【精霊の守り人 シーズン2】悲しき破壊神 第1話 あらすじとネタバレ感想 災いの子

【精霊の守り人 シーズン2】第1話ではロタ王国の王都・ロタ祭儀場の処刑台に縛りつけられているタル人の女トリーシア(壇蜜)が娘のアスラ(鈴木梨央)と兄・チキサ(福山康平)の目の前で処刑される衝撃的なオープニングから物語がスタート。

泣き叫んで怒りとともに神を招くアスラは光の粒子を牙に変えて兵士たちを大量殺戮。

宿泊先で奴隷商人に売られそうになっているところ、短槍使いの女用心棒・バルサ(綾瀬はるか)とタンダ(東出昌大)に助けられるというストーリー展開。

現在放送中のシーズン3をより楽しんで頂くため【精霊の守り人 シーズン2】第1話を振り返ってあらすじとネタバレ感想をまとめました。

スポンサーリンク

【精霊の守り人 シーズン2】第1話 あらすじとネタバレ 災いの子

ロタ王国の祭儀場でかがり火が焚かれ、処刑台に縛りつけられたタル人の女・トリーシア(壇蜜)。娘のアスラ(鈴木梨央)とその兄・チキサ(福山康平)はその光景を見つめていた…。

お母さんを殺さないでほしいと泣き叫ぶアスラ。トリーシアは『泣かないでアスラ!お前は誇り高き神の子です!神を招きなさい!聖なる宿り木の輪を手に取りなさい!』と言い残して処刑された。

次の瞬間、アスラに集まった光の粒子が、祭儀場全体を切り裂いた。

光が牙のように無数に飛び散り、兵士たちを殺戮してしまうアスラ…。チキサは気を失ったアスラを抱きかかえ、悲しみをこらえながら逃げていく…。

翌日の夜、ロタ王・ヨーサム(橋本さとし)と共に兵を引き連れて祭儀場に訪れた弟・イーハン(ディーン・フジオカ)は変わり果てたトリーシアの姿を見て悲しみにうなだれる。

4年前、養父・ジグロ(吉川晃司)の敵であるカンバル国王・ログサム(中村獅童)暗殺未遂のため、お尋ね者になっていた女用心棒・バルサ(綾瀬はるか)は隣国のロタ王国に身を潜めていた。

用心棒稼業を続けていたバルサはツーラム港でタンダ(東出昌大)と再会を果たす。

宿の前の道で奴隷商人に連れられたタル人の兄妹・チキサとアスラに遭遇したバルサが短槍を掴んで兄弟が入って行った部屋を見張ってると、突然、戸や壁が吹き飛び、中にいた奴隷商人たちは見るも無残な姿となって死んでいた。タルの民族が崇める破壊神・タルハマヤをその身に宿し神を召喚したアスラの怒りによって殺戮されたのだった。

その存在を危険視するロタ王国の呪術師・親子スファル(柄本明)シハナ(真木よう子)がアスラを殺そうと迫り来る中、バルサとタンダはアスラとチキサを連れて逃亡。

一方、15歳になった新ヨゴ国皇太子チャグム(板垣瑞生)は父・帝(藤原竜也)から祖父のトーサ(伊武雅刀)と共に南方の大国・タルシュ帝国の侵略から海の国・サンガル王国を助ける為に航海へ出るよう命じられる。

森の中ではシュガ(林遣都)が呪術師・トロガイ(高島礼子)と酒を酌み交わしていた。チャグムのお供で航海に出るシュガに何かできることはないかと尋ねるトロガイ…。シュガは困った時は助けを求めるかもしれませんが、私も魂を飛ばすことぐらいはできるでしょうからと返事をする。

チャグムを心配して出航中止を頼んでみると話す母・ニノ妃(木村文乃)…。チャグムは外に出て、少しでもこの国の為に働きたいとの意思を伝える。

バルサとタンダがいる部屋に現れたスファルは『あの妹は不吉だ。決して人の手に負えるような子ではない。恐ろしい災いに巻き込まれる』と忠告する。その時、チキサの悲鳴が響く!

バルサが駆け出して部屋へ飛び込むと、アスラとチキサを取り囲んでいる3つの人影があった。

眠ってるアスラに呪文を唱えるシハナ…。バルサはマクルとカッハル相手に闘うが、術をかけられ、虚実がわからなくなり、苦戦する。目を伏せて、敵の実態を感じるバルサはシハナの後ろから突進。シハナはバルサの短槍を交わしてマクルとカッハルと共に逃亡。バルサはアスラを背負い、タンダにチキサを頼んで一緒に宿を出た。

草原の廃墟となった厩舎で休むバルサたち…。目を覚ましたアスラは外で短槍を振っている音に耳を澄まして窓から様子を見る。あの女の人が守ってくれたと話すチキサ。

名前を尋ねるアスラにチキサは『バルサ』だと答える。バルサは朝日を浴びながら、まるで見えない敵と戦ってるかのように、短槍を振るっていた…というストーリー展開でした。

【精霊の守り人 シーズン2】第1話 感想とまとめ 災いの子

第1話からロタ王国の祭儀場で処刑されたタル民の女トリーシア(壇蜜)…。娘のアスラ(鈴木梨央)が泣き叫ぶ姿は感情移入したシーン。その後、強い怒りを感じたアスラは畏ろしき神タルハマヤを召喚。

アスラの元に集まった光の粒子が牙のように無数に飛び散り、兵たちの体を切り裂いていくシーンは異世界のファンタジーそのものでしたね。

トリーシアを演じていた壇蜜さんに関しては、眉毛がなく、タル民の象徴である赤い印が和風の顔と雰囲気にマッチしていたと思います。

そして、バルサ(綾瀬はるか)とシハナ(真木よう子)が闘うアクションシーンは見応えありましたね…。短槍を使うバルサに二刀流の短剣で挑むシハナは予想以上に強い敵となりそうです。

空手をやっていた真木よう子さんのアクションシーンは今後も期待出来て楽しめそうですが、セリフが聞き取りにくかったのが残念でした。

また、帝(藤原竜也)からサンガル王国への出航を命じられたチャグム(板垣瑞生)。

母のニノ妃(木村文乃)に対して、この国の為に働きたいと答えたチャグムはバルサと過酷な旅を経験しただけあって、今後も更なる勇敢な皇太子に成長していく姿が楽しみです。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP