ドクターx 5期 2017年 7話 あらすじネタバレ感想 シャーロットときんちゃんの恋の行方は?

ドクターx 5期 2017年 7話では大門未知子(米倉涼子)からきんちゃんと呼ばれている原守(鈴木浩介)の元恋人役にマッサンのシャーロットがゲストキャストとして出演。

蛭間院長(西田敏行)から、白羽の矢が立ち、内神田会長(草刈正雄)の妻・小百合(戸田菜穂)の従妹萌々香(小飯塚貴世江)とお見合いしていたきんちゃんの前に突如現れたナナーシャ(シャーロット)。

未知子のオペを受けて、退院したナナーシャときんちゃんとの恋の結末までの第7話あらすじネタバレ感想を8話予告動画と共にご紹介します。

スポンサーリンク

ドクターx 5期 2017年 6話 あらすじネタバレ まとめ

第6話は深い絆で結ばれていたフリーランスの天才外科医・大門未知子(米倉涼子)が猪又の画策で【東帝大学病院】を出禁になったフリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)のギョーザを食べてしまったことを火種に、給料制の違いも発覚!

未知子が神原晶(岸部一徳)に詰め寄り、博美が働き方や患者のQOLに対する考え方を述べて、2人の意見が対立。更に博美が未知子にギョーザ食べたをぶり返し、自分勝手発言を連発したことから2人がバトル!

そんな中、未知子と博美が懇意にしている中華料理店の店主・六浦良夫(平泉成)と妻・敦子(松金よね子)を同時にオペすることになるが、カンファレスで良夫の執刀医が外科副部長・猪又孝(陣内孝則)に決定してしまう。

諦めらめきれず、博美とは一切口を聞かずにマージャンに参加していた未知子は楽しくないと告げる晶に博美を戻して欲しいと頼む。

博美は『六浦さんが望まないから手術はやらない』と突っぱねた上で、未知子も病気になったら分かると、言い放ち、それでも医者かと食って掛かる未知子の態度に憤慨して立ち去る。

医局室にいた未知子を訪ねて来た外科副部長の海老名敬(遠藤憲一)は猪又にやらせない術式を考えるよう未知子に頑張れコールを残して、神原紹介所の博美を訪ねてランチに誘い、吐血した良夫の緊急オペの為に取引を成立させて病院に戻る。

良夫のオペが始まり、猪又から追い出された未知子は敦子のオペ室にいた博美を発見。博美は海老名が提示した割り勘を自分のおごりと引き換えに出禁を解いてもらってたのでした(笑)

未知子は執刀医チェンジを告げた上で『あの麻酔科医がいるなら、私は致しません』発言!

指名した西山にアドバスして、金ちゃんと呼ぶ原にフォローを頼んでオペ室を出ていき、良夫の元へ戻り、猪又に『あんたには任せられない』と一喝!憤慨した猪又は麻酔科医の瓜田を連れて出ていく。

未知子は麻酔科医がいなくてうろたえる助手の森本に術式変更を告げた上『私、麻酔も出来るので』発言!全摘を進めていき、新しく届いた切離断端の迅速結果をもとに更なる術式変更!

未知子が全摘せずに、膵臓の真ん中だけを残す術式を開始すると、博美が現れた。リスクが高いと忠告する博美に『私、失敗しないので』と決め台詞!

目で微笑みかける未知子は瞬く間にオペを成功させ、良夫の肩に手を置き『ギョーザ楽しみにしてるよ』と呟き、立ち去った。海老名からご飯を誘われた博美はパートナーが待ってる発言(笑)

晶は猪又にメロンとオペ2件分1000万円の請求書を持参。博美を馬鹿にする瓜田と請求額に難くせをつける猪又に対して手術を途中放棄した麻酔科医と外科医の件を蛭間に報告するのかと詰め寄る。

猪又は瓜田に部屋から出ていくよう命じ、後ほどと、言い残して退散しようとする瓜田にクビを言い渡し、晶にこれで手を打ってほしいと申し出る。

博美を馬鹿にした瓜田が解雇された上に1000万円もゲット出来て大喜びする晶はロビーで待っていた博美と未知子の前をスキップしながら通り過ぎていく…。

“仲直りした博美と共にギョーザタイムを満喫していた未知子はギョーザを連呼していた”

【ドクターx 5期】第6話の詳しいあらすじネタバレはこちらのブログカードからご覧頂けます。

ドクターx 5期 2017年 7話 あらすじネタバレ感想

【東帝大学病院】の外科部長・猪又孝(陣内孝則)鳥井高(段田安則)に医療界のトップに君臨する【日本医師倶楽部】会長・内神田景信(草刈正雄)と妻・小百合(戸田菜穂)の娘が癌になった一大事を報告する病院長・蛭間重勝(西田敏行)。

内神田会長には娘がいないはずですと返す猪又と鳥井にナナさん(犬)の写真を見せてご令嬢(笑)オペをする外科医がないと言う2人に強力な女外科医がいると言い放つ。

一方、噂のフリーランス大門未知子(米倉涼子)はナナさんのオペの真っ最中!蛭間の妻・華子(藤 真利子)は心配する小百合に未知子の腕を説明して安心させる。

オペを成功させて出て来た未知子は3日後の退院を告げる。喜ぶ小百合はお祝いに美味しい肉を食べさせると言うが、未知子は肉ばかり食べさせているから発言。

聞き捨てならない小百合は未知子にお怒りモード。謝罪を言い渡すが、未知子はお決まりの決め台詞『いたしません』で返して立ち去る。

蛭間は第一秘書の中谷恵子(是永瞳)とイチャイチャ。突然、入ってきた華子にノックをしなさいと文句を言うが、小百合の顔を見て、態度を変える。

丁重に挨拶する蛭間は小百合から内神田のファースト写真を渡され、機嫌よく受け取るが、その写真集は以前、内神田から貰った後、ゴミ箱に捨てたものだった。

小百合から本題である従妹・萌々香(小飯塚貴世江)の見合い相手を医局の中から見繕ってほしいと頼まれ、写真を見た蛭間はあまりのブサイクさに赤い着物を褒めちぎるのが精一杯(笑)

一方、オペを終えてロビーにいた未知子は知らない外人女性のナナーシャ・ナジンスキー(シャーロット・ケイト・フォックス)からハグされ、戸惑っていた。

数日後、蛭間から白羽の矢が立った外科医・原守(鈴木浩介)は意気込んで、萌々香と見合いをすることに。医局室ではゆとり医師たちが出世コースに乗りそうな原の話題で持ち切り。

同じ若手医師・西山直之(永山絢斗)は興味を示すことなく、エレベーターで乗り合わせた看護師の長森陽菜(久住小春)から結婚の話題を持ち出され、引いてしまい、冷たくあしらう。

小百合、華子、立会いの元、お見合い真っ最中の原は小百合から提案され、萌々香と散歩に行こうとする。ところが見合いの場に突然、未知子が客人だと言い、連れてきたナナーシャの顔を見て思わず目を見張ることに。

彼女こそは、原と同時期にロシアの病院に勤務しており、当時は恋人関係にあったアメリカ人外科医ナナーシャだった。原との再会に歓喜するナナーシャは『マーさん』と呼びながら、大胆なハグ。

予期せぬハプニングに萌々香は号泣。その姿を見た小百合と顔色をうかがう華子は激怒する。

蛭間に呼ばれ事情を求められた原はロシア時代の元恋人で今は関係がないと説明するが、ソファーを叩き怒りが収まらない華子は『言い訳はやめなさい!』と一喝!蛭間は原に対して、ただちに別れるよう命じた。

その頃、患者の秋山に失敗しないからとオペを説得していた未知子。そこにやって来たナナーシャは胆のう癌の疑いを発見して、震える手で秋山の手を握り、未知子の腕を伝えて、説き伏せる。

ナナーシャは未知子に『失敗しない』ことを伝えるよりも、患者の心に寄り添わなければいけないと言い残してその場を立ち去った。

鳥井と猪又から東帝大学病院に残りたければ、すぐに縁を切るよう、促されていた原は、訪ねて来たナナーシャを連れ出して屋台のおでんを食べに行く。

マーさんと一緒にいたいから、外科医を辞めたというナナーシャに結婚を考えてる人がいると穏便に事を済まそうとする原…。

ナナーシャはその人のことが本当に好きなのと尋ねて、返事を濁す原に日本滞在予定の3カ月間だけ、自分と一緒にいてほしいと懇願。

勝手なことを言うな。僕の心を揺らさないでくれと気持ちをぶつける原は『やっぱり、好きです』と復縁を迫るナナーシャの想いに心を揺さぶられてしまう…。

その後、原は外科副部長・海老名 敬(遠藤憲一)の地方出張について行った城之内博美(内田有紀)の代わりに神原名医紹介で麻雀のメンバーとして参加していた。

博美がものすごいギャラで買収されたと話す神原晶(岸部一徳)から心配される原…。

クビになったらここで雇ってほしいと話すが、未知子から『きんちゃん、名医じゃない』と言われ、更に大三元も振込み『あかーん』の連呼オチ(笑)

そんな中、森本 光(田中 圭)が、インターネットでナナーシャが起こした医療ミスの記事を発見。

医局員が騒ぐ中、お土産を持って現れたナナーシャは『バッド・タイム』との言葉を残して、部屋を出て行ってしまう。ナナーシャの後を追いかけ、医療ミスのことを問いただす原。

ナナーシャの手の震えを察知して、やって来た未知子はすぐさま検査。完全切除が極めて難しい脳腫瘍を患っていることが判明する。

ナナーシャが医療ミスしたのは脳腫瘍が原因で手が震えたと原に説明する未知子はナナーシャに対し『オペ、なめないで!外科医失格。だからやめた。私に切らせて』とオペを申し出る。

ナナーシャは『このオペは無理、最後の時をマーさんと一緒に過ごしたい』と手術そのものを拒絶!その後、病院から姿を消してしまう。

しばらく休暇を取って、ナナーシャの心に寄り添うよう蛭間から命じられた原は御意で即答するが、未知子は寄り添ったって病気は治らないと強く諭す。

未知子から報告を受けて、アメリカンメディカルクラブ・副会長の娘であるナナーシャのオペが出来ないことからお金をふんだくれたのにと残念がる晶。

晶が目の前の命を諦めきれない未知子にオペの怖さを知ってるから、あの時、させたくなかったのと未知子に本音を語る中、ナナーシャが神原名医紹介を訪ねて来た。

明日から原と共に東京を離れると未知子に別れを告げるナナーシャは外科医なのに間違ってると諭す未知子に震える手で握手を求め、3カ月後に戻る原をよろしくと言葉を残して、立ち去った。

帰国に向かうナナーシャとの別れを惜しむきんちゃんがカムバック!

術前カンファレスが開かれ、医局員たちに原の休暇を告げる蛭間。その頃、ナナーシャと共に金沢に向かう空港にいた原は『患者に寄り添ったって病気は治らない』と言う未知子に諭された言葉と桜が見れる春まで生きたいけど、無理だと呟くナナーシャの思いと葛藤した末、カンファレスルームに現れた。

ナナーシャのレントゲン写真にすり替え、病名を脳腫瘍だと告げる原は蛭間に土下座をして、オペを懇願。休暇は必要ありませんと辞表を差し出した。

原は桜を見たい、春まで生きたいと願うナナーシャの気持ちと、ただ、寄り添ってるなんて医者ではないという自分の気持ちを蛭間に伝えて、辞表と引き換えのオペを何度も何度も懇願する。ナナーシャの命を助けたい未知子も手を上げた。

蛭間は内神田のメンツを潰した上に、温情から休暇を与えたにもかかわらず、それを無視するのならオペをしてもいい。但し、オペ終了後、東帝大学病院を去るよう言い渡し、原の辞表を破り、叩き付けた。

原と一緒に執刀を申し出る未知子に対しても契約白紙を言い渡した。憤慨する未知子は黙って出ていく…。

ナナーシャのオペ当日を迎える原に森本と西山が助手に加わった。見るだけなら蛭間からのお咎めもないと言う鳥井と4人の最後を見届けに来た猪又が見学する。

未知子は麻痺が残らないよう【覚醒下 脳腫瘍 摘出術】をスタート。覚醒するナナーシャは元外科医らしく、痛みはない、バイタルも正常だと答える。

ところが、しばらくすると、右半身の痙攣が起こってしまう。

手を握って優しく見守る原に『病院に戻してくれてありがとう。マーさん I Love you』と薄れる意識の中で感謝の言葉と愛を囁くナナーシャ…。

危険な状態から『これ以上、欲を出すな、やめろ!』と止めに入る猪又。未知子は『私、失敗しなので』の決め台詞から、5分で終わらせると豪語!

もう一度、線をなぞるナナーシャは正常に戻り、未知子は脳から腫瘍を摘出。オペを成功させた未知子は、ナナーシャに『お帰り、ドクターナジンスキー』と声をかけてオペ室を後にした。

見事なオペだと称賛する鳥井にいずれにしても、奴らはクビだと話して立ち去る猪又…。

華子がナナーシャのオペに大激怒する中、晶が恒例のメロンと請求書を持って現れた。びた一文払わない。あの4人はクビだと晶に言い放つ蛭間。

晶は蛭間の机の上に内神田からの感謝の証として預かってきた贈り物を置く。蛭間が箱を開けると、高級酒ヘネシーのブランデーが入っていた。感謝の理由を晶に尋ねる蛭間…。

晶は未知子がオペをして助けたナナーシャが、アメリカンメディカルクラブ・副会長の娘であることから、日本医師クラブとの間に強力なコネクションが作れると説明した。

納得して喜ぶ蛭間に内神田会長から感謝の電話が入る。私と大門への感謝も示して欲しいと蛭間に迫る晶。蛭間は1000万円、喜んで!と急に態度を変える始末(笑)。

個人的に怒りが収まらない小百合は華子に原の処分を命じるが、華子は『いたしません!』と突っぱねる。勝ち誇ったかのよう、後ろに立ちすくむ小百合に対して、人生最高の瞬間だと高笑いしていた。

退院したナナーシャを空港で見送る原はフリーランスになって、アメリカに行ける宣言。ナナーシャは寄り添うのは意味がない、バイバイ、きんちゃん、未知子の呼び方で去っていく…。

『僕に寄り添って下さい カムバック!』ナナーシャに名残惜しさを見せる原。振り返らず、目に涙を溜めるナナーシャはありがとうと別れを告げて、出発ゲートへ向かった…。

ドクターx 5期 2017年 7話 ゲストキャスト

ナナーシャ・ナジンスキー(シャーロット・ケイト・フォックス)

アメリカ人の元外科医で【東帝大学病院】の外科医・原守の元恋人。

原と同時期にロシアの病院に勤務していた。アメリカの名門【スタンブリッジ医科大学】で教授を務めるほどの一流外科医だったが、なぜか辞職。自分から別れを告げたはずの原を追いかけて来日し、復縁を迫る。

そんな中、脳腫瘍を患い、余命3カ月の身であることが判明してしまう。

シャーロット・ケイト・フォックス 1985年8月14日生まれ 32歳 アメリカ合衆国・ニューメキシコ州サンタフェ出身。アメリカの演劇スクールなどで演技とダンスを学んだ後、女優として舞台や映画を中心に出演。2014年、NHK朝ドラ【マッサン】でヒロインの竹鶴リタを演じてブレイクした。

2015年には【名探偵キャサリン】で、日本の民放ドラマ初主演を果たした。2016年は映画【高台家の人々】で高台アンを演じている。2019年の大河ドラマ【いだてん〜東京オリムピック噺〜】において大森安仁子役の出演が決定している。

内神田 小百合(戸田菜穂)

【日本医師倶楽部】会長・内神田景信の妻。気位が高く、慇懃無礼。引っ込み思案な従妹・萌々香の見合い相手を医局の中から見繕ってほしい、と蛭間に依頼。

蛭間が選んだ原守と萌々香の見合いにも立ち合うが、そこへナナーシャが現れたことで大激怒する。

戸田菜穂 1974年3月13日生まれ 43歳 広島県出身。 高校2年生時【第15回 ホリプロタレントスカウトキャラバン】』に出場してグランプリに選ばれ、1991年に芸能界デビュー。1993年朝ドラ【ええにょぼ】に主演して知名度が向上した。

その後、多数のドラマ映画に出演。1998年【ショムニ】でのイヤミな杉田美園役がハマっていたが、2005年【anego】では鋭い観察力を持つキャリアウーマン加藤博美役を演じた。2017年は韓国映画【ラスト・プリンセス 大韓帝国最後の皇女】で李方子役として出演している。

蛭間 華子(藤 真利子)

【東帝大学病院】の院長・蛭間重勝の妻。プライドが高く、4期の9話では未知子が『ヤンキーの番長』だと呟くほど、気の強い女性で、蛭間でさえも頭が上がらない存在。

【日本医師倶楽部】会長・内神田景信の妻・小百合に対して下手に出ているが、内心は快く思っていない。

藤 真利子 1955年6月18日生まれ 62歳 東京都出身。人気作家だった父から猛反対されるも、女優の道へ進み、1977年【北村透谷・わが冬の歌】樋口一葉役で映画デビュー。1982年の火曜サスペンス劇場【危険なしのび逢い】を最初に現在まで火曜サスペンス劇場において最多犯人役出演俳優という記録を持っている。2017年は【そして誰もいなくなった】翠川つね美役、NHKドラマ【定年女子】では林田克子役として出演。また、松任谷由実(ユーミン)とは大親友でもあり、微美 杏里のペンネームで作詞・作曲も手掛けている。

ドクターx 5期 2017年 7話 ツイッター感想

ドクターx 5期 2017年 7話 感想とまとめ

ドクターx 5期 7話では未知子からきんちゃんと呼ばれている原守が、蛭間院長から命じられ、内神田会長の妻・小百合の従妹・萌々香とお見合いすることに。

それにしても、萌々香の写真を見て、ブサイク過ぎるがゆえに、赤い着物を褒めざるを得ない蛭間と白羽の矢が立ったきんちゃんが気の毒でしたね(笑)

そんなきんちゃんと萌々香のお見合い真っ最中に二人の関係を何も知らない未知子が元恋人役・ナナーシャを演じるマッサンのシャーロットを連れてきたことから、蛭間の妻・華子と小百合が激怒。

華子が怒声を上げるシーンは、ドクターX4期の9話で、未知子が『ヤンキーの番長』だと呟いていた光景を思い出すほどの迫力満点シーンでしたね。また、ラスト結末での未知子の『致しません!』のパクリから、高笑いするシーンは恐妻そのもの(笑)

そして、博美の代わりに麻雀に参加して、クビになったら、神原名医紹介で、雇ってほしいと晶に申し出るきんちゃんが『名医じゃない』と突っ込まれた未知子の一撃で撃沈。

ラスト結末ではオペを受けて、アメリカに帰るシャーロットに名残惜しく、カムバック!と叫ぶきんちゃんオンパレードの5話も見応えありました。

ドクターx 5期 2017年 8話 あらすじと予告動画

元大臣秘書官・八雲拓哉(林家正蔵)が記者会見を開き、ある大学病院の補助金不正使用を厚労省が隠ぺいしてきた事実を告発した。なんでも八雲は先日、根治手術が不可能な肝外発育型肝細胞がんであると診断され、死を覚悟。ならば正義を貫いてこの世を去ろう、と立ち上がったという。

その八雲が後日、彼を広告塔に仕立て上げようと目論む病院長・蛭間重勝(西田敏行)の手引きで、「東帝大学病院」に入院してくる。八雲のオペは最高レベルの技術が不可欠であり、大門未知子(米倉涼子)以外には考えられない状況…。ところが、ここで不測の事態が起こる。何を思ったか、ゆとり世代の新米外科医・西山直之(永山絢斗)が執刀医に立候補したのだ! 

だが、今回のオペは未知子をもってしても、実際に切ってみないと判断がつかない部分があり、術中の臨機応変な対応が必要とされる。それゆえに、未知子も医局の面々も西山には無理だと判断。執刀医は未知子に決定する。

しかし、ここで思わぬ壁が立ちはだかる。なんと、八雲が告発した人物らは日本医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)の友人だったのだ…! 内神田に釘を刺された蛭間は、執刀医を外科副部長・海老名敬(遠藤憲一)に変更するよう命令。更に未知子は病院を解雇されてしまう!

当然のごとく、納得のいかない未知子。そんな彼女に、西山は“これまで口にすることのなかった思い”をぶつけ、信じられない行動に出る!

出典:テレビ朝日【ドクターX ~外科医・大門未知子~】公式サイト

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP