ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第2話 あらすじネタバレ感想 菜々緒がセクハラに制裁!

菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第2話 あらすじネタバレ感想をまとめました。

第2話では椿眞子(菜々緒)が室長を務める【人材活用ラボ】に配属された斉藤博史(佐藤勝利)が、眞子に命じられ、第2営業部から【リストラ対象者】を選別!

眞子が浅岡(神保悟志)を呼び出し、その場でセクハラ行為をした浅岡に鉄鎚を下し、制裁を加えるラスト結末までのあらすじネタバレをご紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第1話 視聴率とあらすじ まとめ

ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第1話 視聴率 9.6%

第1話では、家族に愛されて育った斉藤博史(佐藤勝利)は、老舗の損害保険会社【共亜火災】に入社した。就職活動中に親しくなった同期の藤堂真冬(白石聖)南雲陽一(前田航基)関内秀臣(山本直寛)とともに希望を胸に抱き入社式を迎えた。

共亜火災には会長の喜多村完治(西田敏行)、腹に一物ありそうな社長の大沢友晴(船越英一郎)心優しい人事部長伊東千紘(木村佳乃)そして、社長の抜てきでやってきた【Missデビル 人事の悪魔】と恐れられていた人事コンサルタントの椿眞子(菜々緒)がいた。

博史たちは、入社式翌日から眞子の元で2週間の新人研修を受けることになるが、眞子が最初に課したのは【退職願い】を書くことだった。さらに50人の新入社員を10人に絞ると宣言する。

博史たちは10組に分けられさまざまな課題で順位を競うことになり、眞子のスパルタ研修で追い込まれていくというあらすじからストーリー展開されました。

ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第2話 あらすじとネタバレ

入社早々、椿眞子(菜々緒)が室長を務める【人材活用ラボ】に配属された斉藤博史(佐藤勝利)が同期の藤堂真冬(白石聖)南雲陽一(前田航基)関内秀臣(山本直寛)たちに報告していると、人事部長の伊東千紘(木村佳乃)がやって来て、会長の喜多村完治(西田敏行)のところに案内される。

年寄りの道楽から新入社員の驚く顔を見るのが楽しみだと切り出す喜多村は、博史たちに配属先を尋ねた。真冬は総務、関内は経理、南雲は営業部、博史は人材活用ラボですと答え、喜多村は博史たちに温かい笑みとエールを贈った。

人材活用ラボに戻った博史は、営業部のエースが集まる第2営業部に研修に行くよう眞子から命じられるが、その目的は単なる研修ではなく第2営業部から【リストラ対象者】を1人選ぶことだった。

戸惑う博史のネクタイを引っ張って期待してると悪魔のような微笑みを見せる眞子。2週間の潜入期間が決定した博史は、その間に“会社に必要ない人材”を見極めて、眞子に報告しなければならなくなってしまう。

博史が第2営業部に挨拶へ向かうと、メンバーは部長の浅岡(神保悟志)と面倒見の良い女性社員・夏月(中越典子)、部署の“お荷物”的存在の児島(チャンカワイ)たちだった。

候補者の選別に頭を悩ませる博史。すると、真冬がやって来た。総務は忙しくて大変だと話す真冬は博史をご飯に誘い、連絡すると立ち去る。博史は、密かに好意を抱いていた真冬からの誘いに心を躍らせる。

同じ頃、眞子は喜多村の会長室に呼ばれていた。全ての社員は家族であるモットーを切り出す喜多村は心穏やではいらないと告げる。悪い子には、お仕置きが必要だと返す眞子。喜多村は『それは、私の役目であなたとは違う』と眞子を諭す。

博史が帰宅すると同時に父の修(鶴見辰吾)から電話が入った。しんどいと弱音をはく博史に同期の配属先などを知るかのように気遣う修。博史に気付かれそうになった修は、母の聡子(山下容莉枝)から聞いたとごまかし、妹の茜(関屋梨歩)に電話を変わった。

5日間の潜伏期間が経過。博史は児島をリストラ候補に選んだが、児島の経歴から住宅ローンが残ってる個人情報などをすらすらと言ってのける眞子から相手をリサーチした上で意志決定するという会社員としての基本がなっていないことを見抜かれてしまう。

眞子の鋭い指摘に頭を悩ませる博史が真冬からご飯に誘われた待ち合わせ場所に行くと、関内、南雲たちが待っていた。眞子が上司だと嘆く博史に口をそろえて『悪魔……』だと呟く真冬たちは気の毒だと思う。

一方、眞子のやり方に反発していた千紘は眞子を問いただしていた。自分のやり方を曲げる気はないことを告げる眞子。千紘は人事部長として社員を守ると言い残して立ち去る。

不正行為から退職願を提出する夏月と浅岡に身をもってセクハラを証明する眞子

そんな中、博史のもとに(浅岡が夏月にセクハラしている)という密告のメモが届いた。博史は浅岡から気安く肩に触れられる夏月を目撃。思わず声をあげて、話を聞きに行くが、笑って流されてしまう。

博史は先輩の沖津(和田正人)にも相談するが、自分の信じる道を行くよう助言され、赤字を出していない【第2営業部にリストラは必要ない】というレポートを作成し眞子に提出。セクハラもデマだと報告するが、眞子は、入手していた浅岡のセクハラ証拠動画を博史に見せた。

動画にはメールのやり取りで揉める浅岡が夏月の体に触れながら言い寄ってる映像が映っていた。

博史から問いただされて認める夏月は、この会社に務めてる夫はがんを患ってる。保険がきかないために治療費が高額だから、セクハラで騒がれて辞めることになったら困ると事情を打ち明けた。夏月を説得して告発を決意させた博史は、浅岡をリストラすることを眞子とともに決定した。

ホテルのバーで飲んでる浅岡の前に現れた眞子は、食いついてきた浅岡に仕事とプライベートの話しがあると妖艶な眼差しで近づいた。

翌日、夏月が博史と眞子のもとにやって来た。これからのやり取りを録音しますと夏月に切り出す眞子…。すると、夏月はセクハラの事実はないと答えた。セクハラはなかったと夏月に念を押す眞子は割って入る博史に『おだまり!』と一喝!

がんで入院している夫に莫大な費用が必要なあなたは、売上を伸ばすために不正を行っていたと夏月に告げる眞子は、人材活用ラボの花村(山田キヌヨ)に調査を依頼していた証拠書類を突きつけた。

『同情するが、重大な就業規則違反は見過ごせない。この会社を辞める権力がある』夏月に詰め寄る眞子。夏月は泣きながら退職願を眞子に提出した。

眞子から呼び出され、鼻の下を伸ばしてやって来た浅岡は、背後から抱きつき、眞子のお尻を触るが、眞子の回し蹴りで撃沈。『これでセクハラがあったことは、私の身をもって証明出来た。』動画を撮影していた眞子は立ち去った。

夏月の退職願を確認した千紘はすれ違う眞子に初めから警戒されない博史を送って証拠固めをしていたと、問いただすが、眞子は買いかぶり過ぎだと笑った。夏月は、頭を下げる博史に夫と残された時間を一緒に過ごせるのは、怖い人のおかげだと笑いながら会社を去って行った。

喜多村から呼び出されていた眞子は、素性を探る喜多村に何も語ることなく、午後からの早退を告げて、茅ヶ崎へと向かった。

同じ頃、博史の父・修は社長の大沢(船越英一郎)と密会していた。『今日は、息子の話しをしに来た…』大沢は修に切り出した。

ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】公式 ツイッター

ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第2話 感想

第2話では、博史にリストラ対象者を命じた眞子が夏月にセクハラ行為をしていた浅岡の動画を独自に入手。ホテルのバーで夏月を待っていたとされる浅岡に体のラインがぴったりなパープル系の妖艶なワンピース姿で近づき、食いついてきた浅岡を呼び出した眞子。

その場でセクハラ行為をしてきた浅岡に制裁を加え、華麗なる回し蹴りが炸裂。第1話同様に菜々緒さん演じる眞子の美しい蹴りのシーンは見事でしたね。

また、ラスト結末には博史の父・修が社長の大沢と密会。第1話から博史に隠しているメールの相手は眞子だと思っていたので、大沢だったのは意外でした。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP