

【ドクターx 5期】2017年 7話 感想とまとめ

ドクターx 5期の第7話ではマッサンを彷彿させるシャーロットに関する感想が多かったようですね。

ラスト結末で、カムバック!と叫ぶきんちゃんに振り返ることなく、再燃する愛を封じて、あえて身を引くシャーロットの演技は胸にジーンとくるものがありました。

そんなシャーロットの覚醒下脳腫瘍摘出術を成功させた未知子。ナナーシャにお帰りと声をかける姿は同じドクターとして、復活してもらえる未知子の喜びが感じられた言葉でしたね。

それにしても、第7話において出張不在だった海老名が、ギャラで買収した恋焦がれてる博美とカップルになって帰って来る。そして、最終回で判明するという有り得ないストーリー展開も考えてしまった7話。

もしそうなったら、面白いと思う。エビケンは舞ちゃんのいいパパになるので、応援したいかな。

【ドクターx 5期】2017年 8話 視聴率とランキング

【ドクターx 5期】第8話 視聴率 20.6%

米倉涼子さんが主演を務める【ドクターx 5期】の第8話が11月30日に放送され、第7話の視聴率20.1%から0.5ポイントアップ。4週連続の大台超え!視聴率ランキングに関しましては7話同様に文句なしの1位。

第8話は、根治手術が不可能な「肝外発育型肝細胞がん」と診断された元厚生労働相の秘書官・八雲拓哉(林家正蔵)が、ある大学病院の補助金不正使用を厚労省が隠蔽してきた事実を記者会見で告発するところからストーリー展開。

死を覚悟して最期に正義を貫こうと決意した八雲は永田町方面からさまざまな妨害を受ける中、彼を広告塔に仕立て上げようと目論む病院長・蛭間重勝(西田敏行)の手引きで【東帝大学病院】に入院してくる。

外科副部長・猪又孝(陣内孝則)と海老名 敬(遠藤憲一)、鳥井高(段田安則)3人たかしによる八雲の術前カンファレンスが行われる。ゆとり世代の新米外科医・西山直之(永山絢斗)は執刀医に名乗り出るが、オペには臨機応変なスキルが必要なことから、執刀医は大門未知子(米倉涼子)に決定する。

しかし、八雲が告発した人物は日本医師倶楽部会長・内神田景信(草刈正雄)の友人だった…。

内神田から圧力をかけられた蛭間は、猪又、海老名、鳥井に3人のうちの誰かが、執刀するようにと命じる。蛭間の怒声に逃げ去る猪又と鳥井。残された海老名に白羽の矢が立つ。

未知子が八雲の手術から外され、コンプライアンス違反を理由に蛭間から解雇されてしまう中、内部告発が病院内で発覚する。告発文は、東帝大学病院で行われ、記者会見で成功発表してきた数々の困難なオペは、医局員ではなく、バイトの未知子が執刀してきたものだ…。八雲のオペを未知子にやらせないと、一部始終マスコミにぶちまけるとの内容だった。

解雇に納得のいかない未知子は愛猫・ベンケーシーを抱いて赤ちゃん言葉でからかう神原晶(岸部一徳)に怒り心頭。晶がなだめてると、蛭間から電話が入る。未知子を連れて東帝大学病院に出向く晶は、何か都合の悪いことでもあったのかと蛭間を問い詰める。

蛭間が晶に言葉を濁してると海老名が飛び込んで来る。海老名は、西山が勝手にオペを始めたことを報告。院長室を出て行こうとする未知子は引き止められた蛭間から頼み事をされる。

鳥井と共にやって来た猪又は西山にやめるよう促すが、西山は上の許可をもらってると突っぱねる。

オペ室にやって来た未知子は助手として参加する。海老名は、猪又と鳥井に蛭間が許可したことを伝える。西山は未知子のアドバイスで順調にオペを進めていたが、途中でミスをしてしまう。

西山にチェンジを告げて執刀医を交代する未知子は瞬く間にオペを完了させた。

八雲の肩に手を置いて立ち去る未知子は西山を連れて食堂に行く…。勝手に執刀したことを謝罪する西山。未知子は『出血をコントロールできないまま、オペを始めたら、患者を救えない』と強く諭す。

日本医師倶楽部の会長・内神田が父親だと打ち明ける西山は看護師だった母と内神田との間に出来た自分のことをマスコミにリークしない代わりに八雲のオペを内神田に頼んだと真相を語った。

未知子は西山に失敗された患者に次はないんだよ。あんたにはあっても…。だから、医者は絶対失敗しちゃいけないのと名言を残して立ち去る。

内神田の元へ現れる晶はメロンと請求額を持参する。1000万円の請求額にあこぎな金額だと呟く内神田…。晶は『ウッチーも息子が可愛い、人の親だったんだ』と図星で返す。

患者を救う最善の選択をしただけで、医者が患者の命を救うのにそれ以上の理由はないと認めない内神田は請求額の振込みを承諾。晶はいつものようにスキップして立ち去る。

蛭間と西山と共に記者会見する八雲は大学病院の補助金不正使用の告発は記憶違いだったと謝罪した。

医局室では内部告発文章が薬品庫からFAXされていたことが森本によって明らかにされた。カメラに映っていた海老名はトイレ中で本当の自分ではないと呟いていた。

その頃、内神田は西山を連れていつものステーキハウスで食事をしていた。

内神田は『私には3人息子がいるが、医者はひとりもいない。君が私の前に現れた時、嬉しかった』と話す。西山がはめていた腕時計は内神田の物だった。

西山は時間が止まってなかったと喜ぶ内神田に母はあなたのことを立派だと言ってました。同じ道を歩んでほしいと願う母の気持ちに応える為に医者になった経緯を告げる。

これからも、オペに便宜を図ると西山を応援する内神田…。患者を殺そうとした内神田に権力にも組織にも興味はないと言い放つ西山は内神田の腕時計を置いて立ち去る。

未知子が執刀するオペの第一助手についていた西山は患者の命に向き合っていた…という展開でした。

【ドクターx 5期】2017年 8話 ヤフー感想

クレジットタイトル

今回のクレジットタイトルの順番、主演の大門(米倉涼子)の次が西山(永山絢斗)なのがずっと疑問だった。なんで、城之内(内田有紀)を差し置いて…?今回の西山の秘密発覚で納得。

大門と西山の関係は、キューバ時代の晶さんと大門をほうふつとさせる。西山先生、どうなるのか。最後は神原名医紹介所に転職するのかな。

TIME can not WAIT

経験豊富な医師や最新鋭機器が揃っていても、救命率は100%とはならないですが、流石に術式と非常時の対処が甘いまま、手術を強行するのはないよなァ。

デェモンの『患者に次はない!』は至言だ。強面海老「らしさ」炸裂だ!!『本当の俺じゃない』、いえ、あれでこそエビさん!

機械出しすごい!

今日感動したのは、執刀医が西山から未知子に替わって「肝を挙上」と言った瞬間、機械出しの看護士がガーゼに手を伸ばし、「ガーゼ」の指示と同時に手渡して、次に「肝切離」と言う前にちゃんとメッツェンを用意し、同じく指示と同時に手渡していたこと。

全然、医療関係者じゃないからわかんないけど、医龍やA LIFEで、機械出しの看護士のことやってたから、すごいなー、細かいなーと感服。

あと、メーテレの上坂アナウンサー、カンファレンスシーンでちゃんと見つけましたよー。未知子が前に出ていくとき、怪訝そうな表情で演技してましたね。

失敗しないのでじゃあなくて

大門先生は 医者の憧れ 失敗しないを使える医者。私の主治医はこのドラマが好きらしいです。 先日こんなコラムを読みました 視聴率をとるドラマに必要なものは 慰安と暇つぶしなのだそうです。

人がテレビのドラマに求めるものは ためになるでも勉強になるでも リアリティがあるでもなく 暇な時間を慰安する この要素をクリアー出来ているドラマは視聴率数字が良いとのこと。このドラマは、まさにドラマの役割をクリアーしていると思います。

今日も 失敗しない医者になるための失敗ってなんのこっちゃない 言い訳 だけどね 本当はそうなんだと思います。 失敗しない医者になるために失敗する 患者の命から学ぶ それが医者の本質だと思います。

けれど医者は患者の前で 失敗を認めてはいけない 狼狽えることさえ許されない だって患者は、たった ひとつの自分の命を目の前の医者に託しているから、 だから この大門先生の 私失敗しないのでに とても深い意味があるのだと 今日の回を見ていて ふっと 我が主治医の言葉を思い出しながら見ていました。

隠し子が似てる!

内神田会長の隠し子である西山先生、面影あるわ。要するに、草刈正雄と永山絢斗、似ていて親子でも違和感ない。顔の骨格、濃いめの顔立ち、、、息子役として外見的にも適役。

西山先生、日本の恵まれた大学病院で普通に手術をこなしていても未知子の域にはたどりつけないと思う。一度、未開国や戦地でおびただしい数の緊急手術を日々経験して修業してこなきゃ、「ドクターX」にはなれないよ。

出典:ドクターX~外科医・大門未知子~ ヤフー感想

【ドクターx 5期】2017年 8話 感想とまとめ

ドクターx 5 第8話では、難易度の高いオペをどうしてもやりたい西山が執刀医に任命された未知子と対峙。無断でオペを行う西山が内神田会長の隠し子だと判明しましたね。

亡き母の思いを語る西山が、内神田に寄り添うかと思いきや、未知子イズムの正義感が爆発して、内神田に言いたい放題。息子の西山に取り残された内神田会長。怒りの中に隠された内神田からは。幸せとは程遠い権力者の寂しさを感じさせられました。

コメディーでは、告発文をFAXしていた海老名…。隠しカメラに明らかな証拠が映ってる海老名がトイレに駆け込み、あの姿は自分ではないと、言い聞かせていたシーンが大活躍でした。

そんなドクターx 5も、来週が最終章ということは、シーズン4のように11話が最終回ではなく、10話で完結を迎えることになります。

10話で内神田と本格的に対決する未知子ですが、気になるのは予告動画で倒れているように見える未知子が心配でなりません。

もし、過去の博美や晶のように未知子も重い病に侵されてる有り得ないことが起こってるなら、最終回では晶が未知子を助けるストーリー展開になりそうですね。

【ドクターx 5期】2017年 9話 視聴率とランキング

【ドクターx 5期】第9話 視聴率 21.2%

米倉涼子さんが主演を務める【ドクターx 5期】の第9話が12月7日に放送され、ラストでは未知子が倒れるという衝撃に視聴者が騒然!第8話の視聴率20.6%から0.6ポイントアップで5週連続の大台超え!

視聴率ランキングに関しましては8話同様に文句なしの1位です。

第9話はフリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)の娘・舞も通っていたバレエ教室の生徒・九重遥(井本彩花)が、足の痛みが治さまらず、祖父・節郎(大友康平)と共に東帝大学病院を訪れるところからストーリー展開。

大門未知子(米倉涼子)は、放置すれば運動能力に支障をきたす舟状骨骨折の可能性を示唆。ママ友の博美から電話連絡を受けた遥の母。比佐子(原 沙知絵)は遥を連れて再検査。整形外科医・木元(きたろう)が遥を再検査すると、やはり舟状骨骨折であったことが判明した。未知子は完治させるには、2回の手術と半年もの時間を要すると説明する。

遥はバレエ選考会を諦めざるを得ない残酷な現実にひどくショックを受けてしまう。遥にエントリーを辞退させた比佐子は確執がある節郎に遥と会うことを禁じる。

術前カンファレンスが開かれる。未知子はたった1回の手術で、選考会までに完治できる自家骨ネジ骨接合術(遥の骨からピーナッツほどの小さな骨を取り出してネジを作る)を提案してオペに挑むと宣言。

そんな未知子の前に日本医師倶楽部会長・内神田景信(草刈正雄)が立ちはだかる。食道がんステージ4Aを患い、未知子を排除するべく、大学病院と精密加工企業に圧力をかける内神田は神原晶(岸部一徳)が経営する神原名医紹介所も閉鎖に追い込んでいく。

西山直之(永山絢斗)から内神田の圧力だと知らされ、日本医師倶楽部に乗り込む未知子…。

内神田は西山も患者の為に頑張ってると詰め寄る未知子にフリーランスは排除する。仮に私が癌だとしても君のオペだけは絶対に受けないと対決姿勢を露にする。

諦めかけていた未知子の元へやって来た森本 光(田中圭)は下町ロケットのような町工場を探すよう進言。遥のポーチバッグを思い浮かべて病室を訪れる未知子は節郎にキーホルダーを作ってもらったことを知る。

未知子にネジの作成を頼まれる節郎は遥と同じプリマドンナを目指していた娘の比佐子の夢を潰したこと。売れない画家との結婚も認めなかったことについて語る。

節郎の身の上話に立ち去ろうとする未知子。節郎はネジの作成工程表を預かる。

ホテルのバーの離れた席で内神田と対峙する晶。昔話を持ち出す内神田に晶は未知子の今度のオペだけは全うさせてやってほしいと頭を下げて足早に立ち去る。

遥のオペ当日を迎えて節郎の到着を待つ未知子。そこにマネキンの足で必死に試行錯誤して、骨ネジを作る機械を完成させた節郎がやって来た。オペ室に入った節郎は遥に微笑む。

同じ頃、外科副部長・猪又孝(陣内孝則)と海老名 敬(遠藤憲一)、鳥井高(段田安則)原守(鈴木浩介)たちは医局員を連れて忘年会で盛り上がっていた。

記念写真を撮る幹事の原守。しばらくして酔っ払ってきた鳥井は猪又をイノシシ呼ばわり。お前には部長は無理だと言い放つ。怒り心頭の猪俣は鳥井に掴みかかる。結局、忘年会はハチャメチャになってしまう。

節郎によって機械が持ち込まれ、遥のオペに挑む未知子。内神田はガラス張りの見学室に現れる。

未知子から小さな骨を渡された節郎は加工を始めるが途中で骨が折れてしまう。新しい骨を手渡す未知子。機械の微調整を済ませた節郎は未知子に不安を告げる。

未知子は節郎に『あんたが失敗しなかったら、私、失敗しないので』との決め台詞。

仕上げに入る節郎は骨のネジを完成させた。オペを成功させ、遥の肩に手を置く未知子は、おじいちゃん、かっこよかったと微笑んで立ち去る。

蛭間に自身とは告げずにMRI画像を見せて意見を尋ねる内神田。ロボット・ソンタくん(声・岩崎ひろし)は手術適用外だと答える。手遅れだと告げる蛭間に内神田は私もそう思うと呟いた。

そこにメロンと1000万円の請求書を持って現れた晶。MRI画像を見る晶は、食道がんステージ4A…うちの大門なら切れると言い残して立ち去る。

退院した遥はバレエ選考会で踊っていた。会場の外では博美と未知子。節郎と比佐子が結果を待っている。エントリーを終えて出て来る遥は首を横に振る。別の人生もあると遥を励ます比佐子。節郎は比佐子にしたことを謝罪して後悔する。遥は好きなバレエをやめないと伝える。

九重家族と別れた未知子と博美。博美に頼まれて舞の服を見に行く未知子が店の中で倒れてしまう…という衝撃的なラストでした。

【ドクターx 5期】2017年 9話 ヤフー感想

ついに最終章で…

ドクターX?シーズン5もついに9話目の最終章……。なかなか良い出来でした。骨には骨で――骨のネジを使うアイディア。さすが大門未知子。しかしその件も(内神田会長のセイで)各大学からシカトされたが、リタイヤしていた患者の祖父が協力して実現へ。この身内愛もいい。一回目の細工は失敗する。これに100点。やはり一回で成功しちゃダメ。

そして全快したバレリーナー志望の孫娘(オスカーの若手女優)のコンクールの結果は、不首尾だったが、これも100点。もっと人生勉強して成功した方が良い。

そして内神田会長の食道癌ステージ4(これも100点)――オペは無論、大門でしょうが、ラストシーンでの大門のダウン……。はたしてその結果は……?

バーで内神田が晶さんとの会話後、オーダーを廃棄させるシーンも哀愁的でいい。ということで、総合評価は100点でした。(空乃らそ)

下町ロケット

池井戸ネタまでぶっ込んでくるとは、さすが。今クールの池井戸原作某ドラマが話題なのは偶然ではないはず(笑)大門先生、自身が難病フラグ、さすがにブラックジャックみたいに自分で手術できないか。

東帝医局忘年会が自虐の嵐だったのは、来週、総力で大門を助ける伏線か。いよいよあの男が帰ってくる…

えー

ラストで大門未知子が倒れた、相当やばい病気らしいが、医師クラブ会長の内神田のステージ4aの食道癌は大門が手術するのだろうが、大門の手術は誰が、もしかしたら最終回のゲストの腹腔鏡の魔術師の加治先生なのか?

今日は日本の高い医療技術を持った外科医とこれまたレベルが高い中小企業の工作機械の合体した手術で面白かった。

オスカー期待の井本彩花ちゃんは演技は素人だが、小さい頃からやっていたクラシックバレエは流石だと思った。少女のおじいちゃん役の大友康平さんも渋い感じで良い味を出していた。

クライマックス

遥ちゃんの子のバレエ、良かった。彼女がコンクールに受からず、それでもバレエを諦めないという結末も単に「通った!おめでとう!」というより、深みがあった。

遥はたとえコールド・バレエ(脇役の群舞)でも、踊り続けてくれるだろう…。自分の骨のネジ、というのも興味深い。

ところで、次回は内神田の手術を成功させて終わりだろうと思ったら、まさか大門が倒れてしまうとは…。最終回、目が離せない。

ん? いつもと違う展開

今回は国民的美少女コンテストのゴリ押しの子メインのため(いや~下手くそだったな~)、海老名先生始め他の先生は飲み会中心という不思議な展開。

医療モノの定番で、また関係者(今度は内神田)が病人になり、次は未知子か? ことごとく患者のなるなー。誰が手術すんの?西山(だっけ)か?名医紹介所他の名医いないのか?

前のシリーズラストで未知子が宇宙行って終わりみたいなズッコケエンドになりそうだが、それも良し…。視聴率いいからなんだかんだ言ってまた次やるだろうしね。

出典:ドクターX~外科医・大門未知子~ ヤフー感想

【ドクターx 5期】2017年 9話 感想とまとめ

ドクターX5期 第9話において最終章の脚本は寺田敏雄さんでしたが、骨には骨という自家骨ネジ骨接合術のアイディアは面白かったですね。

内神田の圧力に屈しない未知子が、森本の一言から遥のキーホルダーを思い出して、祖父の節郎が登場…。遥のオペに参加して骨ネジを完成させる。未知子がオペを終了して、遥かに囁くという感動の展開。

そして、未知子が、博美の娘・舞の服を選んでいた矢先に倒れる衝撃のラストには騒然としました。

早いもので、来週はドクターX5もついに最終回を迎えますね。食道癌ステージ4の内神田は未知子が自身の命を削って助けるでしょう。それで、重い病を患ってる未知子はゲスト出演する加地先生が執刀し、西山が第一助手。海老名、森本、他の医局員たち総力で未知子を助ける展開になると予想。

私としては、未知子が助けたアメリカンメディカルクラブ・副会長の娘ナナーシャを頼って、2人で渡米。医師免許がなくても副会長の権力で晶さんがオペをして未知子の命を救うというラストを望んでいます…。ドクターX5の最終回は絶対に見逃せません。

【ドクターx 5期】2017年 10話 最終回 視聴率とランキング

【ドクターx 5期】第10話 最終回 視聴率 25.3%

【ドクターx5期】の最終回が2017年12月14日に放送され、第9話の21.2%から4.1ポイントの大幅アップで有終の美を飾りました。他の連ドラの最終回は終えてませんが、ランキングは文句なしの1位でしょう。

最終回では9話のラスト結末でショッピング中に倒れた大門未知子(米倉涼子)が目黒中央病院に緊急搬送。未知子の師匠である神原晶(岸部一徳)と同志であるフリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)がその身を案ずるところからストーリー展開。

そんな中、医療界のトップに君臨する【日本医師倶楽部】会長・内神田景信(草刈正雄)が食道がんを患い【東帝大学病院】で手術を受けることになるが、未知子以外の医者が命を助けることは不可能な状態。

しかし、内神田は敵視する未知子の執刀を拒否。外科副部長の猪又孝(陣内孝則)と海老名 敬(遠藤憲一)鳥井高(段田安則)たちも失敗を恐れ、尻込みしてしまう。

そこへ、未知子も腕を認める“腹腔鏡の魔術師”こと、外科医・加地秀樹(勝村政信)が出現!次期外科部長の条件と引き換えに、執刀医に名乗りを上げるが、未知子に影武者を断られ、執刀医を辞退。

想定していた【東帝大学病院】院長・蛭間重勝(西田敏行)は息子が父親の困難なオペに立ち向かうという美談の思惑から、内神田の息子である新米外科医・西山直之(永山絢斗)を執刀医に指名するが、西山はできないと断る。

そこに現れて自身の後腹膜肉腫 ステージ3を告白する未知子は『このオペは私じゃなきゃ無理!』と断言。蛭間にオピオイド(鎮痛薬)を投与して執刀すると言う未知子。蛭間は一時的に東帝大学病院への出入り禁止を解除する。

博美と一緒にたい焼きを食べる未知子は、私、死ぬなんて思ってないと涙をこらえて名医紹介所に帰宅…。未知子に今すぐのボストン行きを促し、涙を流して訴える晶。

未知子は晶に抱きつき、涙を流してなだめる。その夜、一睡もせずに麻雀台に一冊のノートを残す未知子は翌朝、ソファーで眠っている晶に毛布をかけて、静かに出ていくが、東帝大学病院に向かう途中、お腹の激痛に襲われてしまう。

未知子の到着を待つ加地、西山、原守(鈴木浩介)たち…。未知子が手術開始時刻に間に合わず、内神田の息子・西山を執刀医にして手術を強行するよう、蛭間が命じたが、西山は手術中、腫瘍が大動脈に浸潤し、これ以上は入り込めない領域からインオペを宣言した。

そこに現れた未知子は『私、失敗しないので』と気力を振り絞って、手術を行い、晶に教わった『1番大事なのは、どんなに厳しいオペでも決して、患者を見捨てないこと』と“遺言”とも取れるメッセージを残した。

内神田の肩に手を置く未知子はオペ室を立ち去ろうとするが、その瞬間に昏倒。加地の執刀を断り、自分を慕っていた西山を執刀医に指名する未知子は『大丈夫…私、患者でも失敗しないので』

西山は後腹膜腫瘍切除を開始するが、腫瘍が大動脈に浸潤し癒着が見られる厳しい状態から手が止まった。大動脈合併切除による腫瘍全摘出の術式変更と人口血管の置換を告げてオペを再開したが、大動脈裂孔の上まで大動脈が解離して、人口血管の置換が困難だと判明する。

見学していた晶は、未知子が自身の術式と手順を記述していたノートからハイブリッド血管に置換するようアドバス。晶は横で驚く蛭間に未知子はどんな患者に対しても同じような事前対策を行ってるから失敗しないのだと告げる。

“未知子が手掛けてきた過去の手術シーンが流れる。未知子の『失敗しないので』とのモノローグから手術台に横たわる未知子の姿は消えた”

未知子のオペが終了してメロンと請求書を持って現れる晶は35億円の請求書を提示して冗談だと訂正する。大門未知子が残念だったと呟く蛭間。晶はこれもあの子の運命だと告げて、正式な5000万円の請求書を置いて立ち去る。

東京地検特捜部が日本医師倶楽部の内神田と東帝大学病院の蛭間の元に踏み込んで来る。最先端の人工知能診断システム【ヒポクラテス】導入に関する収賄容疑で内神田と蛭間は逮捕。

神原名医紹介所の前で閉鎖したとの貼り紙を見ていた博美は中に入り、未知子の写真を見ていた。

同じ頃、晶は愛猫のベンケーシーを連れてキューバでバカンス。蛭間と内神田が収賄容疑で逮捕されたことを現地の新聞で知る晶は自業自得だと呟く。

ベンケーシーに未知子とはここで会いすべてはここから始まったと語りかける晶はもう一度始めると奮起!キューバ・クバナカン医科大学に向かい、医局員たちに未知子の勤務条件を配る。

“東帝大で死んだと思われていた未知子は元気な姿でキューバ・クバナカン医科大学の教壇に仁王立ちして『いたしません』を連呼!廊下ですれ違う医局員に『私、失敗しないので』と豪語して手術室に入って行くというラスト結末でした…”

【ドクターx 5期】2017年 10話 最終回 ヤフー感想

自分史上最高にスカッとした最終回

いまだに感動が覚めません!!ここ数年の中で最も感動した最終回でした!!最近はやりの結末不明のモヤモヤ最終回と違います!!観た後にこれほど余韻が覚めない最終回は、珍しいし素晴らしい!!

ブルゾンちえみやソンタくんや相撲事件などの時事ネタをぶっ込むところも丁寧に仕上げてあると思う…。奥様は取り扱い注意の失望感満載の最終回と大違い!!ドクターX感動をありがとう!.

米倉涼子さん

最近ドクターXでアップの時の頬のこけが気になっていました。シカゴのあとだったから?病気の役のため、しぼっていたのかな?もともとスリムなのに。

彼女が白衣を来て、ピンヒールを履いて、病院の廊下をさっそうと、かっぽしていくさまは、いつみてもカッコよくしびれます。手足がながい。足が細くて引き締まっている。さすがもとクラシックバレリーナ。あこがれます。

今回は、晶さんと未知子の会話で涙がこぼれました。頼りない医者たちが一致団結して、大門先生を死なせまいとする姿に感動!

「ドクターXメンバーは、家族のようになっている。(笑)」と西田敏行さんが“徹子の部屋“で言っておられました。1年後、絶対みんな勢揃いでお願いします。待ってますよ。

報道ステーションの二人も

大門先生が死んでしまうんじゃないかと、ニュースの準備をしながらチラチラとドクターXを観ていました。

まさか、こんなコメントをするとは、びっくりです。(笑)

また観たい

毎回結末がわかってしまうのに飽きさせない、しかも、視聴率を稼ぐドラマは最近では貴重…。脇を固める役者がまたいい。

「どすこい!どすこい!」何度観ても笑える名シーンのひとつ(笑)来シーズン期待してますぞ。

出典:ドクターX~外科医・大門未知子~ ヤフー感想

【ドクターx 5期】2017年 10話 最終回 感想とまとめ

2017年12月14日に最終回が放送された【ドクターx5期】のヤフー感想では絶賛の嵐でしたね。

未知子を支える加地、海老名、原、森本たちの『どすこい!どすこい!』相撲事件を取り入れた時事ネタも面白かったですが、報道ステーションのニュースキャスターのように後腹膜肉腫を患い余命3カ月の未知子が心配で心配でなりませんでした。

特に晶が未知子にボストン行きを涙を流して懇願。未知子も涙で応えるシーンは涙が止まりませんでした。でも、東帝大で死んだと思っていた未知子が師匠の晶とともにキューバ・クバナカン医科大学で再出発するオチは感動のラストでしたね。

ドクターXシリーズにおいて最も涙を持っていかれたドクターx5期の最終回は素晴らしかったと思います。2018年も続編を希望する最終回でした。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP