ドラマ【正義のセ】第1話 あらすじとネタバレ感想 熱血漢の検事・吉高由里子が事件の真相に奔走!

吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第1話のあらすじネタバレ感想をまとめました。

第1話では横浜地検港南支部に赴任した2年目の駆け出し検事・凜々子(吉高由里子)がバディを組むことになった相原(安田顕)と共に事件の真相究明に奔走!

凛々子が向井(浅利陽介)に暴行を加えた恩田(石黒賢)に証拠を突き付けて起訴するラスト結末までのあらすじとネタバレをご紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ【正義のセ】第1話 あらすじとネタバレ

横浜地検港南支部に赴任した2年目の駆け出し検事・竹村凜々子(吉高由里子)は、正義感が強く、明るい性格で家族思い。検事1年目は大阪赴任だったため、恋人の優希(大野拓朗)とは遠距離恋愛になっていたが、今日は3か月ぶりに優希とのデート。

ところが、待ち合わせ場所で鞄を引ったくられてしまう。交番に被害届を出すも、鞄の中に携帯が入っていたため、優希とは連絡が取れず、凛々子がデート出来ないまま、翌日を迎えるとバッグが届けられていた。

凛々子に担当事務官になったと挨拶する相原(安田顕)はバッグが届けられた経緯を説明。

そんな中、先輩検事の大塚(三浦翔平)、徳永(塚地武雅)、大塚の担当事務官・木村(平埜生成)徳永の担当事務官・榎戸(夙川アトム)、そして、支部長の梅宮(寺脇康文)たちが出勤して来た。

メンバーに元気よく挨拶する凛々子は山積みにされた事件記録を相原から手渡され、急いで目を通した後に相原と共に被疑者たちの取調べを開始するが、気合が空回りして被疑者たちからなめられてしまう。

取り調べを終えて相原に意見を求める凛々子。喜怒哀楽が出過ぎだと言う相原は同情、感情を抑えるようにと意見を述べる。凛々子は女子トイレで気合いを入れ直すも、大塚に『なめられてる』と言われる始末。

そんな中、凜々子は枝野建設に勤める向井(浅利陽介)が上司の恩田(石黒賢)から居酒屋でグラスを投げつけられた後に路地裏で暴行を受けて階段を転げ落ち、全治2か月の重傷を負ったという取り調べを行う。

証言内容を読んだ凜々子は『ひどいパワハラ上司』だと憤るが、取調べに現れた恩田は穏やかそうで、とても暴力を振るうような人間には見えない。 

『暴行なんかしていません、パワハラも有り得ない』と、容疑を全面的に否認する恩田はむしろ、自分が殴られそうになったと話す。

『居酒屋で営業成績を注意したら逆上した、向井が自分を貶めようとしている』と主張する恩田だったが、立ち去る姿は不適切な笑みを浮かべていた。

被害者の恩田と被疑者の向井の言い分が、真っ向から対立する中、凜々子は相原とともに、事件の真相を探るために捜査を進めていく……。

帰宅する凛々子は豆腐屋を営む父の浩市(生瀬勝久)、母の芳子(宮崎美子)、妹の温子(広瀬アリス)に仕事の内容を報告。

バディを組むことになった相原のことを愚痴りながらも、冷静にならなければと反省するが、冷静沈着はムリだと答える家族は21時が過ぎると、早々と就寝。

同じ頃、居酒屋で飲んでいた相原も木村と榎戸に『貧乏くじを引かされた』と愚痴っていた。

優希からラインが届く凛々子は電話で明日のデートを約束。温子と話した後、『仕事も恋愛も頑張る』と決意を新たにしながら就寝する。

翌日、相原と共に向井が入院する病院に向かった凛々子は取り調べを行う。恩田からの暴行、パワハラも事実だと主張する向井は傷害事件の経緯を話し始めた。

従来の取引先から資材の発注先を変更した恩田を咎めた向井はその日からパワハラとイジメを受けることになった。イジメはペットボトルの水を頭からかけられるほどエスカレート。

事件当日、居酒屋で恩田から酒をつぐよう命じられた向井は酒をこぼしてしまい、恩田からグラスを投げつけられ、告発を決意。追いかけて来た恩田は殴る蹴るの暴行を加えて、階段から突き飛ばし、一緒にいた向井の同僚・田中(六角慎司)を連れて逃げたのだった。

被害届を出したと話す向井の妻・美織(森矢カンナ)と向井を信じると言う凛々子は軽率だと注意する相原を連れて田中の証言を聞くために枝野建設へと向かった。

恩田の主張が間違いないと証言する田中に隠避罪にあたると詰め寄る凛々子。すると恩田が現れた。会社まで来られて迷惑だと言い放つ恩田。凛々子を追い返する恩田は田中に余計なことを言ってないだろうなと念押しをする。

港南支部に戻る凛々子はウソをついてるのは恩田と田中の方だと憤るが、大塚や徳永から証拠がないのに決めつけられないと言われてしまう。支部長の梅宮も凛々子の気持ちを理解しながらも、証拠を見つけない限り、認められないと諭す。

勤務が終わった凛々子はバーで優希を待っていたが、接待が入ったと断りの連絡が入る。仕事も恋愛もどちらもダメダメだと落ち込む凛々子は帰宅。浩市は正義の味方になりたいと話す凛々子に諦めないとこは検事の仕事に向いてると優しく諭した。

恩田に証拠を突き付けて起訴する凛々子が正義の味方になるラスト結末

翌日、凛々子の元に美織がやって来た。被害届を下げると言う美織は病院にやって来た恩田が証拠不十分で不起訴になると言っていた弁護士の言葉を凛々子に伝えた。口を濁す凛々子に諦めるしかないと告げる美織は立ち去る。

やりきれない気持ちで港南支部に戻り、メンバーに一日だけ時間をほしいと願い出る凛々子は、証拠を見つけたい、諦めたくないと涙を浮かべながら懇願する。勝手にしろと言い放つ大塚の言葉に感謝する凛々子はもう一度書類に目を通した後に相原とともに駆け出していく……。

永田警察の職員、病院の担当医、居酒屋の店員、事件現場での聞き込みをするが、これといった証拠は見つからない。居酒屋に戻る凛々子が諦めようとすると、防犯カメラはないが、客待ちをするタクシーを発見。ドライブレコーダーに手掛かりがあると思った凛々子は【HOKUTOタクシー】にたどり着いた。

ドライブレコーダーから事件当日に田中を連れた恩田が向井を路地裏に連れて行く証拠を見つけ出した凛々子は恩田を呼び出した。

発注先から恩田の妻の口座に1000万円、田中の妻の口座に300万円が振り込まれていた証拠を恩田に突きつける相原は田中が認めたと詰め寄った。会社は詐欺で告訴する手続きを進めてると言い放つ凛々子。

恩田はそんなことはどうでもいいと声を上げるが、そんなことでは済まないと言い返す凛々子は涙を浮かべながら傷害罪で起訴すると告げた。

梅宮に起訴状を提出して歓喜のあまり、屋上で叫ぶ凛々子。タバコ休憩していた大塚はお礼を述べる凛々子に事件を一つ解決したくらいで一人前だと感じ違いするなと言い捨てた。

その後、恩田は詐欺罪で逮捕された。向井は会社に復帰したことを凛々子に報告。凛々子のことを正義の味方だと言う美織はお腹の赤ちゃんにも教えると感謝する。

『元気な赤ちゃんを産んでね』凛々子は微笑んでいた。

ドラマ【正義のセ】公式 ツィッター

ドラマ【正義のセ】第1話 感想

2018年春ドラマとして放送がスタートした吉高由里子さん主演のお仕事ドラマ【正義のセ】。吉高由里子さん演じる新米検事・凛々子のキュートさと熱血漢、凛々子をサポートする安田さんの冷静沈着な担当事務官・相原も良かったですね。

ストーリー展開に関しては、最近、悪役が多い石黒賢さんがウソをついてることは明らかでしたので、真相にはもう少しひねりが欲しかったのと、吉高由里子さんには泣きながら訴えるのではなく、凄みのある啖呵で落として欲しかったと感じました。

朝ドラ【わろてんか】で演技力に定評があった妹役の広瀬アリスさんの登場シーンが少なかったのは物足りないと思いました。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP