奥様は、取扱い注意 3話 あらすじとネタバレ感想!綾瀬はるかVSボスママ青木さやか

【奥様は、取扱い注意】の3話では菜美(綾瀬はるか)が、カツアゲの現場に通りかかって、止めに入るが、学生から『ババア』呼ばわりされ怒り心頭。

カモンポーズからいつものようにコッソリと事件を解決するが、居合わせた主婦・清水理沙(小野ゆり子)に動画で撮影されてしまい、ボスママ・相良貴子(青木さやか)に立ち向かっていく【強さ】を手に入れるためケンカの作法を教わりたいと頼まれ、菜美は理紗とトレーニング開始!

【奥様は、取扱い注意】3話 あらすじとネタバレ感想を4話の予告動画とともにご紹介します。

スポンサーリンク

【奥様は、取扱い注意】2話 あらすじネタバレ まとめ

第2話では、菜美(綾瀬)が隣人の主婦・優里(広末涼子)と京子(本田翼)とともに、着付け教室に通い、妖艶な受講生・夏希(高岡早紀)と出会うところからストーリー展開。

抜群の女子力なさを披露した菜美が優里と京子たちと一緒に夏希から女性らしい所作や夫をその気にさせるテクニックなどを教えてもらう中、過去の夏希を知る的場が訪ねて来て、夏希を恐喝。

そのうえで、町内の家のポストに夏希が有名な人気AV女優だったチラシをまき散らし、菜美たちが事実を知ってしまうことになり、町内会でも大問題になる。

夏希は議長から町を出ていくよう仕向けられるが、菜美たちが自分たちで解決すると宣言し、テレビカメラを設置して張り込み、的場の弟分を取り押さえる。

翌日、的場は夏希を車で連れ出し、再度、500万円を要求。夏希から事情を聞いた菜美は立ち上がり、ボイスレコーダーとGPSを用意してアジトを突き止め、的場たちをフルボッコ!

家出していた夏希の夫・貞之も帰って来て平和が戻り、菜美と夫の勇輝(西島秀俊)が悪代官プレイで盛り上がり、キスを交わすラスト結末でした。

【奥様は、取扱い注意】2話の詳しいあらすじとネタバレはこちらのブログカードからご覧頂けます。

【奥様は、取扱い注意】3話 あらすじとネタバレ

12歳の時に養護施設【光が丘学園】のボスになって、滑り台の上から、仲の良い親子の姿を見ていた菜美(綾瀬はるか)は、強く生きることを決心。

ある日、優里(広末涼子) 京子(本田翼)と、ショッピングモールに出かけて、映画鑑賞を終えた菜美はカツアゲの現場を通りかかり、止めに入るが、学生たちから『ババア』呼ばわりされ怒り心頭。

いつものようにカモンポーズを取って、コッソリ事件を解決するが、隠れて見ていた主婦・清水理沙(小野ゆり子)にその様子を動画で撮影されてしまう。

菜美がタダ者でないことを確信した理沙は数日後、尾行を開始…。

結局、菜美に見つかってしまうが、幼稚園のママ友からいじめを受けていることを告白したうえで、動画を交渉に元女子プロレスラーのボスママ・貴子(青木さやか)に立ち向かう強さを手に入れるため、ケンカの作法を教わりたいと菜美に頼み込む。

一方、京子は毎日帰りが遅い夫・渉(中尾明慶)への不信感を募らせ、姑の良枝(銀粉蝶)から『早く子供を作らないと人の心は変わってしまう』との嫌味に爆発寸前。同じ頃、夫の啓輔(石黒賢)に働きに出たいと申し出る優里は、息子の教育に気を配るよう却下されていた。

2人が不満を募らせるなか、菜美は貴子が仕切っているさくら公園の偵察へ出向くが、貴子のやり方に反感を抱き、『子供が出来てもここはやめとく、ごきげんよう』と足早に立ち去る。

帰宅した夫の勇輝(西島秀俊)からも『相談に乗って、力になってあげたら…』と助言を受けた菜美は、翌日、理紗に“ケンカをしないこと”を条件に明日からのトレーニングを引き受けることにする。

1回目のトレーニングが開始され、ゆっくりとランニングする菜美は『心臓がヤバくて、心がバキッと折れる音を聞いた』と音を上げる理紗に『どうする、やめる、70Mしか走れなかったと息子さんに言える?』とぱっぱをかけ、奮起した理紗は再び走り出した。

5回目のトレーニングではランニングの後、腕立て伏せに入るが、理紗は5回でダウンした後、拳の構え方からパンチの繰り出しまで教わる。15回目に入り、ランニングも慣れてきた理紗は腕立て伏せも10回まで出来るようになっていた。

トレーニングを終了する理紗は菜美に強さのワケを尋ね、菜美は『強くならないと生きていけなかった、子供の頃は世界中が敵だと思っていたが、運命の人と出逢い、今は、世界中が優しく見えるようになった』と答えた。

帰宅した勇輝は菜美に引き締まったねと尋ねるが菜美はそんなことはないとごまかす。

翌日、菜美は外で待っていた優里と京子から最近の付き合いの悪さを問われ、菜美はトレーニングを始めたと答える。参加を申し出る優里と京子は理紗と合流した。

菜美は受付嬢の後、フィットネスジムでボクシングのトレーナーをしていたことにしてほしいと理紗に口裏合わせを頼み、4人で汗を流すことになる。

一方、貴子はテレビばかり見てドリルをやっていないたくやを怒鳴りつけ、荷物を取りに帰って来た夫に『この家も渡さないし、たくやにも会わせない、子育て放棄したから権力はない』と言い放つ。

夫は『君は強いがこの10年間、息苦しかった』と告げて、たくやと話しをして出て行ってしまう。

翌朝、理紗は貴子たちに出会うが、堂々と挨拶して通り、菜美が待つ運動場に向かい、腕立て伏せを20回達成し、偵察していた2人の主婦は貴子に報告する。

菜美に敗北して諭された貴子がイジめていた理紗と親友になる結末

その後、スーパーで菜美を見つけた貴子は『あんた、タダ者じゃないでしょ、あたしに勝てるとでも思ってるの』と凄んで見せるが、相手にしない菜美は足早に立ち去っていく。

菜美にメンツを潰された貴子は理紗に対するイジメの提案を主婦たちに促すが、反発して理紗をかばう2人の主婦は子供を連れて立ち去り、菜美たちの元へ現れ、理紗に謝罪して、トレーニングに参加する。

いつの間にか、主婦たちは貴子から離れ、どんどん菜美たちの元へ行き、トレーニングに参加。

とうとう貴子は一人ぼっちになってしまい、夫が離婚届けと鍵を置いて出ていった翌朝、自転車に乗って、出かける理紗を突き飛ばしてしまう。

骨折した理紗はお見舞いに訪れた菜美、優里、京子たちに不注意で転んだとウソをつき、2ヶ月くらいトレーニングを休ませてほしいと願い出る。

『あいつにやられたの?』と、菜美から尋ねられた理紗は激しく動揺…。

手が自由に使えず、キッチンでお茶の葉をこぼす理紗は『せっかく菜美さんから簡単に折れない心を与えてもらったから、どうにかこらえてみせます』と菜美に今の苦しい心境を打ち明けた。

菜美は『今、音が聞こえたよ…たまには折れてもいいのよ』と理紗を優しく包み込み、抱きしめていた。

その晩、菜美は貴子の自宅に出向き『ちょっと顔を貸してもらえるかしら』と夜の公園に連れて行った後、貴子に『なにか辛いことあるんじゃない、私が助けてあげる』と手を差し伸ばす。

自分の強さを過信する貴子は『ふざけるな!』と言い放ち、菜美に襲いかかるが、全く歯が立たない…。

赤子のように捻られ『夫が理紗を優しそうで可愛いと言ったことから大ゲンカになった。許せない!』と、理紗に対するイジメの動機を打ち明ける貴子…。

菜美は『狭い場所でボスになった私が辿り着いた場所は誰もいない荒野だった。あなたは私が今まで戦ってきた相手の中で一番弱い。だから、みんなの力を借りて、自分の弱さを認めれば荒野に行くことはない』と自分の経験を語り、貴子を諭した。

目が覚めた貴子は翌日、理紗の自宅に出向き、今までのイジメを謝罪して、この後、2人は親友になる。

“勇輝は後ろから菜美の腰に手を回し、インストラクターだと答える菜美に少しくらい秘密があった方がいいその方が何度も君を発見出来ると囁き、2人は熱いキスを交わした”

【奥様は、取扱い注意】3話 ゲストキャスト

青木さやか(相良貴子役)

元女子プロレスラーのボスママ。

幼稚園のママ友を仕切っているが、誰にも言えない悩みを抱えている。

青木さやか 1973年3月27日生まれ 44歳 愛知県出身。1996年中京テレビ【めざせ!総・楽・天】に出演してお笑いデビュー。2003年頃から【ネプリーグ】【笑う犬の太陽】などの番組にレギュラー出演し【エンタの神様】などのネタ番組でブレイクした。その後はお笑い以外にも女優業や司会業などとしても活動開始。2016年はクドカン脚本ドラマ【ゆとりですがなにか】での坂間みどり役、朝ドラ【とと姉ちゃん】第56話では奥寺の妻役として出演している。

小野ゆり子(清水理紗役)

菜美がカツアゲ事件現場を解決した際にコッソリ目撃していた主婦。

イジメを受けている貴子に立ち向かう為、菜美にケンカの作法を教わる。

小野ゆり子 1989年8月4日生まれ 28歳 東京都出身。夫は俳優の大森南朋。中学1年で【3年S組 黒ひげ先生】篇に子役出演するが、その後、所属事務所が閉鎖したため、事務所を変更して2008年からモデル活動を開始した。2013年【最高の離婚】でドラマデビューし、翌年【天誅〜闇の仕置人〜】では主演・サナ役を演じた。2016年は【ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜 】【家売るオンナ】【相棒 season15】などの人気ドラマでゲストキャストとして出演している。

【奥様は、取扱い注意】3話 ツイッター感想

【奥様は、取扱い注意】4話 あらすじと予告動画

町内の豪邸に住む主婦・美佐子(星野真里)が開いている「読書会」に参加することになった菜美(綾瀬はるか)と優里(広末涼子)、京子(本田翼)。美佐子の息子・悠斗の可愛らしさと聡明さに刺激を受けた菜美は、子どもが欲しいと勇輝(西島秀俊)に言いかけるが、はぐらかされてしまう。

数日後。悠斗が誘拐される事件が発生!犯人は翌日までに1億円支払うよう要求し、警察に通報したら息子を殺すと脅迫してきた。「読書会」のために美佐子の家を訪れ、事情を聞いた菜美は、自分たちだけの手で事件を解決しようとする美佐子の夫・光雄(古屋隆太)の頑なさに違和感を抱く。

光雄が金策に奔走する中、悠斗の家庭教師・真純(佐野ひなこ)が美佐子の家に現れた。その直後、犯人から身代金の受け渡しに真純を指定するメールが届く。その文面にもおかしなものを感じた菜美は、美佐子の家に泊まり込むことに。

翌朝。かき集めた7000万円で手を打ってくれるよう、犯人との交渉に挑む光雄。しかし、悠斗を誘拐した大学生・秀人(柾木玲弥)が悠斗に顔を見られてしまったことから事態は急展開し始めて…。

果たして菜美は真犯人を突き止め、悠斗を取り戻すことができるのか?そして真犯人が悠斗を誘拐した本当の目的とは…!?

出典:奥様は取り扱い注意 公式

【奥様は、取扱い注意】3話 感想とまとめ

【奥様は、取扱い注意】3話は1話や2話と違って重いネタじゃなく、スポ根ドラマのような感じでした。

菜美のスパルタ指導によって、少しずつ体と心の強さと柔軟さを手に入れ、成長していく理沙が、最後にはイジメられていたボスママ役の青木さやかさんと親友になる素敵な結末。

また、綾瀬はるかさん演じる菜美の恒例とも言える格闘シーンはありましたが、顔だけが怖くて、弱すぎる青木さやかさんには笑っちゃいました。

ラスト結末での、夫・勇輝(西島秀俊)とのほっこりとしたラブラブタイムは回を増すごとに西島秀俊さんの積極性が出てきて仲のいいお二人が素敵でした。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP