奥様は、取扱い注意 9話 あらすじネタバレ感想 綾瀬はるかをPCで監視する西島秀俊はスパイ!

【奥様は、取扱い注意】最終回が近づきスパイ説が浮上している勇輝(西島秀俊)と菜美(綾瀬はるか)との戦いが近づいてきた9話のあらすじネタバレをまとめました。

第9話では突然ドイツ移住を告げる勇輝を疑う菜美が小雪(西尾まり)に調査を依頼。菜美に報告する小雪の横には険しい表情をする勇輝の姿がありました。

京子(本田翼)は渉(中尾明慶)の浮気現場を目撃。安西(小関裕太)と一線を越えた優里(広末涼子)は横溝健(玉山鉄二)から強迫される展開。

PCで菜美を監視する勇輝と菜美がメモを渡した小雪と対峙するまでの【奥様は、取扱い注意】9話 あらすじネタバレ感想を10話最終回の予告動画と共にご紹介します。

ラストまでネタバレしてますので結末を知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

【奥様は、取扱い注意】8話 あらすじネタバレ まとめ

第8話では、近所に住む主婦の三浦妙子(相築あきこ)が主催するホームパーティーに出席することになった菜美(綾瀬はるか)と優里(広末涼子)、京子(本田翼)。

妙子は1年前に収賄疑惑で世間を騒がせた与党の幹事長代理で、夫(冨家規政)のイメージ回復のために時折パーティを開いていた。菜美は会場で目にした主婦・坂崎藍子(笛木優子)の不審な行動を気にしながらも、優里、京子と共に妙子の家を後にする。

後日、菜美の家の近所で立て続けに空き巣事件が発生した。防犯用具の取り付けを渉に頼んでいた京子は姑・良枝(銀粉蝶)がいるから心配ないと告げられふてくされる。

優里も夫の啓輔(石黒賢)に防犯用具設備の強化を頼んでいたが、留守中の妻を心配する気もない夫に失望。合コンで出会った安西(小関裕太)から届いた動画メッセージを見て『コーヒーぐらいなら』と返信する。

勇輝(西島秀俊)に空き巣事件のをことを話して仕事のことを尋ねる菜美は嘘の匂いを感じてしまう。勇輝を送り出した後、尾行するが、何もつかむことができないまま帰宅する。

そんな中、中平宅に空き巣犯と思われる怪しい男が侵入。デスクの引き出しの中にある通帳を見つけるが、探していたものとは違い足早に退散。

警察が現場検証を行い、通りかかった菜美は見つけた藍子に声をかけるが、藍子は足早に立ち去って行く。菜美と出会った優里は菜美に噓をついて、カフェに出向き、安西から愛の告白を受けて心のトキメキを隠せないまま別れる。

その後、勇輝と防犯用具を買いに行く菜美が、出かけると同時に伊佐山宅に空き巣が入った。財布を忘れた勇輝は自宅に戻り、空き巣犯と鉢合わせ。犯人と闘い軽く負傷。その場で菜美に連絡する。

愛の巣に土足で入り込み、愛する人を傷つけられた菜美は真犯人への復讐を決意。

菜美は妙子の家で不審な行動を取っていた藍子を問い詰め、助言した上で、三浦夫婦のベッドルームに盗聴器を仕掛け、贈収賄疑惑に関するやり取りを録音したUSBメモリを持っていることを白状させた。

妙子の家に出向いた菜美は2Fのトイレの事で揺さぶりをかけて帰宅。餌に引っかかった妙子は三浦に報告。三浦は空き巣犯=殺し屋の(三元雅芸)に坂崎夫婦を襲うよう指示する。

三浦から指示された犯人は早速、行動に移して配達員を装い、坂崎宅を訪問するが、待ち構えていた菜美と乱闘の末、菜美に撃退されてしまう。

菜美はUSBを預ける藍子にガラスの陶器を手渡した上、強盗ともみ合っているうちにはずみで殴った証言をするよう助言して警察への通報を促し立ち去る。

事件を解決した菜美は、小雪(西尾まり)に連絡を入れ、藍子から預かってたUSBメモリーのデーター送信。小雪は厚生労働省のホームページをハッキングした上、謎の音声ファイルをアップロード。

菜美、優里、京子は、三浦の贈収賄疑惑に関する全貌が放送された番組をテレビで視聴していた。

安西から会いたいのメールが届き、足早に立ち去る優里は安西の愛を受け入れる決心。京子は渉への不実に立ち向かう決心をした。

“寝室のベッドで勇輝の胸に顔をうずめていた菜美は、プロの殺し屋相手に無傷だった勇輝に疑惑を深めた。勇輝は思う『間違いない……彼女は気づき始めてると……』”

第8話では菜美と勇輝が互いの正体を疑うというストーリーでした。

【奥様は、取扱い注意】8話の詳細なネタバレはこちらのブログカードからご覧いただけます。

【奥様は、取扱い注意】9話 あらすじとネタバレ

女でも、人間でもなく、ただの目覚まし時計扱いする夫啓輔(石黒賢)と結婚したことを後悔する優里(広末涼子) 。安西(小関裕太)に安らぎを求める優里は週末のランチデートに誘われる。

菜美(綾瀬はるか)と京子(本田翼)優里の住む街で、主婦の浦辺(中村映里子)が自ら命を絶った。お通夜に出席する菜美たち。優里が自殺する前にすれ違ったと話した浦辺は横溝健(玉山鉄二)に弱みを握られ主婦売春を続ける日々に、耐えられなくなったのだ。

車の中で菜美と目が合い部下にいい女だと呟く横溝…。菜美は不穏な足音を感じるがその正体を掴むことはできず、真相は表沙汰にならないまま闇に葬られてしまう。

帰宅する菜美に海外支社を作ることになったので、一緒にドイツへ行こうと告げる勇輝(西島秀俊)。菜美は君がいなければやり遂げられないと話す勇輝に対して前向きに考えると返事する。

啓輔(石黒賢)から一方的に年賀状のリストを渡される優里。亡くなった浦辺の悲しみに寄り添っていた優里は、関心を持たない啓輔に最近の私が何を考えてるのかわかると尋ねる。

君は求めるだけで、与えようとしない。明日は8時に起こしてほしいと立ち去る啓輔。優里は啓輔との結婚生活に限界を感じていた。

京子から明日の外出を報告された姑の良枝(銀粉蝶)は渉(中尾明慶)が残業だと答える。

突然の海外赴任の話に勇輝への疑惑を深めた菜美。勇輝を見送った後、昔の仲間・小雪(西尾まり)のクリーニング店に出向いて調査を依頼する。

普通の女としていたかったから、詳しい調査をしなかったと話す菜美。心を持っていかれたと尋ねる小雪は普通に生きるなら考え直した方がいいと諭す。

一目惚れだったと答える菜美は勇輝のデータを渡して立ち去る。同じ頃、横溝に弱みを握られ、服従していた2人の主婦はビジネスホテルの804号室と805号室に入って行った。

一方、渉の不倫疑惑と正面から向き合う決意をした京子は渉を尾行するが、同僚の女子とホテルに入っていく場面を目撃してしまい、ショックを受ける。

自宅にいる菜美に小雪から勇輝に関する調査結果の報告が入った。勇輝は完全な堅気で会社も健全、あんたは当たりを引いたと安心するよう伝える小雪…。菜美に偽の情報を伝えた小雪の横には険しい表情をする勇輝の姿があった。

同僚の女子と浮気を終えて帰宅した渉は満面の笑顔で、元気のない京子に姑とのケンカを心配する。京子は何でもない素振りでやり過ごしてしまう。

帰宅して今日のランチメニューを話す勇輝に一緒にドイツへ行くと返事する菜美。

いつまでも大切にすると答える勇輝は『彼女の言葉を信じていいいのか…』と心の中でモノローグ。菜美も勇輝も互いへの猜疑心から罪悪感を覚えていた。

翌日、出かける菜美を引き止める京子は優里と菜美に渉が待ち合わせていた同僚の女子とホテルに入って行った浮気現場の目撃を打ち明ける。

これからどうするのと京子に尋ねる菜美。旧姓が浮気(ふけ)だと話す京子は寂しい家庭環境の中、高校の同級生だった渉との馴れ初めから結婚に至るまでの経過を話す。

そして、昨夜の渉の笑顔を見た時、誰にも渡したくないと思ったこと。きちんと話し合ってやり直す決意を2人に告げる。

その晩、帰宅して明日の残業を告げる渉。残業をやめてと言う京子はあなたも家もお義母さんも好きだから残業をやめてほしいと懇願する。残業をやめられないと答えて部屋を出て行こうとする渉は、母の良枝から部屋に戻されてしまう。

渉が小学校の時に長期の残業だと噓をついていた父親に家を出て行ってもらった話を聞かせる良枝は今すぐ家を出ていくよう促す。

思いもよらない良枝に返す言葉を失う渉…。良枝は京子の思いに応える覚悟ができたら、戻って来ていいと言い放つ。家を追い出される渉は荷物をまとめて出て行く。

菜美を監視する勇輝と安西と一線を超える優里が横溝に強迫される

京子の言葉に心を動かされて安西に会い別れを告げて立ち去ろうとする優里…。

優里に愛を囁く安西はダイニングテーブルに押し倒す。目を閉じる優里は安西のキスを受け入れてしまう。安西と一線を越えてしまった優里は罪悪感を覚えながら立ち去る。

渉が家を出て行き、呆然自失状態でスーパーで買い物をする京子…。

河野佳子(宮下今日子)は京子に声を掛ける。優里の名前を出して京子を安心させ、ランチに誘う河野…。横溝の魔の手は京子にも忍び寄っていた。

会社のデスクから菜美に電話して今日のランチを尋ねる勇輝。洋服の整理をしていた菜美はドイツで着るコートをねだる。買い物の約束をして電話を切る勇輝はPCで菜美を監視していた。

夕食時に優里のメンタルと体を気遣う啓輔は、クリスマスに合わせての旅行を提案。家族旅行に大喜びする息子の啓吾(川口和空)。啓輔は驚きを隠せない優里に家族に対する努力を約束する。

京子は渉のいない悲しい夜を過ごす。優里は自分の犯した過ちに心が押しつぶされそうになりながら眠れぬ夜を過ごした。心が引き裂かれそうなまま翌日を迎えた菜美は優里と京子と共にランチ会を開く。

どんなことが起きても離れなくなるのが、理想の夫婦だと語り合う菜美たち…。いつまでも続くことを願う菜美は『これが最後のランチ会になった』とモノローグ(心の中のひとりごと)

安西に会いに行った優里は昨日のことは忘れてほしいと別れを告げるが、横溝が現れる。昨日のことを隠しカメラで録画したと詰め寄る横溝。優里を強迫する横溝は主婦売春を考えるよう言い残して立ち去る。

少女・薫(西野瑠菜)に謎の女(菜美)からのメモを手渡された小雪は着替えて待ち合わせ場所に向かう。小雪と対峙する菜美は勇輝の本当の正体を教えるよう迫る。

【奥様は、取扱い注意】9話 感想とまとめ

第9話で海外支社を出すことから菜美(綾瀬はるか)にドイツ移住を申し出た勇輝(西島秀俊)。

勇輝の正体を暴こうと決心をした菜美は昔の仕事仲間の小雪(西尾まり)に調査を依頼…。菜美に報告する小雪の横には勇輝の姿が!更に勇輝がPCで菜美を監視するシーンまで登場したことから勇輝が菜美のスパイをしていたことは間違いないでしょうね。

結末で少女にメモを渡して小雪を呼び出した菜美。小雪の何気ない言葉から噓の報告を見破った菜美が小雪に詰め寄るシーンは、元、凄腕のスパイを彷彿させるラストでした。

そして安西(小関裕太)と一線を超えた優里(広末涼子)を強迫する横溝健(玉山鉄二)も本格的に正体を現して暗躍する展開。

12月6日に放送される最終回では正体が判明する勇輝VS菜美に死闘が勃発!!勇輝の目的と敵か味方かが、一番気になるところ。【奥様は、取扱い注意】次週放送の10話が最終回だと思うと、名残惜しいですね。

【奥様は、取扱い注意】10話 最終回 あらすじと予告動画

菜美(綾瀬はるか)が、愛する旦那・勇輝(西島秀俊)の本当の姿を小雪(西尾まり)から知らされた夜、史上最大の“夫婦喧嘩”が勃発した!!自分のすべてを尽くした死闘の中でお互いへの愛を再確認した菜美と勇輝は、一時“休戦”。任務のために菜美に近づきながら本気で菜美を愛してしまった苦悩を打ち明けた勇輝は、“普通の主婦”としてドイツで暮らすことを提案する。しかし、お行儀の良い、見せかけだけの“未来”を菜美は受け入れることはできない。

そんな中、優里(広末涼子)は久々に啓輔(石黒賢)の思いやりに触れ、横溝(玉山鉄二)との対決を決意。しかし横溝は自分に服従している主婦たちへの見せしめに優里に暴力をふるい、優里は重傷を負って入院してしまう。勇輝は菜美に、これからも2人が夫婦でいるために優里の事件を“黙殺”するように忠告。しかし京子(本田翼)から優里が佳子(宮下今日子)と接触していたと聞いた菜美は、事件の真相を明らかにするために動き出す…。

優里は、自分の過ちをふくむすべてを菜美に告白。親友の“幸せ”を守るために、菜美は横溝への復讐を決意する。しかしそれは、菜美と勇輝の“幸せ”の終わりをも意味していて…!?

出典:奥様は、取り扱い注意 公式

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP