監獄のお姫さま 4話 あらすじネタバレ感想 満島ひかりのギャップと菅野美穂のツッコミが最高!

監獄のお姫さま 第4話が放送され、菅野美穂さんのツッコミと満島ひかりさんのギャップが最高!

第4話では江戸川しのぶ(夏帆)の妊娠に気づいた馬場カヨ(小泉今日子)が、若井ふたば(満島ひかり)に相談するも『何で黙ってた、114番妊娠!』と壁ドン攻撃され撃沈!

勝田千夏(菅野美穂)は20歳で財テクになるまでの貧乏だった過去を打ち明け、知らないという板橋吾郎(伊勢谷友介)に対して、著書を読んでないのに『抱いたのか』とプンプン丸(笑)

生まれてくる子供の名前を勇介と名付けてゆるキャラのイラストを描き、子供の為に刑務所に入ったと言うしのぶの言葉に感涙させられた4話あらすじネタバレと感想を5話の予告動画も掲載してまとめました。

スポンサーリンク

監獄のお姫さま 3話 あらすじネタバレ まとめ

第3話は2012年春、元、江戸川乳業の社長令嬢・江戸川しのぶ(夏帆)が婚約者・板橋吾郎(伊勢谷友介)の愛人・横山ユキ(雛形あきこ)を不法滞在外国人プリンスに依頼して殺害した罪で実刑判決を受け【自立と再生の女子刑務所】に収監されたシーンからストーリー展開。

若井ふたば(満島ひかり)から教育係を命じられた馬場カヨ(小泉今日子)はしのぶにトートバックの作り方を教えるが、ドリルのようなしのぶのミシンの音に騒ぎ出して、ふたばから怒鳴られてしまう。

その後、突然しのぶが、吐き気を起こして体調不良で倒れてしまい、カヨがしのぶをいじめたのではないかと調査が行われ、護摩所長 (池田成志) はカヨの懲罰でいいのではと判断するが、ふたばの提言からしのぶを独房に戻して様子を見ることになる。

そんな中、担当検事の長谷川と面会していたカヨは息子に出した手紙と、夫からの離婚届を差し出され、愕然としてしまい、突然警報のベルが鳴り響き、独居房にいたしのぶは姿を消して食品倉庫部屋で泣ていた。

調査が開かれて部屋から脱走したしのぶはふたばから『雑魚は雑居で雑魚寝しな!!』と怒鳴れた後、雑居房に戻されることになる。

監禁されていた吾郎のシーンが登場して、吾郎がカヨたちにしのぶの依頼だと勘繰り発言をする中、ふたばから“乳首が立ってる”と言われ、洋子と千夏が騒ぎ出す…(笑)

ふたばの解放の一声で結束バンドを外された吾郎はしのぶが愛人ユキ(雛形あきこ)を沖縄に呼び出し、インターネットを通じて、不法滞在者のプリンスに金を渡して、ユキの殺害を依頼したと噓の自供をする。

ある日の土曜日、みんながカラオケに没頭する中、しのぶと共に部屋にいたカヨは息子に手紙を書き、テレビを見ていたしのぶは吾郎とモデルの西川晴海(乙葉)との熱愛報道にショック満開!

千夏が【天城越え】を熱唱する中、突然、狂ったように『私は捨てられた、会ったことない女を殺してない、殺してくれとも頼んでない』と騒ぎ出し、炊事場で吐き気を起こしてしまう…。

しのぶの妊娠に気づき『おばさんに任せて』と乗り出すカヨは新人刑務官の高山沙也香(大幡しえり)に夫の面会を告げられるというラスト結末でした。

監獄のお姫さま 3話の詳しいあらすじネタバレはこちらのブログカードからご覧頂けます。

監獄のお姫さま 4話 あらすじとネタバレ

【自立と再生の女子刑務所】に服役中の馬場カヨ (小泉今日子) は夫の武彦 (赤堀雅秋) と面会。

武彦は5年生になる息子・公太郎(神尾楓珠)の様子をカヨに話しながら、事件に対して怒りも恨みもなく、自業自得だったと詫びるが『息子に会いたい』と願うカヨに対して一方的に離婚届を出して帰って行く…。

2017年12月24日、カヨたちはアジトに拘束されてる板橋吾郎 (伊勢谷友介) に爆笑ヨーグルト姫事件の関与と勇介 (前田虎徹)がしのぶ(夏帆)の子供だと認めさせようとするが、吾郎は勇介の出生地、体重、誕生日などをスラスラと答え、若井ふたば(満島ひかり)は『本当の事を言え!』と一喝。

2012年初夏、洋裁工場ではトートバッグ・前科モンの人気のなさからふたがが製造中止命令を出し、『200万ふりこんだ、放火、置引き、美人局、ハイ男が悪いー』のざんげ体操第二を終えたカヨたちは雑居房に戻り、ヒロイン・真里亜(阿佐ヶ谷姉妹の姉・渡辺江里子)が出演する人気ドラマを視聴。

そんな中、しのぶだけは妊娠のあらすじに自分自身を重ねて嘆いていた。

しのぶの妊娠に一人気づいたカヨは、(妊娠⇒蛤振してます)とメモ書きして窓から放り投げるが、拾った新人刑務官の高山沙也香(大幡しえり)も、意味不明の漢字に???(笑)

カヨは『桃栗三年、詐欺十年 だるまさんがころんだ』のざんげ体操第三が始まる中、ふたばと二人きりになって相談するため、わざと騒いで懲罰をくらい、独居房に入り、ふたばに姫の妊娠を伝える。

ふたばはカヨが言う妊娠の言葉に激しく取り乱し、壁を蹴り上げた後、冷静になり、しのぶとはわからないまま、生まれた子供は保育室でお母さんと一年間一緒に居られると説明。

一方、 配食工場を取り仕切っていた勝田千夏(菅野美穂)は問題が多くて、配置換えになってやって来たカヨからしのぶの妊娠の事を聞かされ、やっぱり、冤罪だったと答えた。

そのうえで、千夏は姉御の明美(森下愛子)が高級クラブのママから関東極端会三代目組長の足立鉄也(高田純次)と一緒になり、極妻に転身したはいいが、薬物取引に利用されたあげく、明美を身代わりにして取引を終え、400億円の利益を上げて、面会に来た足立から形だけだと丸め込まれ、離婚届けにサインさせられたと、しのぶ同様の冤罪物語を語った。

2017年12月24日、拘束されてる吾郎が元恋人の横山ユキ(雛形あきこ)を殺害する動機も理由もないとシラを切る中、ようやく検事の長谷川 (塚本高史)から電話が掛かってきたカヨはガールズバーに出向いていたという長谷川にブツブツ文句を言いながら、アジトの住所に来るよう伝える。

刑務所シーンで、しのぶが倒れ、カヨはふたばから『何で黙ってた、114番妊娠!』と壁ドン攻撃!

カヨは懲罰をくらった時にほとんど言ってませんでしたと訴えるが、ふたばから『何か言いたいのは分かるが、何が言いたいのか、分からないのよおばさんは、愚鈍!!』だと、罵倒されて嘆き、しのぶは救急車で緊急搬送され、妊娠28週目で、予定日が7月末だと判明する。

ふたばから報告を受けた護摩所長(池田成志)は堀北真希を主演に自身の役を渡辺謙にキャスティングして映画化すると得意のジョークで盛り上がり、ふたばはカヨたちに公言しないよう言い放ち、房にいた千夏に対してもメルマガに書かないよう釘を刺す。

千夏はふたばが出ていった後、しのぶは裁判が長引けば、お腹が大きくなり、妊娠していることを吾郎に知られるから罪をかぶり、【激辛カレー3連発】のテレビに出演していた吾郎を見て、姫がいたら自分が社長になれないから画策したと考察…。

サイン本を読まず抱いた吾郎に詰め寄る千夏と出産に向かうしのぶ

そんな中、カヨは面会にやって来た長谷川から、先月、息子の公太郎が刑務所を訪ねて来たが、面会を断られたことを聞かされ、月1回の白バッジに階級が落とされたことを嘆いていた。

2017年12月24日、何も知らず、アジトにやって来た長谷川は監禁されてる吾郎の姿を見て驚き、ふたばの『けっそーく』の号令からカヨたちに結束バンドで拘束されてしまう。

吾郎への尋問を始める千夏は社長令嬢だったしのぶと自分を重ね合わせて、群馬県で日用品を製造販売する会社を経営していた父・孝保(ベンガル)が億単位の借金を抱えて会社を倒産させたことでお金に苦労し、高校生の時にクラスメイト相手に金貸しを始めて20歳で財テクになった経緯を打ち明け、うわの空の吾郎にサイン本を読んでないのに『抱いたのか』とプンプン丸(笑)

千夏とリンクした刑務所シーンに戻り、カヨたちとバックトゥザフューチャーを観ていた千夏は面会にやって来て、会社の役員にしてもらい、感謝を述べる父・孝保に対して、『週刊誌にあたしのことを喋って幾らもらった』と詰め寄り、はぐらかす孝保に借金の全額返済と死んで行った母のことを告げて追い返した。

一方、沙也香を誘い真っ赤な服を着て合コンに参加していたふたばは職業を尋ねる男性たちに刑務官のことは伏せて、同じ意味の公務員だと答えていた(笑)

お腹も大きくなって雑居房に戻っていたしのぶは足をマッサージしてくれ『女優よ』と口にする洋子 (坂井真紀)やカヨたちにゆるキャラと生まれてくる子供の名前【勇介】のイラストを見せる。

しのぶは名前の由来を尋ねるカヨたちに『皆さんの勇気とおせっかいから名付けました。この子を守るためにここへ来ました』と答え、千夏はイラストを壁に貼り付けた。

2017年12月24日、姫が名付け親で、勇介は服役中に産んだ子供だとカヨたちから詰め寄られる吾郎…。

“しのぶは自立と再生の女子刑務所から見送ってくれるカヨに大丈夫サインを送って出産に向かう”

監獄のお姫さま 4話 ツイッター感想

監獄のお姫さま 4話 感想とまとめ

監獄のお姫さま 第4話もクドカンワールドに大笑いしましたね。

やっとのことで、ふたばと二人きりになり、しのぶの妊娠をもごもご口にするカヨに何がいいたのか分かんないのよと壁ドンで一喝する鬼刑務官の満島ひかりさんかと思えば、合コンでは真っ赤な服にミニスカ姿のギャップが最高でした。

社長令嬢でお姫様のしのぶと自身を重ね合わせ、貧乏から20歳で財テクになったサクセスストーリーを語りうわの空の吾郎に対して、著書を読んでないのに抱いたのかとしっかりと突っ込む千夏も面白かった。

生まれてくる子供の名前を勇介と名付けてゆるキャラのイラストを描き、子供の為に刑務所に入ったと言うしのぶの言葉には母の強さと愛情をひしひしと感じ、感涙させられた4話でもありました。

監獄のお姫さま 5話 あらすじと予告動画

板橋吾郎 (伊勢谷友介) が行方不明になってから3時間が経過しようとしていた。そんな中、弁護士が動画サイトで吾郎の姿を発見する。それは、カヨ (小泉今日子) たちが “爆笑ヨーグルト姫事件” の裁判やり直しを要求するため、吾郎に文面を読ませたものだった。再審の難しさを訴える検事の 長谷川 (塚本高史) に 若井 (満島ひかり) は食って掛かる。

いっぽう2012年・女子刑務所では…若井から、しのぶ (夏帆) の出産と 悠里 (猫背椿) の仮釈放決定の知らせを受け、カヨたちは喜びと寂しさを同時に味わっていた。

そんな中、美容資格取得のガイダンスが行われる。カヨは受刑期間が長いので可能だったが、受刑期間が短く受講を諦めた 洋子 (坂井真紀) と 明美 (森下愛子) は、しのぶの子供のため、ベビーシッターに興味をもつ。また、担当は唯一美容免許を持つ若井が美容担当を兼務することに。カヨは、そこで若井が美容師の資格を取得したいきさつを知る。

そして、ついに刑務所に赤ちゃん (勇介) を連れたしのぶが戻ってくる。 所内で子育て、今までにないケースに迷う 護摩所長 (池田成志) …。おばさんたちはしのぶと勇介を守れるのか… !?

出典:監獄のお姫様 公式

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP