ドラマ【ファイナルカット】第4話の動画とあらすじネタバレ感想 雪子と慶介を目撃する若葉が激怒!

ドラマ【ファイナルカット】第4話のあらすじとネタバレ感想を予告動画を掲載してまとめました。

第4話では慶介のターゲットとなる【ザ・プレミアワイド】のカメラマン皆川が人気子役のゆめを転落させたと疑う子役の光喜を追い回したあげくに恫喝して自白を強要!

皆川と対決する慶介が突きつけた皆川の人生を終わらせる映像“ファイナルカット”とは!?

ラスト結末で雪子と会っていた慶介が若葉と鉢合わせするまでのあらすじとネタバレをキャストやゲストの登場シーンと共にご紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ【ファイナルカット】第3話 あらすじ まとめ

第3話では新宿中央署で12年前の事件捜査資料を見ていた中村慶介(亀梨和也)は副署長の高田清一郎(佐々木蔵之介)に素性を知られていたことに激しく動揺。当時事件を担当していたと言う高田は小河原祥太が怪しいと話す慶介に妹の雪子(栗山千明)は恭子(裕木奈江)を目撃している、若葉(橋本環奈)からは祥太が自宅にいたとの証言も取れている。ほどほどに言って立ち去った。

ある日、慶介は幼なじみの野田大地(髙木雄也)から12年前に番組ADだった若手ディレクターの小池悠人(林遣都)がネットの中で“神”扱いされていることを聞かされる。小池の身辺調査を開始した慶介は小池を次なるファイナルカットのターゲットに定めた。

そんな中、小池は椿ケ丘中学校で部活中の生徒に暴言を浴びせる女性教師・沢渡(関めぐみ)の音声をインターネットで発見。取材を開始した小池のスクープが報道されると沢渡に非難が集中した。

一方、慶介は、12年前に自ら命を絶った母の恭子が真犯人と疑っていた小河原祥太の妹、雪子に【吉澤】、若葉には【高橋】として接触を続けていたが、コインランドリーで一緒にいた雪子から『兄が死んだ』と衝撃の告白を受けてしまう。

正確には父の達夫(升毅)が行方不明の兄・祥太に出す失踪宣告だと言う雪子を悲しそうに見つめる慶介。互いに見つめ合う慶介と雪子はキスを交わしたというあらすじからストーリー展開されました。

ドラマ【ファイナルカット】第4話 予告動画とあらすじ

テレビで人気子役の藤井ゆめ(坂井悠莉)が映画オーディション撮影場所の階段から転落して負傷した…。偶然居合わせた子役の成田光喜(樋口海斗)に疑惑の目が向けられ、取材が殺到する。

中村慶介(亀梨和也)の部屋でニュースを見ていた幼なじみ・野田大地(髙木雄也)はしつこく追い回す【ザ・プレミアワイド】の話題を振るが、小河原雪子(栗山千明)にキスした自分自身に戸惑いを隠せない慶介の耳には大地の言葉が入ってこない。

同じ頃、自宅にいた雪子はネールをしてオシャレを楽しんでいた。慶介が扮するマモルと中々進展せずに、イライラしていた妹の若葉(橋本環奈)はマモルに女がいる。白黒はっきりさせるとパンに包丁を突き刺し嫉妬心を露にしていた。

【ザ・プレミアワイド】の司会者・百々瀬塁(藤木直人)は開催していた百々瀬会でスタッフ一同にゆめの報道に注目していると話す。プロデューサ井出正弥(杉本哲太)の成田が押した、ゆめが犠牲になったと言うものの、進んでいない取材にいらつく百々瀬は引き続き追うと言うディレクター真崎久美子(水野美紀)の発言に独占したいと答える。

新宿警察署で12年前の事件資料に目を通していた慶介は母・恭子(裕木奈江)のDNAが付着していたとされるハンカチに疑問を抱いて操り人形に仕立て上げた若手ディレクター小池悠人(林遣都)にメールを送り、調査を命じる。

【ザ・プレミアワイド】が母を犯人扱いし始めた背景に警察が絡んでいるのではと疑念を抱く慶介は当時事件を捜査していた上司の高田清一郎(佐々木蔵之介)と屋上で対峙する。

DNAが付着したハンカチは母が志穂ちゃんに貸したと供述していると高田に疑惑をぶつける慶介。

慎重に捜査を進めてハンカチのことは好評しなかったと慶介に話す高田は重要参考人は死亡、事件は未解決それがすべてだと答えて立ち去った。

同じ頃、大地はウォーターサーバーの宅配サービス員を装い【ザ・プレミアワイド】のカメラマン・皆川義和(やついいちろう)のカバンに隠しカメラを設置して退散。職務を終えて帰宅に向かう慶介には若葉からの食事の誘いメールが届く。

慶介が扮した“高橋マモル”との恋に夢中な若葉は、一緒にいた姉の雪子にジャッジを頼み、マモルとの食事に雪子が思いを寄せる“吉澤”も同席するダブルデートを提案。

若葉から彼氏が現れない一生の記念にとからかわれた雪子は慶介にメール送信。慶介は遅くなるけど行くと返信する。雪子が思いを寄せる“吉澤”がマモルと同一人物だとは知らず、マモルを待つ若葉と雪子……。

そうとは知らない慶介は小河原姉妹が待つ店へと向かう……。

ドラマ【ファイナルカット】第4話 ラスト結末に向かうネタバレ

待ち合わせ場所の店の前に到着した慶介の携帯に電話が掛かってきた。若葉と雪子にドタキャンメールを送る慶介は運営するメディア被害の通報サイトに相談を寄せていた子役の光喜の母親・佳代(陽月華)が待つ場所へと向かう。

慶介に【ザ・プレミアワイド】のカメラマン・皆川義和がカットを終えた光喜にカメラを回し、追いかけたあげくに逃げたと話す佳代…。

かつて自宅に押しかけ、しつこくレンズを向けて母・恭子を追いつめた皆川を脳裏に巡らせる慶介は次なるファイナルカットのターゲットに定めて幼なじみの大地と共に動向を追い始める。

真崎に光喜を追いかけてたと報告する皆川は自宅のガス水道を止められてしまい、カプセルホテルに宿泊。翌日、真崎と共に光喜がいる邦映撮影所に出向いた皆川は知人の警備員に頼んで侵入。撮影を終えた光喜を資材工場まで追いかける皆川は脚立で登って上から転落した光喜にカメラを回し続ける。

ゆめを押したのかと詰め寄り、恫喝して自白を強要する皆川は押したと言う光喜の言葉と姿をカメラにおさめて現れた慶介を振り切り、笑いながら立ち去った。

慶介にハムスターを見せる光喜はゆめがハムスターに驚いて転落した真相を打ち明けた。

仕事が出来なくなると思い、言い出せなかたと話す光喜。慶介はヤバいと不安になる光喜にあいつの好きなようにはさせないと安心させて立ち去った。

非通知で皆川を呼び出す慶介は競馬場に現れた皆川にファイナルカットが記載されたURLを手渡す。

巨大なパネルから流れた映像には皆川が会議をボイコットして競馬場に通う姿、癒着している業者との金銭授受、追い詰めて、転落させた光喜を恫喝して自白させる最悪な姿などが映っていた。

うちの母を散々追いかけてくれたなと怒りを露わにする慶介は皆川の胸ぐらを掴んで激しく締め上げる…。顔役が犯人は恭子だと断言していたと答える皆川。百々瀬だと察する慶介は直接聞くと言い放つ。

慶介は土下座をしながら止めたほうがいいと忠告する皆川に今まで散々人の人生を切り撮ってきただろう。次に切り撮られるのはお前だ!

“これが、あなたのファイナルカットです”とタイトルコール。

会議でゆめの転落事故はハムスターだったと百々瀬に報告する井出と真崎は皆川の強要と噓も報告する…。見る見るうちに顔色が変わる百々瀬は人が血肉を通した取材を吟味してプライドをかけてよこせと一喝!

帰宅した雪子は祥太の写真立てを見ながら『大丈夫よ』と携帯で話す母の夏美(長野里美)の姿を目撃…。父の達夫(升毅)に出かけると告げた雪子は慶介に母のやり取りを報告する。張りつめた顔だった話す雪子の言葉からメガネを外す慶介。

ビルから出てくる若葉は慶介と雪子の姿をとらえる。雪子を引き止める若葉は2人に詰め寄っていた…。

ドラマ【ファイナルカット】第4話 動画 皆川義和の映像

ドラマ【ファイナルカット】第4話 ネタバレ キャストの登場シーン

中村慶介(亀梨和也)

WEBサイト【MP.info.net】の管理人で新宿中央署警察官。

12年前に起きた女児殺害事件で母の恭子を自殺に追い込んだ【ザ・プレミアワイド】関係者へ復讐を誓う。事件の鍵を握る若葉の前では【高橋マモル】雪子の前では【吉澤ユウ】を名乗っている。

第1話井出、第2話真崎、第3話小池にファイナルカットを突きつけて、操り人形に仕立て上げた。

第2話で若葉とは寸止めキスに終わったが、第3話では雪子とキスを交わした。

第4話では夜の競馬場に呼び出した皆川にファイナルカットを突きつけた後、雪子と会っていたところを若葉に目撃されてしまう。

小河原雪子(栗山千明)

事件の鍵を握る小河原家の長女。実家暮らしで、普段は美術館に学芸員として勤務している。

12年前の事件では死体発見現場で恭子を見たと証言。美術館に“吉澤”として現れた慶介に惹かれていく…。第3話ではコインランドリーで“吉澤ユウ”に扮した慶介とキスを交わした。

第4話では兄・祥太の写真立てを見ながら『大丈夫よ』と携帯で話す母の夏美の姿を目撃。帰宅した父の達夫に出かけると告げて会っていた慶介に母のやり取りを報告するが、若葉に目撃されてしまう。

小河原若葉(橋本環奈)

事件の鍵を握る小河原家の次女。雪子同様に実家暮らしで、普段は企業の受付嬢として勤務している。

12年前の事件では自宅にいた兄・祥太のアリバイを証言。慶介が扮した“高橋マモル”に夢中になっている。第2話で慶介が扮したマモルにキスを迫ったが、寸止めに終わった。

第4話ではマモルと吉澤に扮した慶介とのダブルデートを雪子に提案するが、慶介からドタキャンされてしまう。ラスト結末では慶介と雪子が会っていたところを目撃して2人に詰め寄った。

野田大地(髙木雄也 Hey! Say! JUMP)

慶介の幼なじみ。慶介の復讐に協力する。

第1話ではスタッフになりすまして井出のデスクに隠しカメラを仕掛けたファイルを置いて退散。

第2話では真崎のデスクのPCに隠しカメラ、私物のバッグにも録音機つきのペン型カメラを仕掛けて退散。第3話は宅配ピザの配達員を装い、小池のカバンに隠しカメラを設置した。

第4話ではウォーターサーバーの宅配員になりすまして皆川のカバンに隠しカメラを設置して退散。

高田清一郎(佐々木蔵之介)

新宿中央署副署長。12年前の事件担当刑事。

第2話では新宿中央署で12年前の事件捜査資料を見ていた慶介の素性を明らかにした。

第4話では恭子のことで対峙した慶介に『重要参考人は死亡、事件は未解決』それがすべてだと答えて立ち去った。

皆川義和(やついいちろう)

情報番組【ザ・プレミアワイド】のカメラマン。第2話で真崎、第3話で小池の取材に同行している。

第4話では光喜を資材工場まで追いかけ回して自白を強要させた。慶介にファイナルカットを突きつけられた後に井出と真崎から強要と噓を百々瀬に報告されている。

百々瀬塁(藤木直人)

情報番組【ザ・プレミアワイド】の敏腕司会者。慶介の母・恭子の事件を速報ニュースで取り上げている。犯人扱いする恭子に事実と違うなら釈明するべきだと責め立てた。

第1話で慶介の言いなりになり、江藤喜美子に謝罪した井出に向けて、何度もトロフィーを打ち砕いて威嚇。常日頃から自分に恥をかかせない番組を作るよう、スタッフに圧力をかけている。

第2話では警視庁新宿中央署副署長の高田とはお互い情報を共有する関係にあることが判明した。

第4話では井出と真崎から皆川の失態を報告され激怒。人が血肉を通した取材を吟味してプライドをかけてよこせと一喝した。

井出正弥(杉本哲太)

情報番組【ザ・プレミアワイド】のプロデューサー。

第1話で慶介に【ファイナルカット】を突きつけられ、心臓移植を待って、入院している江藤みずきの主治医伊延 彰に関する報道の謝罪と訂正を強要された。

第4話の会議でゆめの転落事故はハムスターだったと百々瀬に報告している。

真崎久美子(水野美紀)

【ザ・プレミアワイド】の女性ディレクター。

第2話で慶介に【ファイナルカット】を突きつけられ、アパート大家殺害事件の容疑者・住吉浩平のスクープを自らの手でボツにすることを強要され、会議で自己批判させられた。

第4話では進んでいないゆめの取材にいらつく百々瀬に引き続き追うと発言。会議ではゆめの転落事故はハムスターだったと百々瀬に報告している。

小池悠人(林遣都)

情報番組【ザ・プレミアワイド】の若手ディレクター。

第3話で慶介に【ファイナルカット】を突きつけられ、12年前の事件の真相を調べるよう強要された。

第4話では慶介から12年前の事件を調べるよう命じられている。

早川恭子(裕木奈江)

慶介の母親。保育園ルミナルキッズの園長。

12年前に起きた女児殺害事件の犯人として【ザ・プレミアワイド】に取り上げられたことから苦悩。

マスコミからのバッシングに耐えられず、浴室で手首を切って自殺した。

第4話では皆川に追いかけ回される12年前の事件回想シーンに登場した。

小河原 達夫(升毅)

小河原姉妹の父親。12年前にルミナルキッズの上階で【小河原法律事務所】を営んでいた。

第3話では娘2人に行方不明になっている兄の祥太の失踪宣告を出すことを伝えた。

第4話ではすぐに出かけると言った雪子の言動行動から祥太のことに気づかれたかのようなそぶりを見せた。

小河原 夏美(長野里美)

小河原姉妹の母親。

第4話では明らかに祥太と思える人物と電話で話していた。

ドラマ【ファイナルカット】第4話 ネタバレ ゲストキャストの登場シーン

子役 藤井ゆめ(坂井悠莉)

人気の子役。映画オーディション撮影場所の階段から転落して負傷したが、真相は光喜が飼っていたハムスターに驚いての事故だった。

子役 成田光喜(樋口海斗)

ゆめと同じ子役。ゆめにケガをさせたと疑われてしまう。皆川に追いかけ回され、資材工場の中で転落した後、強要されて自分が押したと自白するが、飼っていたハムスターに驚いたゆめが転落してしまったと真相を打ち明ける。

成田佳代(陽月華)

子役の光喜の母親。息子の光喜がゆめを押してケガをさせたのではと【ザ・プレミアワイド】から疑われ、皆川から光喜をしつこく追い回されてしまう。

慶介が運営するサイトにメール相談し、慶介に電話をかけて助けを求める。

ドラマ【ファイナルカット】第4話の感想とまとめ

ドラマ【ファイナルカット】第4話ではカメラマンの皆川にファイナルカットを突きつけて操り人形に仕上げ立てた慶介が12年前の事件の首謀者が司会者の百々瀬だったと突き止めるもラスト結末では雪子と会っていたところ若葉と鉢合わせてしまい絶体絶命の窮地に陥るという衝撃のストーリー展開でした。

慶介は各話で井出、真崎、小池たちにファイナルカットを突きつけてきましたが、子供を恫喝して私生活でも無茶苦茶な皆川の映像は最低でしたね~。皆川の胸ぐらを掴み怒声を上げる慶介には子供でも容赦なく追い詰める皆川への憎しみがにじみ出ていたような気がしました。

ラスト結末では祥太らしき人物と母・夏美が電話で話していたことを慶介に報告する雪子。家族の秘密を慶介にわざわざ話す雪子は相当慶介に惹かれているようですね。そこに現れた若葉との三角関係がこんなに早く展開されると思いも寄らなかった第4話は見どころ満載でした。

ドラマ【ファイナルカット】第5話 あらすじを公開!

12年前の真犯人とにらむ小河原祥太の妹・雪子(栗山千明)に吉澤、若葉(橋本環奈)にはマモルと名乗って別人を装い、接触していた慶介はとうとう雪子と会っている時に若葉と鉢合わせてしまい絶体絶命の窮地に陥ってしまう……。

そんな慶介はカメラマンの皆川義和(やついいちろう)から聞き出した【ザ・プレミアワイド】司会者の百々瀬塁(藤木直人)が、なぜ警察が発表するより先に恭子を犯人と断言したのか、百々瀬の行動や経歴の調査を幼なじみの野田大地(髙木雄也)と共に調査を開始する。

その矢先、慶介に【ザ・プレミアワイド】が好評企画の第2弾を突然中止にしたとの情報が入る。百々瀬が裏で関与していると直感した慶介は百々瀬のバックにいる正体を暴くために操り人形にしているプロデューサーの井出正弥(杉本哲太)に動向を探るよう揺さぶりをかける。

翌日、百々瀬が井出とともに出席した会食の場に同席していたのは、慶介が勤務する新宿中央署副署長で12年前の事件を担当していた上司の高田清一郎(佐々木蔵之介)だった!ついに百々瀬と対峙を迎えた慶介は百々瀬が思いもよらないファイナルカットを突きつける。

さらに慶介のもとへ、鉢合わせして以来、会っていなかった雪子から『兄が帰ってきた』と連絡が入るというあらすじからストーリー展開されます。

怒涛の展開に突入してきたドラマ【ファイナルカット】第5話が楽しみですね。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP