ドクターx 5期 9話 あらすじネタバレ感想 内神田と対決する未知子が倒れる衝撃的な結末!

米倉涼子さん演じる失敗しない大門未知子の壮絶な生き様を描いたドクターx 5期 第9話のあらすじネタバレ感想を最終回の予告動画を掲載してまとめました。

最終章の9話では食道がんに侵される内神田が未知子を排除して、神原名医紹介所を閉鎖に追い込む展開…。内神田と対決する未知子はバレエ少女・遥のオペを成功させるも、博美の前で倒れる衝撃的な結末!

第9話のあらすじネタバレ感想をラストまでネタバレしてますので結末を知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

ドクターx 5期 2017年 8話 あらすじとネタバレ まとめ

第8話は、根治手術が不可能な「肝外発育型肝細胞がん」と診断された元厚生労働相の秘書官・八雲拓哉(林家正蔵)が、ある大学病院の補助金不正使用を厚労省が隠蔽してきた事実を記者会見で告発するところからストーリー展開。

死を覚悟して最期に正義を貫こうと決意した八雲は永田町方面からさまざまな妨害を受ける中、彼を広告塔に仕立て上げようと目論む病院長・蛭間重勝(西田敏行)の手引きで【東帝大学病院】に入院してくる。

外科副部長・猪又孝(陣内孝則)と海老名 敬(遠藤憲一)、鳥井高(段田安則)3人たかしによる八雲の術前カンファレンスが行われる。ゆとり世代の新米外科医・西山直之(永山絢斗)は執刀医に名乗り出るが、オペには臨機応変なスキルが必要なことから、執刀医は大門未知子(米倉涼子)に決定する。

しかし、八雲が告発した人物は日本医師倶楽部会長・内神田景信(草刈正雄)の友人だった…。

内神田から圧力をかけられた蛭間は、猪又、海老名、鳥井に3人のうちの誰かが、執刀するようにと命じる。蛭間の怒声に逃げ去る猪又と鳥井。残された海老名に白羽の矢が立つ。

未知子が八雲の手術から外され、コンプライアンス違反を理由に蛭間から解雇されてしまう中、内部告発が病院内で発覚する。告発文は、東帝大学病院で行われ、記者会見で成功発表してきた数々の困難なオペは、医局員ではなく、バイトの未知子が執刀してきたものだ…。八雲のオペを未知子にやらせないと、一部始終マスコミにぶちまけるとの内容だった。

解雇に納得のいかない未知子は愛猫・ベンケーシーを抱いて赤ちゃん言葉でからかう神原晶(岸部一徳)に怒り心頭。晶がなだめてると、蛭間から電話が入る。未知子を連れて東帝大学病院に出向く晶は、何か都合の悪いことでもあったのかと蛭間を問い詰める。

蛭間が晶に言葉を濁してると海老名が飛び込んで来る。海老名は、西山が勝手にオペを始めたことを報告。院長室を出て行こうとする未知子は引き止められた蛭間から頼み事をされる。

鳥井と共にやって来た猪又は西山にやめるよう促すが、西山は上の許可をもらってると突っぱねる。

オペ室にやって来た未知子は助手として参加する。海老名は、猪又と鳥井に蛭間が許可したことを伝える。西山は未知子のアドバイスで順調にオペを進めていたが、途中でミスをしてしまう。

西山にチェンジを告げて執刀医を交代する未知子は瞬く間にオペを完了させた。

八雲の肩に手を置いて立ち去る未知子は西山を連れて食堂に行く…。勝手に執刀したことを謝罪する西山。未知子は『出血をコントロールできないまま、オペを始めたら、患者を救えない』と強く諭す。

日本医師倶楽部の会長・内神田が父親だと打ち明ける西山は看護師だった母と内神田との間に出来た自分のことをマスコミにリークしない代わりに八雲のオペを内神田に頼んだと真相を語った。

未知子は西山に失敗された患者に次はないんだよ。あんたにはあっても…。だから、医者は絶対失敗しちゃいけないのと名言を残して立ち去る。

内神田の元へ現れる晶はメロンと請求額を持参する。1000万円の請求額にあこぎな金額だと呟く内神田…。晶は『ウッチーも息子が可愛い、人の親だったんだ』と図星で返す。

患者を救う最善の選択をしただけで、医者が患者の命を救うのにそれ以上の理由はないと認めない内神田は請求額の振込みを承諾。晶はいつものようにスキップして立ち去る。

蛭間と西山と共に記者会見する八雲は大学病院の補助金不正使用の告発は記憶違いだったと謝罪した。

医局室では内部告発文章が薬品庫からFAXされていたことが森本によって明らかにされた。カメラに映っていた海老名はトイレ中で本当の自分ではないと呟いていた。

その頃、内神田は西山を連れていつものステーキハウスで食事をしていた。

内神田は『私には3人息子がいるが、医者はひとりもいない。君が私の前に現れた時、嬉しかった』と話す。西山がはめていた腕時計は内神田の物だった。

西山は時間が止まってなかったと喜ぶ内神田に母はあなたのことを立派だと言ってました。同じ道を歩んでほしいと願う母の気持ちに応える為に医者になった経緯を告げる。

これからも、オペに便宜を図ると西山を応援する内神田…。患者を殺そうとした内神田に権力にも組織にも興味はないと言い放つ西山は内神田の腕時計を置いて立ち去る。

未知子が執刀するオペの第一助手についていた西山は患者の命に向き合っていた…という展開でした。

【ドクターx 5期】第8話のより詳しいあらすじネタバレはこちらのブログカードからご覧頂けます。

ドクターx 5期 2017年 9話 あらすじとネタバレ

海辺の公園で、夢を懸けたバレエ選考会に向けて練習に打ち込む九重 遥(井本彩花)。母の比佐子(原 沙知絵)は遥の足の痛みを気遣う…。ある日、遥は祖父・九重節郎(大友康平)に連れられて【東帝大学病院】を訪れる。

フリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)は娘の舞(藤井杏奈)も通っていたバレエ教室の生徒・遥を大門未知子(米倉涼子)に紹介する。

ステーキハウスでは【東帝大学病院】院長・蛭間重勝(西田敏行)が【日本医師倶楽部】会長・内神田景信(草刈正雄)と密談をしていた。内神田に息子・西山直之(永山絢斗)の優秀さを誉め称える蛭間は大門未知子にべったりだと報告。

私には時間がないと意味深に呟く内神田は未知子と神原名医紹介所を潰すことを宣言する。

名医紹介所で神原晶(岸部一徳)たちメンバーと麻雀する未知子と博美。遥のことを心配する博美に未知子は放置すれば運動能力に支障をきたす舟状骨骨折である可能性を示唆して再検査を勧める。

ママ友の博美から連絡を受けて遥に再検査を促す比佐子は節郎と頻繫に会ってる遥を責め始める…。節郎は父親としても、人間としてもダメな人だと言い聞かせる比佐子は後日、遥を連れて、再検査のために【東帝大学病院】を訪れた。

整形外科医・木元(きたろう)が遥を再検査すると、やはり舟状骨骨折であったことが判明した…。立ち会っていた未知子は完治させるには、2回の手術と半年もの時間を要すると説明する。

遥はバレエ選考会を諦めざるを得ない残酷な現実にひどくショックを受けてしまう。遥にエントリーを辞退させた比佐子は節郎に遥と会うことを禁じる。

忘年会で盛り上がっていた医局室では原守(鈴木浩介)が、外科副部長・海老名敬(遠藤憲一)から幹事を命じられる。未知子と晶とともに銭湯にいた博美は遥のことを心配していた。

木元が遥に今後の治療を説明していると未知子がやって来て、たった1回の手術で、選考会までに完治できる術式を提案。術前カンファレンスが開催された。

未知子は、自家骨ネジ骨接合術(遥の骨からピーナッツほどの小さな骨を取り出してネジを作る)でオペに挑むと宣言。外科副部長の猪又孝(陣内孝則)からネジを作れるのかと尋ねられた未知子は、精密加工スタッフを招き入れて実現させると答える。助手には西山が名乗り出た。

目の前の患者を救うべく無謀なオペにまい進する未知子。内神田は監査役の雉沢真之介(矢島健一)に命じて、未知子を日本の医学界から排除すべく本格的に暗躍し始めるが、自身も生命の危機に直面していた。雉沢から予定通り進んでるとの報告を受け、封筒を手渡されてPCで確認する内神田は、【食道がんステージ4A】の検査結果に顔が青ざめていく。

神原名医紹介所の晶のところには大学病院団体連盟からの取引停止警告書と多大請求による弁護士からの内容証明書が送られてきた。

医局室にいた未知子は森本 光(田中圭)からどの民間企業も協力してくれないとの報告を受ける…。西山から内神田の圧力だと知らされた未知子は日本医師倶楽部に乗り込む。

大学病院、民間企業に圧力をかけた。あんたの息子も患者の為に頑張ってる。患者の将来を潰すなと内神田に詰め寄る未知子。

西山に日本医師倶楽部を継がせたいと話す内神田は、君は彼の将来のためにならない。彼には医者としての王道を歩いてもらう。フリーランスは排除する。仮に私が癌だとしても君のオペだけは絶対に受けないと対決姿勢を露にする。

神原名医紹介所で内神田の仕打ちに昔から私の存在が許せないと呟く晶。内神田と晶はお互いの顔を浮かべながら『間違ってる』と言い張る。

未知子の元へやって来た森本 光(田中圭)は下町ロケットのような町工場をあたるよう進言する…。遥のポーチバッグを思い浮かべる未知子は遥の病室を訪問。節郎にキーホルダーを作ってもらったことを教えてもらう。

早速、節郎を訪ねてネジの作成を頼む未知子。節郎は10年以上稼働してない工場に未知子を案内…。節郎は金属と骨とは違うと弱腰になる。他をあたると告げて立ち去ろうとする未知子。

節郎は未知子に遥と同じプリマドンナを目指していた娘の比佐子の夢を潰したこと。売れない画家との結婚も認めなかったことについて語る。

身の上話を聞くためにここに来たのではないと立ち去ろうとする未知子。節郎は未知子が持っていた骨ネジの作成工程表を預かる。

蛭間、海老名、猪又、鳥井たちに未知子の排除を伝える雉沢は、協力した者にも処分が下ると警告。ホテルのバーの離れたカウンター席で内神田と対峙する晶。昔話を持ち出す内神田に晶は今度のオペだけは未知子に全うさせてやってほしいと頭を下げて足早に立ち去る。

晶が神原名医紹介所に戻ってくると、未知子が麻雀卓にもたれて眠っていた…。晶は未知子に日本で医者が出来なくなったら世界中を回って、私たちを必要としてくれる場所に行こうと語りかける。

内神田と対決して遥のオペを成功させた未知子が博美の前で倒れるラスト結末

遥のオペ当日を迎えて節郎の到着を待つ未知子。そこにマネキンの足で必死に試行錯誤して、骨ネジを作る機械を完成させた節郎がやって来た。オペ室に入った節郎は遥に微笑む。

同じ頃、猪又、海老名、鳥井、原たちは医局員を連れて忘年会で盛り上がっていた。記念写真を撮る幹事の原は医師免許がなくても出来ると未知子の台詞で余裕を見せる。酔っ払ってきた鳥井(段田安則)は猪又をイノシシ呼ばわり。お前には部長は無理だと言い放つ。怒り心頭の猪俣は鳥井に掴みかかる。結局、忘年会はハチャメチャになってしまう。

節郎によって機械が持ち込まれ、遥のオペに挑む未知子。内神田はガラス張りの見学室に現れる。

順調にオペを進める未知子は小さな骨を節郎に手渡す。節郎は加工を始めるが、途中で骨が折れてしまう。新しい骨を手渡す未知子。機械の微調整を済ませたする節郎は未知子に不安を告げる。

未知子は節郎に『あんたが失敗しなかったら、私、失敗しないので』との決め台詞。

仕上げに入る節郎は骨のネジを完成させた。ガッツポーズする博美。オペを成功させて、遥の肩に手を置く未知子は、おじいちゃん、かっこよかったと囁いて立ち去る。

蛭間に自身とは告げずにMRI画像を見せて意見を尋ねる内神田。ロボット・ソンタくん(声・岩崎ひろし)は手術適用外だと答える。手遅れだと告げる蛭間に内神田は私もそう思うと呟いた。

メロンと請求書を持って現れた晶。蛭間は、手切れ金の1000万円は安いものだとあっさり承諾。MRI画像を見る晶は、食道がんステージ4A…うちの大門なら切れると言い残して立ち去る。患者を内神田と察する蛭間に内神田は打ち明けなかった。

退院した遥はバレエ選考会で踊っていた。会場の外では博美と未知子。節郎と比佐子が結果を待っている。エントリーを終えて出て来る遥は首を横に振る。別の人生もあると遥を励ます比佐子。節郎は比佐子にしたことを謝罪して後悔する。遥は好きなバレエをやめないと宣言。

九重家族と別れた未知子と博美。博美に頼まれて舞の服を見に行く未知子は店の中で倒れた…!!

ドクターx 5期 2017年 9話 ゲストキャスト

九重 遥(井本彩花)

プリマドンナを夢見る、ひたむきな13歳のバレエ少女。夢を懸けたバレエ選考会に向け、足の痛みを我慢しながら練習に励んでいたが、足の痛みがおさまらず、検査を受けに来る。

未知子から放置すれば運動能力に支障をきたす舟状骨骨折である可能性を示唆され、再検査を受けて舟状骨骨折が発覚する。選考会を諦めることができず、絶望の淵に立たされてしまう。

井本彩花 2003年10月23日生まれ 14歳 京都府出身。オスカープロモーションにて開催された【第15回全日本国民的美少女コンテスト】でグランプリに選ばれて芸能界デビュー。【ドクターX〜外科医・大門未知子〜】第5期の第9話で小学校1年生のときからのクラシックバレエを活かしたバレエ少女役が女優デビューである。

九重 比佐子(原 沙知絵)

九重遥の母。バツイチのシングルマザーで、遥の夢を全力で応援している…。ママ友である城之内博美とはバツイチ同志ということもあり、仲がいい。

父である節郎とは何やら確執があるらしく、節郎と一緒に来院した遥を責める。

原 沙知絵 1978年5月1日生まれ 39歳 福岡県出身。高校在学時にスカウトされて【沙知絵】の名でモデル活動を開始。上京後【原沙知絵】に改名して1996年【エグザス】のCMで芸能界デビューを果たした。1997年にドラマ【ビーチボーイズ】の寺尾 はづき役で女優デビュー。2000年にはドラマ【シンデレラは眠らない】で父の存在を知らず、父の遺言でホテル社長に就任して苦難に立ち向かう橋本瑶子で初主演。近年ではNHKドラマ【足尾から来た女 後編】で与謝野晶子役。【表参道高校合唱部!】谷薫 役として出演している。

九重 節郎(大友康平)

九重遥の祖父。仕事はすでに引退し現在は年金暮らし。夢を追う孫娘・遥を可愛がり、頻繫に会っている。足を痛がる遥を心配し、娘である比佐子の了承を得ずに【東帝大学病院】へ連れて行くことに…。

実はある理由から、娘の比佐子とは距離を置いている。

大友康平 1956年1月1日生まれ 61歳 宮城県出身。ロックバンド【HOUND DOG】のボーカル。大学時代にサークルのメンバーらとHOUND DOGを結成。1979年ロックジャムで最優秀ボーカリスト賞を受賞してソニーレコードと契約。1980年にプロデビューした。人気バンドのリーダー及びフロントマンとして活動する一方で、1990年主演映画【ゴールドラッシュ】の村木純一役で俳優デビュー。2016年は【わたしを離さないで】第5話 古着屋店長役。2017年はNHKドラマ【全力失踪】で遠藤一役を演じている。

木元(きたろう)

【東帝大学病院】の整形外科医。九重節郎に連れられて来院した九重遥を診察。初診において、遥の足の痛みの原因が舟状骨骨折であることを見逃してしまう。

きたろう 1948年8月25日生まれ 69歳 千葉県出身。大学4年生の時に劇団俳優座小劇場に入団。1971年の劇団解散に伴い退団。1979年に同期生だった大竹まこと、斉木しげるの2人とコントユニット【シティボーイズ】を結成する。1988年映画【マルサの女2】サダオ役で俳優デビュー。1989年に【野望の国 嵐の章】与一役でドラマデビューを果たした。その後、多数のドラマ映画に出演。2016年は映画【殿、利息でござる!】 穀田屋十兵衛役。2017年はNHKドラマ【スリル!〜赤の章・黒の章〜】で戸村房夫役として出演している。

ドクターx 5期 2017年 9話 感想とまとめ

ドクターx 5期 9話では自家骨ネジ骨接合術(遥の骨からピーナッツほどの小さな骨を取り出してネジを作る)オペを提案した未知子。内神田の圧力で協力企業を遮断されても、真っ向から対決した未知子が節郎の協力の中で神がかり的なスキルでオペを成功させました。

また、神原名医紹介所を閉鎖に追い込まれそうになる晶が内神田と対峙するシーンは静かながらも緊張感が伝わってきて、岸部一徳さんと草刈正雄さんの名演技が輝いてましたね。

最終章の9話でも凄すぎる未知子ですが、結末には博美と一緒に舞の服を選んでいた際に倒れてしまうという衝撃的なラスト。9話での予告動画通りでしたが、視聴していて仰向けに倒れている未知子の姿は見たくないシーンでもありました。

10話最終回でも未知子の病名が明かされてなく、もっともっと生きていてもらいたいとの晶さんの言葉から重い病だと思います。そんな状態でも内神田のオペに執刀する未知子が自分の命を削ってでも、内神田を助ける為に全身全霊で挑む姿は涙腺崩壊になりそう。

内神田は一命をとりとめると思いますが、未知子の方は病の重さによっては誰が執刀するのでしょうか…。師匠である晶さんしか助けられないと思いますが、医師免許をはく奪されてるので、ゲスト出演する加地先生しかないでしょうね。どうのような結末を迎えるのかが、最大の見どころになりそうですね。

ドクターx 5期 2017年 10話 最終回 あらすじと予告動画

失敗することなく、目の前の命を救い続けてきた大門未知子(米倉涼子)が倒れた! 未知子の師匠である神原晶(岸部一徳)も、同志であるフリーランスの麻酔科医・城之内博美(内田有紀)もその身を案ずるが…。

その矢先、医療界のトップに君臨する「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)が食道がんを患い、「東帝大学病院」で手術を受けることになる。内神田の病状は深刻で、未知子以外の医者がオペを成功させることは不可能な状態だ。しかし、内神田は敵視する未知子の執刀を拒否。医局の面々も失敗を恐れ、二の足を踏むばかりで…。そこへ、あの未知子も腕を認める“腹腔鏡の魔術師”こと、外科医・加地秀樹(勝村政信)が出現! ある条件と引き換えに、執刀医に名乗りを上げるが…。

そんな中、「東帝大学病院」院長・蛭間重勝(西田敏行)はある思惑から、内神田の息子である新米外科医・西山直之(永山絢斗)を執刀医に指名。だが、未知子は「このオペは私じゃなきゃ無理」と断言する。そんな中、かつて類を見ない“絶体絶命の危機”が襲い掛かり…!

未曽有の窮地に立たされた、失敗しない外科医・未知子は内神田の命を救うことができるのか…!? そして、ほかでもない未知子自身の命は助かるのか…!? 大門未知子、“最後のオペ”がついに始まる――。

出典:テレビ朝日【ドクターX ~外科医・大門未知子~】公式サイト

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP