監獄のお姫さま 7話 あらすじネタバレと感想 復讐ノートを発見した満島ひかりは敵か味方か?

監獄のお姫さま 7話では小泉今日子さん演じるカヨと長谷川役の塚本高史さんが前代未聞の獄中結婚を前提とした獄中交際をスタート。長谷川信彦(塚本高史)から呼び捨てにされたカヨ(小泉今日子)がドキドキする姿とノブリン発言はキュートなクドカンワールドでした。

カヨの復讐ノートを発見したふたば(満島ひかり)が、板橋吾郎(伊勢谷友介)の居場所を晴海(乙葉)にほのめかす7話あらすじネタバレと感想を8話の予告動画も掲載してまとめました。

ラストまでネタバレしてますので結末を知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

監獄のお姫さま 6話 あらすじネタバレ まとめ

第6話は自立と再生の女子刑務所に勇介を迎えに来た しのぶ (夏帆) の母・民世 (筒井真理子)はしのぶから勇介を託されたはずだったが、車から降り立った板橋吾郎 (伊勢谷友介) は勇介(前田虎徹)を連れて行く。

2017年12月24日、晴海(乙葉)と勇介がいたEDOミルク本社では吾郎が誘拐されてから音信不通の若井ふたば (満島ひかり) が疑われ、アジトで監禁状態の吾郎は馬場カヨ(小泉今日子)たちから三股又三だと詰められていた。

2014年4月、勇介ロスに苦しむカヨ、洋子 (坂井真紀)、明美 (森下愛子)、千夏 (菅野美穂) たち…。ふたばはひとり理容科で角刈りばかりしながらため息をつくカヨに婚活を始めたことを打ち明けた上『これからは女を出していく。でないと心が角刈りになってしまう』発言(笑)

そんな中、千夏はマネージャーから送られた週刊誌の中に、吾郎が晴海と極秘入籍し、さらに息子はすでに一歳半であるという記事を発見。40万人いるメルマガ読者に真実を書くと息巻く。

2017年12月24日、噂の晴海から連絡を受けて電話に出たふたばは、吾郎にビンタと回し蹴りを食らわし、『盛りがついた、ババァたちがぁー』と、何度も連呼する一人芝居から自身もカヨたちに誘拐されていると説明(笑)。

カヨたちに社長室に戻ると話すが、検事の長谷川 (塚本高史) は服が綺麗過ぎると提案。カヨたちはふたばをフルボッコにし、EDOミルクに戻ってきたふたばは眼帯に包帯だらけ(笑)

2012年の春、なかなか子供が出来ない吾郎は診察を受けた医者から自分自身に原因があると告げられ、吾郎から真実を打ち明けられた晴海はそれでもいいと答えた。

2013年夏、しのぶから届いた手紙を民世 (筒井真理子)から見せられた吾郎は勇介が自分の子供であり、引き取ると断言した上で、しのぶから引き取って下さいと説き伏せた。

2014年5月、洋子が釈放されたはずの悠里 (猫背椿) が刑務所に戻ってきたことをみんなに報告する中、長谷川が公太郎(神尾楓珠)を連れて面会にやって来た。

カヨは食事を作ってくれる人を尋ねた公太郎から『母さんの知らない人』だと言われ、長谷川は武彦(赤堀雅秋)が再婚に向けて話を進めてることをカヨに打ち明けた。

公太郎はどちらでいいとぶっきら棒に答え、カヨは返す言葉を失ってしまう。

晩ご飯を食べるカヨたちから出戻り理由を尋ねられた悠里はメンズ役の吾郎から結婚を申し込まれ、悩んだあげくにシャブに手を出し、売人と共にパクられ、戻ってきたと説明。回想シーンからふたばが出戻りの悠里に思いっきりビンタして、強く諭す。

悠里と一緒にパクられた49番のオバケ(あびる優)は驚く明美を見て、足立鉄也(高田純次)が組を解散したことから姉御ではないと言い放つ。千夏はメルマガ配信した吾郎犯人説がツイッターで炎上したと悠里から知らされ、返す言葉を失う。

一方、角刈りばかりしていたカヨはふたばから公太郎の手紙を渡され読み始め、二人が別れても母さんの息子には変わりないとの内容に安心して離婚届けにサイン。

その後、刑務所内でコンサートが行われた。前川清は【花の時・愛の時】を歌い終わり、挨拶に来た護摩所長(池田成志)に女囚とのデュエットを希望し、カヨを指名する。

カヨは離婚したことから馬場カヨではなく旧姓の榎木カヨに戻ったと挨拶を済ませて前川とのデュエット曲【愛のさざなみ】を熱唱。登場した子供たちの母を思う歌に女囚たちはハンカチを手にして涙を流す…。

雑居房の仲間と夕食を迎えるカヨはみんなに吾郎への復讐宣言。みんなも賛同して、計画が決定した。

2017年12月24日、包帯姿でEDOミルク本社に戻り、目隠しされて拉致されたと答えるふたばは、専務(岩寺真志)から誘拐事件の関与を問われる始末。

タキシード姿で花束を持ってカヨに面会していた長谷川は離婚届けの受理を告げた上、カヨに愛の告白をして交際を申し込んでいました。

監獄のお姫さま 6話の詳しいあらすじとネタバレはこちらのブログカードからご覧頂けます。

監獄のお姫さま 7話 あらすじとネタバレ

【2017年12月24日】

エドミルク社長室では、若井ふたば (満島ひかり) が刑事の池畑 (米村亮太朗) から吾郎 (伊勢谷友介) 誘拐に関する尋問を受けていた。番号で呼んでいたので覚えてないと答えるふたば。

池畑刑事は『古井わかばではなく、若井ふたば』 という刑務官はいたと詰め寄る。初めて会った気がしないと言う勇介(前田虎徹)の話を持ち出す晴海(乙葉)…。

2人に追い詰められたふたばは、女王蜂だったしのぶ(夏帆)が悪ウーマンの財テク(菅野美穂)女優(坂井真紀)姉御(森下愛子)冷静に(小泉今日子)を手なずけていた。

私は数か月前に復讐計画を知って社長に伝えた。法務省に許可を取り、偽名を使い、秘書になりすました潜入警官だが、何もかもあんたのせいで、台無しだと反対に詰め返す。

ふたばから助けてほしいとのメールを受けたカヨが声を変えて電話をしてくる。

爆笑ヨーグルト姫事件の裁判のやり直しをカヨたちの代わりに連呼する勇介。電話に出るふたばからボロクソに罵倒されたカヨは凹んでしまう。

【2014年自立と再生の女子刑務所】

タキシード姿でカヨの面会にやってきた長谷川信彦 (塚本高史) 。愛の告白が4回目だと言う長谷川は知的なメガネをはめて『あなたが好きです。付き合ってください』とリクエストに答える。

獄中結婚を前提とした獄中交際をカヨに申し込む長谷川…。カヨは自分を恋人として呼び捨てにする長谷川に動揺を隠し切れず、ドキドキする…。

2年半後に出所すると伝えられた長谷川は殺人未遂ではなく傷害罪にしておけばよかったの発言(笑)すでにラブラブモードの2人は互いにドキドキ・ウキウキ状態のまま面会を終える。

その後、雑居房に戻ったカヨはおばさん仲間と吾郎捕獲作戦会議を開始。ところが、おばさんたちの妄想トークが広がるばかりで中々具体的な実行計画まで進まない。

結局、法的措置で法廷で自白させるべきだと提案するカヨに千夏も同意する。

吾郎への復讐計画を実行するため、ありとあらゆる資格を取ろうとカヨ・しのぶ ・洋子・明美・千夏たちは猛勉強を始める。

そんな中、刑務所の体育館で居室対抗スポーツ大会が開催された。面会に来た長谷川に『ノブリン』と呼ぶカヨ。バトミントンを始めたと話すカヨと千夏ペアが優勝。

卓球では洋子としのぶペアが 悠里 (猫背椿) とオバケ (あびる優) ペアと対決する。マッチポイントを迎える洋子がサーブしようとした時、護摩所長(池田成志)と刑務官の北見 (河井青葉) が仮ではない満了の釈放を告げに来た。

重機を運転する千夏は出所する洋子に『お勤めご苦労さんでした』と祝いの言葉を贈る。

【2017年12月24日】

アジトでは洋子が吾郎に自分の服役した理由を語ろうとしていた。何をして7年も入っていたのかと、洋子に尋ねる長谷川。カヨたちと吾郎は耳を傾ける。

ミュージカル俳優【大洋泉】の熱狂的なファンからストーカーだったと話し始める洋子が吾郎に金髪のウイッグを手渡すとともに回想シーンが映し出される。

ステージで【涙が心の汗なら】を熱唱する大洋泉=吾郎が歌い終わり、花束を手渡す洋子。大洋泉の全スケジュールの公演を制覇する洋子は月額100万円を超える出費がかさんでいた。

洋子は出会い系で知り合った男性から100万単位、婚活相手からもお金を引っ張るようになっていた。挙句の果てには自称・石油王から2000万円も貢がせてしまう。

そんな中、大洋泉に熱愛が浮上する…。マンションを張り込んでいた洋子は大洋泉から噂の彼女との関係を否定されて喜ぶが、刑事からストーカー規制法で任意同行を求められてしまう。

洋子は出会い系サイトと婚活サイトで行った詐欺と横領で逮捕され懲役7年の実刑判決を受けて服役。

出所後、更生保護施設に入った洋子はベビーシッターに就く…。忘れかけていた泉のことを同僚から聞かされる洋子は公演会場に出向くが、昔のように心が揺れない。

自分の気持ちを確かめる為に泉を待っていた洋子はそのまま居酒屋で食事をともにするが、帰り道で泉から強引に体を奪われそうになり逃亡。

全てに疲れ果て、実家に戻ることを考える洋子は、『恋神』の助監督とぶつかった縁で、season5『再会』で悠斗役の方とぶつかる通行人役で出演した。

カヨの復讐ノートを発見して計画を知ったふたばは敵か味方か!?

【自立と再生の女子刑務所】

雑居房でヒロイン・真里亜(阿佐ヶ谷姉妹の姉・渡辺江里子)が出演するドラマ恋神のシーズン5【再会】を視聴していたカヨたち。エキストラ出演していた洋子に気づくしのぶは『女優になったんだね』と喜んだ。

吾郎捕獲作戦会議を開始するカヨたち。千夏はプリンス(ナリット)を法廷に引っ張り出して、吾郎に依頼された証言させることを提案。しのぶは自分の口座から振り込まれてお金を受け取り逮捕されたプリンスはタイの刑務所に服役してるので法廷で証言させることは難しいと発言する。

理容科工場でも吾郎捕獲を考えるカヨ…。しのぶは吾郎が高所恐怖症であること。パラセーリングの時に、爆笑ヨーグルト姫事件の実行犯・プリンスが船に乗っていたことを伝える。

復讐計画の進展に繋がる情報に喜ぶカヨの元へ理容科を担当するふたばがやって来た。やけにテンションがあがるカヨに男ができたから発言するふたば。ずっこけるカヨは隠そうとするが、言ちゃっていいですかのふたばは【ノブリン】(笑)カヨは恋愛が目標ではなく、美容師になることだと復讐計画をごまかすが、ノートを置き忘れてしまう。

カヨのノートを見つけてページをめくるふたば。吾郎の切り抜きを貼った復讐計画ノートを発見して顔色を変えるふたばは『馬場カヨ…』。

雑居房に戻ったカヨは作戦会議を始めようとするも、ノートがなくなり焦りまくり。千夏は吾郎捕獲計画にハニートラップを提案。あの男ならすぐに引っかかる発言のしのぶも賛成する。

カヨは皆んなにノートをなくしたことを報告して土下座。その頃、ふたばはノートをコピーしていた。

【2017年12月24日】

プリンスのことで吾郎に詰め寄る千夏。いなくなった4人のことを尋ねる吾郎に顔が割れてる私は芸能人だと得意げの様子。更にハニートラップは本気だったとの吾郎の言葉に喜びを隠せない。

そんな中、吾郎誘拐事件のニュースが報道される。犯人のニックネームは、姉御、財テク、女優、冷麵だと発表するニュースキャスター。慌てて工事現場に身を隠すカヨたちは裏切った人物を考える。

長谷川はエドミルクに戻った先生のふたばが怪しいと思う…。向こうの情報が入ってこないのに、こっちの情報が出てしまった。最初からぐるだった先生は最終的に吾郎を助ける潜入秘書だと勘ぐる。

千夏に本当のことを話すから結束バンドを切ってほしいと迫る吾郎は、ハニートラップではないのねと念を押す千夏を口説きにかかる。

エドミルクでは晴海がふたばに本当のことを話してほしい。居場所を知ってるんでしょうと迫っていた。『だとしたら……』とほのめかすふたば。晴海は連れて行ってほしいと頼む…。

監獄のお姫さま 7話 感想とまとめ

監獄のお姫さま 第7話では小泉今日子さん演じるカヨと長谷川役の塚本高史さんが、獄中結婚を前提とした獄中交際をスタートさせました。

長谷川から呼び捨てにされたカヨがドキドキする姿とノブリン発言。殺人未遂でなく、傷害罪にしておけば良かったと恋人贔屓の台詞を長谷川に言わせるところはクドカンワールドで面白いシーンでしたね。

満島ひかりさん演じるふたばの方はというと、刑事と晴海に疑われて絶体絶命のピンチ。

どのように切り抜けるかと思いきや、すべてを認めた上、潜入刑務官発言から、何もかもあんたのせいで、台無しだと反対に刑事を詰め返す迫力満点の演技。

その後、声を変えて電話してきた小泉今日子さんをボロクソに罵倒する一人芝居などで、喜怒哀楽の台詞に抑揚をつけてリアルに表現する満島ひかりさんは相変わらず見事でしたね。

そんなふたばですが、ここにきて、裏切りが怪しくなってきましたね…。ラストで晴海から吾郎のところへ連れて行ってほしいと頼まれたふたばは第8話でアジトのガレージに晴海とともに現れます。

最終回に近づくにつれて、ふたばの真意が判明する第8話が待ち遠しいですね。

監獄のお姫さま 8話 あらすじと予告動画

2014年冬。カヨ (小泉今日子) は美容資格国家試験を受け見事合格、刑務所内にあるつぐない美容院で働くことになった。ある日、長谷川 (塚本高史) がつぐない美容院に来店。つかの間の幸せな時間を過ごすカヨと長谷川だったが、突然入ってきた 若井 (満島ひかり) に復讐ノートについて詰められる。動揺したカヨは復讐ノートを探すが、すでにノートは若井の手に…。

懲罰房に入れられたカヨは、しのぶ (夏帆) の冤罪の真実を晴らすため、犯罪者でも正義を貫きたいと必死に訴える。だが、ふたばは刑務官として激しく批判し、結局は目の前からの現実逃避だと叱責する。

そんな中、千夏 (菅野美穂)・明美 (森下愛子)・リン (江井エステファニー) が仮釈放になり、カヨにしのぶを託し出所していく。それぞれが、出所した先とは…。

一方、2017年12月24日。アジトのガレージでは、吾郎 (伊勢谷友介) が思い出話しを語り始め、結束バンドを解くよう千夏に迫っていた。その様子を遠巻きに観察していたカヨたちだったが、洋子 (坂井真紀) が仕掛けた爆弾の爆破時間が迫っていることに気づき慌てふためく。そこに、若井が 晴海 (乙葉) を連れガレージに戻ってくる。若井の真の目的とは… !?

出典:監獄のお姫様 公式

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP