ファイナルカット 第6話のキャストとあらすじネタバレ感想 雪子に正体と目的を打ち明ける慶介!

ドラマ【ファイナルカット】第6話のあらすじネタバレ感想をキャストと予告動画も掲載してまとめました。

第6話では“これがあなたのファイナルカットです!”と慶介(亀梨和也)の決め台詞を不敵な笑みを浮かべて言い放つ百々瀬(藤木直人)が逆襲を開始!

メディアの生中継から警察官であることが雪子(栗山千明)にばれた慶介が本名と目的を明かすラスト結末までのあらすじとネタバレをキャストやゲストの登場シーンと共にご紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ【ファイナルカット】第5話 あらすじ まとめ

第5話では中村慶介(亀梨和也)が12年前の真犯人とにらむ小河原祥太の妹・雪子(栗山千明)に吉澤優、若葉(橋本環奈)には高橋マモルと名乗って別人を装い、雪子と会っていたところ若葉と鉢合わせするが、雪子のとっさの機転により慶介の正体がバレることは回避。

慶介は雪子が庇った理由がわからないまま、12年前の事件で警察発表より先に母・恭子(裕木奈江)を犯人と断じた【ザ・プレミアワイド】の司会者・百々瀬塁(藤木直人)の行動や経歴の調査を開始!

幼なじみの野田大地(髙木雄也)と共に百々瀬の自宅を張り込み、洗い始めるが、弱点が見つからない。

そんな中、慶介が運営するメディア被害の通報サイトに【ザ・プレミアワイド】でブラックな労働環境を告発した信用金庫職員・井関(石井智也)から第2弾の中止情報が入った。

百々瀬が裏で関与していると直感した慶介は百々瀬のバックにいる正体を暴くために番組プロデューサーの井出正弥(杉本哲太)を待ち伏せ。ファイナルカットを盾に揺さぶりをかける。

その後、大地が張り込む中、百々瀬が出席した高級料亭での会食の場に同席していたのは、警視庁の刑事部部長・芳賀恒彦(鶴見辰吾)と慶介の警察の上司・高田清一郎(佐々木蔵之介)だった。

フィットネスジムで汗を流す百々瀬の前に現れた慶介はファイナルカットのURLを渡して百々瀬と対峙。

慶介はファイナルカットを突きつけるが、機転を利かした百々瀬はファイナルカットをフェイクニュースとして扱うというあらすじからストーリー展開されました。

ドラマ【ファイナルカット】第6話の予告動画とあらすじネタバレ

母の恭子(裕木奈江)を犯人だと断じた【ザ・プレミアワイド】の司会者・百々瀬塁(藤木直人)にファイナルカットを突きつけた慶介(亀梨和也)だったが“ファイナルカット”をフェイクニュースとして扱った百々瀬の機転によって追い込みに失敗する。

慶介を呼び出して罠にはめた姉の雪子(栗山千明)は高橋マモルと名乗っていた慶介を未だに思う妹の若葉(橋本環奈)に彼とは会わない方がいいと諭す。

小河原姉妹に目的を見破られたことを悟った慶介は幼なじみの野田大地(髙木雄也)に報告。

姉妹からフェイドアウトして兄の祥太のことを洗うと言う慶介は大地から渡された雪子と若葉用に使用していた携帯に興味はないと言い放つ。

そんな中、慶介が勤務する新宿中央署の管内で美人料理研究家・柴みちる(今野杏南)の殺人事件が発生!ザ・プレミアワイドの真崎久美子(水野美紀)と小池悠人(林遣都)は情報収集のために飛び出していく。

署長の神野久志(大河内浩)にみちるの恋人である矢口透(中村倫也)の詳細なデーターを提出する慶介。慶介の上司である高田清一郎(佐々木蔵之介)の記者会見と同時に百々瀬も報道を開始した。

その後、百々瀬の呼びかけで井出正弥(杉本哲太)や真崎、小池、皆川義和(やついいちろう)が集結…。東井出は東都テレビ局内から回収した隠しカメラを前に12前の事件を報道したメンバーだと説明する。

“これがあなたのファイナルカットです”と不敵に呟く百々瀬は慶介を調べるよう全員に指示する。

同じ頃、慶介が自宅兼事務所に戻ってくるとドアの前には殺害されたみちるの恋人の矢口が立っていた…。犯人扱いをされてると言う矢口は慶介に助けを求めて懇願する。

IPアドレスから住所を探し当てたことを慶介に打ち明ける矢口は、幼なじみのみちると事件当日に口論になった後で家に戻ったところ頭から出血して倒れていたみちるはすでに息がなかったと話す。

事務所から脱出して向かったコンビニの中でSNSでも犯人扱いされたと無実を主張する矢口はみちるとの想い出を脳裏に浮かべながらもう一度会いたいと涙する。

矢口に過去の自分を重ねて力になると約束する慶介は自分の着替えを差し出して一泊するよう矢口の気持ちを和らげる。矢口は慶介に感謝するがみちるのアシスタントのあずさがテレビで2人の不仲を証言。

矢口の話しが違うと言う大地は警察に引き渡すよう慶介に促す。

小河原家では、雪子が母の夏美(長野里美)に祥太と思われる人物との電話と会話内容を問い詰めていた。ごまかす夏美と同意する父の達夫(升毅)は雪子の彼氏に会いたいと話をすり替えてしまう。

彼氏じゃないと説明して部屋を出ていく雪子。彼は私がもらうと言う若葉はマモルではないと説き伏せようとする雪子に好きだからと聞く耳を持たずに部屋から出ていく。

翌朝、若葉から『会いたい』とのメールが届いた慶介に矢口が逃げたと大地が駆け込んでくる。

その頃、矢口は公園の前を巡回していた警官から職務質問を受けて逃亡。新宿中央署にやって来た警視庁の刑事部部長・芳賀恒彦(鶴見辰吾)は公務執行妨害から拘束した後に殺人犯として矢口を逮捕しろと高田たちに命じる。

メディアに映し出された慶介が雪子に正体と目的を明かすラスト結末

上司の高田に自分も捜査に加わらせてほしいと申し出る慶介は矢口と自宅で会っていた経緯を打ち明けた。WEBサイト【MP.info.net】の事は把握していたと言う高田は矢口と接触して白だと説得する慶介に心証は当てにならないと言い放つ。

さらに12年前の事件のことを切り出して恭子が重要参考人だったことには間違いと言い切る高田は何度も同じ過ちを繰り返すのかと詰め寄る慶介に自分の力を過信すれば足元を救われると忠告を促す。2人が対峙しているところに高田の部下が矢口の逮捕を伝えにきた。

そこに情報収集していた百々瀬から高田に電話が入った。百々瀬は貸しを作った信用金庫の一件から矢口の逮捕状況を聞き出そうと揺さぶるが答えらないと言う高田は突っぱねる。

高田との会話の感触から逮捕間近だとにらんだ百々瀬はみちると矢口の写真を小池に届けるよう井出に指示した後に報道を開始。護送される矢口と独占インタビューで謝罪する矢口の両親が映し出された。

新宿中央署前ではカメラマンの皆川とレポーターの小池がスタンバイしている。到着した矢口に写真を見せてコメントを要請する小池。

写真の裏には『ずっと一緒にいようね』というみちるのメッセージが書かれている…。

みちるとの想い出の写真を見て涙を流し、気が狂ったように暴れ出して新宿中央署前から逃亡する矢口…。車のボンネットを飛び越えて追いかけていく慶介は車の前に飛び出して自殺を図ろうとする矢口を間一髪のところで救出するが警察官の慶介は生中継で映し出されていた。

慶介の正体に驚愕する【ザ・プレミアワイド】の井出、真崎、小池、皆川たち。面白いと呟く百々瀬だけは不敵な笑みを浮かべていた。

みちるを殺害した犯人のあずさは新宿中央署に出頭。新犯人の続報を報道する百々瀬は活躍を褒め称える慶介に不気味な視線を送っていた。

慶介を呼び出した雪子は本当の名前を教えてほしいと慶介に詰め寄る。

重い口を開き本名の『早川』を名乗った慶介は母が犯人扱いされた12年前の事件の真犯人は小河原祥太だと憎しみを込めて雪子に言い放った!

ドラマ【ファイナルカット】第6話 ネタバレ キャストの登場シーン

中村慶介(亀梨和也)

WEBサイト【MP.info.net】の管理人で新宿中央署警察官。

12年前に起きた女児殺害事件で母の恭子を自殺に追い込んだ【ザ・プレミアワイド】関係者へ復讐を誓う。事件の鍵を握る若葉の前では【高橋マモル】雪子の前では【吉澤ユウ】を名乗っている。

第1話井出、第2話真崎、第3話小池にファイナルカットを突きつけて、操り人形に仕立て上げた。

第2話で若葉とは寸止めキスに終わったが、第3話では雪子とキスを交わした。

第4話では夜の競馬場に呼び出した皆川にファイナルカットを突きつけた後、雪子と会っていたところを若葉に目撃されてしまう。

第5話では、百々瀬にファイナルカットを突きつけた後、兄の祥太が帰ってきたとの連絡を受けた雪子の罠にはまってしまう。

第6話では逃亡して自殺を図ろうとした矢口を助けたために警察官としての姿がテレビ中継されてしまい、百々瀬たちに正体がばれてしまった。ラスト結末では呼び出された雪子に本名と目的を明かした。

小河原雪子(栗山千明)

事件の鍵を握る小河原家の長女。実家暮らしで、普段は美術館に学芸員として勤務している。

12年前の事件では死体発見現場で恭子を見たと証言。美術館に“吉澤”として現れた慶介に惹かれていく…。第3話ではコインランドリーで“吉澤ユウ”に扮した慶介とキスを交わした。

第4話では兄・祥太の写真立てを見ながら『大丈夫よ』と携帯で話す母の夏美の姿を目撃。帰宅した父の達夫に出かけると告げて会っていた慶介に母の電話のことを報告しているところを若葉に目撃されてしまう。

第5話では、若葉と鉢合わせした慶介をかばって助けるが、ラスト結末では慶介を罠にはめて吉澤とマモルが同一人物だと信じない若葉に証明して見せた。

第6話のラスト結末では呼び出した慶介から正体を打ち明けられていた。

小河原若葉(橋本環奈)

事件の鍵を握る小河原家の次女。雪子同様に実家暮らしで、普段は企業の受付嬢として勤務している。

12年前の事件では自宅にいた兄・祥太のアリバイを証言。慶介が扮した“高橋マモル”に夢中になっている。第2話で慶介が扮したマモルにキスを迫ったが、寸止めに終わった。

第4話ではマモルと吉澤に扮した慶介とのダブルデートを雪子に提案するが、慶介からドタキャンされた…。ラスト結末では慶介と雪子が会っていたところを目撃して2人に詰め寄った。

第5話のラスト結末では雪子が罠にはめた慶介の姿を見て呆然としていた。

第6話ではマモルではないと説得する雪子に好きだからと聞く耳を持たなかった。

野田大地(髙木雄也 Hey! Say! JUMP)

慶介の幼なじみ。慶介の復讐に協力する。

第1話ではスタッフになりすまして井出のデスクに隠しカメラを仕掛けたファイルを置いて退散。

第2話では真崎のデスクのPCに隠しカメラ、私物のバッグにも録音機つきのペン型カメラを仕掛けて退散。第3話は宅配ピザの配達員を装い、小池のカバンに隠しカメラを設置した。

第4話ではウォーターサーバーの宅配員になりすまして皆川のカバンに隠しカメラを設置して退散。

第5話ではパーティー会場の受付員として井出の胸ポケットに隠しカメラを仕込んだバラを渡していた。

第6話では疑いの目を向ける矢口を警察に引き渡すよう慶介に促していた。

高田清一郎(佐々木蔵之介)

新宿中央署副署長。12年前の事件担当刑事。

第2話では新宿中央署で12年前の事件捜査資料を見ていた慶介の素性を明らかにした。

第4話では12年前の恭子の事件のことで対峙した慶介に『重要参考人は死亡、事件は未解決』だと答えた。

第5話では料亭で百々瀬と密会する警視庁の刑事部部長・芳賀恒彦に同席していた。

第6話では12年前の事件で詰め寄る慶介の胸ぐらを掴んで忠告を促していた。

皆川義和(やついいちろう)

情報番組【ザ・プレミアワイド】のカメラマン。第2話で真崎、第3話で小池の取材に同行している。

第4話では光喜を資材工場まで追いかけ回して自白を強要させた。慶介にファイナルカットを突きつけられた後に井出と真崎から強要と噓を百々瀬に報告されている。

第5話ではプロデューサーの井出からブラックな労働環境告発の第2弾中止を命じられていた。

第6話では呼び出された百々瀬から慶介を調べるよう指示されていた。

百々瀬塁(藤木直人)

情報番組【ザ・プレミアワイド】の敏腕司会者。慶介の母・恭子の事件を速報ニュースで取り上げている。犯人扱いする恭子に事実と違うなら釈明するべきだと責め立てた。

第1話で慶介の言いなりになり、江藤喜美子に謝罪した井出に向けて、何度もトロフィーを打ち砕いて威嚇。常日頃から自分に恥をかかせない番組を作るよう、スタッフに圧力をかけている。

第2話では警視庁新宿中央署副署長の高田とはお互い情報を共有する関係にあることが判明した。

第4話では井出と真崎から皆川の失態を会議の席で報告され激怒。人が血肉を通した取材を吟味してプライドをかけてよこせと一喝した。

第5話では慶介からファイナルカットを突きつけられるも、機転を利かしたフェイクニュースで切り抜けた。

第6話では『これがあなたのファイナルカットです』と慶介の決め台詞を不敵に呟いてみせた。

井出正弥(杉本哲太)

情報番組【ザ・プレミアワイド】のプロデューサー。

第1話で慶介に【ファイナルカット】を突きつけられ、心臓移植を待って、入院している江藤みずきの主治医伊延 彰に関する報道の謝罪と訂正を強要された。

第4話の会議でゆめの転落事故はハムスターだったと百々瀬に報告している。

第5話では慶介からファイナルカットで脅されていることを百々瀬に打ち明けた。

第6話では百々瀬に呼び出された理由がわからないスタッフに12年前の事件が関与しいると説明していた。

真崎久美子(水野美紀)

【ザ・プレミアワイド】の女性ディレクター。

第2話で慶介に【ファイナルカット】を突きつけられ、アパート大家殺害事件の容疑者・住吉浩平のスクープを自らの手でボツにすることを強要され、会議で自己批判させられた。

第4話では進んでいないゆめの取材にいらつく百々瀬に引き続き追うと発言。会議ではゆめの転落事故はハムスターだったと百々瀬に報告している。

第5話ではプロデューサーの井出からブラックな労働環境告発の第2弾中止を命じられていた。

第6話では呼び出された百々瀬から慶介を調べるよう指示されていた。

小池悠人(林遣都)

情報番組【ザ・プレミアワイド】の若手ディレクター。

第3話で慶介に【ファイナルカット】を突きつけられ、12年前の事件の真相を調べるよう強要された。

第4話では慶介から12年前の事件を調べるよう命じられている。

第5話ではプロデューサーの井出からブラックな労働環境告発の第2弾中止を命じられていた。

第6話ではみちるの写真を手渡した矢口にコメント要請していた。

早川恭子(裕木奈江)

慶介の母親。保育園ルミナルキッズの園長。

12年前に起きた女児殺害事件の犯人として【ザ・プレミアワイド】に取り上げられたことから苦悩。

マスコミからのバッシングに耐えられず、浴室で手首を切って自殺した。

第4話では皆川に追いかけ回される12年前の事件回想シーンに登場した。

第5話では12年前の事件で部屋に閉じこもり、浴室内で自殺した回想シーンに登場。

第6話では慶介に食事を作って出ていく回想シーンに登場した。

小河原 達夫(升毅)

小河原姉妹の父親。12年前にルミナルキッズの上階で【小河原法律事務所】を営んでいた。

第3話では娘2人に行方不明になっている兄の祥太の失踪宣告を出すことを伝えた。

第4話ではすぐに出かけると言った雪子の言動行動から祥太のことに気づかれたかのようなそぶりを見せた。

第5話では雪子に彼氏が出来たことで盛り上がっていた。

第6話では夏美と共に雪子の話をごまかしていた。

小河原 夏美(長野里美)

小河原姉妹の母親。

第4話では明らかに祥太と思える人物と電話で話していた。

第5話では雪子に彼氏が出来たことで盛り上がっていた。

第6話では祥太との電話を問い詰められた雪子に否定しながらごまかしていた。

芳賀恒彦(鶴見辰吾)

警視庁の刑事部部長。階級は警視監。

第5話ではブラックな労働環境を告発したニュースの第2弾を百々瀬に中止するよう圧力をかけた。

12年前の事件ではハンカチに恭子の唾液が付着していた情報を百々瀬に流していたことが判明した。

第6話では公務執行妨害から拘束した後に殺人犯として矢口を逮捕しろと高田たちに命じた。

ドラマ【ファイナルカット】第6話 ネタバレ ゲストキャストの登場シーン

柴みちる(今野杏南)

SNSで有名な美人料理研究家。

慶介が勤務する新宿中央署管内でアシスタントのあずさに殺害された。

矢口(中村倫也)

柴みちると同棲していた恋人。

警察から犯行を疑われ、【ザ・プレミアワイド】からも犯人であるかのように報道されてしまう。

慶介に助けを求めて無罪を主張しながらもう一度みちるに会いたいと涙する。

みちるを愛するあまり、後追い自殺をしようとするが慶介に助けられる。

城山 梓(奥村佳恵)

柴みちるのアシスタント。ささいなミスを注意され、柴みちるを食器で撲殺する。

その後、矢口とみちるが不仲だったとテレビで証言するが、良心が痛み、警察に出頭した。

ファイナルカット 第6話のネタバレまとめと見どころ感想

―――犯人扱いされて自殺をしようとした矢口を助けた慶介

見どころからの感想はみちるを思い出して後追い自殺をしようとする矢口を追いかけて車のボンネットをスライディングして飛び越えていく慶介。体を張って矢口を助ける警官の慶介がかっこよかったですね。亀梨和也さんが得意とするアクションシーンとしては見どころでした。

みちるを思い出して後追い自殺をしようとする矢口を演じていた中村倫也さんに関しては演技力が素晴らしかったと思いました。

ホリディラブでは男尊女卑の考えを持ち、独占欲が強く妻の里奈を所有物とみなすドSの井筒渡役とは正反対の思いやりに溢れた矢口役も見事に演じていたと思いました。

―――“これがあなたのファイナルカットです”と不敵に呟く百々瀬

見どころからの感想は慶介の決め台詞を不敵な笑みを浮かべて言い放った百々瀬。背筋が凍りそうなくらい狂気を感じさせられる百々瀬の動向から目が離せなくなりそうだったシーンでしたね。

―――雪子に呼び出されてついに本名を明かした慶介

見どころからの感想は慶介の雪子を見据えるクールな眼差しからは3話でキスしたとは思えないほどの冷静さを感じました。恭子の復讐しか頭にない慶介の悲しさがにじみ出ていたラスト結末のシーンでしたね。

ファイナルカット 第7話のあらすじを公開!

警察官としての姿がテレビ中継されてしまい、雪子(栗山千明)に呼び出された慶介はついに本名を明かし、母の恭子(裕木奈江)が犯人扱いされた事件の真犯人・小河原祥太の行方を突き止めるため、妹の若葉(橋本環奈)と雪子に近づいたと打ち明ける。

しかし、雪子は「あの日、兄は家にいた」と言い返し、慶介の言葉に耳を貸そうとしない。 慶介が警察官だと知った百々瀬、井出(杉本哲太)、真崎(水野美紀)、小池(林遣都)、皆川(やついいちろう)は早々に慶介の身元や経歴を調べ上げ、慶介の前に現れる。

祥太の居場所を早く探らなければと考えた慶介は、父親である弁護士の小河原達夫(升毅)に狙いを定める。相談客を装って訪れた慶介は、12年前の事件についての依頼だと切り出し、達夫を動揺させる。慶介の揺さぶりで動き出した達夫は、意外な人物にコンタクトをとり…?

その夜、高田(佐々木蔵之介)は百々瀬から、12年前の事件のことで慶介からコンタクトがあり迷惑を被ったと聞く。しかし、百々瀬は「事件の真相を探るつもりだ」と告げ、高田を驚かせる。

一方、雪子から慶介の正体を知らされた若葉は、慶介の前に現れ、「お兄ちゃんの居場所を調べるから恋人にして」と持ちかける。同じ頃、達夫を監視中の大地(髙木雄也)に魔の手が忍び寄り―。

兄の祥太を売ってまで慶介に協力しようとする若葉の執念と達夫を監視中の大地に魔の手が忍び寄るところが第7話の見どころになりそうですね。

ファイナルカット 公式サイト

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP