ドラマ【BG 身辺警護人】第1話 あらすじとネタバレ感想 愛子に脅迫状を送った犯人は?

2018年1月18日から放送がスタートしたキムタク主演ドラマ【BG 身辺警護人】第1話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第1話では6年前にボディーガードの世界から身を引いた島崎章が復帰!

警視庁SPの落合義明は脅迫状が届いた厚生労働大臣・立原愛子のボディーガード!

丸腰の章が落合より先に厚生労働大臣の立原愛子を襲った意外な犯人から愛子を護るまでのあらすじとネタバレ感想をご紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ【BG 身辺警護人】第1話 あらすじとネタバレ

2012年。6年前の島崎章(木村拓哉)がプロサッカー選手の河野純也(満島真之介)を空港でボディーガードしている。河野に生卵を投げつけるファンに素早く返す章は一本のネジによって運命を変えられた…。

2018年。ボディーガードの世界から身を引いていた章は、極寒の路面補修工事現場で警備員として勤務していた。章が同じ警備員の年配の佐藤と話をしていると、現場に一台の黒塗りの車が通りかかる。

車を止めて通行止めだと話す章に助手席に座っていた黒のスーツを着た男・落合義明(江口洋介)は急を要すると答える。後部座席にはサングラス姿の立原愛子(石田ゆり子)が座っていた。

後方からはクラクションが鳴り響いている。サングラスを外して章に頼み込む愛子。記者たちに追われ急を要する気配を察した章が抜け道を指示すると、急発進した車はコーンを飛ばして疾走。その様子を見送る章。残された記者の中には、週刊【時論】の記者・犬飼悟(勝地涼)の姿があった…。

その翌日、日ノ出警備保障の社長・今関重信(永島敏行)に呼ばれて本社へ出向く章は新設する【BG 身辺警護課】の着任を今関から打診される。失敗をした者はBGの世界に戻れないと今関の打診を固辞する章。車椅子に座る今関は黙っていればいいと章を説き伏せる。

今関の強い希望を受け入れることにした章はランニングとトレーニングを開始。各部署から集められた高梨雅也(斎藤工)、菅沼まゆ(菜々緒)、沢口正太郎(間宮祥太朗)、そして警護課の課長・村田五郎(上川隆也)といった、メンバーとともに“新人ボディーガード”として身辺警護課に着任する。

菅沼を人質に実践訓練する村田の前に章と高梨が構えている。章は躊躇する高梨を出し抜くかのように襲い掛かってくる村田を撃退する。

警視庁ではSPの落合が射撃訓練をしている。 警視庁警備部警護課係長の氷川修(宇梶剛士)から厚生労働大臣の愛子に贈り物が届いたと聞かされた落合はさっそく愛子に会いに行く。

元ファン代表”を名乗る人物かの贈り物の中身は乾電池だったが『退陣なくば、死の号砲が鳴る』という脅迫状が入っていた。心当たりを尋ねる落合にマラソンだと口を開く愛子。警視庁SPの落合はスターターとしての参加が予定されている隅田川マラソン大会への出席を取りやめるよう進言。しかし愛子は、脅迫に屈することはしない、と参加への決意を露にする。

ボディーガード初日の章は自宅で息子の瞬(田中奏生)とともに見覚えがある愛子のニュースを見ていた。愛子みたいな女性がタイプだと口を開く瞬の言葉から母親への思いを感じる章。瞬は再出発を始めたママの新婚生活を邪魔したくないと答える。章はスーツ姿で出勤に向かう。

章が会社に到着すると、保険外交員(濱田 マリ)が高梨や沢田にハリウッドスターを例にあげて保険を勧めていた。章を見つけてケビンコスナーだと介入を勧めるが、村田に追い出されてしまう。

同じ頃、記者に囲まれていた愛子は、脅迫の理由をインタビューする犬飼に失言とは思っていない。辞任もしない。マラソンにも出席すると答える。

初の任務を章、高梨、菅沼、沢田たちに説明する村田は依頼人である隅田川で開催されるマラソン大会のスポンサーのサスケフーズ会社会長・大久保佐助(伊武雅刀)の警護だと伝える。

ボディーガードを申し出る高梨に承諾する村田は章を高梨のバックスに任命。高梨と章は大久保への挨拶に向かう。『立原大臣の脅迫事件に巻き込まれるのは御免』と執拗に警備を強化するよう迫る大久保に万が一の際には私が盾になると答える高梨。章は大久保にスタジアムに行かない選択肢を尋ねるが、大久保は隅田川マラソンは私や社員たちの心の支えだと断る。

会社を後にする高梨は章に当日は自分が仕切る。勝手に怖がっていろと言い放つ。俺は怖くないと言う人と組むのは怖いと言い返す章。高梨と章の間で警備に対する考え方に食い違いが生じる。

当日の警護書類を提出する章の前に現れる警視庁SPの落合は内容の確認を頼む章に民間には協力できない。丸腰の自覚はあるのかと相手にせずに立ち去っていく……。

隅田川運動公園競技場の下見に行き、スタジアムに侵入する章。愛子と大久保の席を確認する章は銃撃者の席と狙撃距離を想定。爆弾のケースからEVが止まることも考える章は脱出通路を確認するが、咎められた警備員から詰問。壊れていたベンチに倒れ込んでしまう…。

その後、居酒屋で下見のことを村田に報告する章は高梨にも伝えると話す。高梨が辞めたと言う村田は章を責任者に任命する。章に前職を尋ねる村田は口を濁す章に元警察官だと答える。村田に別の会社でガードマンをしていたとウソをつく章はボディーガードのことは言えずにいた。

週刊【時論】の記者・犬飼から愛子の元へメールが届く。犬飼がこの間、独占取材した内容を確認した愛子は犬飼に連絡を入れる。愛子は脅迫状の話を持ち出す犬飼にシェイクスピアの言葉を使っているくだらないいたずらと笑って電話を切る。

愛子を襲った犬飼を警視庁SPの落合より先に撃退する章!

マラソン大会の当日。高梨の代わりにBG責任者となった章は菅沼と沢田に気を引締めるよう伝えて会場に向かう。厳重な荷物チェックが行われてる会場に到着する大久保をボディーガードの章と沢田がスタジアムに案内する。何があっても私の命を守れと言い放つ大久保が席に到着。落合のボディーガードで現れた愛子は大久保に丁重に挨拶を済ませて工事現場で顔を合わせた章に軽く会釈して席に着く。

落合と顔を合わせた村田は元SPだったことが判明する。スタジアムには犬飼の姿もあった。章に高梨から電話が入る。ネットで調べていた高梨は章に愛子が噓つきだと言って電話を切る。スピーチする愛子と周辺に目を見張る落合と章。愛子のスピーチが終わり、マラソンがスタートする。愛子と大久保は席に戻る。

電話をかけてきた氷川が落合に報告がないことを咎めていると、煙が立ち上がった…。爆弾だと叫ぶ犬飼。逃げる観客たちに会場はパニック状態。トレーニングルームに来てほしいとメールを受け取っていた愛子は落合の部下でSPの清田春孝(阿部進之介)から逃亡。

章はトレーニングルームにいた愛子を見つける。脅されてるにもかかわらず、お洒落な服を着ている愛子に脅迫状はウソだと言う章は現れてリュックを持ってない犬飼に詰め寄る。

愛子に脅迫状を送った犯人は犬飼だった。犬飼はリュックの中に仕掛けた発煙筒で騒ぎを起こしたのだ!!真相を暴かれ章に襲い掛かる犬飼。章は丸腰で犬飼に立ち向かっていく。

大久保は村田に案内されてスタジアムから無事に脱出。車で待機していた菅沼は猛スピードで車を横付け。車に乗り込む大久保は村田と菅沼に無事保護された。

トレーニングルームに現れる落合と清田は愛子を羽交い締めにする犬飼に銃を向ける。ナイフを取り出して愛子に自作自演だ。立原が大臣になれたのは俺が書いた記事のおかげだと喚く犬飼は愛子の大臣就任時にシェイクスピアの言葉を贈っていたのだった。

懇意にしていると思っていた愛子に裏切り者だと言い放つ犬飼。倒れていた章は背後から壊れたベンチの板を放り投げる。犬飼の注意をそらす章は飛びかかり、犬飼を取り押さえる。落合たちに拘束され、自分が事実を報じる義務があると言う犬飼。自作自演を認めない愛子はでっち上げだと笑い飛ばす。

章を引き止めて丸腰を咎める落合。章は落合にあなたたちが銃を出さなかったら、ナイフを出すこともなかった。丸腰だから人を護れると答えて立ち去っていく。

その後、犬飼は立原大臣に対する暴行容疑で逮捕されるが、愛子に脅迫状を送った犯人は判明しなかった。今関の身辺警護課を訪ねる大久保は段ボール箱に入った自社のカップラーメンを贈る。

高梨に電話でお礼を伝える章。あなたと組みたくなかったから辞めたと言う高梨はそれだけ伝えて電話を切ってしまう。プロサッカー選手の河野のネットニュース記事を見ていた高梨は河野の横にボディーガードとして写る章の姿を見て噓つきだと呟いていた。

ドラマ【BG 身辺警護人】第1話 感想とまとめ

ドラマ【BG 身辺警護人】第1話のオープニングで6年前にサッカー選手の河野のボディーガードをしていた章を引退に追い込んだのが1本のネジだというとこまで描かれましたね。これから真相が判明すると思いますが、おそらく天井から物が落下して河野は大怪我。章は責任を取って身を引いたんだと思われます。

そんな章が今関の強い要望でボディーガードに復帰。章が真っ向から高梨や落合と対峙するシーンはカッコ良かったですね。特に犬飼の拘束後に章が丸腰を咎める落合に丸腰だから人を護れると逆に諭す言葉には重みがありました。

ボディーガード役のキャストとしての感想はキムタクのキレのある動きや江口洋介さんの鋭い眼光、車を横付けにする菜々緒さんは見応えありましたが、1話で身辺警護課を辞めてしまった斎藤工さんはただのエゴイストだけだった感じがしましたので、復帰後はキムタクと競い合うかっこいい姿が見たいものです。

また、愛子に脅迫状を贈った犯人が犬飼だったとは意外でした。愛子のことをずっと応援していた犬飼にとっては失言を繰り返すも認めずに権力に染まって変わり果ていく愛子の姿が悲しかったのでしょうね。

自作自演の脅迫状を人気の挽回策に使う愛子を見ていて政治家そのものだと感じた1話でした。

ドラマのコンセプトがボディーガードなので、主役は犯人をフルボッコするくらいのキレッキレのアクションと強さがあれば、もっと見応えがあったと感じました。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP