ファイナルカット 最終回 9話のあらすじとネタバレ ゲスト真犯人 小河原祥太 俳優は山崎育三郎!

ファイナルカット 2時間SP 最終回 第9話のあらすじネタバレ感想をゲストキャストと予告動画も掲載してまとめました。最終回9話では慶介(亀梨和也)が若葉(橋本環奈)への殺人未遂容疑で現行犯逮捕!

慶介と直接対決した12年前の女児殺害事件の真犯人・小河原祥太(山崎育三郎)が高田(佐々木蔵之介)に逮捕されるラスト結末までのあらすじとネタバレをキャストやゲストの登場シーンと共にご紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ【ファイナルカット】第8話 あらすじ まとめ

第8話では、慶介から12年前の真犯人が兄の祥太だったという真実を突きつけられた雪子(栗山千明)は、家族と慶介との間で板挟みになり激しく動揺。慶介もまた、そんな雪子への思いを抑えきれず、2人は一夜を共にした。もう会わない方がいいと慶介に別れを切り出す雪子。

祥太を見つけるまでは雪子に会うと言い返す慶介は兄を自首させるべきだと強く言い聞かせた。

高田(佐々木蔵之介)の手帖記録を見てコピーさせてほしいと申し出る慶介が祥太の手掛かりが得られず、もどかしさを感じていたところに、百々瀬(藤木)から祥太について話があると電話が掛かってくる。

百々瀬の誘いに応じ、東都テレビに向かった慶介は【ザ・プレミアワイド】の会議室で百々瀬と共に待ち受けていた井出(杉本哲太)、真崎(水野美紀)、小池(林遣都)、皆川(やついいちろう)たちに不気味だと呟く。12年前に取材した事件のVTRを食い入るように見つめる慶介に12年後の真実を一緒に追いたいと申し出る井出。百々瀬は『うちを利用して欲しい』と、祥太探しの協力を持ち掛けた。

新犯人は俺が追う、邪魔するなと言い放つ慶介は全部がフェイクにできないあんたらのファイナルカットをいつ流すかは俺が決めると言い捨てて立ち去った。

慶介を連れて志穂ちゃんの母・熊谷幸子(高橋かおり)を訪ねた高田。慶介が恭子(裕木奈江)の息子だと紹介する高田は新犯人が別にいると幸子に告げる。焼香しようとする慶介を止めて泣きじゃくる幸子。

志穂ちゃんに手を合わせる慶介はしょうたの名前が書かれていた赤い折り紙を発見する。祥太が犯人だという確かな手掛かりを見つけた慶介は、祥太をかくまう小河原家を切り崩すため、雪子にファイナルカットを突きつけるというあらすじからストーリー展開されました。

ドラマ【ファイナルカット】第9話 最終回の予告動画とあらすじネタバレ

若葉(橋本環奈)への殺人未遂容疑で現行犯逮捕された慶介(亀梨和也)。救急車で搬送される若葉は付き添う雪子(栗山千明)の前で『やった……お兄ちゃん』と意味ありげに呟いた。

一方、独自に小河原祥太の行方を追っていた井出(杉本哲太)、真崎(水野美紀)、小池(林遣都)、皆川(やついいちろう)は、慶介が逮捕されたと聞き、色めき立つ。さらなる大スクープを画策していた百々瀬(藤木直人)は、刑事部長の芳賀(鶴見辰吾)に連絡。

百々瀬から慶介が保管するファイナルカットの動画の在り所を探ってほしいと頼まれていた芳賀は慶介に暴力尋問。黙秘を続ける慶介は取り調べ室のカメラを幼なじみがハッキングしていると芳賀を揺さぶる。

若葉の事件でショックを受けて自宅にいる雪子にかつて慶介が雪子をだますために使っていた偽名“吉澤優”から電話がかかってくる。雪子の前に現れた大地(高木雄也)は祥太と連絡を取り合っていた若葉が慶介を呼び出した経緯を告げる。黙秘をしている慶介が無実だと言う大地は雪子と共に小河原家へと向かった。

同じ頃、若葉の父・達夫(升毅)と母の夏美(長野里美)は担当医師から若葉の刺された傷口には違和感があるとの説明を受けていた。

雪子に達夫の書斎室へ案内された大地は若葉が祥太と連絡を取り合っていたPCから祥太が若葉をけしかけていたメールのやりとりを発見。データーをコピーする大地は慶介が事件当日にはめていた隠しカメラ内蔵付きの時計を持ち帰った。

慶介の面会にやって来た上司の高田(佐々木蔵之介)は大地から送信されてきた映像をもとに若葉の自作自演から明日にでも釈放だと告げるが、慶介は突如、『オレがやりました』と自白。さらに『12年前の真犯人はオレです』と高田を驚愕させる。

一方、雪子は若葉の見舞いに訪れていた。『なぜ、あんなことをしたの?』若葉に触れようとする雪子。『あんたが慶介を取った!』触らないでと声を荒げる若葉は雪子を病室から追い出した。

大地から慶介が自白したと電話連絡を受けた雪子は面会に行く大地に頼まれて慶介への伝言を手紙に記述。慶介への想いと真実だけをお願いしますという雪子の手紙を読んだ慶介は破り捨てる。

同じ頃、百々瀬に会っていた高田は慶介の自白を報告。7年前に祥太がサンフランシスコで少女を連れ出しそうとしていたと信じない百々瀬に慶介からの伝言を伝える。

退院して小河原家に戻ってきた若葉。大地から慶介が逮捕されたとの電話連絡を受けた雪子が家族と一緒にテレビを見ると百々瀬が12年前の女児殺害事件の真犯人として慶介逮捕のニュースを報道。

(あの男に騙されていた、お兄ちゃんに会いたい)達夫の書斎から祥太にメールする若葉。すると祥太から(帰るよ、近いうち)とメッセージが返ってきた。若葉は達夫と里美に祥太の帰国を伝える。

ついに祥太が現れた。空港に降り立つ祥太の正体は“山崎育三郎”だった!

『やっと会えたな……小河原祥太』待ち構えていた慶介は祥太を見据える。自ら“殺人犯”となった慶介は祥太をおびき出す為にフェイクニュースを画策。ためらいを見せるプレミアワイドのスタッフたちにファイナルカットを盾にフェイクニュースを作るよう強要していたのだった。

『帰れると思ったお前は飛びついた……うちの母に罪をなすりつけて次々とトラブルを起こし続けたお前だけは許さない』祥太と対峙する慶介。誤解だと笑う祥太の前に高田も現れた。

ファイナルカットを盾に芳賀から承諾を得ていた再捜査の許可証を祥太に突きつける慶介は署までの同行を求めた。そこにスクープを狙うザ・プレミアワイドの井出と真崎も現れた。慶介と祥太に部屋を取っていると食い下がる井出。

祥太から帰国の連絡を受けて迎えに来た達夫は家族に対するプライバシーの侵害だと声を荒げる。任意の取材も受け付けない、訴訟も辞さないと言い放つ達夫は祥太を連れて立ち去っていく……。

所長・神野(大河内浩)に祥太の指紋が採取できたことを報告する高田は証拠となれば令状を取るよう進言するが、慶介に対する若葉への自殺未遂の関与と報告なしの単独行動を主張する神野は慶介が減給と停職だと高田に告げる

自宅謹慎になった慶介は切り札のファイナルカットを使ってしまったことから百々瀬の妻の調査を開始…。警備員を装う大地は百々瀬のタイヤに発信機を装着する。

小河原家を訪問して祥太に取材を申し出る井出と真崎を追い返そうとする達夫。やましいことはしていない、真犯人は早川恭子(裕木奈江)だと言い切る祥太は承諾する。

慶介を訪ねた高田は打つ手がないと頭を悩ませる慶介に祥太の取材を伝える。集めた証拠を突きつけて揺さぶる直接対決を提案する高田は慶介に判断を委ねた。

一方、妻(霧島れいか)の見舞いに訪れた百々瀬は部屋にいない妻が慶介と一緒にいるところを発見する。百々瀬は妻に読み書きを教える慶介にアルツハイマーであることを打ち明けた。

祥太と共に取材を受けると言う慶介は余計なことをしたら妻の動画を流すと百々瀬に忠告。真相に辿り着くことを祈ってると返す百々瀬。高田に辞表を出した慶介はわざと大地にウソを突きつけて挑発。大地から真実を引き出す実演で安心させる。慶介と祥太は東都テレビへと向かった。

若葉をそそのかした祥太が許せないと若葉に話す雪子。私が勝手にやったと答える若葉は慶介に本気だと伝えたかったが、余計に離れていったと涙を流した。若葉を抱きしめる雪子は優しく包み込んだ。

慶介から自白に追い込まれた祥太が高田に逮捕されるラスト結末!

祥太と直接対決する慶介は事件当日に若い男性を見たと証言する恭子の動画と容疑者リストを突きつけた。直後に姿をくらましたと詰め寄る慶介。

やってないと否定する祥太はアメリカで弁護士の資格を取っただけで、やっていたらここに出てこれない、メディア被害者だと無実を主張。

午後6時頃、消えた志穂ちゃん(田中乃愛)をハンカチで窒息死させて殺害した後に防犯カメラに気づいてSDカードをトイレで流した。

トイレに浮いていた防犯カメラのSDカードは当時の事務員から証言が取れている。車が駐車されていた雪子の証言も一緒に突きつける慶介は真犯人のあんたがやった全貌だと言い放つ。

志穂ちゃんなんて知らない、事件の後、新聞で見ただけだと主張する祥太に友達だったと言い放つ慶介。

しょうたの名前が書かれている志穂ちゃんが書いた絵を突きつけた慶介は志穂ちゃんが知るしょうたは一人しかいない。これはお母さんの証言だと詰め寄った。

警察やここのスタッフたちを脅したうえに妹たちにも近づいて、もて遊んでいたと話をすり替える祥太…。人格が破たんしているのはキミの方だと言い放つ祥太は犯人だから自殺したと慶介を挑発する。

ハンカチの映像をPCに映し出しながらDNAの鑑定書を見せる慶介。指紋からもDNAが識別出来ると話す慶介は再鑑定した結果、うちの母のDNA、志穂ちゃんの唾液、お前のDNAと照合した、もうすぐ結果が出るはずだと言い寄る。

何も出ないと言い切る祥太に志穂ちゃんの口をふさぐ時に手袋か何かを使ったと言葉を継ぐ慶介。

祥太は君の母親がハンカチで女の子の口をふさいだ。遺体を運んだのも君の母親だ。外へ連れ出して殺害。工場から逃げる時、帰り際にハンカチを現場に落とした。ハンカチは外にあったと主張。

『何でハンカチが落ちてたのが外だと知ってる……』祥太しか知らない真実を突きつける慶介。

ニュースで見たと言い訳する祥太に遺留品としてしか報じてないと口を開く百々瀬はよそでも扱っていない情報だと首を横に振った。

『こう言うの、秘密の暴露っていうんだよね。犯人しか知りえない事実の自白……あの日、母が見た真犯人……小河原祥太………お前だ!見ろよ、決定的瞬間、バッチリ撮られてる、致命的映像……これがあなたのファイナルカットです』ついに祥太を追い詰めた慶介。

ずっと家にいたと認めない祥太は妹が証言してると言い逃れするが、現れた雪子は事件当日、若葉がずっと一緒にいなかったことを告白。私も若葉も警察に証言し直すと祥太に詰め寄る雪子は逃げないで罪を償ってほしいと涙を流して訴えた。

涙を流して崩れ落ちる祥太は居合わせた高田から女児殺害事件及び死体遺棄の真犯人として逮捕された。

真犯人を見つけたと百々瀬に謝罪を詰め寄る慶介。妻の映像を流せばいいと言い返す百々瀬は私たちは間違っていないと認めない。

『過去を正して未来を見せろ……使命を果たせ!ミスターメディア』立ち去る慶介。涙を流しながら百々瀬に訂正を訴える小池は嫌なら辞めろと言われ、怒りを露にしてスタジオを後にした。

プレミアワイドで女児殺害事件の真犯人・祥太を速報ニュースで報道する百々瀬。慚愧の念に堪えないと切り出す百々瀬は『早川恭子さんとご遺族に哀悼の意を表します。大変申し訳ございませんでした』と謝罪。

ニュースを見ていた慶介は携帯の待ち受けにしている恭子に復讐の結末を報告。妻の元へ出向いた百々瀬は微笑みながら手を握る妻の姿に感涙する。志穂ちゃんの墓参りに来ていた慶介と高田に謝る母の熊谷幸子(高橋かおり)は真実に感謝を示した。

雪子の後を追う慶介は家を引っ越して私も父も仕事を辞めると話す雪子に幸せを願ってると別れを告げた。

慶介の代わりにWEBサイト【MP.info.net】の代表となった大地。百々瀬は退社、井出は島流し、高田も左遷されてしまった。

雪子は美術館で慶介によく似た男性を見かけて慶介のことを脳裏に巡らせた。雪子の前に現れた慶介は優しく微笑んだ……。

ファイナルカット THE END

ドラマ【ファイナルカット】第9話 最終回 ネタバレ キャストの登場シーン

中村慶介(亀梨和也)

WEBサイト【MP.info.net】の管理人で新宿中央署警察官。

12年前に起きた女児殺害事件で母の恭子を自殺に追い込んだ【ザ・プレミアワイド】関係者へ復讐を誓う。事件の鍵を握る若葉の前では【高橋マモル】雪子の前では【吉澤ユウ】を名乗っている。

第1話井出、第2話真崎、第3話小池にファイナルカットを突きつけて、操り人形に仕立て上げた。

第2話で若葉とは寸止めキスに終わったが、第3話では雪子とキスを交わした。

第4話では夜の競馬場に呼び出した皆川にファイナルカットを突きつけた後、雪子と会っていたところを若葉に目撃されてしまう。

第5話では、百々瀬にファイナルカットを突きつけた後、兄の祥太が帰ってきたとの連絡を受けた雪子の罠にはまってしまう。

第6話では逃亡して自殺を図ろうとした矢口を助けたために警察官としての姿がテレビ中継されてしまい、百々瀬たちに正体がばれてしまった。ラスト結末では呼び出された雪子に本名と目的を明かした。

第7話では小河原祥太の名前を捜査資料から削除した黒幕の刑事部長芳賀にファイナルカットを突きつけた。ラスト結末では小河原祥太が犯人だという真実を突きつけた雪子と熱いキスを何度も交わした後に一夜を共にした。

第8話では呼び出した雪子にファイナルカットのURLを突きつけたが、映像は流さず、何も記述していない紙を渡して立ち去った。ラスト結末では若葉から小河原家に呼び出され包丁で自分を刺した若葉の罠にはまってしまった。

第9話の最終回ではフェイクニュースでおびきだした小河原祥太と直接対決。自白で追い込んだ祥太にファイナルカットを突きつけ、百々瀬からも謝罪をさせて恭子の復讐を果たした。

小河原雪子(栗山千明)

事件の鍵を握る小河原家の長女。実家暮らしで、普段は美術館に学芸員として勤務している。

12年前の事件では死体発見現場で恭子を見たと証言。美術館に“吉澤”として現れた慶介に惹かれていく…。第3話ではコインランドリーで“吉澤ユウ”に扮した慶介とキスを交わした。

第4話では兄・祥太の写真立てを見ながら『大丈夫よ』と携帯で話す母の夏美の姿を目撃。帰宅した父の達夫に出かけると告げて会っていた慶介に母の電話のことを報告しているところを若葉に目撃されてしまう。

第5話では、若葉と鉢合わせした慶介をかばって助けるが、ラスト結末では慶介を罠にはめて吉澤とマモルが同一人物だと信じない若葉に証明して見せた。

第6話のラスト結末では呼び出した慶介から正体を打ち明けられていた。

第7話のラスト結末では慶介から12年前の事件の犯人が兄の祥太だという真実を突きつけられ、家族と慶介との間で板挟みになり、激しく動揺するが慶介と一夜を共にした。

第8話ではファイナルカットを突きつけられた慶介の悲しみに寄り添い、祥太のことを話し合うと泣きながら懇願していた。

第9話の最終回ではずっと家にいたと認めない祥太に逃げないで罪を償ってほしいと涙を流して訴えた。

小河原若葉(橋本環奈)

事件の鍵を握る小河原家の次女。雪子同様に実家暮らしで、普段は企業の受付嬢として勤務している。

12年前の事件では自宅にいた兄・祥太のアリバイを証言。慶介が扮した“高橋マモル”に夢中になっている。第2話で慶介が扮したマモルにキスを迫ったが、寸止めに終わった。

第4話ではマモルと吉澤に扮した慶介とのダブルデートを雪子に提案するが、慶介からドタキャンされた…。ラスト結末では慶介と雪子が会っていたところを目撃して2人に詰め寄った。

第5話のラスト結末では雪子が罠にはめた慶介の姿を見て呆然としていた。

第6話ではマモルではないと説得する雪子に好きだからと聞く耳を持たなかった。

第7話では慶介に『お兄ちゃんの居場所を調べるから恋人にして』と持ちかけるが、断られた。ラスト結末では達夫の書斎のPCに届いたメールを発見。祥太らしき人物とメールでつながっていた。

第8話のラスト結末で祥太と連絡を取り合ってることを慶介に告白。小河原家に呼び出した慶介に包丁を向け自作自演で自分を刺し、慶介を殺人犯に陥れるというとんでもない行動に出た。

第9話の最終回では『あんたが慶介を取った!』触らないでと雪子を病室から追い出した。

野田大地(髙木雄也 Hey! Say! JUMP)

慶介の幼なじみ。慶介の復讐に協力する。

第1話ではスタッフになりすまして井出のデスクに隠しカメラを仕掛けたファイルを置いて退散。

第2話では真崎のデスクのPCに隠しカメラ、私物のバッグにも録音機つきのペン型カメラを仕掛けて退散。第3話は宅配ピザの配達員を装い、小池のカバンに隠しカメラを設置した。

第4話ではウォーターサーバーの宅配員になりすまして皆川のカバンに隠しカメラを設置して退散。

第5話ではパーティー会場の受付員として井出の胸ポケットに隠しカメラを仕込んだバラを渡していた。

第6話では疑いの目を向ける矢口を警察に引き渡すよう慶介に促していた。

第7話では達夫を監視中に芳賀から雇われたチンピラに拉致されて暴行を受けた。

第8話では小河原家族を崩すよう慶介に提案。祥太に関する真実を収録してまとめた未完成のファイナルカットを見せていた。

第9話の最終回では慶介が雪子をだますために使っていた吉澤優の電話で雪子に連絡をしていた。

高田清一郎(佐々木蔵之介)

新宿中央署副署長。12年前の事件担当刑事。

第2話では新宿中央署で12年前の事件捜査資料を見ていた慶介の素性を明らかにした。

第4話では12年前の恭子の事件のことで対峙した慶介に『重要参考人は死亡、事件は未解決』だと答えた。

第5話では料亭で百々瀬と密会する警視庁の刑事部部長・芳賀恒彦に同席していた。

第6話では12年前の事件で詰め寄る慶介の胸ぐらを掴んで忠告を促していた。

第7話では12年前の事件の真相を知るため、独自に動いていたことを慶介に打ち明けた後に『君のお母さんは無実だと思っている』と慶介の胸を熱くさせた。

第8話では慶介が幸子の家で見つけた折り紙に書かれていた祥太の名前から芳賀に再捜査を進言していた。

第9話の最終回では祥太の取材を教えた慶介に直接対決を提案。慶介からファイナルカットを突きつけられた祥太を12年前の女児殺害事件及び死体遺棄の真犯人として逮捕した。

皆川義和(やついいちろう)

情報番組【ザ・プレミアワイド】のカメラマン。第2話で真崎、第3話で小池の取材に同行している。

第4話では光喜を資材工場まで追いかけ回して自白を強要させた。慶介にファイナルカットを突きつけられた後に井出と真崎から強要と噓を百々瀬に報告されている。

第5話ではプロデューサーの井出からブラックな労働環境告発の第2弾中止を命じられていた。

第6話では呼び出された百々瀬から慶介を調べるよう指示されていた。

第7話では慶介にインタビューを迫る真崎に同行していた。

第8話では若葉の会社を訪ねて12年前の事件のことで揺さぶりをかけていた。

第9話の最終回では互いに直接対決する慶介と祥太をカメラで撮っていた。

百々瀬塁(藤木直人)

情報番組【ザ・プレミアワイド】の敏腕司会者。慶介の母・恭子の事件を速報ニュースで取り上げている。犯人扱いする恭子に事実と違うなら釈明するべきだと責め立てた。

第1話で慶介の言いなりになり、江藤喜美子に謝罪した井出に向けて、何度もトロフィーを打ち砕いて威嚇。常日頃から自分に恥をかかせない番組を作るよう、スタッフに圧力をかけている。

第2話では警視庁新宿中央署副署長の高田とはお互い情報を共有する関係にあることが判明した。

第4話では井出と真崎から皆川の失態を会議の席で報告され激怒。人が血肉を通した取材を吟味してプライドをかけてよこせと一喝した。

第5話では慶介からファイナルカットを突きつけられるも、機転を利かしたフェイクニュースで切り抜けた。

第6話では『これがあなたのファイナルカットです』と慶介の決め台詞を不敵に呟いてみせた。

第7話ではジムでトレーニングにしている高田の前に現れ、慶介が新犯人だと断定する小河原祥太を調べ上げると告げて高田を驚かせていた。

第8話では電話で呼び出した慶介に12年前のVTRを見せた後、祥太探しの協力を持ち掛けた。井出から祥太の元カノに行きついた報告を受けた際には小河原家に突っ込むよう命じていた。

第9話の最終回では慶介から謝罪を求められ一度は拒否するも祥太逮捕のニュース報道で恭子と志穂ちゃんの遺族に謝罪をした。ラスト結末では東都テレビを退社した。

井出正弥(杉本哲太)

情報番組【ザ・プレミアワイド】のプロデューサー。

第1話で慶介に【ファイナルカット】を突きつけられ、心臓移植を待って、入院している江藤みずきの主治医伊延 彰に関する報道の謝罪と訂正を強要された。

第4話の会議でゆめの転落事故はハムスターだったと百々瀬に報告している。

第5話では慶介からファイナルカットで脅されていることを百々瀬に打ち明けた。

第6話では百々瀬に呼び出された理由がわからないスタッフに12年前の事件が関与しいると説明していた。

第7話では慶介と小河原祥太の調査をスタッフたちに命じていた。

第8話では百々瀬に祥太の元カノの情報を伝えていた。

第9話の最終回では空港に現れた祥太に対して強引に取材を申し出た。ラスト結末では島流しとなった。

真崎久美子(水野美紀)

【ザ・プレミアワイド】の女性ディレクター。

第2話で慶介に【ファイナルカット】を突きつけられ、アパート大家殺害事件の容疑者・住吉浩平のスクープを自らの手でボツにすることを強要され、会議で自己批判させられた。

第4話では進んでいないゆめの取材にいらつく百々瀬に引き続き追うと発言。会議ではゆめの転落事故はハムスターだったと百々瀬に報告している。

第5話ではプロデューサーの井出からブラックな労働環境告発の第2弾中止を命じられていた。

第6話では呼び出された百々瀬から慶介を調べるよう指示されていた。

第7話では職務を終えた慶介に新宿中央署の前でインタビューを迫っていた。

第8話では達夫の事務所を訪ねて12年前の事件のことで揺さぶりをかけていた。

第9話の最終回では空港に現れた祥太に対して強引に取材を申し出た。

小池悠人(林遣都)

情報番組【ザ・プレミアワイド】の若手ディレクター。

第3話で慶介に【ファイナルカット】を突きつけられ、12年前の事件の真相を調べるよう強要された。

第4話では慶介から12年前の事件を調べるよう命じられている。

第5話ではプロデューサーの井出からブラックな労働環境告発の第2弾中止を命じられていた。

第6話ではみちるの写真を手渡した矢口にコメント要請していた。

第7話では志穂の母を訪ねて取材を迫っていた。

第8話では雪子の美術館を訪ねて12年前の事件のことで揺さぶりをかけていた。

第9話の最終回では慶介に謝罪を拒否する百々瀬に反発。嫌なら辞めろと言われた百々瀬に辞めると声を荒げてスタジオから立ち去った。

早川恭子(裕木奈江)

慶介の母親。保育園ルミナルキッズの園長。

12年前に起きた女児殺害事件の犯人として【ザ・プレミアワイド】に取り上げられたことから苦悩。

マスコミからのバッシングに耐えられず、浴室で手首を切って自殺した。

第4話では皆川に追いかけ回される12年前の事件回想シーンに登場した。

第5話では12年前の事件で部屋に閉じこもり、浴室内で自殺した回想シーンに登場。

第6話では慶介に食事を作って出ていく回想シーンに登場した。

第7話ではビル内と外に出て志穂を探す回想シーンに登場した。

第8話では子供の頃の慶介に志穂ちゃんの絵を見せてる回想シーンに登場した。

第9話の最終回では祥太と慶介が直接対決する回想シーンに登場した。

小河原 達夫(升毅)

小河原姉妹の父親。12年前にルミナルキッズの上階で【小河原法律事務所】を営んでいた。

第3話では娘2人に行方不明になっている兄の祥太の失踪宣告を出すことを伝えた。

第4話ではすぐに出かけると言った雪子の言動行動から祥太のことに気づかれたかのようなそぶりを見せた。

第5話では雪子に彼氏が出来たことで盛り上がっていた。

第6話では夏美と共に雪子の話をごまかしていた。

第7話では12年前の事件についての依頼だと切り出してきた慶介に激しく動揺。事件のもみ消してを頼んでいた黒幕の芳賀と料亭で密会していた。

第8話では祥太のことを詰められた雪子に祥太が新犯人であることを打ち明けた。

第9話では祥太を迎えに行った空港でスクープを狙う井出や真崎たちに任意の取材も受け付けない、訴訟も辞さないと声を荒げていた。

小河原 夏美(長野里美)

小河原姉妹の母親。

第4話では明らかに祥太と思える人物と電話で話していた。

第5話では雪子に彼氏が出来たことで盛り上がっていた。

第6話では祥太との電話を問い詰められた雪子に否定しながらごまかしていた。

第9話の最終回では若葉の担当医師から若葉の刺された傷口に違和感があると説明されていた。

芳賀恒彦(鶴見辰吾)

警視庁の刑事部部長。階級は警視監。

第5話ではブラックな労働環境を告発したニュースの第2弾を百々瀬に中止するよう圧力をかけた。

12年前の事件ではハンカチに恭子の唾液が付着していた情報を百々瀬に流していたことが判明した。

第6話では公務執行妨害から拘束した後に殺人犯として矢口を逮捕しろと高田たちに命じた。

第7話では慶介にファイナルカットを突きつけられ、高田にも祥太を洗い直すべきだと詰め寄られていた。

第8話では祥太の再捜査を進言する高田に検討だけを伝えていた。

第9話の最終回では若葉殺人未遂容疑で逮捕された慶介からファイナルカットの在り所を聞き出そうと暴力尋問をしていた。

熊谷幸子(高橋かおり)

12年前の女児殺害事件の被害者女児・熊谷志穂の母。

恭子に対して『あんな女のことなんか思い出したくもない』と発言。

第7話では訪ねてきた高田に小池の取材に対する苦言を呈していた。

第8話では焼香する慶介を止めて泣きじゃくっていた。

第9話の最終回では慶介と高田に謝罪をしたうえで感謝を示していた。

ドラマ【ファイナルカット】 第9話 最終回 ネタバレ ゲストキャストの登場シーン

小河原家祥太(山崎育三郎)

雪子と若葉の兄。12年前の女児殺害事件の真犯人。

12年前に女児殺害事件において慶介の母・恭子から目撃されるも、若葉が自宅で一緒にいたと証言した為、捜査の対象から外された。

挑発された慶介にハンカチは外にあったと墓穴を掘ってしまい、高田に逮捕された。

ファイナルカット 第9話 最終回のネタバレまとめと見どころ感想

―――百々瀬の立会いで対峙する慶介と祥太

慶介と祥太が互いに対峙する長いクライマックスのシーンは見ごたえがありました。DNAのハンカチから反撃に出た慶介が祥太を挑発。工場から逃げる時、帰り際に恭子がハンカチを現場に落とした。ハンカチは外にあったと墓穴を掘った祥太。

何でハンカチが落ちてたのが外だと知ってると詰め寄る慶介が秘密の暴露だと追い詰め、ひと粒の涙を流して祥太にファイナルカットを突きつける瞬間は緊迫感があって釘付けになりました。亀梨和也さんの迫真の演技も素晴らしかったですね。

祥太役の俳優が山崎育三郎さんだったのは意外でしたが、頭がよくて品のあるナルシスト的な部分と心の中に潜む変質者的な闇の部分の祥太は結果としてベストなキャスティングだったと思います。

舞台で長いシーンをこなしている山崎育三郎さんならではの演技力にも惹き込まれた最終回でした。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP