BG 身辺警護人 第8話のキャストとあらすじネタバレ感想 村田の殉職と章の暗殺をほのめかす落合!

ドラマ【BG 身辺警護人】第8話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。

第8話ではレストランでの発砲事件で島崎章(木村拓哉)をかばって撃たれた村田(上川隆也)が殉職!!

章と高梨(斎藤工)は唯一現場の状況を知ることができるはずだった村田の遺品であるICレコーダーに辿り着くも警察がデータを消して証拠隠滅!

警視庁SPの落合(江口洋介)が章を暗殺するかのような言葉を氷川(宇梶剛士)にほのめかす中、厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子)が事件の真相を公表すると宣言するラスト結末までのあらすじとネタバレをキャストやゲストの登場シーンと共にご紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ【BG 身辺警護人】第7話 あらすじ まとめ

第7話では6年前に別れた妻・小田切仁美(山口智子)から『わたしを護って』と依頼された章(木村拓哉)は村田(上川隆也)に報告。元妻を警護するということにためらいを感じていた章だったが、高梨(斎藤工)から説得され、村田課長(上川隆也)の後押しで、仁美の警護を引き受けることにする。

章は仁美に対して時折、元夫婦を感じさせながらも“ボディーガードと依頼人”という間柄を貫き、仁美をつけ狙っていた村中翔子(遊井亮子)を取り押さえ、任務を完了。

仁美のオプション申し出から息子の瞬(田中奏生)を交えた家族3人水入らずでディナーを楽しもうとしていた矢先、民自党幹事長・五十嵐(堀内正美)と愛子(石田ゆり子)が来店。

そんな中、五十嵐に裏切られた元秘書の植野(萩原聖人)は五十嵐への面会をSPの落合(江口洋介)や清田(阿部進之介)らに阻まれ、発砲してしまうというあらすじからストーリー展開されました。

ドラマ【BG 身辺警護人】第8話 あらすじとネタバレ

厚生労働大臣の愛子(石田ゆり子)と民事党幹事長・五十嵐(堀内正美)のレストラン会食の場で起きた発砲事件により、撃たれた村田(上川隆也)は救急車で搬送中に心肺停止。章(木村拓哉)の叫びも虚しく息を引き取った。

民事党幹事長の五十嵐が犯人の植野(萩原聖人)を挑発したことにより起きた事件だったが、レストランで起きた発砲の原因が村田にあると警視庁が発表したことにより、世論は『出しゃばった民間のボディーガードが無謀な行動をして撃たれた』と否定的な目を向けた。

警視庁警備部警護課係長の氷川(宇梶剛士)は『警視庁は任務を全うした。誠に遺憾である』と記者会見。現場にいた厚生労働大臣の立原愛子(石田ゆり子)も見ていないと証言。肝心の五十嵐は仮病を使い入院。それぞれがみずからの保身のために真実を語ろうとはしなかった。

村田の告別式に参加した章、高梨(斎藤工)、まゆ(菜々緒)沢口(間宮祥太朗)身辺警護課のメンバー。日ノ出警備保障・社長の今関(永島敏行)は勘違いボディーガードの悲劇というスマホの記事を見て怒りを露にする村田の息子のよういち(堀家一希)に村田の汚名を晴らす努力を約束する。

警視庁SPの落合(江口洋介)は告別式には出席せずにタクシーの中で上司だった村田に哀悼の意を捧げた。『お父さん……ご苦労様でした』棺に村田の時計を添える妻(中山忍)。11:28分の誤差無しを確認する身辺警護課のメンバーたちは村田を送り出す。

なんとかして殉職した村田の汚名をそそいで民間ボディーガードとしての名誉も回復したい章たちだったが警察ですら真実を明かしてくれない現状に為す術もない。

通常通りの業務を続けようとリーダーシップを取る章は新しい警護依頼が入ったとメンバーに報告するが、高梨は『汚名返上が先だ』と反発する。幹事長が挑発したことをかばってると怒りを露にするまゆ。

高梨にやけくそになるなと言う章は完璧な準備をして存続させることが大事だと言い聞かせるが、高梨は待ってたらなんとかなるというのは冷たいと聞く耳を持たない。

そんな中、章らが以前担当した食品会社サスケフーズの会長・大久保(伊武雅刀)がやって来た。新製品発表会の警護依頼を申し出る大久保は村田の机に手を合わせる。

一方、上司の氷川と会っていた落合も事件の発表に関して異を唱えていた。幹事長を敵に回せないと話す氷川に自分の保身だと掴みかかる落合。氷川は最後の一秒だけを書き換えただけだと認めようとしない。

章からBGに任命され辞めたいと言い出す沢口は高梨も辞めるかもと章のことを気遣うが、一人でもやると言う章は最初で最後のBGになる沢口を激励する。

事務所から飛び出して行った高梨は落合に村田を救ってほしいと頭を下げるが、落合は何も言わずに頭だけ下げて立ち去って行く。

『あんたのそういうとこ嫌いじゃないけど……』まゆは無茶で不器用な高梨を連れて事務所に戻る。

一方、五十嵐の病室を訪れていた愛子は五十嵐から『手段を選ばない人間が勝つ、それが君のいる世界だ』と強く諭される。落合をともない、章を訪ねて日ノ出警備保障にやってきた愛子は『身辺に気を付けて』と章に警告を促して立ち去った。

村田の告別式にいた怪しい2人の男が章の姿を盗撮する中、帰宅した章は事務所で大久保からもらった新製品のカップラーメン【エッグちゃん】を息子の瞬(田中奏生)と食べながら目に涙を浮かべていた。

新製品発表会の当日。事務所で待機する高梨に任務が終了したら手伝うと告げる章はBGの沢口とバックスのまゆを連れて会場へと向かった。

会場で顔をこわばらせる沢口に顔が怖いとマイクで注意する章とカッコつけすぎだと言うまゆ。村田の告別式で見た2人の男を発見した章はさらに会場に入ろうとする不審者も発見。章はマイクで伝えたまゆと共に後を追った。サスケフーズをクビになった元従業員たちを外へ放り出した章とまゆは会場へ戻る。

同じ頃、事務所で待機していた高梨は村田のPCから村田が警護ごとにICレコーダーで録音していた音源ファイルを発見。高梨は村田の遺品から名誉が回復出来ることを村田の妻に電話で伝えた。

章の暗殺を氷川にほのめかす落合と真相の告発を宣言する愛子!

大久保の挨拶と共に新製品の発表会は無事終了。章たちの任務も完了する。高梨から村田宅に来てほしいとのメールを受け取っていた章は到着。

ケータイとICレコーダーが遺品になかったと話す高梨は警護中の村田が全て録音していたことを章に報告。警察が奪ったと声を荒げるよういちを落ち着かせる高梨は所持品の返還請求が出来ると妻に告げる。

章と高梨は返還請求に名乗り出たよういちの付き添いを決めて事務所へと戻った。慎重にやろうと告げる章に高梨は自衛隊を辞めた理由を語り始めた。かつて可愛がっていた後輩と山岳訓練で組むことになった高梨は滑落事故に遭って辞めた後輩の後を追うように自分も除隊した経緯を打ち明けた。

後輩とよういちが似ていると高梨に尋ねる章。そうだと答える高梨は自分を呼び戻してくれた村田のことをうやむやにしたくないと諦めない態度を見せた。

まゆと共に夜食を買ってきた沢口は辞めることを章に撤回する。高梨の歓迎会での写真を取り出して村田を見つめるまゆ。高梨は涙があふれてくるまゆにそっとハンカチを差し出した……。

帰宅に向かう章は尾行に気づき、走り出した。章は相手に出てくるよう言い放つが、姿が見えず帰宅する。愛子の警告が脳裏によぎる章は瞬の衣類をスーツケースに詰め込んだ。

翌朝、スーツケースを持って瞬と出かける章は『お母さんのとこへ帰れ』と切り出した。瞬と握手をして力比べをする章は危ない仕事をしなければならなくなったと瞬に別れを告げる。

いつもだと言い放ち、スーツケースを持って立ち去って行く瞬。章は瞬を見送った後に高梨と共によういちを連れて警視庁へと向かった。村田の遺品の返還請求を手続きするよういちと章たちを監視しながら不敵な笑みを浮かべる氷川。章たちはあっさりと変換された村田の遺品を持って事務所へと戻る。

事務所に戻った高梨が確認すると、事件当日のみが削除されていた。親父は勘違いボディーガードで終わるしかないと声を荒げるよういち。悔しくて飛び出して行く章はバイクに乗った2人の男にバールで襲われてしまうが、幸い怪我はなかった。

よういちを高梨に託す章は落合と一緒にいた愛子に『あの日、見たことを公にして下さい。あなたしかいないんです』と直談判。章はSPたちに取り押さえられるが『権力も地位もない僕たちが唯一持っていたものを奪われたんです。絶対に諦めない』と愛子に懇願し続けた。

五十嵐の病室を訪れて火は誰にも消せないと切り出す愛子は事実を公表するべきだと進言。落合に一人で帰ると言う愛子は大臣を辞職すると告げた。

落合から愛子の大臣辞職の報告を受けた氷川は事件現場にいた章と愛子を接触させるなと命じる。

『いっそ島崎章に消えてもらいましょうか。あのデーターと同じように…』まるで章を暗殺するかのような言葉を氷川にほのめかす落合。『お前らしくない冗談だなぁ』氷川は落合に問いかける。

『冗談……覚悟の決め時だとおっしゃいましたよね。警視庁4万人…この大きすぎる組織を護るには一線を超えなければならない…それを覚悟と呼ぶんじゃないですか』険しい表情で氷川を見据える落合はまるで章を標的にするかのように不気味な射撃を繰り返していた。

身辺警護課の事務所前で章を待っていた愛子は私が事件の真相を公表すると宣言。愛子の申し出に感謝する章たちは国家に挑む決意を固めていた。

ドラマ【BG 身辺警護人】第8話 ネタバレ キャストの登場シーン

島崎章(木村拓哉)

身辺警護課所属。元凄腕のボディーガード。ある出来事をきっかけに工事現場の一警備員となっていたが、日ノ出警備保障の社長・今関から身辺警護課の新設と着任を打診され復帰。

過去は隠し、ほかのメンバーと同じく“新人ボディーガード”として着任する。

第3話では、渓谷が広がる高さ50mの橋から落ちそうになったお金が入ったカバンをダイビングキャッチ。長い鎖が付いた命綱の手錠を使って橋の上に戻り、襲い掛かってくる2人の犯人を撃退した。

第4話では清田の検問を突破するためにトンネルの非常口を使って愛子を結婚式場まで警護した後に娘のゆいの晴れ姿を見せて任務を終了させた。

第5話では犯罪に手を染めて海外に逃亡しようとしていた純也を強く諭し、警察に拘束されて子供たちを護ったのは間違いないと叫ぶ純也との別れに涙を流していた。

第6話のラスト結末で別れた妻の仁美から『私を護ってほしい』と警護の依頼を受けていた。

第7話では元妻・仁美の警護を終えたレストランで発砲事件に遭遇。仁美に掛け合いを仕掛けて逃がすことに成功した後、息子の瞬に仁美を託していた。

第8話では愛子に『あの日、見たことを公にして下さい。あなたしかいないんです』と直談判。

高梨雅也(斎藤工)

身辺警護課所属。元自衛隊員。新人ボディーガードの中では卓越した能力を持ち、他のメンバーを見下しているところがある。性格は情熱的だが、融通が利かない頑固者。

第1話で大久保の警備に対する考え方で章と衝突。身辺警護課を退職するが、村田に説得され、2話で復帰。

第3話では後に判明した犯人の野々村とぐるだったチンピラをショッピングモールで撃退した。

第4話ではネットの記事から対立派閥のトップとの会談という愛子の外出理由を嘘だと見抜いた。

第5話では章と純也との間に何があったのかを暴くために章を“BG=警護責任者”に推薦していた。

第6話では歓迎会を開いてくれた身辺警護課のメンバーたちと一緒に記念写真を撮っていた。

第7話では仁美の“ボディーガード”をためらう章に『怖がっている女を護れないで、なにがプロですか』と居酒屋で焚き付けていた。

第8話ではこれまで通りの業務を続けようとする章に『汚名返上が先だ』と反発。村田の汚名を晴らす為に奔走していた。

村田五郎(上川隆也)


身辺警護課の課長。新設された身辺警護課のボディガードメンバーをとりまとめている。

性格は物腰柔らかで冷静沈着。それぞれのメンバーのいいところをよく見ている。

第3話では愛子の身辺警護のことで乗り込んできた落合と対峙。ラスト結末では重要かつ極秘の依頼だと言う今関から章と一緒に来てほしいとの電話を受けていた。

第4話ではBGの責任者として愛子を移送する車の中で指示を出していた。

第5話のラスト結末では民間警護を排除しようとする落合に宣戦布告していた。

第6話では10年前にSPとして外務大臣の警護をしていたことが判明。威嚇のために発砲してしまい、いずらくなり、辞めたことを章に打ち明けた。

第7話では植野を取り押さえるなか、銃弾を受けてしまい、救急車の中で容態が急変した。

第8話では救急車で章が叫ぶ中、心肺停止。帰らぬ人となってしまった。

菅沼まゆ(菜々緒)

身辺警護課所属。メンバー唯一の女性ボディーガード。

かつて将来を期待される柔道選手だったことから運動神経は抜群。危険手当の出るボディーガードの仕事はお金のために割り切っている。

第3話では高梨にかのんを護ってくれてありがとうとお礼を言う沢口にお前が言うなと頭を軽く叩いていた。

第4話では章のことをなげかわしいおっさんだと呟く高梨と口げんかしながら事務所で任務をこなしていた。

第5話では章の過去を知りながらも隠していた高梨に詰め寄っていた。

第6話では警護をする彩矢からさん付けで呼ぶよう命じられていた。

第7話では村田が撃たれたことで動揺する沢口にBGとはそういう仕事だと冷静な態度を見せた。

第8話では落合に頭を下げる高梨に『あんたのそういうとこ嫌いじゃないけど』と告げて連れ戻した。

沢口正太郎(間宮祥太朗)

身辺警護課所属。どこからも内定を貰えず、就職活動に失敗し、渋々警備会社に就職した。

ゆとり世代の今時の若者で、物事を深く考えずノリが軽い。

第3話では大ファンであるかのんのツイッター裏アカウントを見つけて真相究明に貢献。

第4話では愛子の移送を阻む清田の検問で撃ち殺されると物怖じしていた。

第5話ではネットの記事からサッカーイベントに出席する純也のウソを見抜いた。

第6話では高梨の歓迎会を行うバーで記念写真を撮ることを提案していた。

第7話では村田が撃たれたことからBGという仕事に恐怖を感じていた。

第8話ではまゆと共に夜食を買ってきた後、BGを辞めることを章に撤回した。

今関重信(永島敏行)

民間警備会社・日ノ出警備保障の社長。6年前にボディーガードの世界から身を引いた章を説き伏せて採用。

自身も過去にはボディーガードの仕事をしていた。

第3話のラスト結末で愛子から身辺警護の依頼を受けた。

第4話では愛子の個人的な警護を戸惑う村田と章の背中を押して説き伏せた。

第8話では村田の告別式で『ボディーガードは死を覚悟してはいけない』という村田の残したものをしっかり受け止めるよう章たちに諭していた。

立原愛子(石田ゆり子)

厚生労働大臣。かつて人気のキャスターだったが、8年前、衆議院に立候補。知的な美貌で男性から圧倒的な支持を受けてトップ当選した。

女性の立場を生かす旗印のため厚生労働大臣に抜擢された。権力を好み、そのためには手段を選ばない。

第1話で元ファン代表を名乗る人物から脅迫状を受け取るが、屈することなく、スターターとしてマラソン大会に参加する。

第3話では落合に章が警護を引き受けてくれたと噓をついて民間のように細やかな暖かい警護が必要だとSPを断った。ラスト結末では今関に直接依頼していた。

第4話では章の警護で結婚式場のホテルに無事到着した後に養子に出した娘のゆいの花嫁姿を落合の車の中で涙を流して見収めていた。

第5話では落合から接触を禁止された章に電話して好意を抱いてるかのようなアプローチをしていた。

第6話ではトイレに逃げ込んだ彩矢に『生意気は頭がいいけど、トイレに閉じこもるのは幼稚だと思わない』と優しく諭して章に引き渡した。

第7話ではレストランで会った五十嵐に離党させてほしいと切り出した。

第8話では五十嵐に事実を公表するべきだと進言した後、落合に大臣を辞職すると告げた。ラスト結末では身辺警護課の事務所を訪れ、章たちに事件の真相を公表すると宣言していた。

島崎瞬(田中奏生)

章の息子で中学生。母親が再婚して章と暮らし始めた。

思春期を迎えており、父親との間には若干の距離がある。

第3話のラスト結末で章に朝までうたた寝するなと注意していた。

第4話では母の仁美の再婚相手のことを尋ねる章に若くて金持ちだと比較していた。

第5話ではサッカーの試合を観に行きたいと話す章にレギュラーではないからと断っていた。

第6話では仁美のとこに行ってもいいと話す章に『戻ってもいいけど、あなたが寂しがる』と答えていた。

第7話のラスト結末で章から仁美のことを託されていた。

第8話ではお母さんのとこへ帰れと言われた章に別れを告げて仁美のとこへ向かった。

落合義明(江口洋介)

警視庁SP。警視庁入庁後、所轄勤務を経て、警護課へ配属。その後、秀でた能力と特技とする射撃技術から早々にSPを任命。普段から特定の警護対象者にはつかず、緊急かつ重要な対象者の警護にあたっている。

武器を持たない民間の警備会社が身辺警護に当たることを良く思っていない。

第3話では愛子から章が警護を引き受けたと聞かされ、身辺警護課に乗り込んで村田を詰めていた。

第4話では主賓室の前で愛子と二度と関わらないよう章に最後通告していた。

第5話では愛子の専任警護に決定。愛子が信頼を深めていく章に嫉妬心を露にしていた。

第6話では五十嵐を襲撃した植野を過剰なやり方で所轄署に引き渡していた。

第7話では五十嵐に謝罪を要求する植野に土下座。銃弾を受けた村田にも謝罪していた。

第8話では警視庁の発表内容から異を唱えた氷川に掴みかかったが、ラスト結末ではデーターと同じように島崎章にも消えてもらいましょうかと、まるで章を暗殺するかのような言葉をほのめかして不気味な射撃を繰り返していた。

氷川修(宇梶剛士)

警視庁警備部警護課係長。落合、清田らSPをまとめる上司だが、落合とはソリが合わない。

第3話では愛子のワガママで清田の交代もしないと落合にくぎを刺していた。

第4話では清田の検問から愛子に逃げられたと勘繰り、落合を問い詰めていた。

第5話では愛子の警護のことで落合を激しく責め立てていた。

第6話では落合に鮫島が襲われたら好都合だと言いながらも日ノ出警備保障を侮れないと呟いていた。

第8話では『我々警視庁は任務を全うした。誠に遺憾である』と記者会見。掴みかかる落合に最後の一秒だけを書き換えただけだと、あくまでも自分の保身を認めようとしなかった。

五十嵐 映一(堀内正美)

民事党幹事長。立原が属する派閥の長。

問題ばかりを起こし、実績を残せない立原にいらだち、度々、料亭に呼びつけては嫌味を言っている。

第6話では古稀を祝う会に元総理大臣の鮫島を招いていた。

第7話では拳銃を持って襲撃にきて謝罪を要求する植野にいい仕事をしたお前は死んで詫びろと挑発した。

第8話では病室を訪れた愛子に『手段を選ばない人間が勝つ、それが君のいる世界だ』と強く諭していた。

大久保佐助(伊武雅刀)

サスケフーズ会長。隅田川マラソン大会のスポンサーを務める。

第1話で愛子の脅迫事件に巻き込まれるのを恐れて表彰式出席の際の警護を日ノ出警備保障に依頼した。

第8話では新製品エッグちゃん発表会の警護を身辺警護課に依頼した。

ドラマ【BG 身辺警護人】第8話 ネタバレ ゲストキャストの登場シーン

村田の妻(中山忍)


身辺警護課・課長村田五郎の妻。

レストランで発砲事件で殉職した村田の告別式で棺に村田の時計を添えていた。

村田の息子・よいういち(堀家一希)

身辺警護課・課長村田五郎の息子。

章と高梨に付き添われ警視庁に村田の遺品であるケータイとICレコーダーの返還請求に行ったが、事件当日の録音が削除されていたことから親父は勘違いボディーガードで終わるしかないと声を荒げて怒りと悔しさを国家にぶつけていた。

ドラマ【BG 身辺警護人】第8話のネタバレまとめと見どころ感想

―――村田の殉職と国家の隠ぺい

レストランでの発砲事件で太ももを撃たれて救急車で緊急搬送された村田演じる上川隆也さんの手術からオープニングすると思っていたBG 身辺警護人の第8話。

期待していた堂上総合病院の出番もなく、業務中の事故が原因で村田が死亡する殉職の展開は納得できませんでした。臓器が集中している腹ならともかく足を撃たれて死ぬなんて、血管に当たったとしてもドラマでは前代未聞で告別式のシーンには目を疑いましたね。

警視庁や厚生労働大臣の愛子など国に関わる重要機関や人物の保身は予想通りの展開でしたが、ラスト結末で愛子が立ち上がってくれ、章たちに真相の公表を宣言してくれたのは良かったと思いました。

最終回の9話では仮病で入院する悪徳政治家の五十嵐が失脚する展開を期待したいところですね。

―――氷川に語った落合の真意と覚悟

落合が警視庁の発表に対して氷川の胸ぐらを掴んで食ってかかった時は落合を見直しましたが、ラスト結末であのデーターと同じように島崎章にも消えてもらいましょうかと、まるで章の暗殺を氷川にほのめかし、顔をしかめる落合の真意は謎でした。

落合には腐りきった警視庁にしがみつくのではなく、最終回では氷川を陥れ、章たちの味方となって国家権力に立ち向かってほしいですね。

ドラマ【BG 身辺警護人】第9話 最終回のあらすじを公開!

発砲事件に巻き込まれ命を落とした村田(上川隆也)。唯一現場の状況を知ることができるはずだった村田の遺品であるICレコーダーも、警察の手によってデータを消され、いよいよ真相は闇の中に葬られようとしていた。

「民間のボディーガードが無謀な行動をし、銃で撃たれた」と週刊誌などにも下世話に書き立てられ、悔しい思いを抱く章(木村拓哉)ら。しかし決して諦めることなく、村田の汚名をそそごうと誓った矢先、厚生労働大臣の職を辞した愛子(石田ゆり子)が「私が真実を話します」と名乗り出てくる。

証拠も隠滅された今、残された方法は現場にいた人間が証言をしてくれることだけ――愛子の申し出を受けた章たちは、真相を語ろうとする彼女の警護をすることに…。しかし、そのことによって章たちの身にも危険が迫り…?

その頃、SPの落合(江口洋介)は上司の氷川(宇梶剛士)に「みずから事件の処理をする」と宣言。驚きの行動に出る!高梨(斎藤工)、まゆ(菜々緒)、沢口(間宮祥太朗)、そして章。亡くなった村田と身辺警護課の名誉を懸けた最後の戦いの行方は…!?

第9話の最終回では愛子と共に国家に挑む身辺警護課のメンバーたちと落合が見せる覚悟が最大の見どころとなりそうですね。

ドラマ【BG 身辺警護人】公式

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP