監獄のお姫さま 8話 あらすじネタバレと感想 出所するカヨとふたばとの友情に感涙!

クドカンワールドの監獄のお姫さま 8話では吾郎の前でマドンナの【ライク・ア・ヴァージン】を踊り出す千夏流のハニートラップが刺激的!

ふたばが出所するカヨに贈った言葉と友情に感涙した8話あらすじネタバレと感想を9話最終章の予告動画も掲載してまとめました。ラストまでネタバレしてますので結末を知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

監獄のお姫さま 7話 あらすじネタバレ まとめ

第7話では2017年12月24日、若井ふたば (満島ひかり) が刑事の池畑 (米村亮太朗) から吾郎 (伊勢谷友介) 誘拐に関する尋問を受けていた。番号で呼んでいたので覚えてないと答えるふたば。

池畑は『古井わかばではなく、若井ふたば』 という刑務官はいたと詰め寄る。晴海(乙葉)は初めて会った気がしないと言う勇介(前田虎徹)の話を持ち出す。

2人に追い詰められたふたばは、女王蜂だったしのぶ(夏帆)が悪ウーマンの財テク(菅野美穂)女優(坂井真紀)姉御(森下愛子)冷静に(小泉今日子)を手なずけていた。

おばさんたちの計画をいち早く察知した私は、数か月前に復讐計画を知って社長に伝えた潜入刑務官だが、何もかもあんたのせいで、台無しだと反対に詰め返す。

ふたばから助けてとのメール連絡を受けたカヨが声を変えて電話をしてくる。爆笑ヨーグルト姫事件の裁判やり直しをカヨたちの代わりに連呼する勇介…。

カヨは電話に出るふたばからボロクソに罵倒されて落ち込んでしまう。

2014年自立と再生の女子刑務所。タキシード姿でカヨ(小泉今日子)の面会にやって来た検事の長谷川信彦(塚本高史)がカヨにプロポーズ。長谷川とカヨは獄中結婚を前提とした獄中交際をスタートさせる。

吾郎への復讐計画を実行するため、ありとあらゆる資格を取ろうとカヨ・しのぶ ・洋子・明美・千夏たちは猛勉強に励む毎日。そんな中、刑務所の体育館で居室対抗スポーツ大会が開催された。

バトミントンではカヨと千夏ペアが優勝する。卓球では洋子としのぶペアが 悠里 (猫背椿) とオバケ (あびる優) ペアと対決。マッチポイントを迎える洋子がサーブしようとした時、護摩所長(池田成志)と刑務官の北見 (河井青葉) が仮ではない満了の釈放を告げに来た。

重機を運転する千夏は出所する洋子に『お勤めご苦労さんでした』と祝いの言葉を贈る。

2017年12月24日。アジトでは洋子が吾郎に自分の服役した理由を語る。

ミュージカル俳優【大洋泉】の熱狂的なファンからストーカーだった洋子は大洋泉の全スケジュールの公演を制覇する為に月額100万円を超える出費がかさんでいた。

そんな中、大洋泉に熱愛が浮上する。刑事からストーカー規制法で任意同行を求められてしまう洋子は出会い系サイトと婚活サイトで行った詐欺と横領で逮捕され懲役7年の実刑判決を受けて服役したのだった。

自立と再生の女子刑務所。理容科工場でカヨのノートを見つけてページをめくるふたばは、吾郎の切り抜きを貼ったカヨの復讐計画ノートを発見。雑居房に戻っていたカヨは作戦会議を始めようとするも、ノートがなくなり焦りまくり…。千夏は吾郎捕獲計画にハニートラップを提案する。

カヨは皆んなにノートをなくしたことを報告して土下座。その頃、ふたばはノートをコピーしていた。

2017年12月24日。プリンスのことで吾郎に詰め寄る千夏はハニートラップが本気だったとの吾郎の言葉に喜びを隠せない。そんな中、吾郎誘拐事件のニュースが報道される。犯人は、姉御、財テク、女優、冷麵だと発表するニュースキャスター。

慌てるカヨたちは工事現場に身を隠す。長谷川は裏切った人物を考えるカヨたちに先生のふたばは最終的に吾郎を助ける潜入秘書だと話す。

千夏に本当のことを話すから結束バンドを切ってほしいと迫る吾郎は、ハニートラップではないのねと念を押す千夏を口説きにかかる。

エドミルクでは晴海がふたばに本当のことを話してほしい。居場所を知ってるんでしょうと迫っていた。『だとしたら……』とほのめかすふたば。晴海が連れて行ってほしいと言うラスト結末でした…。

監獄のお姫さま 7話の詳しいあらすじとネタバレはこちらのブログカードからご覧頂けます。

監獄のお姫さま 8話 あらすじとネタバレ

【2017年12月24日】

アジトのガレージで監禁されてる板橋吾郎 (伊勢谷友介) は、もう少し早く出会っていたら、君を選んでいたと千夏 (菅野美穂)に迫っていたが、千夏の姿が見当たらない。

いつの間にか、着替えていた千夏はマンドンナの【ライク・ア・ヴァージン】を踊り出す。吾郎とジャンケンで遊び、負けた千夏は結束バンドを一つだけ切る。

同じ頃、エドミルクから晴海 (乙葉) を連れ出していた若井ふたば (満島ひかり) は車の中で、馬場カヨ (小泉今日子) 大門洋子(坂井真紀)足立明美 (森下愛子)、千夏たちが、刑務所内で練った吾郎復讐計画ノートのことを告げる。見過ごせなかったふたばは、雑な不完全犯罪だし、感情移入したことを晴海に打ち明ける。

【2015年自立と再生の女子刑務所】

ようやくなくした復讐ノートを見つけるカヨは美容資格国家試験に見事合格…。千夏は最初のお客がイケメン彼氏のノブリン(長谷川)だとからかう。

刑務所内にあるつぐない美容院で働くことになったカヨは、さっそく、来店する長谷川 (塚本高史) とラブラブモード。長谷川はずっと見張ってる新人刑務官の高山沙也香(大幡しえり)を邪魔者扱い。松田聖子の【夏の扉】を歌うカヨはフレッシュでハイテンション。

そこに現れたふたばは一緒に歌いながら復讐ノートについて詰め寄る。動揺して妄想フィクションだとおとぼけを連発するカヨは復讐ノートを探すが、すでにノートはふたばが持っていた。

懲罰房に入れられたカヨは、江戸川しのぶ (夏帆) の冤罪の真実を晴らすため、犯罪者でも正義を貫きたい。ノートを返してほしいと必死に訴える。刑務官として激しく批判するふたばは、雑魚がいきがっていられるのも今だけ。みんな自分が大事。結局は目の前からの現実逃避だと叱責する。

そんな中、千夏 (菅野美穂)・明美 (森下愛子)・リン (江井エステファニー) が仮釈放が決定する。

千夏の手を握って別れを惜しむ護摩所長(池田成志)は明美とリンには素っ気ない態度。千夏たちに復讐計画を暗号で伝えて見送るカヨ。千夏はカヨにしのぶを託し出所していく。

出所して“若えの”(尾美としのり)に出迎えられる明美。理由を尋ねられた若えのは、自分の妻と逃げた元組長の足立 鉄也(高田純次)が捨てられて、現在、やすらぎの介護施設にいることを伝える。

足立と復縁して、組を立ち上げてほしいと明美に願い出る若えの。明美は形だけでも200人の出迎えを用意してくれたら、もう一度騙されてやると捨て台詞を残して立ち去る。

【2015年の夏】

財テクタレントの再起を懸けてバラエティ番組【THE みそぎ~夏の夜~】に主演する千夏。

名だたる一流女優のヘアメイクを手掛け、情報番組やバラエティ番組などで活躍するタレントのIKKOは千夏を激しく恫喝!出演後、吾郎を見かけた千夏はエレベーターに乗り込む。

出所前のカヨとふたばの友情が育つ7日間の共同生活

【2017年12月24日】

吾郎との馴れ初めを語り始める千夏は、ついに結束バンドを切ってしまう。

マドンナの【ライク・ア・ヴァージン】を2人で踊り出す千夏と吾郎。出口の側で見ていたカヨたちはハニートラップの求愛ダンスだと話す。シャンパンで乾杯する吾郎は一緒に逃げようと千夏に迫る。

爆弾に気づき、吾郎から離れて恋人の横山ユキ(雛形あきこ)を殺した理由を問い詰める千夏…。

そこに現れたふたばはカヨたちに結束と点検の号令をかける。再び縛られた吾郎の目の前に晴海が現れる。吾郎の妻だと告げる晴海はカヨたちを悪ウーマンと呼んで挨拶。

そんな中、カヨたちは爆破時間が迫っていることに気づいて慌てるが、洋子が仕掛けた爆弾から煙が発生!カヨたちは逃げるが、吾郎の椅子が軽く飛んだだけだった。

安心するカヨたちの前に姿を現した長谷川の検察事務官・今池周太郎(上川周作)は、千夏と吾郎の会話の録音をカヨたちに聞かせる。

第二章を告げるふたばは、しのぶに殺人をなすりつけた経緯を吾郎に詰め寄る。

【2015年秋・自立と再生の女子刑務所】

しのぶは仮釈放が近づくカヨに父の江戸川 徳三郎(田窪一世)が六本木のクラブのママだったユキから吾郎との関係を知らされた。怒り心頭の父は吾郎を出世コースから外したと打ち明けた。

ふたばから復讐ノートを見せられた護摩所長は釈放に反対するが、カヨと長谷川の関係を知る高山は再犯の心配がないことを告げる。

カヨの面会に訪れて釈放に必要な身元引受人を申し出る長谷川…。迷惑がかかる予定だと告げるカヨは国を相手取った不倫のピークは今だけで、出所後は来年50歳になるただのおばさんに冷めてしまう。。

ごめんと言い残して面会室を出て行くカヨに長谷川は迎えに来ると言い張る。

翌日、ふたばはカヨに仮釈放を告げに来た。高山に案内されて釈放前の準備寮に入るカヨ。7日間教育すると言うふたばは、カヨを69番ではなく、名前で呼んで親しみを表す。

ふたばと一緒に夕食を作って履歴書を完成させるカヨ。ふたばとの最後の夜を迎えるカヨは自慢の手料理を振る舞う。互いに本音で語り合うふたばとカヨ。

カヨのことが嫌いじゃないと言うふたばは、ノートは渡せない…。好きだから、もう会いたくないのと涙をこらえながらご飯を食べる。カヨはふたばの気持ちに涙を浮かべる。

翌日、護摩所長(池田成志)から釈放許可が出たカヨは、『馬場カヨー!』と名前を叫んで手を振りながら見送ってくれるしのぶに『更生するぞー』との言葉を残して出所した。

監獄のお姫さま 8話 感想とまとめ

監獄のお姫さま 第8話ではマドンナの【ライク・ア・ヴァージン】に合わせてダンスする千夏と結束バンドを切ってもらった吾郎も参加。隠れて見ていたカヨ、洋子、明美たちの千夏流ハニートラップの求愛ダンス発言は面白かったですね。

もっと見ていたかった…とついつい思ってしまった刺激的なダンスシーンでした(笑)

また、刑務所内にあるつぐない美容院で働くことになったカヨが来店する長谷川とラブラブモード。

松田聖子の【夏の扉】を歌うカヨの姿はアイドル小泉今日子を彷彿させるシーンでとてもキュートでした。

そして、ラスト結末でカヨのことが嫌いじゃないと言うふたばが、ノートは渡せない。好きだから、もう会いたくないのと涙をこらえながらご飯を食べるシーンは8話の中で最も感涙。

カヨに再犯させたくないふたばの切実な思いがひしひしと伝わってきました。

監獄のお姫さま 9話 あらすじと予告動画

出所した カヨ (小泉今日子) は、千夏 (菅野美穂) たちと連絡を取るためスマホを購入し、早速メールアドレスを登録。その後、美容院で働き始める。

一方、自立と再生の女子刑務所では、カヨたちがいなくなった雑居房で、しのぶ (夏帆) はイジメを受けながらも黙々と美容教室で修行していた。そんなしのぶを見守る中、何とかしてしのぶの息子・勇介 (前田虎徹) と会わせてあげたいという衝動に駆られた 若井 (満島ひかり) は、しのぶの母・民世 (筒井真理子) に、吾郎 (伊勢谷友介) には内緒で勇介を面会につれてきて欲しいと手紙を送る。だが、その手紙が、かえってしのぶを追いつめてしまうことになる。

時が経ち、2017年のある日。悠里 (猫背椿) が店長でカヨが勤める美容室に若井がやってくる。驚きを隠せない中、若井の髪をカットするカヨたっだが、カットを終えると何も言わずに若井は去っていった。戸惑うカヨと悠里だったが…。

そして… 2017年12月25日。晴海 (乙葉) も揃ったガレージでプレ裁判が開廷!最終章・前編が幕を開ける !

出典:監獄のお姫様 公式

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP