ドラマ anone 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想 ニセ札作りの5人が辿った結末は?

ドラマ anone 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。

最終回では亜乃音(田中裕子)とハリカ(広瀬すず)が逮捕。病死した舵を看取ったるい子(小林聡美)も自首するが、理市(瑛太)は逃亡!

ニセ札作りの5人が辿った結末までのあらすじネタバレをキャストの登場シーンと共にご紹介します。

第9話では、ニセ札作りの現場を見てしまった万平(火野正平)は、理市(瑛太)から襲われたうえで、首を絞められるが、亜乃音(田中裕子)、ハリカ(広瀬すず)、るい子(小林聡美)、舵(阿部サダヲ)たちに謝られ表立てないことにする。

しかし、ATMで理市が試し返却されなかったニセ一万円札が元で事件が明るみになり、警察の捜査が進むと同時にニュースで報道された。理市のリストに入っていたと話す舵の言葉に亜乃音たちは確信。理市は警察の捜査の目を潜って、証拠を隠滅するために印刷所へ現れる。

一方、ハリカは彦星くん(清水尋也)から会いたいと言われ、亜乃音にプレゼントされたワンピースを着て出かけるというあらすじからストーリー展開されました。

スポンサーリンク

ドラマ【anone(あのね)】第10話 最終回のあらすじとネタバレ

警察に追われる理市(瑛太)は、陽人(守永伊吹)が火事の記憶をたどり罪悪感を感じ始めていることに気づき、動揺していたが、会話した直後に姿をくらませた。

彦星くん(清水尋也)のために悲しい嘘で別れを告げたハリカ(広瀬すず)は、亜乃音(田中裕子)が警察に連行され一人になってしまった家で、日常生活を全うしようとするが、警察がやって来る。警察に頼み込んで玲(江口のりこ)の家を訪問するハリカは亜乃音が可愛がっていた猫と餌を玲に預ける。

一方、舵(阿部サダヲ)を看取る決意をしたるい子(小林聡美)は病院には行きたくないと言う舵の気持ちを優先。逃亡先の温泉宿で亜乃音とハリカが捕まったというニュースを見るが、戻ると言う舵に『捕まったらあんたと離れるからイヤだ』と添い遂げる意思を告げる。

亜乃音の面会に来た万平(火野正平)は偽札作りに手を染めた理由を尋ねるが、本心を語らない亜乃音は、ハリカのことを気にするばかり。万平はハリカが鑑別所に入ったことを伝えた。

神奈川少年鑑別所での生活が始まったハリカはネットカフェで一緒に生活していた笠木有紗(碓井玲菜)と再会するがしばらくして彦星くんからある決断を綴った手紙が届く。

手紙にはハリカが心のこもったウソをついたこと。ハリカのウソに応えるために茉歩(藤井武美)の申し出を受けて九州の病院に転院し、治療に専念すること。外の出来事を毎日手紙に書くことが綴られていた。

彦星くんに最高のプレゼントですと返事するハリカは毎日の治療が上手くいってるとの彦星くんと手紙のやり取りを始める。

その頃、舵と一緒に暮らしていたるい子は衰弱しながらも押し花で絵を描く舵を献身的に看病していた。

『このまま、治る気がします。明日起きて元気だったらどこかへ行こう、諦めてない。後、50年は生きる、幸せにします。絶対離さない、すぐ起きるから、少し眠る』るい子の膝枕で目を閉じる舵…。

翌朝、るい子がテレビを見ると、街角インタビューを受ける舵が映っていた。好きな色はあおばの青色だと答える舵。帰らぬ人となって布団で寝ている舵に涙を流するい子は自首をした。

亜乃音は面会にきた万平から偽札作りに手を染めた理由を再び聞かれるが、お金目的だったと話すだけで、本心を語ろうとはしなかった。

数ヶ月後、ハリカの元に彦星くんが面会にやって来た。退院して腫瘍が消えたとハリカに伝える彦星くん。涙を流しながらおめでとうと言うハリカは彦星くんと他愛のない会話を楽しむ。これからどうすると尋ねるハリカに茉歩の家で世話になると話す彦星くん。手を合わせる2人は別れる意思表示を示した。

ハリカ、亜乃音、るい子、舵、理市の5人が辿った結末は?

しばらくして鑑別所を出たハリカは、指名手配中の理市がニセ札を使い続ける中、弁護を担当する万平にさえ本当の動機を語らない亜乃音が、このままでは事件の主犯格にされてしまうことを知り、理市を捜し出すことを決意する…。

玲を訪ねるハリカは時々無言電話があるけど、陽人が出ると直ぐには切れないという玲の言葉から理市だと確信する。同じ頃、逃亡中の理市はニセ札でイチゴを購入した後に職質を受けて逃亡。

玲の自宅に電話する理市は電話に出たハリカから自分が試した両替機にニセ札が通ったと言われ、待ち合わせ場所へと向かう。

ゲーセンにおびき出した理市に印刷所で自首を促すハリカ。亜乃音が刑務所で死ぬことになっちゃうと呟く理市は自首する前に陽人に会わせてほしいと申し出る。

赤いライターがあったと話す陽人に家にあったのは青いライターだと答える理市はオレが火をつけたから、陽人には関係ないと噓をつく。弟がくれたカラスのキーホルダーを陽人に渡す理市は海に身を投げようとするが、ハリカが引き止める。自首した理市には懲役8年の刑が下された。

神奈川刑務所に収監されてる亜乃音の面会に玲が訪れた。お母さんと言う玲に服を裏返しに着ていると指摘する亜乃音。2人は確執が溶けたかのように笑い合っていた。

やがて3年の月日が経過した。刑務所を出所する亜乃音を出迎えるハリカはるい子がレジの仕事をしていることを報告。『お帰り』と言うハリカに『ただいま』と答える亜乃音。親子のように手をつなぐ亜乃音とハリカは家路へと急ぐ。

亜乃音とハリカが帰宅するとるい子が待っていた。幽霊となった舵もパジャマ姿で亜乃音たちの側で微笑んでいる。舵おすすめのみかん鍋に野菜とかにかまを入れて他愛のない会話をしながらテーブルを囲む4人。

食事を済ませて子供のように布団に寝ころぶ亜乃音。『ここって、私の家、いつでも帰って来ていいところ?』ハリカは一人暮らしの自立を申し出る。

『娘が出来たと思ったら、もう……独り立ち』亜乃音が嘆いているとるい子がやって来た。これから流星群があると言うるい子と共に屋上へ出た亜乃音たち。

お願い事を始めるハリカ、亜乃音、るい子の3人の横には幽霊の舵が微笑んでいた……。

ドラマ anone THE END

ドラマ【anone(あのね)】最終回 10話 ネタバレ キャストの登場シーン

辻沢ハリカ(広瀬すず)

ネットカフェに住む少女で通称“ハズレ”。心の拠り所は祖母の真砂子と柘という町で暮らしていた思い出とスマホのチャットゲームの中で知り合った闘病生活を送るカノンさんとの他愛のない会話。

第1話で虐待を受けていた更生施設【ためがい学舎】でカノンさんこと彦星と一緒だったことが判明する…。両親は交通事故で亡くなった弟の後を追って死去。亜乃音に引き取られて共同生活を始める。

第4話では生きている樹に愛されないから、幽霊のあおばを愛していると言うるい子に、生きてても死んでても好きな方の人と一緒にいればいいのにとるい子の心に寄り添っていた。

第5話では亜乃音に諭され、集中治療室に入っているひこぼしくんのために夜通し祈っていた。

ひこぼしくんが意識を取り戻して明け方に病室へ戻ってきた後は待っていてくれた亜乃音の胸に飛び込み、親子のように抱き合いながら涙を流していた。

第6話では今まででの1番の忘れ物を尋ねられたるい子に子供の頃、お母さんからもらったおもちゃの指輪を忘れた話を打ち明けた。

第7話ではニセ札作りのことで衝突した亜乃音から何かあった時は私がお母さんになってあなたを守るからと言われ、離れないと涙を流していた。

第8話では彦星くんに思いを寄せる茉歩の話しにショックを受けるが、電話がかかってきた彦星くんから告白された。同じように思いを告げて恋が発展した。

第9話では彦星くんのためを思い、悲しいウソで突き放し、哀切の涙を流して別れを告げた。

最終回では逮捕され、鑑別所に入った。手紙のやり取りをした彦星くんと面会。出所後は理市を説得した。

3年後に刑務所を出所した亜乃音と本当の親子となった。

林田亜乃音(田中裕子)

法律事務所で事務員として勤務している未亡人。

ある事件をきっかけにハリカを気にかけるようになり、引き取って共同生活を始める。

第4話では大金を失わせたと自分を責めるハリカに忘れるようにと諭し、初めて会った孫の陽人とわずかな時間を過ごすが、玲から絶縁宣言されてしまう。

第5話では集中治療室に入っているひこぼしくんの体を心配してまたそっち行くからと答えるハリカに対してここは行くとこじゃなくて“帰るところ”だからねと優しく包み込んだ。

第6話では陽人が起こした火事のことで理市から脅迫され、ニセ札作りへの協力を決心。

第7話ではハリカの気持ちを汲んで『もし何かあった時は私がお母さんになってあなたを守る。ニセモノでも私が守るから私の側を離れないで』とハリカに気持ちを伝えていた。

第8話では万平の事務所でニセ一万円札のホログラムを落としてしまう。小料理屋に連れていかれた万平から工場をたたむよう促されていた。

第9話では彦星くんとデートをするハリカに赤い花模様のワンピースと赤いカーディガンをプレゼント。

ラスト結末では印刷所の中でニセ札の端切れを発見された警察に連行された。

最終回では逮捕され、3年間刑務所に服役した。玲とも確執が溶けてハリカと親子になった。

持本 舵(阿部サダヲ)

医者から半年の余命宣告を受けて店を閉店しようとする。

店の客で謎の女・青羽るい子と意気投合し、死に場所を求めて【柘】にたどり着く。

第4話では1千万円を持ち逃げしてハリカと一緒に探したるい子に愛の告白をした。

第5話ではるい子と共に亜乃音に受け入られて共同生活を始める。

ニセの夫婦を演じたるい子とお揃いのパジャマを購入した。

第6話ではニセ札作りに反対するるい子に声を荒げていた。

第7話ではハリカを巻き込んだと責められたるい子に夢を見させてあげたかったと答えていた。

第8話では腹部の痛みから工場で倒れどこか悪いと尋ねられたるい子に貧血だとごまかした。

第9話では一緒にいたるい子に戻るよう説得するが病気のこと問い詰められ余命が長くないと打ち明けた。

最終回ではるい子に膝枕されながら逃亡先のアパートで静かに息を引き取った。

青羽るい子(小林聡美)

過去に放火犯として刑務所に5年服役していた。

カレーショップで店長の持本と意気投合。死に場所を求めて【柘】にたどり着く。

第4話では生きてる息子の樹からは愛されず、幽霊のあおばが心の支えになっていたことが判明する。

第5話では亜乃音に受け入られ共同生活を始めてハリカの初鍋をファーストキスに例えていた。

第6話では舵を強く諭した後、ハリカにサンプル紙を捨ててくるよう頼んだ。

第7話ではハリカの為にジーンズを購入した亜乃音からあなたの方から渡してほしいと頼まれていた。

第8話では夜もニセ札作りの作業に励む舵に落ち着いたら温泉旅行に行こうと誘っていた。

第9話では余命が長くないと告白する舵に最期まで看取ると告げて抱きしめていた。

最終回では病死した舵を看取った後に自首をして出所後はレジの仕事についた。

中世古 理市(瑛太)

林田印刷所の元従業員。現在は弁当屋に勤務している。

第4話のラスト結末で亜乃音の義理の娘・玲と結婚の約束をしながら、妻の結季と娘と共に暮らす二重生活を送っていたことが判明した。

第5話では完成させたニセ札に驚く亜乃音たちにニセ札の製造への協力を迫った。

第6話では亜乃音やハリカたちにニセ札作りへの協力を迫っていた。

陽人が起こした火事をネタに京介を抱きこんでいたことも判明。幼稚園からの手紙に対してライターをしたと話す陽人の動画を見せて亜乃音を脅迫していた。

第7話では陽人の動画を見せたハリカに願い事は泥に突っ込んで手に入れるものだと持論を語っていた。

第8話のラスト結末ではニセ札作りを目撃された万平の首を締めていた。

第9話では捜査の目を潜って印刷所で証拠の隠滅作業。舵と共に山の中で穴を掘り、証拠を埋めていた。

最終回では火事を起こしたのは自分だと陽人をかばって自首をした。

青島陽人(守永伊吹)

玲の息子。第4話では母の玲が勤務するガソリンスタンドの横で亜乃音に話しかけられた。

亜乃音にオレンジ色の袋を一緒に探してもらい、自宅まで送ってもらった。

第6話では亜乃音の手紙を読まずに燃やしていた玲の姿を見て幼稚園からの手紙をライターで燃やしたままゴミ箱に捨てて火事を起こしていた。

第7話ではスーパーのカートの乗って亜乃音やハリカたちと遊んでいた。

第8話では玲に連れられて亜乃音やハリカに会いにきて遊んでいた。

第9話では火事の絵を描きながら『僕が火事したの、隣のおじさん死んだの』と理市に尋ねていた。

最終回では火事の記憶に苦しんでいたが理市の噓に助けられた。

青島玲(江口のりこ)

15年前に失踪した亜乃音の娘。死んだ亜乃音の夫・京介と隠れて会っていた。

第4話のラスト結末で息子の陽人を利用した亜乃音に絶縁宣言。妻の結季と娘がいる理市と結婚の約束をしていたことが判明する。

第5話では亜乃音から手渡された傘を理市に差し出して見送っていた。

第6話では陽人を送り届けて笑顔で別れる亜乃音に背後から現れてビンタをした。

第8話では理市との関係を母親として応援してくれない亜乃音に『やっぱり、あなたはお母さんじゃなかった』と辛く当たった。

最終回では逮捕された亜乃音の面会に訪れ、亜乃音をお母さんと呼んでいた。

紙野彦星 カノンさん(清水尋也)

スマホのチャットゲームの中でのハリカの知人。闘病生活を送っているハリカの心の拠り所。

第1話でハリカと更生施設【ためがい学舎】で一緒だったことが判明する。

第4話ではことぶきさんの話題でハリカとチャットゲームをしていた。

第5話では呼吸不全で集中治療室に入ってしまうが、ハリカの祈りが通じて回復した。

第6話ではハリカとチャットした後に病室を訪ねてきたかすみという女性に会っていた。

第7話ではハリカとチャットを終えた後に見舞いに来た茉歩から両親同士が会ってると告げられていた。

第8話では茉歩からの治療費の申し出を断った後にハリカに電話をして思いを伝えていた。

第9話ではハリカの悲しいウソと別れを信じてしまい、すすり泣いていた。

最終回では鑑別所に入ったハリカと手紙のやり取りをした後にハリカの面会に訪れた。

花房万平(火野正平)

亜乃音が事務員として勤務している法律事務所の所長。

事務員として働く亜乃音を信頼しており、好意を抱いているようにも見える。

第5話では訪問した亜乃音の自宅でニセ夫婦を演じる舵やるい子たちに魚料理をふるまった。

第6話では『残りの人生を一緒に過ごしませんか?』と亜乃音にプロポーズしていた。

第7話ではニセの1000円札をすり替えた亜乃音に気付いていたような素振りだった。

第8話では亜乃音が落としたニセ一万円札のホログラムに気づき、亜乃音に工場をたたむよう説得していた。

第9話では反省の色が見えない理市に誰かを殺しながら一生ごまかすのかと詰め寄った。

最終回では逮捕された亜乃音の弁護を引き受けていた。

ドラマ【anone(あのね) 最終回 10話のネタバレまとめと見どころ感想

―――ニセ札作りの5人が辿った結末

愛する女性のるい子に看取られて逃亡先で病死した舵の最期と幽霊になってもるい子と会話出来る舵はとても幸せだと思います。幽霊の舵にいつでも会えるというるい子の描写も良かったのではないでしょうか。

彦星くんと結ばれなかったハリカですが大切な彦星くんの命も助かり、亜乃音とも親子になれ、いつでも帰る家が出来たことは天涯孤独だったハリカにとって幸せな結末だったと思いました。

亜乃音も玲と確執が溶けてハリカという娘が増えて第2の人生も満足でしょう。火事を起こした陽人にウソをついてかばってあげた理市に優しい心が残っていたのも良かったと思います。

キャスト出演者の演技は素晴らしかったですが、坂元ワールドとしては疑問が残るドラマでしたね。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP