ドラマ【モンテ・クリスト伯】第5話 あらすじネタバレ感想 悪魔として覚醒する瑛理奈が出口を毒殺!?

ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第5話のあらすじネタバレ感想をまとめました。

第5話では、復讐の矛先を入間 公平(高橋 克典)に向けていた真海(ディーン・フジオカ)は、公平の娘の未蘭(岸井ゆきの)の婚約者である出口(尾上寛之)に貞吉(伊武雅刀)の殺害を誘導!?

薬物入りの容器を片手に真の悪魔として覚醒した瑛理奈(山口紗弥加)が不適に笑うラスト結末までのあらすじとネタバレをご紹介します。

スポンサーリンク

ドラマ【モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―】第4話 視聴率とあらすじ まとめ

ドラマ【モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―】第4話 視聴率 6.5%

第4話では、モンテ・クリスト真海(ディーン・フジオカ)が、神楽(新井浩文)の妻・留美(稲森 いずみ)に接近!神楽にテナントの相談に来たと言う真海は、店を出す安堂(葉山奨之)を留美に紹介する。

レディースブランドを自ら立ち上げようとしている安堂に出資をしていると話す真海は、安堂の相談を聞いて欲しいと留美を別荘でのランチに誘った。安堂と親しくなる留美は神楽に頼んでテナントなどの件は力になりたいと告げる。

一方、公平(高橋克典)は、娘・未蘭(岸井ゆきの)の結婚式の日取りを独断で進めていた。真海は神楽と国有地を巡って争うライバル会社に融資を行い、払い下げを有利にするため、幸男(大倉忠義)とすみれ(山本美月)の夫婦をCMに起用するよう持ち掛けると言うあらすじからストーリー展開されました。

ドラマ【モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―】第5話 あらすじとネタバレ

モンテ・クリスト・真海(ディーン・フジオカ)の魔手によって実の息子・安堂 完治(葉山 奨之)と肉体関係を持たされた留美(稲森 いずみ)。安堂が目覚めると、留美の姿はなかった。

何もなかったように自宅に戻っていた留美は夫の神楽(新井浩文)に謝罪。木島(嶋田久作)の紹介だから別れられないと言う神楽は留美を許す。

一方、仕事の合間に睡眠を取っていたすみれ(山本美月)は誰かに首を絞められている悪夢から目覚める。暖(ディーン・フジオカ)の名前を呼んでいたという愛梨(桜井ユキ)は誰なのかと尋ねるが、答えようとしないすみれは、日曜日に真海を招待したいと話しを切り替えた。

娘の明日花(鎌田英怜奈)のお礼もしたいからと言うすみれ。愛梨は真海に連絡しておくと答える。

次なる復讐の一手を入間 公平(高橋 克典)に向けていた真海は、外務省勤務でマレーシアに駐在していた出口(尾上寛之)を日本に呼び戻して自身の別荘に招待。出口は公平が自ら選んだ、娘、未蘭(岸井ゆきの)の婚約者だった。

日本に帰れたのは、マレーシア政府を動かせる真海のおかげだと喜ぶ出口にある頼みを持ちかける真海は、公平の父・貞吉(伊武雅刀)を殺して欲しいという。驚く出口に冗談だと告げる真海は、入間家が貞吉の莫大な遺産相続で揉めていることを吹き込む。

一方、未蘭は頼んでおいたダボハゼを取りに【富永水産】へ出向いていた。未蘭にダボハゼを渡す守尾 信一朗(高杉 真宙)はランチに誘う。結婚がなくなったと言う未蘭は、祖父の貞吉が味方してくれているので、父も断念したと喜んで見せる。

守尾に借りたクリーニング済のパーカーを返す未蘭はダボハゼがメスだと気づく。慌てて釣り直すという守尾に笑顔を見せる未蘭は帰宅。すると出口が来ていた。

東南アジアの担当課長になったと言う公平の後妻・瑛理奈(山口紗弥加)は出口を歓迎する。公平は出口に貞吉の遺言書の件を切り出した。

未蘭が君と結婚したら遺産は全て財団法人に寄付されてしまうと話す公平は、それでも未蘭と結婚して欲しいと出口に頭を下げる。遺産が欲しかった訳ではないと言う出口は何も変わらないと答えた。未蘭は守尾に結婚することをメール送信。

真海に成り行きを報告する出口は終わったことだと言う。すると真海は、未蘭との結婚前に貞吉を殺して遺産を相続してしまえば良いと、出口に囁く。ためらいを見せる出口に罪悪感はいらないと言う真海は、貞吉はかつて人を殺していると話し出した。

13年前に急死した未蘭の母は毒殺されたようです。貞吉さんは結婚に反対してました。そう告げる真海は、入間家に関する情報資料を出口に開示。『濡れたハンカチで1分ほど口をふさげばいい。警察の入間さんは、自宅での殺人は認めることはないでしょう』真海は、殺人を誘導する。

そんなある日、公平は貞吉に出口と未蘭のことを報告。『今週末に出口さんが来ます。結婚させることにしました。あなたの遺産はいりません』貞吉に無理矢理スープを食べさせる公平は、垂れ流しにする貞吉を見て満足していた。

瑛理奈は今週末に真海から食事に招待されたことを公平に報告。愛梨は真海にすみれが会いたがっていることを伝えるが、真海は返事をしない。

夫の幸男(大倉忠義)から真海の別荘に招待されたのが、神楽&入間夫妻だと聞いたすみれは、真海の別荘を訪ねるが、会えないまま立ち去る。秘書の土屋(三浦誠己)からすみれが帰ったことを聞く真海は、愛梨に(二度とすみれを近づけないでほしい)とメール送信。

同じ頃、神楽は木島と料亭で密会していた。国有地は、南条夫妻をCMに起用した五蓉不動産だと言う木島。神楽は先生の力で何とかしてほしいと懇願するが、木島は断る。

神楽が会社に戻って来るとすみれが待っていた。真海のことを教えてほしいと言うすみれは暖に関係があると切り出す。

すみれに死んだやつのことを引きずっていると言う神楽は親友を売って、寝取った幸男を罵倒。神楽をビンタするすみれは幸男が助けてくれたと声を上げて立ち去る。

すみれを送り届ける愛梨は真海の別荘へと出向く。後ろから新海に抱きつく愛梨はすみれを避ける理由を尋ねる。真海は何も答えないかわりに一通の手紙を愛梨に手渡す。

その頃、出口は入間家にいた。ブランデーを用意する瑛理奈は公平と共に真海の別荘へと向かう。真海は予定通り揃った入間夫妻に食事を勧めるが、公平は我々だけではないと言う。

はっと思う真海が振り向くと、すみれが現れた。呼んで頂いて光栄ですと言うすみれに動揺する真海。平静を装いながら食事をする真海だったが『少し酔ったので夜風に当たりたい』と席を外してしまう。

一方、出口と二人きりだった未蘭に友人が訪ねて来る。未蘭が部屋を出て行くと、キッチンでハンカチを濡らした出口が貞吉の部屋に侵入。殺害を実行しようとするが……。

友人を出迎えていた未蘭だったが、訪ねて来たのは守尾だった。ダボハゼのオスを届けに来たと言う守尾に婚約者が来ていると話す未蘭は海に帰してあげてと言う。

『親の決めた相手でいいんですか……俺じゃダメですか?』未蘭に告白する守尾。

小学生の時に母親が死んだと切り出す未蘭は『父はその時に私を励ましてくれた家庭教師と結婚しました。私だけ勝手なことは出来ません。こんな息苦しい家に入らない方がいい』と、告げて家の中へ戻る。

水道が流れているのに気づく未蘭は、扉が開いていた貞吉の部屋の前で立ち止まる。恐る恐る部屋の中へ入り絶叫してしまう未蘭。そして、守尾も駆けつける。そこで未蘭と守尾が見たものは、泡を吹いて重体に陥っている出口の姿だった。

すみれを振り切る新海と真の悪魔として覚醒する瑛理奈が出口を毒殺?

一方、テラスで夜風にあたってる真海の元へすみれがやって来た。星が好きなんですかと尋ねるすみれは、明日花から預かってきた絵を手渡した。結婚を尋ねるすみれは独身だと答える真海に『結婚を考えたことはありますか?』と再度尋ねた。

一度だけ結婚を考えた人がいましたと言う真海は『私が長い旅をしている間に別の男性と結婚しました』と答える。『その女性を恨んでますか……?』悲しそうな目で真海を見つめるすみれは尋ねた。『その女性は、もう死んでしまったんだと思うことにしています』そう告げて部屋に戻ろうとする真海。

しかし、真海の腕を掴んで引き取めるすみれは『幸せですか?』と尋ねる。とても幸せだと答える真海は笑っていた。『真海さんが幸せで良かった。さよならお元気で。』すみれは振り向くことなく、テラスから立ち去った。

出口に関する報告書だと入間に資料を手渡す真海は、出口がペーパーカンパニーを通じて横領していたと告げる。公平が動揺していると、未蘭から電話が入った。城南中央病院に搬送しろと命じる公平は瑛理奈を連れて向かう。

公平たちが病院に到着すると、未蘭の横に守尾がいた。驚く公平に挨拶を済ませる守尾は立ち去る。出口は残念だと公平に告げる医師の尾崎は奥さんと一緒の時と似ていると死因を報告。有り得ないと呟く公平は自宅に戻り、貞吉の部屋に入っていく。『出口さんを殺したのはあなたですか?そこまでして息子の言いなりになるのは嫌なのか。』貞吉に掴みかかる公平は見据える。

同じ頃、ショックを受ける未蘭の横には瑛理奈が寄り添っていた。ママが死んだ時も付きっきりだったと瑛理奈にお礼を言う未蘭。瑛理奈は未蘭を抱きしめる。

一方、真海はすみれからもらった明日花の絵を燃やしていた。愛梨は死んだ出口の死因が心不全で処理されたと真海に報告。すみれに会わせたことを謝罪するが、目的を知りたかったと言う愛莉は『あの男たちに復讐したいんですか。それともすみれを取り戻したいのか』と尋ねる。

何も答えようとしない真海の膝の上に乗る愛梨は『愛してたんですよね?あの女のことを』と詰め寄った。

すると、真海は愛梨の首を絞め始めた。真海さんなら出口のように殺されても構わない。その代わりに南条幸男を殺して欲しいと言う愛梨。

私は出口を殺してないと言う真海は貞吉の仕業だと尋ねる愛梨に彼は人殺しはしないと否定。13年前の毒殺も別の人物だと告げる真海は悪魔に覚醒した人物のことを語り始める。『私はあの呪われた家に棲む悪魔を目覚めさせただけだ……』

その頃、瑛理奈は真海が出口の名前で宛てた手紙を読んでいた。(13年前に前の奥さんを殺したように入間貞吉も殺してください。遺産を戴ければ、他言は致しません。出口文矢)薬物入りの容器をキッチンの棚から取り出して不適に笑う瑛理奈は息子の瑛人(宇都宮太良)を抱き寄せる。

『これで入間家は崩れ去る。最愛の息子に全ての遺産を残すために悪魔は必ず壊すはずだ。入間公平の一番の宝物を……』真海が語り終わると瑛理奈の前に未蘭が現れた。

次は南条幸男の番だと言う真海は、彼が抱え込んでしまった悪魔は愛梨だと呟く。『いいんですね……あの男の一番の宝物を壊しても』新海を見つめる愛梨。『すみれはもう死んだんだ……』愛梨を抱き寄せる新海は冷ややかな眼差しで呟いた。

ドラマ【モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―】公式 ツイッター

ドラマ【モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―】第5話 感想

真海の復讐で遂に死人が出ましたが、第5話で一番印象的なシーンは新海とすみれのテラスでの会話でした。

暖だと確信して新海を見つめながら結婚の話を切り出したすみれ。そして、一度だけ結婚を考えた人がいたと言う真海は、『私が長い旅をしている間に別の男性と結婚しました』と話しを打ち切りました。

そんな真海に『その女性を恨んでますか……?』と話しを戻そうとするすみれ。『その女性は、もう死んでしまったんだと思うことにしています』新海はそう告げて部屋に戻ろうとする。

悲しそうな目で新海を直視するすみれと一度も目を合わそうとしない新海の2人を見ていると、もう二度と戻れないのだと思いました。

そう考えると、最終回でのラスト結末は原作同様に新海は愛梨と人生を歩んで行くのでしょうか。ドラマでは原作と違う展開を期待してますので、新海とすみれは戻ってほしいものです。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP