【黒革の手帖】武井咲 5話 あらすじネタバレと感想 最強悪女元子のあくなき野望と暴走!

武井咲さん演じる“最強の悪女元子”の銀座での孤高の戦いが激化してきた【黒革の手帖】

5話で元子は黒革の手帖と裏口入学斡旋者リストを盾に橋田(高嶋政伸)を恐喝して、時価2億円の料亭
【梅村】を、2000万円、25年、月々66000円の300回ローンというただ同然の価格で奪い取ることに成功!

元子はこの街で一番上に立つべく、3億円で政財界のフィクサー長谷川庄治(伊東四朗)が所有する
銀座最高峰【ルダン】の買収に乗り出し、挑戦状を叩き付けました。

元子の暴走が止まらない黒革の手帖5話あらすじネタバレと感想をまとめました。

スポンサーリンク

黒革の手帖 武井咲 5話 あらすじとネタバレ

カルネで新しく雇った島崎すみ江(内藤理沙)を身代わりとして送り、寝物語の中で上星ゼミナール理事長・橋田常雄(高嶋政伸)の裏口入学斡旋者リストを手に入れた原口元子(武井咲)の店に現れた橋田は弁当の嫌みを言って、接客しようとする元子を断りすみ江を席に呼ぶ。

一方、料亭【梅村】で、政財界のフィクサー・長谷川庄治(伊東四朗)と密談を終えた安島富夫(江口洋介)は選挙事務所で亡き国土交通大臣・若槻の妻・貴子に対抗するべく、貴子の演説の後に自転車で現れ、有権者たちの気を引く作戦を指示。その直後、亡き若槻の政治スキャンダルが発覚し、マスコミで報道され、安島は期せずして党の公認候補として選挙戦に臨むことになり、週刊誌にリークしたのは他ならぬ安島だった。

その頃、元子は行きつけの美容室店長・牧野(和田正人)から、銀座の老舗クラブ【ルダン】が長谷川の手に渡り、3億円で売却しようとしている情報を掴み、その夜、安島と一緒にカルネに現れた長谷川に探りを入れる。長谷川は若槻をリークして蹴落とした安島の話しを終えた後、元子に『質流れでたまたま手元にあるだけだ。ママが買ってくれるなら、300円でどうだ』とジョークで笑い飛ばし、元子はルダンの売主が長谷川だと確信する。

その後、梅村の売買契約が済み、橋田は約束の裏金5000万円を長谷川に差し出し、長谷川は女将のキミにゆっくり温泉旅行にでも行って来い、但し、男は控えろと釘を刺し300万円を手渡していた。安島は故若槻大臣の月命日の墓参りで貴子と会い、裏切り者だと罵られるが、土下座したうえで必ず恩返しをすると云って許しを請う。

一方、元子はすみ江から梅村の売買契約が済んだとの報告を受け、情報料として200万円を渡し、法務局に出向き、所有権移転登記を確認した後、黒革の手帖を携えて、上星ゼミナールに乗り込み、すみ江とのことが遊びなら外で会うのはやめてほしい。二度と近づかないと約束出来ないならしかるべき処置を取ると詰め寄る。橋田はその代わりママが付き合ってくれと襲いかかり、元子に平手打ちをくらうが、出口をふさいで、帰さないと軟禁状態にする。

元子は平然とした顔で梅村を譲ってくださいと本題を切り出し、値段を訊ねる橋田に『2000万円、25年月々66000円の300回ローンでお願いします。』と詰め寄り、破産してしまうと言う橋田にお金なら湯水のように湧いてくるといい返し、黒革の手帖を開き、橋田の借名口座リストとすみ江から入手した日時、場所、金額が記述してある裏口入学斡旋者リストを次から次へと読み上げ、青ざめる橋田にゆっくりと口を開く。

これを週刊誌に持ち込んだら、橋田理事長と上星ゼミナールは破滅します。譲って頂けますね
梅村を…2000万円、25年ローンで!

橋田は元子を金の亡者と罵り、そっくりそのまま返された元子に『人助けだ!この国の医者不足に貢献してパイプ役になっているだけだ!』と激高する。しかし元子は『お勉強させていただきます』と十八番で返し、売買にかかる税金も橋田に持たせその場で売買契約を済ませて不敵な笑みを浮かべながら立ち去って行く……。

長谷川が所有するルダンを3億円で買収し野望に突き進む元子に忠告を促す安島

銀座みゆき通りで、偶然【燭台】』のママ・岩村叡子(真矢ミキ)に会った元子は叡子から、最近銀座に姿を見せない楢林(奥田瑛二)とルダンの売却を尋ねられる。

元子は楢林を恐喝した光景を脳裏に巡らせながら、カルネにも顔を出さないので知らないと答える。叡子はひと息ついてあなたがルダンを買んじゃないのと詰め寄るが、元子は『そんなお金は逆立ちしたって出てきません』と素知らぬ顔でとぼける。

叡子は銀座で一番若いママの店が繫盛してると嫌みを言うが、元子は『結局、男は若い女性が好きなんですよね…特に若くてものを知らない都合のいい女…』だと嫌みで返す。叡子は調子に乗る元子の着物にわざと水をこぼし謝るが、元子からそんなに高くないのでと返され、はらわたが煮えくりかえる思いを抑えていた。元子は立ち去り、カルネに戻り、すみ江に橋田とはけりが付いたので、関わらなくていいと告げ、すみ江はホールで不敵な笑みを浮かべていた。

翌日、元子は神社に祈願した後、長谷川政治経済研究所に出向く。長谷川は元子を気にする安島に現役総理の演説もあり、女性スキャンダルさえ出て来なければ選挙に勝ったも同然だと安島に釘をさす。

そんな長谷川に元子は本題のルダンを3億円で譲ってほしいと願い出て、長谷川から訊ねられたパトロンにお金を出してもらうのではなく相続した財産を運用していた相場が上がったと噓をつき、半月後の換金と、相場の一割の手付金3000万円での交渉にかかる。

長谷川は、リスクに対するわしの対価だと云って、手付金5000万円、キャンセル料1億円での売買契約の条件を突き付け、安島は考えたほうがいいと進言するが、元子は長谷川の条件を承諾し、その足で不動産会社に出向き、梅村の売却を進め、カルネに出勤する途中でタクシーに乗っていた橋田とすみ江を目撃する。

元子は店の女の子やスタッフたちにすみ江の出勤を尋ね、来ていないことから、タクシーで目撃した女性がすみ江だったと確信する。閉店後、元子が店の売り上げを計算していると、カルネに安島が現れる。

安島は元子の手を握り、抱き寄せ、金の出所を訊ねる『今ならまだ間に合う、ルダンをキャンセルするんだ!出る杭は打たれる、他の銀座のママが嫉妬や妬みから後ろにいる男たちを使って潰しにかかる、教えてくれ、君は裏で何をやってるんだ。全部話してくれ。君は一体何者なんだ』

頑なに口を閉ざす元子は長谷川が危険で恐ろしい人物だと警告する安島の体を押し退け口を開いた。

『安島さんだって、選挙に勝つためには何でもするんでしょ。恩人を裏切り、蹴落とし、自分はよくて、私がダメだなんて納得できません。当選祝いのパーティーはルダンでお願いします。』

その頃、長谷川と会っていた叡子は長谷川から元子がルダンを買うことを知らされ嫉妬心を燃やし
元子は出勤せず、連絡がつかないすみ江に不信感を抱き心の中で呟いた。

その日、とうとうすみ江は来なかった…嫌な予感がする、何かが私を飲み込もうとしている…

黒革の手帖 武井咲 5話 ツイッター感想

https://twitter.com/mi_chan19971011/status/898207065507745792

黒革の手帖 武井咲 5話 感想とまとめ

【黒革の手帖】5話での武井咲さんはお金を支配してこの街で一番上に立つというあくなき野望に取りつかれ、敵が増えることも楽しむかのように暴走してましたね。

橋田を恐喝して叡子ママを上から目線と嫌み返しで転がし、更に敵だらけの街で、安島のように強い後ろ盾も持たず、ボディーガードも雇わずにたった一人で海千山千の強者たちと渡り合う武井咲さんの度胸と冷ややかで鋭い目力の演技が見どころでした。

次週6話は、武井咲さんの敵、奥田瑛二、高畑淳子、滝藤賢一、仲里依紗、高嶋政伸の怪演オールスターが勢揃いして復讐を開始しますので見どころ満載ですね。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP