ドラマ【ファイナルカット】視聴率一覧と平均視聴率の予想!最終回までの再放送日程も公開!

人気グループKAT-TUNの亀梨和也さん主演の2018年冬ドラマ【ファイナルカット】の1話から最終回までの視聴率と再放送日程を速報で更新!

1月9日に放送された第1話平均視聴率は関東地区で7.2%でしたが関西地区では10.7%と2桁をキープするも第2話では0.7ポイントダウンの6.5%と爆死状態!

【ファイナルカット】の視聴率を2016年から2017年に放送された関テレ・フジテレビ系火曜9時のドラマや亀梨和也さんが近年に主演を務めたドラマなどから最終回までの平均視聴率も予想してみました。

スポンサーリンク

ドラマ【ファイナルカット】第1話 視聴率とあらすじ

ドラマ【ファイナルカット】第1話 視聴率 関東 7.2% 関西 10.7%

亀梨和也さんが主演を務めるカンテレ・フジテレビ系のドラマ【ファイナルカット】1話が9日に放送され、初回平均視聴率は関東地区で7.2%と爆死でしたが、関西地区では10.7%と2桁をキープ。

第1話は12年前に中村慶介(亀梨和也)の母・恭子(裕木奈江)が経営する保育園ルミナルキッズで女児の志穂ちゃんが何者かに殺害。警察による捜査が進むなか、ワイドショー番組【ザ・プレミアワイド】の司会者・百々瀬塁(藤木直人)は速報でニュースを取り上げた。

プロデューサーの井出正弥(杉本哲太)現場リポーターの真崎久美子(水野美紀)若手ディレクター小池悠人(林遣都)カメラマンの皆川義和(やついいちろう)たちから犯人扱いされた恭子は自殺してしまう。

愛する母・恭子を失った慶介は幼なじみである野田大地(髙木雄也)の協力を得て彼らへの復讐劇を開始。

そんな慶介は事件当時、捜査線上に浮かんだ男の家族である小河原雪子(栗山千明)には小学校の先生・吉澤。若葉(橋本環奈)にはサラリーマンをしている高橋 守だと名乗って別の男性として接近。

慶介は最初のターゲットであるプロデューサーの井出正弥にファイナルカットを突きつけて言いなりにさせるという展開でした。

ドラマ【ファイナルカット】第2話 視聴率とあらすじ 再放送日程

ドラマ【ファイナルカット】第2話 視聴率 関東 6.5% 関西 8.4%

1月16日に放送されたドラマ【ファイナルカット】2話の視聴率は1話7.2%から0.7ポイントダウンの爆死!

第2話では慶介(亀梨和也)が母の恭子(裕木奈江)を自殺に追いやった女児殺害事件の真相を追うために、高橋マモルと偽って交際している小河原若葉(橋本環奈)と夜景デート。

慶介は若葉に家族のことを尋ねる。ベンチに座り、姉の雪子は残念美人で兄は海外に行って会っていないと話す若葉は慶介に『キスして』とささやく…。応えるように唇を近づける慶介だったが、幼馴染の野田大地(髙木雄也)から電話が入り、デートを切り上げて帰宅する。

そんな中、慶介が運営するメディア被害を通報するサイトに【ザ・プレミアワイド】の女性ディレクターの真崎久美子(水野美紀)についての相談が持ちかけられる。

差出人である殺人被害者の夫・河合(田中幸太朗)と会った慶介は警察が容疑者と特定していた201号室の住人の住吉 浩平(高橋努)がスクープのためなら手段を選ばない真崎の取材によって、逮捕直前に逃亡してしまったという事実を聞かされる。

12年前に言葉巧みに母・恭子に近づきインタビューを行うものの、簡単に裏切った真崎を次なるターゲットに定める慶介が制裁を加える決意をする中、逃亡中の住吉から真崎の元に電話がかかってくる。

真崎は条件付で会って話してもいいと言う住吉に承諾。慶介は真崎にファイナルカットを突きつけて言いなりにさせるという展開でした。

1月16日に放送されたドラマ【ファイナルカット】第2話の再放送が決定。放送局と時間は下記の通りです。

●関西テレビ…………1月23日(火)15:50~16:46

●テレビ西日本………1月23日(火)15:50~16:50

●石川テレビ…………1月23日(火)15:53~16:50

ドラマ【ファイナルカット】第3話 視聴率とあらすじ 再放送日程

ドラマ【ファイナルカット】第3話 視聴率 関東 6.5% 関西 10.8%

ドラマ【ファイナルカット】第3話が23日に放送され、関東地区での視聴率は第2話同様に6.5%と横ばいでしたが、関西地区では2.4ポイントアップし、10.8%と第1話を上回りました。

第3話では新宿中央署で12年前の事件捜査資料を見ていた中村慶介(亀梨和也)は副署長の高田清一郎(佐々木蔵之介)に素性を知られていたことに激しく動揺。

ある日、慶介は12年前に番組ADだった若手ディレクターの小池悠人(林遣都)の身辺調査を開始。小池がネットの中で“神”扱いされていることを知った慶介は幼なじみの野田大地(髙木雄也)と共に小池を次のターゲットに定める。

そんな中、小池はある中学校で部活中の生徒に暴言を浴びせる女性教師・沢渡(関めぐみ)の音声をインターネットで発見。取材を開始した小池のスクープが報道されると沢渡に非難が集中する。

一方、慶介は、12年前に自ら命を絶った母の恭子(裕木奈江)が真犯人と疑っていた小河原祥太の妹、雪子(栗山千明)と若葉(橋本環奈)にも並行して接触を続けていたが、雪子から『兄が死んだ』と衝撃の告白を受けてしまうというあらすじからストーリー展開されました。

ドラマ【ファイナルカット】の再放送日程は発表され次第、更新します。

ドラマ【ファイナルカット】第4話 視聴率とあらすじ 再放送日程

ドラマ【ファイナルカット】第4話 視聴率 関東 6.5% 関西 10.3%

ドラマ【ファイナルカット】第3話が30日に放送され、関東地区での視聴率は第3話同様に6.5%と横ばいでしたが、関西地区では0.5ポイントとダウンしたもの10.3%と二桁をキープしました。

第4話は人気子役の藤井ゆめ(坂井悠莉)が映画オーディション撮影場所の階段から転落して負傷してしまい偶然居合わせた子役の成田光喜(樋口海斗)に疑惑の目が向けられ、取材が殺到。

【ザ・プレミアワイド】からしつこく追い回された光喜の母・佳代(陽月華)は中村慶介(亀梨和也)と幼なじみ・野田大地(髙木雄也)が運営するメディア被害の通報サイトに【ザ・プレミアワイド】のカメラマン・皆川義和(やついいちろう)に関する相談を投稿する。

慶介は12年前、自宅に押しかけ、執拗にレンズを向けて母の恭子(裕木奈江)を追いつめた皆川の姿を脳裏に巡らせながら次のターゲットにし、動向を追い始める。

【ザ・プレミアワイド】が母を犯人扱いし始めた背景に警察が絡んでいるのではないかとも考える慶介は、12年前に事件を捜査していた上司の高田清一郎(佐々木蔵之介)と屋上で対峙する。

同じ頃、大地はウォーターサーバーの宅配員になりすまして【ザ・プレミアワイド】のカメラマン・皆川のカバンに隠しカメラを設置して退散。

職務を終えて帰宅に向かう慶介には小河原若葉(橋本環奈)から食事の誘いメールが届く。

慶介が扮した“高橋マモル”との恋に夢中になっている若葉は、一緒にいた姉の雪子(栗山千明)にジャッジを頼み、マモルとの食事に雪子が思いを寄せる“吉澤”も同席するダブルデートを提案。

若葉から彼氏が現れない一生の記念にとからわれた雪子は慶介にメールを送信。慶介は行くと返信する…。雪子が思いを寄せる“吉澤”がマモルと同一人物だとは知らず、マモルを待つ若葉と雪子……。

そうとは知らない慶介は姉妹が待つ店へと向かうというあらすじからストーリー展開されました……。

ドラマ【ファイナルカット】の再放送日程は発表され次第、更新します。

ドラマ【ファイナルカット】第5話 視聴率とあらすじ 再放送日程

ドラマ【ファイナルカット】第5話 視聴率 関東 6.7%

ドラマ【ファイナルカット】第5話が6日に放送され、視聴率は第4話の6.5%から0.2ポイントとアップ。

第5話では中村慶介(亀梨和也)が12年前の真犯人とにらむ小河原祥太の妹・雪子(栗山千明)に吉澤優、若葉(橋本環奈)には高橋マモルと名乗って別人を装い、雪子と会っていたところ若葉と鉢合わせするが、雪子のとっさの機転により慶介の正体がバレることは回避。

慶介は雪子が庇った理由がわからないまま、12年前の事件で警察発表より先に母・恭子(裕木奈江)を犯人と断じた【ザ・プレミアワイド】の司会者・百々瀬塁(藤木直人)の行動や経歴の調査を開始!

幼なじみの野田大地(髙木雄也)と共に百々瀬の自宅を張り込み、洗い始めるが、弱点が見つからない。

そんな中、慶介が運営するメディア被害の通報サイトに【ザ・プレミアワイド】でブラックな労働環境を告発した信用金庫職員・井関(石井智也)から第2弾の中止情報が入った。

百々瀬が裏で関与していると直感した慶介は百々瀬のバックにいる正体を暴くために番組プロデューサーの井出正弥(杉本哲太)を待ち伏せ。ファイナルカットを盾に揺さぶりをかける。

翌日、百々瀬が井出と共に出席した料亭での会食の場に同席していたのは、警視庁の刑事部部長・芳賀恒彦(鶴見辰吾)と慶介の警察の上司・高田清一郎(佐々木蔵之介)だった。

フィットネスジムで汗を流す百々瀬の前に現れた慶介はファイナルカットのURLを渡して百々瀬と対峙。

慶介はファイナルカットを突きつけるが、機転を利かした百々瀬はファイナルカットをフェイクニュースとして扱うというあらすじからストーリー展開されました。

ドラマ【ファイナルカット】の関西での視聴率と再放送日程は発表され次第、更新します。

ドラマ【ファイナルカット】第6話 視聴率とあらすじ 再放送日程

ドラマ【ファイナルカット】第6話 視聴率 関東 6.8%

ドラマ【ファイナルカット】第6話の視聴率は第5話の6.7%から0.1ポイントのアップ。

第6話では雪子(栗山千明)が自分の目的に気付いたことを悟った慶介は幼なじみの野田大地(髙木雄也)に小河原姉妹からのフェイドアウトを宣言。

そんな中、慶介が勤務する新宿中央署管内で料理研究家の柴みちる(今野杏南)の殺害事件が発生した…。ザ・プレミアワイドの真崎久美子(水野美紀)と小池悠人(林遣都)は情報収集のために飛び出していく。

警察は同棲中の恋人でシステムエンジニアの矢口透(中村倫也)の犯行を疑い、慶介の上司である高田清一郎(佐々木蔵之介)の記者会見と同時に【ザ・プレミアワイド】の百々瀬(藤木直人)も矢口が犯人であるかのように報道を開始する。

その後、百々瀬の呼びかけで井出正弥(杉本哲太)や真崎、小池、皆川義和(やついいちろう)が集結…。井出は東都テレビ局内から回収した隠しカメラを前に12前の事件を報道したメンバーだと説明する。

これがあなたのファイナルカットですと不敵に呟く百々瀬はこのネタは大化けすると不敵な笑みを浮かべながら慶介を調べるようスタッフに指示。

IPアドレスから慶介が運営するWEBサイト【MP.info.net】を見た矢口が助けを求めて自宅を訪ねてきた。慶介は無実を訴える矢口を信じるが大地は矢口を警察に引き渡すよう促す。

2人の会話を聞いて翌朝、逃亡した矢口は慶介が勤務する新宿中央署に逮捕されてしまうというあらすじからストーリー展開されました。

ドラマ【ファイナルカット】の関西での視聴率と再放送日程は発表され次第、更新します。

ドラマ【ファイナルカット】第7話 視聴率とあらすじ 再放送日程

ドラマ【ファイナルカット】第7話 視聴率 関東 6.9%

ドラマ【ファイナルカット】第7話の視聴率は第6話の6.8%から0.1ポイントのアップ。

第7話では、警官としての姿がテレビ中継されてしまい、雪子(栗山千明)に呼び出された慶介(亀梨和也)は本名を名乗り、さらに雪子と若葉(橋本環奈)に近づいた理由は、母の恭子(裕木奈江)が犯人扱いされた事件の真犯人・小河原祥太の行方を突き止めるためだったと告白する。

しかし、雪子は『あの日、兄は家にいた』と言い返し、慶介の言葉に耳を貸そうとしない。

数日後、ザ・プレミアワイドの百々瀬(藤木直人)らに経歴などがばれてしまった慶介は、祥太の居場所を早く探らなければと考え、雪子の父親で弁護士の小河原達夫(升毅)に狙いを定めた。

相談客を装って達夫に近づいた慶介は、12年前の事件についての依頼だと切り出し、達夫を動揺させる…。

その夜、ジムでトレーニングをしている高田(佐々木蔵之介)の前に百々瀬が現れた。12年前の事件のことでコンタクトがあった慶介からスタッフが恫喝されて迷惑を被ったと苦言を呈する百々瀬は慶介が新犯人だと断定する小河原祥太を調べ上げると告げて高田を驚かせる。

慶介の前に現れて協力すると言う若葉は『お兄ちゃんの居場所を調べるから恋人にして』と持ちかける…。断る慶介は呼び止める若葉を振り返らず、立ち去った。

同じ頃、達夫を監視していた幼なじみの大地(高木雄也さん)は刑事部長の芳賀(鶴見辰吾)から雇われたチンピラに拉致される……というあらすじからストーリー展開されました。

ドラマ【ファイナルカット】の関西での視聴率と再放送日程は発表され次第、更新します。

ドラマ【ファイナルカット】第8話 視聴率とあらすじ 再放送日程

ドラマ【ファイナルカット】第8話 視聴率 関東 7.1% 関西 10.7%

ドラマ【ファイナルカット】第8話の視聴率は第7話の6.9%から0.2ポイントのアップ。

第8話では、慶介から12年前の新犯人が兄の祥太だったという真実を突きつけられた雪子(栗山千明)は、家族と慶介との間で板挟みになり激しく動揺。慶介もまた、そんな雪子への思いを抑えきれず、2人は一夜を共にした。もう会わない方がいいと慶介に別れを切り出す雪子。

祥太を見つけるまでは雪子に会うと言い返す慶介は兄を自首させるべきだと強く言い聞かせた。

高田(佐々木蔵之介)の手帖記録を見てコピーさせてほしいと申し出る慶介が祥太の手掛かりが得られず、もどかしさを感じていたところに、百々瀬(藤木)から祥太について話があると電話が掛かってくる。

百々瀬の誘いに応じ、東都テレビに向かった慶介は【ザ・プレミアワイド】の会議室で百々瀬と共に待ち受けていた井出(杉本哲太)、真崎(水野美紀)、小池(林遣都)、皆川(やついいちろう)たちに不気味だと呟く。12年前に取材した事件のVTRを食い入るように見つめる慶介に12年後の真実を一緒に追いたいと申し出る井出。百々瀬は『うちを利用して欲しい』と、祥太探しの協力を持ち掛けた。

新犯人は俺が追う、邪魔するなと言い放つ慶介は全部がフェイクにできないあんたらのファイナルカットをいつ流すかは俺が決めると言い捨てて立ち去った。

慶介を連れて志穂ちゃんの母・熊谷幸子(高橋かおり)を訪ねた高田。慶介が恭子(裕木奈江)の息子だと紹介する高田は新犯人が別にいると幸子に告げる。焼香しようとする慶介を止めて泣きじゃくる幸子。

志穂ちゃんに手を合わせる慶介はしょうたの名前が書かれていた赤い折り紙を発見する。祥太が犯人だという確かな手掛かりを見つけた慶介は、祥太をかくまう小河原家を切り崩すため、雪子にファイナルカットを突きつけるというあらすじからストーリー展開されました。

ドラマ【ファイナルカット】の再放送日程は発表され次第、更新します。

ドラマ【ファイナルカット】最終回 第9話 視聴率とあらすじ 再放送日程

ドラマ【ファイナルカット】最終回 第9話 視聴率 関東 7.5% 関西 11.4%

2時間SPとして13日に放送されたドラマ【ファイナルカット】最終回の視聴率は関東地区で7.5%と第8話の7.1%から0.4ポイントアップ。関西地区では11.7%と有終の美有の美を飾りました。

最終回では、若葉(橋本環奈)への殺人未遂容疑で現行犯逮捕された慶介(亀梨和也)。救急車で搬送される若葉は付き添う雪子(栗山千明)の前で『やった……お兄ちゃん』と意味ありげに呟いた。

【ザ・プレミアワイド】の百々瀬(藤木直人)は、慶介が逮捕されたと聞き、さらなる大スクープを画策。

慶介は、取り調べに対して黙秘を続けていたが、面会にやって来た上司の高田(佐々木蔵之介)は大地から送信されてきた映像をもとに若葉の自作自演から明日にでも釈放だと告げるが、慶介は突如、『オレがやりました』と自白。さらに『12年前の真犯人はオレです』と高田を驚愕させる。

自ら“殺人犯”となった慶介は、百々瀬たちにフェイクニュースを作らせるという“驚きの方法で”ついに真犯人の小河原祥太(山崎育三郎)と直接対決!

慶介からファイナルカットを突き付けられた祥太は12年前の女児殺害事件及び死体遺棄の真犯人として高田に逮捕される……というあらすじからストーリー展開されました。

ドラマ【ファイナルカット】最終回までの視聴率と放送日程一覧表

2018年の冬ドラマ【ファイナルカット】の視聴率を最終回まで速報で更新していきます。

最高は赤、最低は青で平均視聴率は最終回の放送終了後に掲載させて頂きます。

話数視聴率放送日ストーリータイトル
1話7.2%1月 9日母のため僕はテレビに復讐する
2話6.5%1月16日消された目撃証言
3話 6.5% 1月23日 特ダネは大誤報!?
4話6.5% 1月30日母を犯人にした男 
5話6.7% 2月 6日疑惑を真実にした男 人気司会者の正体! 
6話6.8% 2月13日愛する人へ…真犯人は、君の兄さんだ 
7話6.9% 2月27日 真犯人はそこにいた… 一線を越えた夜!
8話7.1% 3月 6日折り紙が語った真実…愛する君に復讐を 
最終回7.5% 3月13日 ついに登場した殺人犯の衝撃告白!?メディアへの復讐完結!

ドラマ【ファイナルカット】1話から最終回までの平均視聴率は6.9%でした。

ドラマ【ファイナルカット】の視聴率を予想

2016年から2017年に放送された関テレ・フジテレビ系火曜9時のドラマ、亀梨和也さんが近年に主演を務めたドラマなどから【ファイナルカット】の視聴率を予想したいと思います。

まずは、2016年から2017年に関テレ・フジテレビ系の火曜9時に放送されたドラマの第1話から最終回までの平均視聴率をランキング表としてまとめてみました。

関テレ・フジテレビ 火曜日 ドラマ 9時 視聴率 ランキング一覧

ドラマ名1話最終回最高最低平均
嘘の戦争11.8%11.6%12.0%10.3%11.3%
CRISIS 公安機動捜査隊特捜班13.9%  9.6%13.9% 8.4%10.6%
メディカルチーム レディ ダ ヴィンチの診断  8.8%  8.8%  8.8% 6.5% 8.1%
僕たちがやりました  7.9%  6.0%  7.9% 5.2% 6.1%
明日の約束  8.2%  5.9%  8.2% 4.3% 5.7%

1位は演技力、演技量が高いとされてる草なぎ剛さん主演で2015年に放送された【銭の戦争】の第2弾で2017年の冬ドラマ【嘘の戦争】。

30年前に仕組まれた殺人事件で家族を惨殺された上に、親戚から嘘つき呼ばわりされた草なぎ剛さん演じる千葉陽一が天才詐欺師となり、タイで生活していたが、偶然、自分たち一家を惨殺した犯人と同じアザを持つ日本人をタイで発見。復讐のために帰国した陽一は一ノ瀬浩一に改名。

天才詐欺師ならではの手法で巧妙な罠を仕掛けて二科家に接近。黒幕であるニシナコーポレーション会長を追い込んでいくという復讐劇ドラマ。

脚本家は2014年に放送されたチーム・バチスタシリーズの【チーム・バチスタ4 螺鈿迷宮】で平均視聴率11.4%に導いた後藤法子さんでした。

穏やかな笑顔の奥に哀しみが隠れた表情やむき出しの感情など草なぎ剛さんの演技力が復讐劇に拍車をかけて面白いドラマに仕上がってました。

第2位は2017年に放送された小栗旬さん主演の公安警察官ドラマ【CRISIS 公安機動捜査隊特捜班】。

元自衛隊員で高い格闘技術と身体能力を持つ捜査官の稲見 朗(小栗旬)と潜入捜査を得意とする田丸三郎(西島秀俊)が国家を揺るがす脅威となるテロリスト、政治家、新興宗教、軍事スパイたちに立ち向かっていく公安アクションドラマ。

脚本は2014年【BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係】で平均視聴率12.2%。2017年には綾瀬はるかさん主演のエンタメアクションドラマ【奥様は、取り扱い注意】で平均視聴率12.7%と高視聴率に貢献した人気脚本家の金城一紀さんでした

【CRISIS 公安機動捜査隊特捜班】ではテレビドラマのスケールを想像以上に超えた小栗旬さんと西島秀俊さんが織りなす壮大なアクションが話題になりました。

第3位は2016年に放送された吉田羊さん主演の【メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断】。

どんな手術も成功させるゴッドハンドとして知られた吉田羊(橘 志帆)を筆頭に個性豊かな7名の女医が、原因不明の病気の謎を究明。患者を救うために奮闘する姿を描いた医療サスペンスドラマ。

脚本は2012年【GTO第1期】で深沢正樹さんと共に平均視聴率13.2%に導いた田中眞一さんでした。

第4位は2017年に放送された窪田正孝主演で原作漫画を実写化した【僕たちがやりました】。

凡下高校生徒の2年生・増渕トビオ(窪田正孝)が同級生の丸山友貴(葉山奨之)と伊佐美翔(間宮祥太朗)OBで金持ちのパイセンこと小坂秀郎(今野浩喜)たちと共に、いじめられていた矢波高校に報復。

トビオたちはパイセンの財力で作ったプラスチック爆弾を矢波高校に設置。翌朝、凡下高校の屋上から遠隔操作で起動させた爆弾が爆発し、死傷者も出る大惨事に発展するという犯罪学園ドラマ。

脚本家は2016年【HOPE〜期待ゼロの新入社員〜】で平均視聴率6.09%。2017年【嫌われる勇気】で平均視聴率6.49%だった徳永友一さんで、いずれもフジテレビ系のドラマ。

滅茶苦茶で下ネタなどを描き出したストーリー展開は若年層には面白くても年配者には受け入れられなかったのが低視聴率の要因だったと思います。

第5位は2017年に井上真央さん主演で放送された秋ドラマ【明日の約束】。

高校のスクールカウンセラー藍沢日向(井上真央)が毒母の尚子(手塚理美)とのいびつな関係に悩む中、告白された生徒の吉岡圭吾(遠藤健慎)が謎の自殺。

原因究明に動く日向が、学校でのいじめの疑惑や同じ毒母だった圭吾の母・ 真紀子(仲間由紀恵)たちから追い込まれていきながらも前向きな性格であらゆる問題に立ち向かっていくヒューマンミステリードラマ。

脚本は2012年に草なぎ剛さん主演の【37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜】で平均視聴率13.0%。2016年【ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子】で7.1%だった古家和尚さんが担当。

明日の約束は【イジメ】【自殺】【毒母】【DV】などの暗いところが多い割には緊迫したシーンもなくて、明るいストーリー展開や最終回のラスト結末も印象的なインパクトがなかったことなどが低視聴率に繋がったのでないでしょうか。

こうして見るとヒット作を手掛けている人気脚本家が描き、個人でどれくらい視聴率を持ってるのかを示す【潜在視聴率】に上位ランキングしている主演の草なぎ剛さん、小栗旬さんのドラマが強いと思われます。

亀梨和也が2015年から2017年に主演を務めたドラマの平均視聴率ランキング表

ドラマ名1話最終回最高最低平均
怪盗 山猫14.3%8.9%14.3%7.9%10.7%
ボク、運命の人です12.0%9.7%12.0%8.2%  9.5%
セカンド・ラブ  8.2%6.3%  8.2%6.3%  7.1%

第1位は2016年に日本テレビ系の土曜ドラマ枠にて放送された【怪盗 山猫】。

巷をにぎわせている謎の窃盗犯の山猫(亀梨和也)がターゲットから鮮やかな手口で大金を盗み出して、ターゲットが隠していた表沙汰になっていない悪事の数々を暴いていくミステリードラマ。

脚本は2005年の【電車男】で平均視聴率21.2%。2007年【花ざかりの君たちへ〜イケメン パラダイス〜】平均視聴率17.04%。2013年【家族ゲーム】で平均視聴率13.0%といずれもヒットドラマを生み出している武藤将吾さんが担当。

頭の切れるミステリアスな亀梨和也さん演じる主人公【怪盗 山猫】 のビルからビルへの大滑空やワイヤーアクションなどのスリリングなストーリー展開が面白かったですね。

第2位は2017年に日本テレビにて放送された春ドラマ【ボク、運命の人です】。

正木誠(亀梨和也)がヒロインの湖月晴子(木村文乃)に何度も振られながらも彼女を運命の人だと信じ、自称・神を名乗る謎の男で未来から来た誠と晴子の息子(山下智久)の助言を受けながら結婚まで辿り着くというラブコメディ。

脚本は2014年【きょうは会社休みます。】平均視聴率16.0%。2016年【世界一難しい恋】平均視聴率12.9%。2018年は現在放送中の冬ドラマ【もみ消して冬〜わが家の問題なかったことに〜】で1話13.3%と高スタートを切り、いずれもヒットドラマを生み出している金子茂樹さんが担当。

亀と山Pの主題歌【背中越しのチャンス】やドラマのエンディングでは亀梨和也、山下智久、木村文乃さんの3人が披露する【ボク運ダンス】なども話題になりました。

第3位は2016年にテレビ朝日系の金曜ナイトドラマ枠にて放送された【セカンド・ラブ】。

国際バレエコンクールの優勝経験を持つコンテンポラリー・ダンサーの平慶(亀梨和也)と同僚の高柳太郎(生瀬勝久)との不倫関係から抜け出せない高校教師の西原結唯(深田恭子)が運命の出会いを果たし激愛に溺れていく大人のラブストーリー。

脚本は2002年【First Love】平均視聴率10.2%。2010年NHKドラマ10【セカンドバージン】平均視聴率8.6%。2011年【蜜の味〜A Taste Of Honey〜】平均視聴率9.9%など数々のラブストーリーを手掛け、2016年の【家売るオンナ】で平均視聴率11.6%に導いたラブストーリーの名手と称されてる大石 静さんが担当されました。

セクシーな亀梨和也さんのダンスやヒロインの深田恭子さんとの濃厚なラブシーンが注目されましたね。

どのドラマもヒット作を手掛けている脚本家が担当しており、日本テレビでした。

ドラマ【ファイナルカット】の視聴率予想 まとめ

新ドラマが放送されると気になる視聴率。関テレ・フジテレビ系火曜9時のドラマ、亀梨和也さんが近年に主演を務めたドラマなどから予想しましたが、最終回までの平均視聴率は厳しいと言えるでしょう。

ドラマで高視聴率を獲得するには医療や警察、恋愛など、いつの時代でも強いジャンルはありますが、脚本家が描くストーリー展開やこの人が出演していたら視聴したいという【潜在視聴率】が高い、俳優、女優などが主演、脇役を固めてるドラマであれば高視聴率を獲得できる要因は備わってると思います。

まず、ドラマ【ファイナルカット】の脚本家である金子ありささんが近年に手掛けた連続ドラマは少なく、2015年に放送されたNHK大河ドラマの【花燃ゆ】で平均視聴率は12.0%。2016年のTBS系金曜ドラマの【私 結婚できないんじゃなくて、しないんです】で9.0%でした。

亀梨和也さん演じる中村慶介がメディアによって自殺に追い込まれた愛する母のために復讐するあらすじは描き方によったら面白いドラマになると思いますが、脚本家の金子ありささんにこれといったヒット作品がありませんのであまり期待できないところ。

次に主演の亀梨和也さんですが、当初は草なぎ剛さん主演で【戦争シリーズ】の第3弾として放送される予定でしたが、関テレ・フジテレビがジャニーズに気を遣って主演変更されました。1話、2話と爆死と話題になっている視聴率も草なぎ剛さん主演であれば、12%は取れた、草なぎと比較されるドラマを作られて出演する亀梨が気の毒などの意見感想がネット上で上がっていました。

ドラマ【ファイナルカット】も戦争シリーズであれば、人気ドラマの続編なので、タイトルもおそらく【ファイナルカットの戦争】になっていたことでしょうし、インパクトもあります。

草なぎ剛さんの主演であれば、演出家として名高い【つかこうへい】さんや現在放送されてる広瀬すずさん主演ドラマ【anone(あのね)】の脚本家・坂元裕二さんも草なぎ剛さんの演技力、演技量には絶賛されてますので、爆死ではなく2桁の視聴率は獲得できたと思われます。

すでに視聴者の中で草なぎ剛さんから亀梨和也さんに変更された情報が出回っており、草なぎさんだったら良かったのにと言う演技力に関する見解が行き渡ってるのが、非常にマイナス要因。

最後にドラマ【ファイナルカット】1話の7.2%という視聴率は関東地区のものであり、関西テレビのおひざ元である関西地区では10.7%と2ケタをマークしていたので爆死とは言えず、関西地区での視聴率を評価するのが順当で関東地区で月9が低迷し続けてるフジテレビのドラマという障壁も正直否めません。

”ドラマ【ファイナルカット】の1話から最終回までの平均視聴率は7%前半だと予想します“

このようにドラマ【ファイナルカット】の最終回を終えた平均視聴率を予想してみましたが、復讐劇をメインに後半にかけては亀梨和也×栗山千明×橋本環奈さんとの泥沼三角関数が予想される展開がありますので、亀梨和也さんにはいい意味で視聴率の予想を裏切ってほしいですね。

2時間SPで13日に最終回が放送された【ファイナルカット】の平均視聴率6.9%は予想に近い結果でしたが、視聴率以上に楽しめた2018年の冬ドラマでした。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP