精霊の守り人 シーズン3 最終章 第4話 あらすじネタバレと感想 ログサムの野望を原作から公開!

精霊の守り人 シーズン3 最終章 第4話はラウル王子がタルシュ帝国の皇帝で父のオーラハンから命じられ、新ヨゴ国との前戦に立つことを決意。ヒュウゴもラウルと生死を共にすると答える。

新ヨゴ国ではタルシュ帝国と内通していた聖導師がヒュウゴの命を受けた海賊セナからの密書を受け取り、帝暗殺の決意を露にするというストーリー展開。

そして……カンバル王国では、ログサムに命じられ槍舞いを舞うバルサとカグロ。バルサに負けたカグロは懐から取り出した金の輪をバルサの短槍の穂先にはめて、自ら谷底に落ちてゆき、命を絶ってしまうという衝撃的のラストを迎えます。

【精霊の守り人 シーズン3】最終章 第4話のあらすじネタバレを原作本【闇の守り人】からまとめました。

ラストまでネタバレしてますので結末を知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

【精霊の守り人 シーズン3】第3話 あらすじとネタバレ まとめ

第3話ではチャグム(板垣瑞生)を連れたバルサ(綾瀬はるか)は、カンバル王国のヨンサ氏族領で医術師を続けている叔母・ユーカ(花總まり)の診療所を訪ねて再会するところからストーリー展開。

兄のカルナ(上地雄輔)から死んだと聞かされていたバルサとの感動の再会に涙を流して歓喜するユーカ。

バルサはカルナがログサム(中村獅童)に命じられて、先代の王・ナグル(黄川田将也)を毒殺したこと。カルナはログサムに謀殺されたこと。カルナは6つの自分を守るためにジグロ(吉川晃司)に預けたこと…。ジグロが自分を連れて新ヨゴ国に逃げたことなど真実を語った。

ジグロが金の輪を持ち去り、裏切り者だと信じていたユーカ。バルサはジグロが追っ手をかけてきた兄のカグロ(渡辺いっけい)に自分の金の輪を渡して、2年後に死んだと告げる。すべてを知ってジグロにもらった緑白石を胸に抱くユーカは声を殺して泣く…。

朝霧の中、ヨンサ氏族・元氏族長・ラルーグ(武田鉄矢)がやって来た。ラルーグはバルサとチャグムにカンバル王国に伝わる山の王の守り人で、闇の守り人と呼ばれている【ヒョウル】と舞を舞うかのように戦うルイシャ贈りの儀式を説明する。

息子のカーム(降谷建志)と騎馬兵を連れて現れたカグロは、ユーカを人質にチャグムの居所を詰め寄る。ラルーグにチャグムを託すバルサは、カグロにカンバル王のところへ案内するよう言い放つ。

新ヨゴ国・タラノ平野では兵士として駆り出されたタンダ(東出昌大)が、同じ村に住む3人の兵士たちから乱暴されている少年・コチャ(とまん )を助け出す。

タンダはナユグの世界が見えるコチャに自分を重ねて暖かく包み込む。

カンバル王国・ユサ山脈の山岳地。ラルーグに連れられたチャグムは、全牧童の最長老トト(米良美一)に預けられることになる。

カンバル王城。カグロによって、王の前に連れて来られたバルサはログサムと対峙。ログサムからチャグムのことを聞かれたバルサは、チャグムの身をタルシュ帝国の意向とは切り離して考えるのであれば、すぐに連れて来ると告げる。

意向に沿う気はないと告げるログサムは、自分のことが憎いだろうと詰め寄る。ログサムを睨むバルサ…。ログサムはそなたを育てたジグロは8人の王の槍を殺した。8人の金の輪を盗んで逃げて、最後は同族の兄に討たれて死んだとされているが、兄のカグロが弟のジグロを討ったのは事実なのかとバルサに問いただす…というラスト結末でした。

【精霊の守り人 シーズン3】第3話の詳しいあらすじとネタバレはこちらのブログカードからご覧ください。

【精霊の守り人 シーズン3】最終章 第4話 あらすじとネタバレ

兄のカグロ(渡辺いっけい)が弟のジグロ(吉川晃司)を討ったのは事実なのか?どうなのだ…!?とバルサ(綾瀬はるか)に詰め寄るログサム(中村獅童)。

それは、事実だと答えるバルサにログサムは、ジグロは何も盗んでない。すべて私が仕組んだことだと告白する。腹の底から込み上げてくる怒りを身を固くして堪えるバルサ。

ログサムは自分とバルサに槍を持ってくるよう、カグロに命じる…。王城にある野外道場でバルサに勝負を挑むログサムは殺す気で来いと挑発する。

チャグムの悲願を思い、攻撃できないバルサ。それを見透かすよう攻め入るログサムはバルサの腕を傷つける。ログサムの挑発に声を上げて反撃に転じるバルサ。

ログサムは必死に応戦するが、追い詰められて腕を斬られてしまう。殺気立つカグロと家臣たち…。手出しは無用だと言い放つログサムはバルサと勝負を続けようとするが、ログサムの息子ラダール(中川晃教)が儀式に不吉をもたらすと進言して止めに入る。

ログサムはバルサを牢に入れ、チャグムの居所を聞き出すよう、カグロに命じて道場から立ち去る。拷問を受けるバルサに自分をかばった理由を尋ねるカグロ。

バルサは、すべてを知っていたあんたはジグロを殺すのは苦しかったはずだ。だからジグロは自分を殺させなかった代わりに槍舞いを教えた…。私はそれを無駄には出来ない。これからも、噓をつけ。それがジグロの願いだと答える。

ジグロの思いを理解して、何かできることはないかとバルサに聞くカグロ。バルサは、タルシュ帝国の属国にはなるなと忠告する。

タルシュ帝国の宮城。皇帝の側近で総督ベリス(嶋田久作)に呼ばれたヒュウゴ(鈴木亮平)。

べリスはヒュウゴにどの国も凶作続きで、戦費の重税が続けば、民衆の暮らしは立ち行かなくなる。これ以上、戦をするなと訴える属国の兵からの抗議文を伝える。

ヒュウゴはラウル王子(高良健吾)の戦を止めるために自分と一緒に行うタルシュ帝国の改革をべリスに進言する。

ラウルの広間にやって来たべリス。皇帝が戦の状勢を案じていること、属国の者から皇帝の元に抗議文が送られてきたことを伝えるべリスは、なぜ前線で戦わないのかとラウルに問う。

ラウルは支配した国の民を幸せにするために、自分は戦っている。領土を広げてすべての国境をなくせば皆ひとつの力で平穏に、豊かに暮らせる。前線に立たずとも指揮をして戦っていると答える。

ラウルの元へやって来るヒュウゴ。皇帝の命で前戦に向かうことになったと告げるラウルは内乱を恐れている父は自分のことが煙たくなったのだ。父も兄も本心では、自分の戦死を願っているのかもしれないと語る。

それでもお前は、私についてくるかとヒュウゴに問うラウル。無論です、吉兆だと答えるヒュウゴはこれから北の大陸は南の大陸より豊かになります。ラウル王子自らが立つべきだと思っていました。新ヨゴ国こそ、新たな国づくりに相応しい新天地になると進言する。

新ヨゴ国・王宮近くの森。ヒュウゴの命を受けて花売りに変装した海賊セナ(織田梨沙)は聖導師(鹿賀丈史)と密会。まだ生きているチャグムが新ヨゴ国に戻る前に、帝が亡くなれば、チャグムの命を保証するとのタルシュ帝国からの意向を伝えて立ち去るが、聖導師の動きを見張っていたガガイ(吹越満)に呼び止められる。側にはモン(神尾 佑)がいた。

聖導師に何を話したとセナに詰め寄るガガイ。セナはタルシュ帝国は、帝を裏切れば、民と皇太子の命を保証すると答えて立ち去る。

ガガイはモンにタルシュ帝国と内通していた聖導師をこのままにしておいていいのかと詰め寄る…。同じ頃、聖導師は帝を暗殺する自身の姿を想像していた。

一方、王宮ではシュガ(林遣都)が、狩人ジン(松田悟志)にチャグムの生死について尋ねていた。ジンは『もちろん生きている。あなたが信じなくてどうする』と答える。

星ノ宮・奥の間に戻る聖導師はシュガにタルシュの船がこの地にやって来る…。自ら内通者となって和睦の道を探ってきたが、もう方法はない。私は帝とともにこの世を去る。

お前は、カンバル王国にいるチャグム殿下に帝の死を知らせるのだ。殿下なら民を思ってタルシュに降るだろうと告げる。

それで……この国を救うことになるのですかと聖導師に問いただすシュガ。

聖導師は『民の命は救われる。そのために私は……私が育てた神の火をこの手で消すのだ』と帝暗殺の決意を露にする。

帝(藤原竜也)の元に上級の軍人と星読のシュガ、ガガイたちが集結して評定会議が開かれている。帝の一番近くには聖導師がいた。盗賊のタルシュ帝国がこの地に来るが、恐れることはないと皆に呼びかける帝…。

帝を守ろうとするモンは物陰に潜みながら聖導師を見ている。

上着の背中に手を回す聖導師に視線を向けるシュガとガガイ。警戒するモンは剣に手をかけている。帝を殺すことが出来ない聖導師は動けずに固まってしまう…。

新ヨゴ国・タラノ平野。敵が攻めてきたと知らされたタンダ(東出昌大)とコチャ(とまん)は山へ走って逃げる。山の上からは青弓川の先にある夜の海が見える。タンダとコチャは海軍の船が燃えて水平線が燃えるように赤く染まっている光景を目の当たりにする。

魔物のように目を光らせるコチャは豊かに実るこの地を戦場にして、何が残るってんだ。人も土も、みんな消えるだけだ。馬鹿だと言い放つ。空腹と不満をぶつけて、コチャに掴みかかる民兵たち…。タンダは責め立てられるコチャをかばう。

ジグロが誇りを懸けて育てたバルサに金の輪を渡し跡を託して自ら命を絶つカグロ

カンバル王国・ユサ山脈の山岳地。遠くの峰で雪崩が起き轟音が鳴り響く。

ヨンサ氏族・元氏族長・ラルーグ(武田鉄矢)は全牧童の最長老トト(米良美一)にログサムがタルシュと通じているのはロタの南部の領主に弱みがあるからだ。ロタの南部で売られているルイシャを穀物に換えていたが、ルイシャが得られなくなってからは南部の領主に穀物を恵んでもらっているようなものだと話す。

山の王の扉が開いた今、カンバル国王の目は、ルイシャのみに向けられていると言うトト…。それを聞いたチャグムはカグロの息子・カーム(降谷建志)が戦をすると言っていたことを思い出す。山の王との戦いを察するラルーグはチャグムを連れてカンバル王城に向かう。

カンバル王城。ログサムの前にはカグロとカームが控えている。チャグムは新ヨゴ国ではなく、ロタ王国との同盟を結びに来たと言うバルサの言葉を伝えるカグロ。ロタの南部と通じるより、タルシュの脅威から身を守る術になるとログサムに進言する。

それより今もっとも大事なのは、山の王を倒すことだと告げるログサムは皆にバルサの話を聞かせるためにバルサを連れてくるようカグロに命じる。

地下牢にいたバルサを屋外道場に連れてくるカグロ。群衆の中心にログサムと息子ラダールが座っている。その周りを8人の王の槍たちが囲んでいる。

ログサムはチャグムの願いを叶えれば、新ヨゴ国を救い、カンバル王国も救うことにもなるのかと尋ねる。そうなるはずだと答えるバルサ。ログサムはロタ王の真意をどうして信じられるのかとバルサに問う。

ロタ王の心を動かしたのはチャグム皇太子だと答えるバルサ。ログサムはチャグムと会う前に王の槍と生死を懸けた勝負を命じるが、バルサは殺す理由がないと断る。

バルサとの因縁を理由にカームを選ぶログサム…。カグロは金の輪をはめた私にカンバルの誇りを示させてほしいと名乗り出る。ログサムは認めて、バルサも承諾する。

互いの相手に向かって短槍を構えるバルサとカグロ。めまぐるしい死闘から息の合った槍舞いを舞う2人…。バルサとカグロは、ひとつになって戦うが、バルサの短槍がカグロの短槍をはじき、2人の動きが止まった。

バルサに短槍を突きつけられ、負けを認めるカグロは『このバルサは我が弟のジグロが誇りに懸けて育てた武人です…。弟のジグロは、盗みなどしておらず、王の槍として、その誇りに懸けて…この娘…バルサを育てたのです!私は氏族の誇りに懸け、私の跡を、バルサに託します!』と告げる。

懐から金の輪を取り出してバルサの短槍の穂先にはめるカグロ。次の瞬間、踵を返して走り出すカグロは、真っ暗な谷底へと落ちてゆき、自ら命を絶ってしまう…。

強い憤りと悔しさからログサムに金の輪を投げつけようとするバルサの体は黒い影に包まれていた。

絶叫するカームと群衆たちが激しく動揺する中、ログサムに家臣が駆け寄って来る。家臣からヨンサ氏族のラルーグと皇太子チャグムからのお目通しを願う報告を聞いたログサムはすぐに通すよう命じる。

【精霊の守り人 シーズン3】最終章 第4話 感想とまとめ

チャグムの願いを叶たいバルサの弱みにつけ込み、王の槍と闘わせようとするログサム。

殺す理由がないと断るバルサに対して、明らかに弱いカームを引っ張り出し、殺させて、更なる因縁を楽しむかのようなログサムの卑劣さには強い憤りを覚えざるに得られませんでした。

そして、【精霊の守り人 シーズン3】最終章 第4話での最大の見どころとも言えるバルサとカグロの素早い動きや戦闘力などの息もつかせぬ死闘からの槍舞いは凄かった。

バルサの瞬発力や総合的な戦闘力はジグロ譲りですが、カグロがあそこまでバルサと闘えるとは思ってなかったので、驚きとともに興奮状態。

そこからバルサに跡を託して、何も言わずに真っ暗な谷底へと落ちてゆき、自ら命を絶ってしまうカグロの武人としての誇りと生き様には感涙!

ログサムに金の輪を投げつけようとするバルサの強い憤りと悔しさもひしひしと伝わってきて、4話は結末に向かうラストまで釘付けになってしまいました。

スポンサーリンク

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

  1. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】最終回 11話 あらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  2. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第10話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第10話では、音…
  3. ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】最終回 10話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  4. ドラマ【モンテ・クリスト伯】最終回 9話のあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の9話では、…
  5. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】最終回 10話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。最終回…
  6. 杉咲花さん主演ドラマ【花のち晴れ】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました。第9話では、音(杉…
  7. コンフィデンスマンJP 最終回 10話のキャストとあらすじネタバレ感想をまとめました。最終回の1…
  8. 菜々緒さん主演ドラマ【Missデビル 人事の悪魔・椿眞子】第9話 あらすじネタバレ感想をまとめました…
  9. ディーン・フジオカさん主演ドラマ【モンテ・クリスト伯】第8話のあらすじネタバレ感想をまとめました。…
  10. 吉高由里子さん主演ドラマ【正義のセ】第9話のあらすじとネタバレ感想をまとめました。第9話では、凛…
PAGE TOP