Missデビル 人事の悪魔・椿眞子 第9話 あらすじネタバレ感想 眞子が縣殺害で連行!黒幕は大沢!?

菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。

第9話では、偽装工作の写真を取り戻しに来た調査会社の縣(大高洋夫)が眞子(菜々緒)からハイキックで撃退された後に遺体で発見!

ホテルアックスの火災事故の話から鬼頭舞子だと名乗り支配人の娘だと正体を明かす眞子から詰め寄られた大沢(船越英一郎)が偽装工作を認めるラスト結末までのあらすじネタバレをご紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第8話 視聴率とあらすじ まとめ

ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第8話 視聴率7.6%

第8話では、眞子(菜々緒)はあがた(大高洋夫)からナイフを突きつけられるが、すきを見て逆襲。あがたは眞子から奪われた写真を取り戻せずに姿を消す。

眞子から社長室秘書としての研修を命じられた博史(佐藤勝利)は、父・修(鶴見辰吾)が来社していたのは社長の大沢(船越英一郎)に会うためだったと聞かされ、動揺してしまう。

千紘(木村佳乃)がホテルアックスの火災事故の件で当時担当した大沢が何か隠しているのではないかと心配する一方、喜多村は、眞子がホテルアックスの支配人の娘だということを突き止める。

機嫌のいい喜多村に理由を尋ねる秘書の柴崎(猪野学)。眞子がアメリカで鬼頭舞子から椿眞子に改名したと言う喜多村は、他言無用だと念を押す。

そんな中、真冬が博史と関内(山本直寛)に父親の悟(石橋保)が倒れて介護が必要になったので会社を辞めると言い出すが、眞子から会社を辞める権利はないと言われてしまうというあらすじからストーリー展開されました。

ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじとネタバレ

ホテルアックスの火災事故の際、保険金支払いを避けるために共亜火災が偽装工作を働いていた事実を突き止めた眞子(菜々緒)は、証拠写真を取り戻しにやって来た縣(大高洋夫)をハイキックで一撃!他言無用だと念を押す博史(佐藤勝利)に帰るよう促す。

大沢(船越英一郎)から会長の喜多村(西田敏行)が自分を捨てた父親だと暴露された千紘(木村佳乃)はあまりの衝撃から帰宅すると言い出す。

眞子が血だらけの手で16年前のホテルアックスの火災事故を脳裏に巡らせる一方、調査会社の縣が遺体で発見される。縣が眞子に襲いかかって来た現場にいた博史は、胸騒ぎを抑えられない。眞子は博史に縣と話をして別れたと説明する。

そんな中、縣の事件の捜査のため、警察が共亜火災にやってきた。警視庁の刑事・一之瀬(小市慢太郎)らは縣の写真を見せる千紘に縣が殺害されたと告げる。千紘は大沢の秘書の本橋(瀬戸さおり)や会長秘書の柴崎(猪野学)たち秘書課にも縣殺害事件を報告する。

一之瀬たちが大沢に縣と会った後にケガをした人物がいることを話している頃、人材活用ラボでも縣の殺害事件で持ち切りだった。心配する博史に眞子は閉じこもっているという花村(山田キヌヨ)。博史は室長室を覗くが眞子から仕事に戻るよう一喝されてしまう。

その頃、喜多村は一ノ瀬たちから事情聴取を受けていた。最近は縣に会っていないと話す喜多村。しかし、一ノ瀬は縣の手帖から会っていたと詰め寄る。すると喜多村は認め始めた。昔話に花を咲かせていたという喜多村は会社内に犯人がいるとでもと揺さぶるが、答えられないとはぐらかす一ノ瀬は立ち去る。

そんなある日、博史の実家にも一ノ瀬がやって来た。縣から脅迫じみたメールを受け取っていたと修(鶴見辰吾)に詰め寄る一ノ瀬。しかし、縣とは会ったことはないという修は脅迫の手紙を見せられても知らないと言い張る。

その後、博史のもとに現れた一ノ瀬は縣が修にメールをしていたと切り出す。縣のことを尋ねられた博史は会ったことはないと答える。しかし、一ノ瀬から偽証罪で揺さぶられてしまい、縣が殺害された夜に眞子と3人で会っていたことを話してしまう。

一方、眞子は喜多村に会っていた。眞子の正体を知る喜多村は、共亜火災に復讐に来たのかと切り出した。そして責任は自分にあるという喜多村は復讐は自分にしてほしいと申し出る。

しかし、眞子は復讐など願ったことはないと答える。そして、捜したいのが理由だと共亜火災に来た目的を喜多村に告白する眞子は立ち去る。

縣殺害で連行される眞子とホテルアックス火災事故の偽装工作を認める大沢

博史は警察が来たことを眞子に報告する。縣が殺害された夜に眞子と会っていたことを話してしまったと打ち明ける博史。眞子が窘めてると警察から2人にお呼びがかかる。

縣が殺害された夜に3人で会っていたと眞子を揺さぶる一ノ瀬。すると縣が元彼で博史は今彼だという眞子は興奮して暴力を振るった縣が写真を取り戻しにきた。私と縣は大人の関係だから写真のことは聞かないでほしいと証言。

眞子に守られて部屋から出る博史に修から電話が入る。お互いに気をつけるよう話す博史と修。会話を聞いていた母の聡子(山下容莉枝)はショックを受けていた。

会長部屋に現れた千紘に頭を下げる喜多村。動揺し始めて言葉にならない千紘は出ていく。本橋に言づけをする眞子の前に一ノ瀬がやって来た。監視カメラで確認したという一ノ瀬は殺害容疑者として眞子を連行。本橋は眞子からの言づけを大沢に報告する。

翌日、一睡も出来ないまま、出社する博史は眞子が連行されたにもかかわらず、いつもと変わらないラボのメンバーたちに苛立つ。しかし、みんなは眞子がやっていないからこそ、いつもと変わらないのだと話す。沖津(和田正人)は眞子は酷いけど愛があると笑う。

一方、一ノ瀬から取り調べを受けていた眞子は同じ供述を続けている。すると本橋が自首してきた。釈放される眞子を迎えに来ていた博史は今日から大沢がニューヨークに出張すると報告。それを聞いた眞子は駆け出していく。

喜多村と会っていた秘書の柴崎はいきなり土下座。大沢から見返りをちらつかされたと打ち明ける柴崎は大沢と内通していたことを告白。すると喜多村が意識を失ってしまう。斎藤家では聡子が修に脅迫状は自分がやったと思いも寄らないことを告白。

大沢のところにやってきた眞子は16年前のホテルアックスの火災事故での偽装工作を切り出した。そして、鬼頭舞子だと名乗り支配人の娘だと告げる眞子は大沢に偽装工作を詰め寄る。ホテルアックスの火災事故で偽装を働いていたことを認める大沢は不敵な笑みを浮かべていた。

ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】公式 ツイッター

ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 感想

Missデビル 人事の悪魔・椿眞子の第9話 最終章では縣が殺害され、眞子は容疑者として連行されるが大沢の秘書の本橋が自首。そして、ラスト結末には眞子から16年前のホテルアックス火災事故での偽装工作を切り出された大沢が認めました。

大沢が黒幕だったというのは納得ですが、自首した本橋が縣を殺害したというのと、博史の母の聡子が脅迫状を送っていたというストーリー展開は意外過ぎてまとまりがないと思わざるを得ませんでした。

最終回では誰も俺のことを罰せられないと開き直る大沢の失脚。そして、遺体が見つからない眞子の父親の生存を期待したいですね。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP