【精霊の守り人 シーズン2】悲しき破壊神 第6話 あらすじとネタバレ感想 帝国の牙

【精霊の守り人 シーズン2】第6話ではラウルと対峙したチャグムは帝暗殺を命じられ、ヒュウゴが処刑されそうになり、ラウルに降伏するというストーリー展開。

ラスト結末ではロタ王国と同盟を結ぶ為にひとり暗い海へ飛び込むチャグムは瑠璃色に光る水の精霊たちに導かれながら必死に泳いでいた…と言う感涙シーンでした。

現在放送中のシーズン3を楽しんで頂くため【精霊の守り人 シーズン2】第6話を振り返ってあらすじとネタバレをまとめました。

【精霊の守り人 シーズン2】第5話のあらすじとネタバレはこちらのブログカードからご覧ください。

スポンサーリンク

【精霊の守り人 シーズン2】第6話 あらすじとネタバレ 帝国の牙

朝霧の中、出小屋の前でトロガイ(高島礼子)と話すバルサ(綾瀬はるか)は帝(藤原竜也)がチャグム(板垣瑞生)を見殺しにするつもりだと聞かされ憤る…。

居ても立っても居られず、動こうとするバルサの前にタンダ(東出昌大)が立ちはだかる。バルサは今の自分には、チャグムを守る力はないとのやり切れない思いを口にする。

旧ヨゴ国からタルシュ帝国へ向かうことになったチャグムはセナ(織田梨沙)との別れを惜しむ。

『ヤルターシ・コゥ・ラー。あなたに海の恵みがあらんことを……』とチャグムを引き寄せて自分の額を当てるセナ。チャグムはお礼を述べてセナと別れる。

ヒュウゴ(鈴木亮平)とともにタルシュ帝国の帝都ラハーンに到着したチャグムはラウル王子(高良健吾)の城に案内される。クルーズ宰相(小市 慢太郎)はチャグムを豪華な客間に案内する。

チャグムに自分の役目が、終わったと別れを告げるヒュウゴは、民を思えば戦うよりも服従しろとの旧ヨゴ国で助言した言葉と、但し、自分とチャグムとは違うという含みを持たした2つの言葉を残して立ち去っていく。チャグムはヒュウゴの言葉の意味をどう捉えていいのか困惑していた。

ヒュウゴはラウルからチャグムを旧ヨゴ国へ連れて行った理由を詰問されていた。

チャグムの疑念を晴らす為だと答えるヒュウゴに帝にも見捨てられたチャグムを人質として生かしておく価値があるのかと尋ねるラウル…。ヒュウゴはチャグムが世の動きや民の心を動かす力を兼ね備えているので価値はあると進言する。

眠れない夜を過ごすチャグムに逃げたいのなら手伝うと言ってそっと近づく待女(中村映里子)。

ヒュウゴの使者だと思い口を開くチャグムは『どこに逃げても無駄だ…逃げ道は私が死ぬことだ…。その覚悟で私は戦うとヒュウゴに伝えてくれ』と答える。

翌日、ラウル王子に謁見したチャグムは自分の考えを話せと言われるが、ラウルの考えが読めないチャグムは何も話せないと答える。

チャグムの考えを戦う意思だと受け取るラウルは、お前を人質にタルシュ兵20万を従えて新ヨゴ国に攻め入る。民は虐殺され、王族も惨殺する。脅しではないと言い放つ。

ラウルは自分が服従しても父の帝が認めないと抵抗するチャグムをバルコニーに連れ出した。眼下に広がる巨大な石造りの帝都ラハーンの街並みに圧倒されるチャグム。

世界地図を指しながら、広大なタルシュ帝国の属国になることが、民の幸福になると説くラウルはチャグムを帝にしてやると告げる。

さらにラウルは、将来的にはロタ王国とカンバル王国を従属させる計画があること。新ヨゴ国にいる内通者は帝を暗殺する。お前がそれを選ぶだけだと詰め寄る。

帝の暗殺に抵抗して広間に連れていかれるチャグムは手を縛られ、鎖で吊るされたヒュウゴの姿を目の当たりにする。チャグムを属国のヨゴ国に連れて行き、余計な疑念を抱かせた罪で、ヒュウゴを処刑すると言うラウルは待女も連れて来る。

昨夜、待女に言われたことをチャグムに問うラウル。チャグムは処刑されそうになるヒュウゴを助けるために降伏を受け入れたと、その場にひざまずいた。

新ヨゴ国の宮殿には、4年前にバルサから受けた傷にかこつけて金の無心にやって来たカンバル国王のログサム(中村獅童)が帝と会っていた。ログサムは姿が見えないチャグムのことを尋ねる。

帝に代わって口を開く聖導師(平幹二郎)はサンガル王国の外交で留守にしていると説明する。

帝を殺して王位に就く約束をラウルと交わしたチャグム…。宝石を与えられて解放されたチャグムは捕虜となった兵士たちと共に帰国の途につく中、シュガ(林遣都)に対して、タルシュ帝国に降伏しない心中を明かした。

ジン(松田悟志)とモン(神尾佑)には新ヨゴ国に戻り、内通者と帝の暗殺計画を探ること。自分はモンから海へ突き落とされて暗殺されたという計略を打ち明けた。

ロタ王国と同盟を結ぶ為にひとり暗い海へ飛び込むチャグムは瑠璃色に光る水の精霊たちに導かれながら必死に泳いでいた…と言う展開でした。

【精霊の守り人 シーズン2】第6話 感想とまとめ 帝国の牙

第5話から本格的に登場したタルシュ帝国のラウルはドラマには登場しない原作に描かれてる皇帝オーラハンの次男で長男はハザールです。

皇帝は死が迫っており、第一王子のハザールと第二王子のラウルが互いに競い合いながら次の皇帝の座を争っているのが原作でのストーリー展開。

ドラマではオーラハンから北の侵攻での指揮権を与えられているラウル王子が実質的にタルシュ帝国を統率しているストーリーを描いております。

第6話でチャグムに対して言葉巧みに帝を暗殺するよう追い込んで行くラウルが一筋縄ではいかないチャグムにヒュウゴを処刑すると見せかけて降伏させる計略は見事でした。

実はこの計略は第8話で、ヒュウゴがバルサに打ち明けて判明するラウルへの進言から実行されたヒュウゴとラウルの頭脳作戦。チャグムは情けを利用されたわけです。

冷酷なワンマンだけでなく、柔軟性をも持ち合わせているラウルはヒュウゴが忠誠を誓う次期皇帝に相応しい人物だと言えるでしょう。

そして、ラウルに降伏したと見せかけて、ロタ王国と同盟を結ぶ為にひとり暗い海へ飛び込んだチャグム。ナユグの世界が見えるチャグムが水の精霊たちに導かれながら、必死に泳ぐ姿は感動させられました。

バルサとの旅で勇敢さも備わり、ラウルより勝る人徳を持つチャグムも、帝に相応しい人物ですね。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP