ドラマ【モンテ・クリスト伯】第2話 あらすじネタバレ感想 真海伯爵として蘇るディーン・フジオカ!

ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第2話のあらすじネタバレ感想をまとめました。

第2話では入間(高橋克典)や神楽(新井浩文)たちにハメられたことを知った暖(ディーン・フジオカ)が投獄されている国の元大統領のファリア真海(田中泯)と共に脱獄!

暖が命尽き果てたファリアから託されたあるものとは?

モンテ・クリスト真海伯爵として地獄から蘇り、陥れた神楽と南条(大倉忠義)の前にクルーザーで現れるラスト結末までのあらすじとネタバレをご紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ【モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―】第1話 あらすじ まとめ

ドラマ【モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―】第1話 視聴率 5.1%

第1話では2003年春、小さな漁師町で漁業を営む柴門暖(ディーン・フジオカ)は、同じ町で喫茶店を経営する目黒すみれ(山本美月)にサプライズを演出したプロポーズを成功させ、幸せの絶頂にいた。

しかし、その矢先、暖の乗る遠洋漁船『海進丸』が遭難してしまう。暖の後輩・南条幸男(大倉忠義)らが心配するなか、すみれは暖の帰還を信じ、努めて明るく振舞っていた。

2週間後【海進丸】は無事帰港。暖は怪我をしながら奇跡的に生還を果たすが、船長のバラジ・イスワラン(ベヘナム)は亡くなった。実はバラジはテロ組織のメンバーではないかと疑われていた人物だった。

しばらくして暖は退院。暖と共に漁船を掃除する先輩の神楽清(新井浩文)は次の船長はお前だと告げた。事務方にまわると言う神楽に渋谷のことを聞く暖はバラジから預かった手紙のことを話す。

数日後、母の恵(風吹ジュン)が着る結婚式用の着物をすみれと一緒に選ぶ暖がバラジに託された手紙を届けるため渋谷に向かおうとすると、バラジの遺体を調べていた刑事の入間公平(高橋克典)が訪ねて来るというあらすじからストーリー展開されました。

ドラマ【モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―】第2話 あらすじとネタバレ

2017年春。密入国者として漁師町をうろつくホームレスのような一人の男が高い塀をよじ登ると、更地になっていた。男は驚き、落下してしまうが、銀行融資を断られた守尾漁業の社長・守尾信一朗(高杉真宙)に助けられた。

男が守尾に更地の前にあった家のことを尋ねると、病気だった柴門さんは、餓死状態で亡くなったと守尾は答えた。

悲しみに襲われる男の正体はラデル共和国・刑務所からの脱獄に成功した柴門暖(ディーン・フジオカ)。亡くなったのは、暖の母の恵(風吹ジュン)だった。

2011年ラデル共和国の刑務所。テロに資金提供したという冤罪により、投獄されてネズミが走り回る独房で過ごしていた暖の顔には、無数のハエがうごめき、与えられるのはわずかな水と食料。殺されもせずに孤独と戦う暖にもついに生命の限界が訪れようとしていた…。

そんなある日、地下牢の床が崩れ、1人の老人が顔を出す。暖を脅し、看守への告げ口を封じて日本語を話す老人が床の穴に戻ると、暖は意を決して後を追う。穴は男の独房に通じていた。

暖が出会った男は、日系3世のファリア真海(田中泯)。クーデターで20年もの間、投獄されているラデル共和国の元大統領だった。自分が投獄された理由をファリアに尋ねる暖。

【TIファンドマネジメント】の代表・入間貞吉(伊武雅刀)のことをよく知ってると口を開くファリアは、息子の入間公平(高橋克典)や手紙のことを話した神楽清(新井浩文)たちにハメられたと告げる。

日本に帰り、自分を陥れた人間たちへの復讐という目的を持った暖の精神と肉体は輝きを取り戻し始めた。手製の道具で脱獄用の穴掘りを手伝う暖はファリアから世界各国の言葉や様々な知識と教養を得る。

ファリアのように高い壁をよじ登り、鉄格子の窓からすみれを(山本美月)を思い浮かべる暖がファリアとトンネル堀を続けて数年後、ついに脱獄可能な場所にたどり着く。だが、暖よりも年長で長い年月を戦い続けたファリアは暖にあるものを託して息を引き取った。

ファリアの遺体は看守たちによって海に捨てられたが、袋の中から姿を現したのは暖だった。

モンテ・クリスト真海として蘇った暖が南条と神楽と対峙するラスト結末

2017年。守尾の看病によって回復した暖が目覚めると、そこは守尾漁業の事務所だった。おにぎりと味噌汁を出してくれる信一朗に社長の守尾英一朗(木下ほうか)のことを尋ねる暖。

現在の社長は自分が引き継いでると話す信一朗は病気を患って入院していると答えた。守尾漁業のジャンパーを着て、出ていく暖はすみれが経営していた【シンドバッド】へ足を運んだ。

暖が店内に入ると、すみれの姿はなく、ひなこという女性にオーナーが変わっていた。驚く暖はひなこにすみれのことを尋ねる。すみれは料理研究家だと話すひなこは、大スターの南条幸男(大倉忠義)と結婚して子供もいると答えた。

すると、ソファーで寝ていた男が暖に絡んできたが、ひなこから追い出されてしまう。地上げ屋の寺角類(渋川清彦)だと確信して追いかけた暖は寺角を海に突き落とした。

水責めにして喉元にナイフを突きつける暖は実家の地上げと陥れた人物を詰問し始めた。柴門家の更地は売ってないと言う寺角は、不動産会社の社長・神楽清(新井浩文)が売ったと答えた。

ヤバい手紙を持ってる柴門暖を通報しようと言い出したのも神楽だが、通報したのは、すみれを手に入れた南条だと、白状した。

その後、暖は先代社長の守尾が入院している病院を訪れた。ぼさぼさの長髪をかきあげて信一朗のことを切り出す暖。『失礼ですが、どちら様ですか』変わり果てた暖がわからない守尾は尋ねた。信一朗に世話になったものだと答える暖は立ち去った。

数ヶ月後、暖はシンガポールのバンクに姿を現した。ファリアは亡くなる前に隠し金庫に預けてある莫大な資産を暖に託していたのだった。【モンテ・クリスト伯爵】を名乗る暖はファリアの資産を手に入れた。

2017年秋。守尾が亡くなり、南条、すみれ、神楽が葬儀に参列していた。すみれが神楽をにらみつけてると入間も姿を見せた。大出世した入間が将来の警視総監候補だとすみれに話す神楽は入間にまたの相談をほのめかした。『もう、お力になんてなれませんよ』断る入間は立ち去った。

遺骨を倒産した会社に持ち帰る信一朗は、クリーニングされた守尾漁業の制服から一通の手紙を発見する。手紙には親切にしてくれた信一朗に対する暖からのお礼の言葉と感謝が綴られていた。そして、手紙と一緒に一億円の小切手が添えられていた

守尾の葬儀を後にした南条と神楽が海辺で話してると、スーツ姿の暖が現れた。2人に近づき、竜宮城から来たと口を開く暖は、サングラスを取って見せた。

2人にこれからの人生が幸せであることを告げる暖。すみれは迎えに来たクルーザーに乗って去っていく暖の後ろ姿を見つめていた。

ドラマ【モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―】公式 ツイッター

ドラマ【モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―】第2話 感想

脱獄を前にして無念にも息を引き取ったファリアの遺体が海に捨てられましたが、ナイフで切り裂いて姿を現した暖の脱獄は見事でした。しかし、どのように日本に密入国出来たのか、詳細に描いてほしかったシーンでもありました。

親切にしてくれた信一朗に1億円の小切手を手紙に添えて、自分を陥れた南条と神楽の前に姿を現した暖が、正体に気づかない2人の前でサングラスを取って見せて、迎えに来たクルーザーで去っていくラスト結末は良かったと思います。

大富豪のモンテ・クリスト真海伯爵として蘇った暖は、ミステリアスで色気のあるディーンフジオカさんの本来の魅力が溢れていてとてもかっこ良かったですね。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP